メイドインアビス 5巻。 「メイドインアビス」漫画5巻ネタバレとあらすじ。度し難いエグさ!

原作紹介

メイドインアビス 5巻

目次です。 仮面の正体 リコとプルシュカが語り合うところからのはじまり。 4巻でリコが上昇負荷を受けちゃった場面の回想ですね。 話の流れでリコがレグの事を解き明かしたいとかなんとか…ちんちんまで大きくなるんやで!とプルシュカに力説。 そしてちんちんとは何かと質問するプルシュカ。 …さもありなん。 なんと自然な話の流れでしょう。 さすがです、つくし卿…! 親切に図を書いて説明を始めるリコさんは、さらにおっぱい見たりナナチを触ったりすると大きくなると教えてあげます。 …良く見てますね。 好奇心の塊ですね。 レグがちょっと気の毒…と思いましたがナナチを触って大きくするのは違うと思うの。 プルシュカも実は知っていた様子。 レグもリコの身を案じてかこれ以上は…と諦め気味。 シェイカーを撃ち込まれてヘロヘロなリコだけが、仲間を取り戻す為に再び立ち上がろうという気概を見せます。 リコの意思の強さは流石ですね。 ボンドルドへの恐怖より、プルシュカを助けたい気持ちの方が強いのだと思うと応援せずにはいられません。 リコはこれまで頭に叩き込んだ遺物録の中からボンドルド復活の謎を解き明かし、弱点を突こうとします。 遺物ってずいぶんたくさん有るんだなぁ…。 鏡写しの面 アプセンティー 首狩りマスク ゴアパック おいしい猿轡 ワンダーワードレス 肉粘土 マッスルドレス 頭の苗床 ライブシング 感情を操る頭巾 シャイニースマーム ボンドルドの外見から連想できる遺物がこれだけあるとは驚きですが、どんな効果があるのか気になるところです。 名前からしてろくなものでは無さそうだけど。 ボンドルド一号の死体の頭部が残ったままであると知り、リコは遺物が精神隷属機、ゾアホリックではないかと推測しました。 これは自分の精神を他人に植え付けるというもので、なんと特級遺物。 プルシュカとの会話でも特級遺物というワードが出ていたので可能性は高いと。 自意識の崩壊、自他境界の喪失、混乱等、扱いにくい遺物らしく、持ち主を転々としていたそうな。 しかしこれ、ボンドルドはちゃんと使いこなせているのでしょうか。 ゾアホリックを使用した事でああなったのだとしたら、一連の被害は全部これのせいなのでは。 ともあれ、攻略すべき遺物の目星は付きました。 残る問題はレグの火葬砲のエネルギー。 リコとナナチが囮となって目を引き付け、その隙にレグが単独で動力部に潜入。 電力を得るという作戦にていよいよ反撃開始です。 プルシュカを救出し、ゾアホリックを破壊する。 戦力差は変わらないのでボンドルドとの戦闘はどうするんでしょ。 ナナチとリコは普通にまた正門から入っていったのか、いきなり祈手に案内されてます。 視界を覗き見されているから、隠れる意味ないですもんね。 作戦発案時にリコが懸念した、強い電力による記憶喪失。 その時レグが格好良いセリフを言っていたような。 僕はリコの事は忘れないっとかなんとか。 それどころか色々忘れてそうな様子にちょっと不安を覚えます。 ボンドルドの意識について。 おさらいとして書いてみますが、祈手は全員ボンドルドとの事。 つまり画像の祈手もボンドルドという事でしょうが…意識はどのように移動しているのだろう。 勝手な想像になってしまいますが、 まずゾアホリックに基本となるソフトウェア『ボンドルド』をインストール。 これをクライアントの祈手に配布し、ゾアホリックが一括で管理している状況ではないか。 常にクライアント毎の記憶を整理して、ボンドルドを更新し続ける。 これなら祈手Aが即死しても祈手Bが直前の行動を継続可能ですよね。 個の概念がその精神のみになってしまったボンドルド、 そう考えるとナナチやミーティ他、多くの子供たちの肉体を軽く扱っている事もなんとなくわかるような…。 肉体なんて飾りです!アホな奴らにはわからんのですって事でしょうか。 