濱田 コーチ モラハラ。 【画像】織田信成にモラハラしたの誰?関大前監督の長光歌子コーチの可能性は?

濱田美栄コーチのモラハラ、評判がヤバイ?織田信成が提訴。関係者の告白も

濱田 コーチ モラハラ

1100万円の慰謝料の支払いを求めます」と話したということです。 織田さんは関西大学文学部に進学し、2010年にバンクーバー五輪に出場。 2011年に卒業し、大学院に進み、2015年に修了。 2017年にスケート部の監督に就任したのですが、今年9月に大学が辞任を発表。 辞任については「他の活動が多忙で監督業との両立が難しくなったことが理由と聞いている」と報じられていました。 これを受けて織田さんは9月29日のブログで、関西大が退任理由を「多忙」と説明したことを否定し、 辞めた本当の理由は、リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになり、辞任するまでの 3 ヶ月間リンクに行く事が出来なくなった事とそれに対する関西大学の対応が誠意あるものに思えなかったからです。 今回の件で、 7 月に弁護士の方もふまえて関西大学と話し合いを行いました。 関西大学が調べて報告をあげるという事で結論に至り、そこから 2 ヶ月待ちましたが、誰がどのように調べているのかわからず、また結果報告もありませんでした。 理由や指導者としての想いなどについて長文を綴っています。 関西大は9月30日にホームーページでこのブログの内容についてコメント。 本学としては織田信成さんの事情を踏まえて慎重に対応してきたつもりですが、ご本人の理解を十分に得られなかったことは大変残念であります。 さて、本年4月以降、織田信成さんに関係して、指導方法をめぐって同部内で意見の相違があったことは認識しています。 その後、織田信成さんからは、本年7月1日に学長に対して所属事務所、弁護士が同席のもと、指導方法等に関する強い要望がありました。 そこで、織田信成さんのご意見もお伺いし、その内容に基づき、時間をかけて複数の関係者に対してヒアリングを行ってまいりましたが、総合的にみてその要望を受け入れることは妥当ではないと判断しました。 織田信成さんのご体調も考慮しつつ、こうした結果を織田信成さんにお伝えすべく、慎重に準備を進めておりましたところ、先に織田信成さんから辞任のお申し出があり、やむなく本学として了承することとなりました。 なお、9月9日の退任の報道にあたっては所属事務所と十分に協議の上、発表しておりますことを申し添えます。 本学としてはこれからもご本人や所属事務所と話し合いを続ける用意があり、真摯に対応してまいりたいと考えております。 関西大は10月4日にもコメントを投稿。 「この度の織田信成さんに関する一連の出来事について、私たち関西大学は慎重に対応してきたつもりですが、結果として織田信成さんの心情を十分に斟酌できず、事態を適切に収拾できなかったことを深く反省しています。 今後とも、誠意をもって対話を続けたいと思います。 」 さらに、次のようにもコメント。 「フィギュアスケート競技が本格シーズンに突入し、大切な時期を迎えています。 関西大学は、たかつきアイスアリーナに集うすべての利用者の静謐な練習環境の維持・向上に最大限努めます。 」 でも、嫌がらせ、モラハラ行為について綴っています。 織田さんの監督就任は、学長と濱田コーチからの推薦だったようです。 タレント活動をしていた織田さんは、芸能活動を調整し指導に充てる時間を増やす努力をしていたといいます。 1月末に関西大の方針である「文武両道」を目指すため、練習時間と部則の変更について提案し、濱田コーチを始め出席者からは了承を得たそうですが、 この後少ししてから濱田コーチの嫌がらせが始まったと述べています。 織田さんは、今回の件で関西大に7月1日に調査を依頼したそうですが、2か月何の調査も報告もなく、ハラスメントはなかったという報告を受けたと話し、 関西大にはこの件を明らかにする気がないのだと諦めに近い気持ちだったが、 リンクで練習をする学生たちが健全に練習できるようにとの思いで提訴に至ったことを話したということです。 濱田コーチは、名実ともに日本の女子フィギュアスケートを牽引する指導者で、 現在は紀平梨花選手(17)や、宮原知子(さとこ)選手(21)などを指導しています。 