僕のヒーローアカデミア 273話 ネタバレ。 最新ネタバレ『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』273

僕のヒーローアカデミアネタバレ273話!あらすじ感想!

僕のヒーローアカデミア 273話 ネタバレ

ヒロアカのアニメ5期も制作決定されましたね! 2020年7月20日 月 発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定のヒロアカ本誌278話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 ヒロアカの では、ギガントマキアを食い止めようとするMt. レディが印象的でした。 プロヒーローとヴィラン連合軍が入り混じる戦線に、突っこんでいくギガントマキアは、死柄木の中のオールフォーワンを目指しているようです。 死柄木と戦うデク、エンデヴァーたちのところにギガントマキアが来てしまっては、デク達に勝ち目はありません。 激しい攻防戦が続くさなか、ギガントマキアを食い止めることはできるのでしょうか。 今後ヒロアカはどのような展開となっていくのでしょうか? 今回は「【僕のヒーローアカデミア ヒロアカ ネタバレ278話最新話確定速報】迫るギガントマキア!」と題し紹介していきます。 現在ヒロアカでは今回で278話となっており、戦いも激化してますね。 ここで これまでのヒロアカを読み返したいとなる人も多いかと思います。 そこで ヒロアカの電子書籍を無料で読みませんか? コミックス27巻の表紙がついに解禁!ホークスとトゥワイスが目印! ヒーローと超常解放戦線、その全面戦争が遂に開始!! この表紙解禁に際して、なんと堀越先生からの描き下ろしイラストもいただきました! 7月3日 金 発売です! よろしくお願いします! — 僕のヒーローアカデミア公式 myheroacademia 電子書籍でしたら 売り切れも気にせず、外に出ることなく すぐにヒロアカを無料で読むことができます。 今すぐヒロアカを読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 これからどんな展開になるか考察していきます。 ヒロアカネタバレ最新話278話考察|デク&爆豪は死柄木に対抗できる? ヒロアカ276話、グラントリノにすくいあげられ、戦闘から離脱させられましたが、イレイザーヘッドを助けるために戻ってきました。 一時勝てないとわかり退いたデクと爆豪ですが、戦えるのでしょうか? デクの現状 前回のヒロアカでは、爆豪のモノローグのなかで、デクの現状のパワーが明らかになりました。 通常時は30%まで出力ができ、瞬間的に45%まで引き上げることができるのが現状のようです。 ヒロアカネタバレ最新話278話考察|ギガントマキア いまだに個性が明らかにされていないギガントマキア。 死柄木に合流しようと彼の下を目指して進撃するギガントマキアを食い止めているのは、同じ大きさまで『巨大化』したプロヒーローであるMt. レディ。 必死の表情でギガントマキアを食い止めていますが、末に本編で明らかにされている彼の異常性を目の当たりにしている読者にとっては懸念が付きません。 個性を使っていない状態で、ギガントマキア自身が本来持っている耐久力、戦闘時の巨大化や鋭い五感、圧倒的なパワーに48時間以上も戦闘を続行し続けれるスタミナを持っています。 レディを含め、プロヒーローや生徒たちはギガントマキアの進撃を食い止め、死柄木との合流を阻止できるのでしょうか。 そして本編で一度も明らかにされていないギガントマキアの個性が、ここで明らかにされるのでしょうか。 あわせて読みたい ヒロアカネタバレ最新話278話考察|見守るオールマイトと壊理 超常解放戦線とヒーローたちの決戦がはじまってから、はじめて登場したオールマイトと壊理。 