さらに、奈落信仰によれば魂は巡ると信じられている。 これはいよいよ死んでも平気っしょ!という感覚を持ってそうです。 ボンドルドの不気味さはこの辺の認識の違いから来ているのでしょうかね。 感想が最新話まで追い付いたら、リコを真似て真実を追及するページを作成してみたいですね。 逆襲 停電により周囲が暗くなった事で、案内役の祈手はリコ達を見失う。 リコ達はプルシュカを探しつつレグの合流を待つ事に。 その時、リュックに隠れていたメイニャが現れました。 その後、抱きしめるリコの手から飛び出して何処かへ案内しようとしている様子のメイニャ。 プルシュカの元に違いありません。 メイニャを追って辿り着いた先がどこであるか、ナナチは知っていました。 そこは加工場。 ボンドルドがカートリッジと言うものを作るための部屋でした。 ナナチはその作り方を説明し始めます。 まるで見てきたかのように。 かつてボンドルドを恐れ、言われるがままに製造を手伝っていたんですねぇ。 当時の事を思い出して、取り乱し罪の意識に苛まれるナナチの前にボンドルド登場。 ナナチの様子を見て素晴らしいと絶賛し、また手伝ってくださいなんて言っちゃいます。 ボンドルドさんは本当にブレませんね。 現時点で最高のろくでなしです。 ここでナナチがボンドルドの狙いを看破しました。 祝福を受ける為に、呪いをプルシュカに押し付けようという魂胆。 その為にプルシュカをカートリッジに詰めようとしている。 ナナチとミーティの関係性から、祝福を受けるための条件をその愛慕であると考えているのでしょう。 しかしながら、プルシュカがボンドルドを慕っているのは4巻の時点でも明白。 ちょっと嫌な想像しちゃいました。 プルシュカの愛情はボンドルドにそう仕向けられていたから…そうでない事を願いたい。 でもボンドルドだからなぁ…。 愛ですら実験の糧と考えてそう。 リコがプルシュカを開放しろと叫びますが、ボンドルドからは意外な返事が。 プルシュカは今は眠っています。 きちんと開放しますよ。 なら4巻のあのシーンは何だったのか。 プルシュカの件はさらりと流し、要件は命を響く石を作りに来たのだと思っていたと言うボンドルド。 なんか話をそらそうとしてる感。 もっとそれろ!と言わんばかりに、 命を響く石の原料は人間 だと教えてくれちゃいます。 これには驚きました。 白笛は皆、儀式を執り行い命を響く石を作成したはず。 リコの持つライザの白笛はいったい誰なのでしょうね。 リコの父、トーカと結婚した時には既に白笛だったようだし。 いずれにしても、白笛には彼らを先へ送り出そうとする意志を持った人が居た。 という事。 だとしたら人として愛すべき部分が無ければそんな人は現れないのでは。 うーん。 リコの白笛になるという願い。 笛そのものなら叶えられるというボンさん。 なんというか…そういう事じゃないからもう黙っててくれますまいか。 ここで名探偵リコさんがスイッチオン! ボンドルドの持つ白笛が、自分自身を供物にしたものであると看破。 翻訳すると、お前ボッチなんじゃねーの!?とも聞こえます。 気の毒なのでちょっとフォローしてみます。 自身を笛にすることで、自身の精神をコピーされた状態での使用が可能になるということですよね。 …命の紋とは何だろう。 笛を鳴らすのが複製ボンドルドである事に変わりはない。 複製ボンドルドが本人ではないと判断されて笛を鳴らせないのなら、自身を笛にしても鳴らない気がする。 鳴らす者が複製である事が問題なわけで。 自分自身が笛となることでその辺がちょっと緩くなるのでしょうか。 反対に、笛自身が命の紋を認識して鳴るというなら、普通に作っても鳴らせるのでは…。 よく見るとボンドルドが笛を鳴らしている所は描かれていませんね。 やってみたけど使えなかった。 そんな状態である可能性も。 プルシュカをカートリッジにしたのは祝福のみならず、命を響く石を作る為だったのかも知れません。 