濱田コーチは昭和57年に引退して指導者に転身。 名門の京都醍醐フィギュアスケートクラブで指導していたそうです。 2018年に関西大が高槻キャンパスに「たかつきアイスアリーナ」を開設したのを機に、関大アイススケート部のコーチにも就任。 今季の夏からは、昨季世界選手権で銅メダルを獲得したアメリカのヴィンセント・ゾウ選手(19)のメインコーチとなり、 海外からも指導力を高く評価されているということです。 織田選手が受けた嫌がらせについて週刊新潮での報道によると、 関西大のスケートリンクには、安全確保のためコーチがリンクで同時に指導できるのは3人までとのルールがあるのですが、 濱田チームのサブコーチは5人以上の選手をリンクで滑らせていたことを織田さんが目撃。 そもそもこのルールは濱田コーチが作ったものだそうで、織田さんは危ないのでやめてもらえないかと申し入れたところ、激昂したということです。 それから無視みたいなことや、陰口、悪い噂を言いふらされたそうで、織田さんは精神的に追い込まれていったそうです。 織田さんが、文武両道を目指すため練習時間と部則の変更について1月に提案し承認され、 3月から実際に練習時間が変更されると、濱田コーチは「これでは子供たちの練習ができない!」と織田さんを直接怒鳴るようになったり、 以前にもまして陰口や嫌がらせが続いたそうです。 そして織田さんは3月下旬に体調を崩し入院。 うつ状態に追い込まれたという内容でした。 6月に入ると耳鳴りが止まず、めまいや吐き気に襲われ、リンクに行きたくないと思うように。 それから3ヶ月は1度もリンクに行けなかったそうです。 7月に弁護士を伴って学長を話し、ハラスメントについて涙ながらに訴えたが、 「そういうことなら喧嘩両成敗。 2人とも辞めてもらうことになると思う」と学長に言われたということです。 その後、濱田コーチはのヒアリングなどがあったようですが、2か月待っても何の報告もなく、織田さんは9月の辞任を決意したといいます。 スポンサーリンク 織田信成 提訴についてネットでの反響は? 実際にモラハラを見ているわけでも、練習している学生の声を聞いているわけでもないのでわからないのですが、 織田さんがおっしゃるように、浜田さんにの指導などに問題があるのであれば、提訴で明らかになることによって関西大の環境がよくなるならいいですね。 織田さん本人は鬱になるくらいなので相当なのかと思いますが、シーズン中ということもあり、選手への影響を心配する声も多くありました。 「フィギュアって意外に狭い世界だし、お母さんはまだ同僚でしたよね。 織田君本人だってノービスの頃から合宿や遠征で顔を合わせてお世話になったことも多々あるだろうに。 それでもこうなるってことは余程の思いがあったのだろうな。 ただ当人同士はとことんやり合ってしっかりと決着をつければいいと思うけど、シーズンまっただ中なので選手への影響がちょっと心配。 」 「織田君、メンタル弱いなぁと感じる部分もありますが、浜田コーチも最近調子に乗ってるような印象もあります 裁判で白黒つけるのは良い事だと思います 織田君の言う事が事実であれば、頑張って下さいと言いたいと思います」 「双方の言い分に大きな隔たりがある以上、キチンと裁判するのが正解なんでしょうね。 」 「 ハラスメントは 被害を受けた方が 被害を受けたと言えば 成立するものだ。 織田さんは 優しいから 本人とバトルは 無理だったんだろうなぁ。。。 あの年齢の 女性は キツイから… 個人的には 宮原さんが 自立と言い始めたことと 紀平さんの 活躍を いろいろ考えてしまいます。 選手自身のことを 本気で 想っているのは はたして どちら? 皆さん どう思う?」 やはりこの報道だけでは真相はわからないですね。 スポーツの世界というのはどこも厳しそうですし…。 テレビ見る織田さんは、ほんわか優しそうで泣き虫キャラという感じですが、 現役時代はその厳しさの中、世界と戦ってきているのでメンタルは強いのではないかと思います。 その織田さんが精神的に追い詰められるということは相当なのかもしれません。 これらの騒動で、シーズン中の選手に影響がないことを願うばかりです。

