市立川越高校 野球部。 市立川越、21世紀枠推薦辞退 中学生の練習参加で|埼玉高校野球情報局

市立川越、21世紀枠推薦辞退 中学生の練習参加で|埼玉高校野球情報局

市立川越高校 野球部

21世紀枠候補校、埼玉は「市立川越」を推薦(2018選抜甲子園) 市立川越高校が、センバツの21世紀枠推薦・一般推薦を辞退したことがわかった。 あまりにも無念過ぎる辞退理由で反響が広がっている。 市立川越は、秋季埼玉大会で、夏に全国制覇した花咲徳栄に敗れるものの準優勝していた。 秋季は関東大会に出場 出場15校中唯一の公立校、市川越(埼玉2位)が1点差で國學院栃木に敗れた。 相手打線を上回る8安打を放ったがあと1本が出ず1点止まり。 守っては台風の影響で強風が吹き荒れる中、外野手の捕球ミスが失点に絡んでしまった。 新井清司監督は「フライのミスとかあった。 風の強い日に練習しないとダメですね」とふり返った。 来年夏への課題として「打撃と大会の雰囲気や環境に対する適応能力」を挙げた。 「慣れないホテルでの生活でうちの良さである天真らんまんさが無くなっていたような気がする。 うちは寮もない。 公立の弱みですかね」と話していた。 同校は、中学校の顧問から進路に迷っている生徒がいると相談を受け、11月3日に中学3年生1人を参加させた。 規定では学校行事の一環としての練習参加は認められているが、野球部単独では禁止している。 日本高野連は5日に開いた審議委員会で、監督と顧問の処分を日本学生野球協会審査室に上申することを決めた。

次の

トップページ

市立川越高校 野球部

先人たちは高校スポーツにおいて、野球は商業、ラグビーは工業、サッカーは普通科、相撲は農業と言っていましたが、近年は状況が変化している。 特に、高校野球においては「商業」が付く代表校がなくなった大会もあった。 学校の統合、校名変更等により「商業」が付く高校が減ってきている。 年号が昭和から平成に変わった年、埼玉県の代表の座を初めて射止めたのは、市立川越商業であった。 この市立川越商業も2002年 平成14年 に、市立川越高校と校名が変わった。 市立川越は1926年 大正15年 に埼玉県川越商業学校として創立され、硬式野球部は1927年 昭和2年 に創部された。 甲子園には夏のみ1回出場、通算成績は0勝1敗である。 夏の予選には1930年 昭和5年 第16回大会予選 当時は北関東大会 に初参加した。 埼玉県内では、熊谷、県立浦和、県立川越、深谷商、不動岡、本庄に次ぎ、所沢、松山と同時に参加した。 夏の予選通算成績は149勝82敗3分、優勝1回、準優勝1回、4強3回、8強12回と立派な戦績である。 ここ5年間においても、8強3回、32強2回と安定した成績を残している。 特に秀でた選手がいるわけでもなく、地元で野球をやりたいという生徒が多く入部する。 両翼95m、センター115mの立派な専用グランドがあるが、近隣住民が自由に出入りできるようグランド横には入口があり、バックネット裏にはスタンドも設けられている。 学校側にも、地域と共存共栄していきたいという配慮があるようだ。 小江戸と言われる城下町川越から、市立川越の甲子園復活を期待したい。 ところで、埼玉には県立浦和と市立浦和、県立川口と市立川口、そして、県立川越と市立川越が高校野球連盟に加入しています。

次の

川越市立川越高校(埼玉県)の情報(偏差値・口コミなど)

市立川越高校 野球部

21世紀枠候補校、埼玉は「市立川越」を推薦(2018選抜甲子園) 市立川越高校が、センバツの21世紀枠推薦・一般推薦を辞退したことがわかった。 あまりにも無念過ぎる辞退理由で反響が広がっている。 市立川越は、秋季埼玉大会で、夏に全国制覇した花咲徳栄に敗れるものの準優勝していた。 秋季は関東大会に出場 出場15校中唯一の公立校、市川越(埼玉2位)が1点差で國學院栃木に敗れた。 相手打線を上回る8安打を放ったがあと1本が出ず1点止まり。 守っては台風の影響で強風が吹き荒れる中、外野手の捕球ミスが失点に絡んでしまった。 新井清司監督は「フライのミスとかあった。 風の強い日に練習しないとダメですね」とふり返った。 来年夏への課題として「打撃と大会の雰囲気や環境に対する適応能力」を挙げた。 「慣れないホテルでの生活でうちの良さである天真らんまんさが無くなっていたような気がする。 うちは寮もない。 公立の弱みですかね」と話していた。 同校は、中学校の顧問から進路に迷っている生徒がいると相談を受け、11月3日に中学3年生1人を参加させた。 規定では学校行事の一環としての練習参加は認められているが、野球部単独では禁止している。 日本高野連は5日に開いた審議委員会で、監督と顧問の処分を日本学生野球協会審査室に上申することを決めた。

次の