体を取り替えた時、迷うことなくパパと呼んだプルシュカならば… 完成とはこのことだったのか。 しかしながら、笛になってくれる人居なかった説も否定出来ない。 いきなり自分を笛にすることもなかろうし… やはりボッチ フォロー、しっぱい。 リコはボンドルド登場時は震えていたのに今や強気。 絶対殺すマンに変身してました。 停電時にボンドルドが向かわせた祈手を3名瞬殺したそうな。 不屈の花園では祈手の動きが追えなかった事を考えれば、劇的に強くなっていると見て間違いない。 場が混乱する中メイニャが再び駆け出し、リコもそれを追います。 プルシュカ救出が最優先。 ボンドルドもギャングウェイ等の武装を次々と繰り出しレグを迎え撃ちます。 ちょっと中身の性格はアレですが、ボンドルドは武装がカッコいいですね。 腕から針飛ばしたり仮面からレーザー、捕獲用ネットのようなものまであります。 暴走状態のレグはボンドルドと互角に渡り合う程の強さ。 この辺のコマの作りは所々がダイナミック。 枠に囚われずに描かれたものが、そのページの中で一番勢い良く動いているという認識で合っているのだろうか。 自然にそう感じられるように描かれている気がします。 枠なんて飾りですよ! 躍動感溢れる戦闘の最中、リコからの通信がナナチに入ります。 ゾアホリックと何かを発見した知らせでした。 実物のゾアホリックはどこか生物的な形態をしてる。 実は深層で普通に咲いている花だったりして。 通信の最中、ボンドルドの武装によって床に縛り付けられた暴走レグが、火葬砲をぶっ放そうとします。 異様な音と張りつめる力場。 その状況からナナチが危険を察知し、レグを止めようと抱きつきます。 なんとうらやましい… では無くて、ナナチのもふもふがあぶない!と思ったらボンドルドもナナチの心配をしてました。 ナナチとは大分違っているし、天然物であると見て間違いなさそう。 だとしたらまだ発見されていない生物という事でしょうか。 ゾアホリックといい、新種の生物といい、ボンドルドは探窟家として大分行動がずれているような。 国とか完全に無視してますよね。 彼の目的は探窟以外に有りそうです。 黎明の箱庭 底まで一気に落下したようで、祈手はレグを下敷きにしながらも死亡。 逆にレグは何事も無さそう。 周囲を見渡すとそこには夥しい数の成れ果てが。 後方からシャッコ、イータン、スミコ…と成れ果ての名を紹介しながらボンドルドが現れました。 姿と名前をきちんと一致させて覚えているのでしょうか? 紳士的と言えますが、全部おまえのせい。 無傷で立っているボンドルドに驚くレグですが、逆にこう問われます。 君がそう選択したのではないのかと。 爆心地に居たナナチが無事であったことも考えると、あの時の火葬砲は生命以外を対象にしたとも考えられます。 なんと便利な。 もしかすると当たっても目標以外に被害を与えないなんて事も出来るのでしょうか。 まだまだ謎がいっぱいです。 成れ果てたちをなでなでしていると思ったら、突然攻撃を開始するボンドルドさん。 当然、激昂するレグとボンドルドの死闘が始まる。 途中、レグにナナチからカートリッジを使い切らせる作戦が伝えられます。 戦いが進むに従い、徐々に肉体に変化が現れるボンドルド。 彼が祝福を受けるという事は、カートリッジの子供たちも…。 一つのカートリッジが飛び出すと、カートリッジにされた少女、レシーマの紹介をし始めました。 名前のみならず、将来の夢やその人柄まで覚えている事が癪に障りますね。 そこまで知っていて、どうして切り刻めるのか。 解せぬ。 闘いは尚も続き、とうとう前線基地の有る5層まで戻ってきました。 ボンドルドも健在。 それどころか、まるで猛獣のような姿になってます。 腕の武装部分が一体化しているし、爪も大きい。 もしかすると爪はシェイカーだったりするのでしょうか…。 レグに切断された尻尾も無事再生しているし、戦闘に特化した祝福のような印象を受けました。 でもモフモフならいいってわけじゃないんですよ…全然可愛くない。 