次の

濱田美栄コーチはモラハラ否定!反論!どちらかが事実ではない|話題の口コミ福めぐり

濱田 コーチ モラハラ

名前:織田信成(おだ のぶなり)• 生年月日:1987年3月25日• 年齢:32歳(2019年11月現在)• 身長:164cm• 体重:52kg• 出身地:大阪府 高槻市• 職業:プロスケーター、指導者、スポーツ解説者、タレント• 最終学歴:関西大学 文学部 卒業(大阪の私立大学、偏差値58だが推薦入学) 最早説明の必要もないかもしれませんが、織田信長さんはプロフィギュアスケーターとして活躍されており、最近はタレントとしてのテレビ出演も目立ちますね。 泣きじゃくる姿が印象的です。 また、大学入学時に中学生時代の同級生と結婚され、現在4児のお父さんでもあります。 スケート選手としての経歴は素晴らしく、• 2005年には世界ジュニア選手権• 2006年には四大陸選手権• 2011年にはユニバーシアード と国際競技会だけでもで3つの金メダルを獲っています。 2019年9月までは関西大学のスケート部の監督をされていました。 濱田美栄コーチのプロフィール 濱田美栄コーチも、60歳にもなって大人げないモラハラですよね…やってることが嫉妬にまみれた中2レベルですよ。 また、織田信成さんは関西大学から 「多忙が理由」だという虚偽の発表が無ければ、濱田コーチから受けたモラハラについても黙っているつもりだったようです。 織田信成さんは見た目通りめちゃめちゃ優しいですからね。 織田信成さんは監督ですから、多い時は週6でリンクに立ち、選手の指導をしていたとのこと。 そしてそれが終われば自身もプロスケーターとして練習をしており、「多忙」と言われれば、それはそうなのかもしれませんが… 関西大学もモラハラが裏では濱田美栄コーチのモラハラがあったことを知っていたのではないでしょうか?隠蔽しようとしていたと疑われても仕方ないと思います。 濱田コーチ 織田信成さんへのモラハラのきっかけは? 濱田コーチが織田信成さんへのモラハラを始めたきっかけは、織田信成さんが濱田コーチに危険な練習を止めて欲しいと伝えたら突然激昂してびっくりしたと。 それがモラハラの始まりだと記者会見で織田信成さんが話していました。 そこから次第にモラハラがエスカレートし、織田信成さんは体調不良に陥っていったのでしょう。 織田信成が濱田美栄コーチから受けたモラハラの内容がひど過ぎ みんなの反応 織田信成君がモラハラで提訴の記者会見してるけど、1100万請求が高いとか、なんで濱田コーチだけ訴えるんだとか被害者に何聞いてんの?え?ストレスで体調不良で入院したり、関大にも調査求めたけど関大は調査しなかったみたいだし、アイスショーも欠場してるし、訳分からん質問してんなよクソマスゴミ — ゆっちゃまん yuttyama03 濱田コーチに危険な練習を止めて欲しいと伝えたら突然激昂してびっくりしたと。 それがモラハラの始まりと織田くん。 ていうか関西大学もあんまりじゃないの? — いちご雪露🍓 mcrsmdmglvlv.