他のヒーローがすべて戦地に向かっているので、ふたりで雄英高校の職員室に待機しているようです。 オールマイトと壊理も、今後この戦闘に巻き込まれてしまうことがあるのでしょうか。 ほかにも、デクや爆豪、轟の家族など、人々が平和な日常を過ごしている様子が、崩壊の前兆のようにも感じられて不安を煽りますね。 ヒロアカネタバレ最新話278話考察|死柄木のパワー 現在、死柄木はイレイザーヘッドに個性を抹消されており、使えない状態です。 しかし、そんな中でも死柄木はエンデヴァーの攻撃を避け、己の肉体を回復させます。 つまり、個性だけではなく、素の力さえもかなりの成長を見せていたのです。 デクを追ったときの跳躍も、個性の力ではなく、素の力でした。 まるでオールマイトのような力だと感じたエンデヴァー。 しかし、ドクターによると、死柄木はまだオールマイトには及ばない程度とのこと。 身体の過度な改造は、脳に負荷をかけるため、オールマイトほどの強さは手に入れられなかったのです。 しかし、そう考えると全盛期のオールマイトの強さは本当にすごかったのだと痛感させられますね。 あわせて読みたい ヒロアカネタバレ最新話278話考察|ニア・ハイエンド ニア・ハイエンドたちはいままでのハイエンドと比べても、見た目に個性が強くでているような気がします。 犬のような耳と歯をもったもの、首のまわりを歯列で覆われたもの、翼をもったものなど、見た目はさまざまですが、その力は今までのハイエンドを上回るとのこと。 いままでのハイエンドすら、プロヒーローでも倒すのに苦戦していたのに、それを上回る力のハイエンドが何匹も出てきて、絶望しかありません。 しかし、ドクターによると、これらのニア・ハイエンドはテスト段階には至ってないとのこと。 このわずかな穴が、絶望的な展開を打開するカギになりうるのでしょうか。 ヒロアカネタバレ最新話278話考察|「崩壊」を操れる死柄木 死柄木の「崩壊」の個性が強大になっていることはすでに分かっていましたが、今回、死柄機がネオ・ハイエンドのカプセルを崩壊させないように調整したと発言しました。 つまり、ネオ・ハイエンドのいる場所を避けて崩壊させるような微細なコントロールも可能だということ。 味方を避け、ヒーローだけを狙って的確に崩壊させることができるのです。 崩壊の個性をコントロールできる死柄木は、イレイザーの抹消さえなければ、躊躇することなく個性を使用してくるでしょう。 ヒロアカネタバレ最新話278話考察|イレイザーヘッドを守るデクと爆豪 唯一、現段階で死柄木の個性『崩壊』を封じれるのは、イレイザーヘッドこと相澤先生の個性『消失』のみ。 必死に本編でも他ヒーローのサポートを受けつつ、死柄木の個性を食い止めていますが、死柄木自身が執拗にイレイザーヘッドの命を狙ってくる状況。 死柄木のもとに辿り着いたデクと爆豪でしたが、グラントリノやエンデヴァーに交戦を避けるように窘められます。 しかしイレイザーヘッドを守るためにも二人は死柄木との戦いの場に入っていきます。 デク、爆豪と死柄木との力の差は歴然。 このピンチをどうやって切り抜けていくのでしょうか。 次回は、おそらくデクや爆豪と死柄木の交戦がメインとなってくるでしょう。 ヒロアカネタバレ最新話278話考察|個性消失弾 ヒロアカ270話でエクスレスが見つけた装置は、壊理の個性から作られた個性消失弾だったことが判明しました。 死柄木の崩壊によりそのほとんどが使えなくなってしまったようですが、「ほとんど」と言っているということは、いくつかは無事で残っているということ。 今後どのようなタイミングで、誰に使われるのでしょうか。 イレイザーヘッド イレイザーヘッドの個性は厄介な個性であり、オールフォーワンにとっても相性が悪い個性です。 ここでイレイザーヘッドの個性を消しておきたい気持ちはあるでしょう。 しかし、ドクターが「欲しかった」と言っていたように、ただ消すだけでは惜しい個性だと考えているかも知れません。 