不合格。 これが祝福なんだぁ~って言ってましたので、元の体は最初から尾があったのでしょう。 どんな生き物だったのかが気になる。 直後、ボンドルドの背中から4つのカートリッジが飛び出し、やはり名を呼ぶボンドルド。 積極的に神経を逆撫でしていくスタイル。 リコに眠ってるだけだと、解放しますよって言ったのに何故こうなっているのか。 状況から判断すると、あの時には既にカートリッジとして装着していたという事になるじゃないか。 メイニャが気づけなかったのは、開口部が閉じていてプルシュカの匂いがわからなかったからか…。 だとしたらメイニャが追っていたのは…。 どれ程煽り耐性があろうとこれは耐えられない。 嘘つきおったぞ…この外道ぉ… ろくでなし以上を表現する言葉って何か無いのだろうか? 夜明けの花 ボンドルド一号が死んだとき、その死を嘆き悲しんだプルシュカを知っています。 そして生存を喜んだのも。 それがどうしてこうなった。 闘いは再開されると同時に、カートリッジの中で成れ果てたプルシュカの回想が始まる。 想い出の中のボンドルドはとても温かな父。 抱きしめ、名を与え、私がパパだという。 プルシュカがボンドルドにメイニャという友達を与えられ、自我を取り戻したコマ。 プルシュカにもお母さんが居て、 ちゅううっとされた事を覚えていて、 その時の気持ちを覚えていて、 それをメイニャにしてあげているのだと思うと感無量。 幸せを願わずには居られない。 そして徐々に元気になって、それどころかやんちゃになっていくプルシュカ。 彼女と共にメイニャが微笑む。 ここに至るまでにプルシュカが抱いていた思いが、次々と明らかになって行きます。 現状を知っているからこそ、辛く感じる場面の連続になってます。 闘いの決着は、プルシュカの想いと願いを背にしてつきました。 温かな願いと、激しい戦いを同時に目にさせられて感情乱れまくりですよ…。 プルシュカという存在が受け入れられて良かった。 色々辛いことも有ったけど、 プルシュカとメイニャが加わって、新しい冒険が始まります。 因みに基地前でボンドルドさんの見送り付き。 あのやろう…まだ生きてやがりました。 割れた仮面の隙間から見えるのは、人間の瞳です。 ここをみて思ったのですが、肉体の元の精神によって逆に使用者の精神が侵食されるなんてこともあるのでは。 昔のボンドルドがどんなだったか知りたいですね。 そういえばゾアホリックは破壊しなかったのだろうか? リコが破壊出来たとは思えないし、レグはずっとボンドルドにかかりきりだったような。 出発までの間に始末したとも思えない。 これはリコが命を響く石にプルシュカを感じた事に関係ありそう。 皆に仲直りして欲しいというプルシュカの願いが、リコには届いているのでは。 うーん、また子供達が被害に遭わねば良いのですが。 旅が進むごとにリコがなんだか可愛くなっているような気がする。 最後に 五巻も強烈に悲しい展開があってきつかったです。 ミーティといい、プルシュカといい… しかし結果を見せてから、さらに過程を見せつけるという追い打ち的な展開は流石です。 気になって目を背けられない。 読み進めて胸を痛めるか、読まずに悶々として日々を過ごすか、記憶を抹消するかしかありませぬ。 また、激闘の最中の一瞬であろうコマが絵画的で美しいとさえ感じられました。 似たようなコマを探して見たら何か発見があるかも知れないですね。 読んで色々考えて、自分なりの考えを発見するのはまさに探窟ではなかろうか。 つくし卿としてはそんなつもりないんだけどって場合がほとんどに違いない。 ですが、こうして夢中になれているのがなんとも有難い作品です。 さて、冒険に困難は付き物…次はどんな展開がまっていて、読者をどう虐めてくれるのか? 6層へと歩みを進める一行ですが、白笛二名が先行しているようなので油断大敵 出来ることなら、人としてまっとうな白笛を見たいのですが…いるんでしょうかそんな人。 白笛不信になりました。