次の

「危険な練習指摘したら激高され」織田信成さん(32)が女性コーチ(60)を提訴…“モラハラ行為”の境界線

濱田 コーチ モラハラ

この記事の目次• 織田信成さんが受けたモラハラ行為は? 当時、今よりも芸能活動が忙しく一度は断った監督の席。 どうやらモラハラの加害者である濱田コーチの猛アタックにより、「それならば。 」と、芸能活動を調整しつつやるからには真摯に向き合いたいと織田さんもかなり努力したようです。 監督に就任し、所属部員に成績不良者が多いため練習時間の変更を提案したこと、リンクの使用方法について危険のないようルールを守りうように提言したこと、この2点が濱田さんのモラハラ行為を加速させたようです。 他コーチへの陰口 上記のような流れがあり「監督に就任してから偉そうになった。 」「(織田さんが)勝手に色々と物事を決定している。 」など、他のコーチに陰口を言うようになったとのこと。 気にせずスルーしようとしていが、織田さんが通りかかると会話をやめるなどの日々が続いていたのです。 また、織田さんが濱田コーチをやめさせようと企んでるなどの作り話を吹き込んでいたそうです。 本人がいないところで、もしくは本人に聞こえるように「陰口」を言う、しかも頑張っていることに対する「否定」、作り話で陰口を叩き、 自分の周囲を味方で固め被害者を孤立させようとする卑劣な行為です。 「 自分は悪くない、むしろ自分は被害者」であるように振舞います。 露骨に無視をする 織田さんが濱田コーチに挨拶をしても無視をしていました。 無視という行為は「相手をいないものとする行為」であり、存在否定に繋がります。 毎日顔を合わせていて、挨拶をされて無視をするなど、 モラハラ行為の代表的な行為です。 無視をするのも正当な理由に基づいている風に見せかけるため、上に挙げた作り話や陰口で、織田さんを陥れようとしたことが伺えます。 強くにらみつける もうすでに織田さんは日々追い詰められていたと考えられます。 その上で行動や言動を「監視」するかのようなにらむという行為。 濱田コーチの存在が織田さんにとってどれほど恐怖であったか手に取るようにわかります。 言葉を発するでもなく、「にらむ」。 恐怖以外の何物でもありません。 ネット上では記者の「それだけ」発言に怒りの声! 全くモラハラについて知識のない質問がこちら。 資料などを拝見していると、ハラスメントの内容が無視しただとか、陰口をいわれただとかいうのがあるんですけれど、我々普通の感覚でその資料を読むと「それだけのこと?」っていうように感じてしまう人もいると思うんですけど? 会見でのモラハラ被害者、織田さんへの不適切な質問に怒りの声が上がっている。 織田信成の会見で記者が悪口とか陰口とかそんな事で訴えを起こすんですかって言ってたけど じゃあどんな事ならあなたは納得するの? 暴力?脅迫? もうそれは違う犯罪だからね 陰口や悪口でも相手が不快と思えばそれは立派なモラハラです こういう人がいるからダメなんだと思った — アンチ鳥 ptaj78255 どこの記者か不明だが 無視とか陰口を叩かれるそれだけのことで訴えたのですか? などと言ってるが 無視行為は、パワハラの定義にあたる こういうことをいう記者がいるから パワハラとかモラハラというのが軽視されるのでは とんでもない記者がいたな〜 — 飯塚幸三逮捕しろと大分タバコ嫌の会(いまのところ1人) yokohamaise55 リンクに立てなくなるほどの症状 ある日リンクに行くと耳鳴りや身体の震えが起こり、めまいで氷の上に立てなくなります。 何とか慎重に物事を進め耐えうる覚悟でいたようですが、心よりも先に身体が悲鳴をあげたのです。 気づかないふり、スルーしようとしてもモラハラ行為は被害者の心に土足で入り込んできます。 加害者は弱っていく被害者を更に追い込むことが得意です。 心よりも先に身体が悲鳴をあげた、どれほど心が殺されたあとなのでしょうか。 想像を絶するつらさだったと思います。 それでも、監督という立場で学生のことを考え、家族のため、十分頑張ったと思います。 学生と家族への思いがあったからこそ、つらくても耐えてきたのだと思います。 ただ、モラハラ加害者は言葉が通じません。 正当な理由は彼女たちの脳や心に響きません。 加害者扱いをされたら、被害者のふりをします。 こちらの思いを理解できなくても、話合いが出来る、互いに歩み寄ることが出来るのが人と人のコミュニケーションです。 それが不可能なのがモラハラ加害者です。 モラハラの被害者は、何とか理解してほしくて頑張りますが、その努力が報われず逆に追い詰められる状況まで追いやられ、心も身体も壊れてしまうのです。 モラハラに男性も女性も関係ない! 今回の場合、被害者である織田さんは男性。 加害者とされる濱田コーチは年上ではありますが女性。 力で勝てそう?女性がここまで男性を追い詰められるのか?やり返せば、ここまで傷つかなかったのでは?など、疑問が出てきます。 しかし、加害者被害者に男性も女性もありません。 むしろこの考えこそが危険に感じます。 表に出てくるDVやモラハラ行為の加害者は圧倒的に男性、被害者は女性です。 力で勝てる、権力で勝てるという問題ではなく、どんな人も加害者になり得るし、被害者にもなるのが現実です。 織田信成さんモラハラ問題の今後のゆくえは? とても傷ついた様子がテレビ越しに十分すぎるほど伝わってきた織田さんの会見。 涙をこらえ、時折涙を拭いながら会見を行う様子。 とてもつらい状況であの会見、心のダメージが心配です。 記者の中に「どのようなモラハラ行為があったのか具体的に教えてください!」など、質問していましたが、織田さんの弁護士により止められていて本当に安心しました。 濱田コーチも観ているかもしれない会見、モラハラ行為にて傷ついた心で臨んだモラハラ行為による提訴の記者会見。 今にも崩れ落ちそうなほど、ボロボロなのになんて酷い質問なのかと思いました。 とにかく、今は心と身体を休ませて裁判を頑張ってほしいです。 とはいえ、モラハラ行為は証拠が難しいのです。 こんなに傷ついた事実のみで十分かと思いますが、裁判は証拠が全てです。 濱田コーチの織田さんに対するモラハラ行為を見て来た仲間がどうか証言をするなど、織田さんの味方でいてくれますように。 最後に関西大学からのコメントにもびっくりしました。 織田さんの今回のこの勇気ある行動を「現在、アイススケート競技がシーズンに入り、多くの選手が、練習とその成果の披露に懸命に取り組んでいるこの時期に、今般の提訴が行われたことは大変残念です。 」 この「時期」に?苦しんでいる人に対して時期を選べと言うのでしょうか。 この時期に提訴してはいけなかったのではないか、またもや被害者をさらに追い詰めています。 どうかどうか、真実が証言され織田さんの心が癒されますように。

次の