死柄木は今、オールフォーワンの個性を持ち、他人の個性を奪い自身で使うことも出来るのですから、イレイザーに関しては個性消失弾を使うことはないかもしれません。 エンデヴァー みんなが退避していく中、この崩壊の波を掻き分けて死柄木に向かっていくエンデヴァーの姿はどこまでもヒーローでしたね。 しかし、最も死柄木に近く、最も危険なのもエンデヴァーです。 エンデヴァーにはまだ様々な因縁が残っているので、ここで死亡することは考えにくいのですが、個性消失弾による戦闘不能は有り得るかも知れません。 あわせて読みたい ヒロアカネタバレ最新話278話考察|ホークスの容態は? 273話「破滅のボルテージ」 死柄木弔くんの次は、トガちゃんが覚醒した。覚醒の連鎖だ かと思えば かっちゃんが驚きの顎力を披露しデクが漁業を ヒーローは何でもできるのね そして常闇くんにホークスがまだ抱かれてた!抱いていたよ! 報告を受けたファットガムの心境は… — 睦月 Mutuki2018 ホークスを抱えて飛ぶ常闇を見つけたファットガム。 常闇の身体からちらりと覗くホークスを一瞬見ただけで、事態を把握し救護のもとへ行けと指示を出しました。 救護のもとへ退避させられたホークスは、これで命の危険からは遠ざかったように思います。 しかし、荼毘の秘密を唯一知る存在ですから、まだしばらくは意識不明のままである可能性が高いですね。 ヒロアカネタバレ最新話278話考察|感想・予想ネタバレツイート おはよう! そして、朝イチからジャンプ見て、ハイキューは色々と思うことあるけど、それよりも…。 レディ…僕はあなたに惚れました。 大好きです。 レディがマキアを足止めしてるのに感動しました。 正直とっくに突破されて、いつ死柄木の方に参戦して来るのかとヒヤヒヤしてたからね。 巨躯対決は派手で熱いぜ。 今週でMt. レディのファンになりました。 頑張れ! — ウマキ umaki201 今週のヒロアカ、最近の中でも一番嫌… だって、死柄木vsプロヒーローはエンデヴァー筆頭にイレイザーや主人公たちがいるから希望が持てるじゃん でもさあ…Mtレディvsギガントマキアは… Mtレディ大好きだから… あそこらへんにいるプロヒーローで強い人あんまりいないよね… — みら Edward1602true 今週のヒロアカは、始めの相澤先生の部分で涙目になるし死柄木のあまりの強さにハラハラするんだけど、なによりも最後のMt. レディの闘いと表情に全てを持ってかれる。 ツラい。 ほんとにMt. 277「誰だよ」よろしくお願いします! コミックス27巻も全国に行き渡り始めた頃でしょうか?ぜひ「」で感想をお教えください! — 僕のヒーローアカデミア公式 myheroacademia ヒロアカの最新話278話「災害歩行(ディザスターウォーカー)」の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 ヒロアカネタバレ最新話278話確定速報 ギガントマキアを察知とリ・デストロの復活 ギガントマキアが迫る前線から離れたインターン生達の様子から始まります。 地面に個性のイヤホンを刺していた耳郎が、ギガントマキアであろう巨大な振動を感知しました。 包囲網を突破されたと報告のあったプロヒーロー達が、耳郎や八百万達にその場待機を命じて前線へと向かっていきます。 呆然と残されたインターン生達は、激化していく戦いに不安を隠しきれません。 そして異能開放軍率いる最高指導者のリ・デストロが復活してしまいます。 強力な個性を持つリ・デストロの力が、プロヒーローたちに襲い掛かります。 ヒロアカネタバレ最新話278話確定速報 倒れるプロヒーロー達 ギガントマキアを食い止めようと必死のMt. レディですが、一方のギガントマキアはまったく動じていません。 シンリンカムイとミッドナイトがMt. レディの傍に向かい、耐えるよう応援します。 しかしギガントマキアは死柄木の下に駆けつけることしか頭になく、何事もなかったかのようにMt. レディを背負い投げてしまいました。 