次の

メイドインアビス5巻感想&アニメ化決定!!!!!!!!

メイドインアビス 5巻

目次です。 8巻のみどころ つくし先生のイラスト数点 つくし先生がナポリコミコン2019でライブペイントした美しいナナチとリハーサルで描いたレグ。 なるほどナポリでは可愛いナナチが描かれる過程を見られたのですね~羨ましい。 完成の瞬間感極まってンナァー!と叫んだ人が居たかも知れないと思えるくらい良いナナチ。 他にイルミューイとベラフ?の原案と思われるキャラのイラストが載ってます。 このベラフであったら物語はどうなっていただろう?なんて考えるのもまた面白いですね。 描きおろしの名前の無い物語 ファプタとでっかい干渉器の出会いが15pに渡ってほっこり風味に描かれております。 発売前はハウアーユーの続きを期待してましたが、このお話も素敵でしたなぁ… この二人の会話が本編の理解度を増すところも有ったりするのでお友達から借りるなり買うなり漫画喫茶へ行くなりして是非とも読んだ方が良いお話ですね。 僕が逆様の人間とかいってたあのサインの意味もド直球に教えてくれたり、ファプタとイルミューイの関係性がわかった気がしますのよ。 辛抱堪らんので画像をひとつだけ拝借致す。 このお話、あえてタイトルを付けないという小粋な演出が素晴らしい。 後程きちんと感想書きたいと思います。 裏表紙 ファプタが夢で思い出した、かつて彼女と過ごしたころのレグが描かれております。 レグさん何しとんじゃ?いや、何されとるんじゃ? ヴエコさんと世界のレグ好きな人々がニンマリしちゃいそうなサービスカット。 書きおろしのお話を読んで知ったこと。 そして干渉器にはファプタが ガブールン 女王の守護者 と名付けました。 つまりこのお話はファプタとガブールンの物話でしたね。 そして、ファプタに言語等の基礎教育を施したのは名付け親となったガブールンで有りました。 でも今回、語尾にそすってついてないんですよね。 もしかしたら後に姫はお上品に語尾にそすって付けると教えられたのかも。 価値の単位? シイ、クウ、グツ、メイ、ハク 一、十、百、千、万とお金で例えるとわかりやすいかも知れない。 ハクは 願いの顕現、 魂の形、そして かけがえのないものをそう呼んだのだとか。 逆さ吊りのヒトとは大違いの尊い意味が込められてござった。 そしてこれらを知った後で読み返すといろいろな想いやら事情が見え隠れしてきて面白いですね~ 村の通貨にもそれぞれ価値が刻まれており、イルぶるが信号に応じて分け与える価値が正確なものと思えます。 可愛いとこありますね! でも根絶やしとか言っちゃうよ。 リコさん隊の絵にハクサインを書いたのは…なんか採点結果っぽいですね。 リコさんはヒトの子ゆえに、ハクサイン。 ナナチのほうはシイですか…やはりモフモフ同士ライバル視してるのでしょうか、厳しい査定。 ファプタが持つイルミューイに関する記憶 母は既に言葉を失っていた。 ファプタのこの発言は何気に今後の展開に関わりそうな気が。 村の外で産み落とされたファプタが、何故にイルミューイの状態の経過を詳しくしっているのか、そして何故にこれ程の憎しみを 「奴ら」へと向けるのか。 これは恐らく、ヴエコさんが度々話していた 「信号」を見て知ったという事ですかね~? 子供とお母さんも繋がっているのだし。 あいつらマジでゆるさねぇ…というイルミューイの激情に日々曝された事で、ファプタは完全無欠のリベンジヤーとして誕生したのでしょうか。 …胎教って凄い。 信号による胎教だとすると、誕生前にはヴエコさんとも間接的に繋がっていたわけなので彼女もちょっぴり影響を与えてそうですね。 ファプタのモフモフな姿を見れば二人の愛慕が作用したことは疑う余地がないわけですが、如何せんファプタは 「奴ら」に対し並々ならぬ怒りを秘めている様子。 奴らとは何処までの事を言うのだろう? 村に住む者全てなのか、それとも ヴエコを除く決死隊メンバーを指しているのか? 数千年単位の時の流れにもかかわらずヒトであった頃と変わらぬ姿なヴエコさんには、イルミューイの想いが反映されてそう。 その想いがファプタにも継承されているとしたらなんとかならんかしら。 これまでのお話の締めくくりは常にメンタル満身創痍。 なのに今回のお話は アビス的に考えて 異常とも思える程にお優しい。 それでいてファプタが母の受けた仕打ちを知っていたり、奴ら絶対ゆるさねぇ…という意思を主張して根絶やしムードをしっかとアピールしてますね。 お話自体は穏やかでありながら、先の不穏を煽り立てる度し難い仕上がりとなってるのではなかろうか。 ええ…まさかこれって 最後の晩餐的なプレゼンツなの? これからちょいとしんどいからさ…これでも読んでゆっくりしてなよと与えられた甘い毒なんじゃろか…? ヴエコとの繋がりが、激情に囚われたファプタの心に安らぎを与える仕組みとなることを願いつつ、次のお話を震えて待つばかりですね。 ファプタの変幻する身体 ガブールンさんがファプタを観察した結果として、変幻する身体を指摘しております。 いずれ僕が禿げるにしてもこいつと同じ感じにだけは…それだけは勘弁してください。 そう祈らずにはいられない。 街を散策中に同じヘア&髭スタイルの人を見たらその場で失禁しちゃいそうなくらいのトラウマを植え付けてくれちゃいました。 今思えば、こやつの存在と劣悪な親子関係がヴエコさんのイルミューイに対する愛情の純粋さと深さとを際立たせてますね。 シャァァァンって、イルミューイも言ってましたよね。 やっぱこの辺も遺伝するんですかね~って、そういえば彼女達は単為生殖によって生まれたのでありました。 雄なんて要らんかったんや! 遺物による謎作用も関係あるかも知れませんが、ファプタの基本的な部分はイルミューイのコピーと考えられるはず。 あっ…なんかややこしい感じになりそうなのでガブさんの発言に着目してみましょう。 ファプタの姿を、あのワンパンされちゃった干渉器達を通じて知っていたそう。 干渉器達は全ての情報を共有しているみたいですね。 力場を用いた無線通信で画像のやりとりですか…この時は数千年前のはずなので超文明の気配を感じます。 これまで読んできて、遺物は化学的、そして干渉器は科学的なアプローチによって作られている気がしてきましたぞ。 これを踏まえて読み直してみると面白いかも。 ちんちんとかお尻の穴まであるレグは、双方の技術を結集して作られたまったく新しい干渉器なのかも知れませんね。 あと、僕が思わず考え込んでしまい、暫く眠れなかった彼らの様子がこちら。 それはさておき、 …ゴフ…ってなんだ。 臭かったのか? そもそも干渉器って匂いわかるのか? あっ…でも見て触れて知りたい干渉器なのだから当然匂いも守備範囲に違いないですね。 そうですか…ならば詳しく感想を述べたら良かろうと思うんだけどもあえてそこに触れない所にガブ衛門の武士の情けを感じるでござる。 最終的に お尻くっ付けられたらなんぼ可愛くても臭いもんは臭い。 干渉器だって臭いんだ。 という結論に達し、僕の意識は闇に溶けたのでありました。 そして、ファプタが素材を回収し、それを切り出し自身を改修するガブさんに期待が高まりますね、 レグの右腕治るかもって。