倒されてしまったMt. レディの代わりに、ミッドナイトとシンリンカムイがギガントマキアの顔に近づき、眠らせようと動き出します。 しかしシンリンカムイは荼毘の炎に焼かれ、ミッドナイトはコンプレスの出した巨大コンクリート片に挟まれてしまいます。 ヴィランたちの強力な一撃に、ミッドナイト達はなすすべもなくボロボロになってしまいました。 地面にひれ伏すミッドナイトは己の不甲斐なさを嘆きます。 ヒロアカネタバレ最新話278話確定速報 A組&B組のギガントマキア妨害作戦 八百万のもとにボロボロになったミッドナイトから連絡が入ります。 「(ギガントマキアを)麻酔で眠らせて」「ただし難しい場合は逃げなさい」と八百万に指示しました。 そんなミッドナイトの背後に敵の影が迫っています。 その指示を耳にした八百万はギガントマキアとの交戦を決意。 A組、B組双方に指示を出し、ギガントマキアの大きさや到達時間や現在地の割り出し、動く準備を促します。 なおも進撃しようとするギガントマキアですが、「男に縋るなんて中学以来だわちくしょうがぁあ!!」と叫びながらMt. レディが縋り付いて食い止めようとしました。 レディのおかげでギガントマキアは減速しましたが、それでもその圧倒的な大きさに驚愕しています。 迫るギガントマキアを、A組とB組が協力して迎え撃とうとしています。 まとめ 僕のヒーローアカデミア ヒロアカ 本誌の では、 ついに死柄木とデクがぶつかり合いました。 死柄木のオールフォーワンとデクのワンフォーオールが共鳴し、死柄木がワンフォーオールを奪おうとデクを狙います。 そしてヒロアカ最新話確定速報として、278話のネタバレを紹介してきました。 進撃を続けるギガントマキアを食い止めるも、まったく歯が立たず投げ捨てられたMt. レディは、それでもギガントマキアを止めようとに縋りついています。 復活したリ・デストロの個性「ストレス」がプロヒーローたちに襲い掛かりました。 ミッドナイトもシンリンカムイも、ヴィランたちの手によって満身創痍になってしまいます。 頼みの綱として残されたのは後方に控えていた、八百万たちA組とB組のインターン生達です。 果たして八百万率いるA組&B組はギガントマキアを眠らせて、進行を食い止めることができるのでしょうか。 ギガントマキアとの戦いも、死柄木との戦いも、どちらも目が離せませんね! 次回のヒロアカも楽しみです。 以上「【僕のヒーローアカデミア ヒロアカ ネタバレ278話最新話確定速報】迫るギガントマキア!」と題しお届けしました。

次の

ヒロアカネタバレ273話最新話速報!デクのOFA45%は届くのか?

僕のヒーローアカデミア 273話 ネタバレ

2020年6月1日 月 発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア ヒロアカ 本誌273話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 僕のヒーローアカデミアのでは、死柄木の個性により、病院はおろか街全体に崩壊の波が襲ってきました。 デクは街を崩壊から救うために、崩壊の波に向かってセントルイススマッシュ エアフォースを45%の力で繰り出します。 しかし崩壊は止まることなく、迫ってきています。 住民たちに逃げてと指示を出すデク。 今後どのように展開していくのでしょうか? 今回は「【僕のヒーローアカデミア ヒロアカ ネタバレ273話最新話確定速報】崩壊していく街にヒーローの勝利は絶望的か?」と題し紹介していきます。 現在ヒロアカでは今回で273話となっており、戦いも激化してますね。 ここで これまでの話を読み返したいとなる人も多いかと思います。 そこで ヒロアカの電子書籍を無料で読みませんか? 電子書籍でしたら 売り切れも気にせず、外に出ることなく すぐに無料で読むことができます。 