次の

メイドインアビス5巻感想&アニメ化決定!!!!!!!!

メイドインアビス 5巻

深く潜った者を決して帰さない、呪いを湛えた大穴『アビス』。 底知れぬこの秘境の大穴に、少女・リコは挑もうとしている…。 偉大な探窟家であり、生き別れの母・ライザに会うために。 存在するかも定かではない『奈落の底』への到達…。 極めつけに無謀な挑戦だが、リコには、ひとり勝算があった。 アビスの中で出会った、記憶喪失の 機械人形 ロボット・レグ。 見た目は小さな少年だが、その身体には恐るべき力を秘めている。 彼と協力すれば、必ずや道は開けるはずだと…。 レグもまた、自身の正体を知るため、無謀な少女を守るため、冒険に駆り立てられていくのであった…。 友人たちの協力を得て、深界一層へと踏み出したリコとレグ。 追っ手の影を気にしつつ、素早く、確実に潜っていく。 まだ見ぬ深さに期待を募らせる彼らであったが、魔窟『アビス』は、ふたりを容赦なく飲み込んでゆく…。 希望と絶望が入り混じる 大冒険活劇、第二巻!! 恐るべき呪いを秘めつつも、人々を魅了して止まない底知れぬ大穴『アビス』。 母・ライザに会うべく少女・リコと機械人形・レグは、この大穴に人生をかけて挑んでいく。 手探りながらも順調に探窟も進めていくリコとレグ。 そして舞台はついに深界三層から深界四層に… 深くなるにつれ、この世の物とは思えぬほど凶暴になっていく原生生物に襲われて、冒険の大ピンチに陥ったリコとレグ。 そんな絶体絶命の状況の中、二人の前に現れたのは…? 友情と悲哀が入り混じる大冒険活劇、第三巻!!

次の