今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 止まらない崩壊 蛇腔病院のほうから迫ってくる崩壊の波に、デクは咄嗟に45%の出力でエアフォースを繰り出します。 しかし、崩壊は止まりません。 その様子を見た麗日は、あの崩壊の波が衝撃のようなものではないみたいだと叫びます。 デクは以前ショッピングモールで死柄木とした会話を思い出し、この崩壊の波は死柄木によるものだと確信します。 デクの横で、轟も崩壊の波を食い止めようと穿天氷壁を繰り出します。 しかし、崩壊の波よりも高さがあるはずの氷壁すらも、一瞬で塵芥と化してしまいます。 バーニンの退避命令が飛ぶと、雄英生たちは必死に一般市民を抱えて逃げ出しました。 爆豪は市民の服を口で咥えながら飛んで、デクは黒鞭の個性を駆使してバスごとひっぱりあげます。 マキアへ呼びかける死柄木 病院側のヒーローたちと交信を試み続けるバーニンですが、エンデヴァーやリューキュウの名を呼びかけても、返事はありません。 一方、崩壊の発生地である病院で、死柄木は周囲がすべてが砂と化した場所にいました。 寒さを感じつつも、死柄木は砂になっていない機械を開け、そこから薬の残骸を取り出します。 オーバーホールが大量生産した薬が、ほぼダメになってしまったようです。 そして、近くに落ちていた携帯を手に取ります。 解放戦線とヒーローの戦いでは、ヴィラン側の状況はよくないようだと察知する死柄木。 しかし、死柄木の目覚めと共に、「何か」が始まるのだといいます。 マキアを呼ぶ死柄木。 手元の携帯に向かって、話しかけます。 今ここからすべてを破壊する、と。 そしてその言葉を聞いたマキアも、アジトの地下で動き出しました。 ヒーローたちの混乱 蛇腔病院から80キロ離れたアジトへ、場面は移ります。 ホークスを抱えた常闇は、ファットガムの指示を受けてそのまま遠くのほうへと飛び立っていきます。 戦場では、外典による氷の個性技に苦戦するマウントレディの姿が。 その後ろで戦うヒーローのひとりが、突然仲間の首を切りつけました。 突然の行動に、混乱するヒーローたち。 切りつけたヒーローの正体は、変身したトガヒミコでした。 トガの怒り アジトの上層階にて、荼毘はコンプレスと落ち合っていました。 コンプレスはトガを止めたようですが、いまトガはヒーローたちの中で暴れまわっています。 あれは自殺行為だと語るコンプレス。 トガは冷静さを失っていると言います。 ヒーローの中で、刃物を振り回し次々と切り付けていくトガ。 いつものような笑顔はなく、怒りに満ちた表情でヒーローたちと相対しています。 そして、自分の「生きやすい世界」には、ヒーローが邪魔なのだといいます。 次の瞬間、瓦礫の中に立つトガの後ろから、地面が砕け、大きな手が出てきました。 エンデヴァーVS死柄木へ 場面は再び転換し、蛇腔病院へ。 死柄木のもとに、空からエンデヴァーが飛んできました。 怒りの形相で死柄木に攻寄るエンデヴァー。 対して死柄木は余裕そうな笑顔を浮かべます。 それにOFA45%の出力で対抗するデク。 しかし崩壊の波は津波のように街やヒーローたちを蹂躙していったのです。 今後どうなるのでしょうか? 考えられる展開を紹介していきたいと思います。 死柄木の強化内容 死柄木復活とともにワンフォーオール初代の声が!!ここに来て初代は熱い。 初代の力コントロールするんかな それにしても死柄木が圧倒的に強すぎ。 ヒビに触った瞬間死ぬはやばすぎやろ どうやって勝つんだい — シルシル 白犬 danmemoshiru ヒーロー側は今回の襲撃作戦にあたって、ホークスの諜報により様々な情報を得ていましたが、「死柄木の強化」の内容については情報がなかったようです。 死柄木の崩壊は触れたもののみならず、その触れたものが接触するものすべてに伝播していく個性へと進化を遂げています。 咄嗟の判断でマイクを抱え上げ、全員に「ヒビに触れるな」と叫んだグラントリノはさすがの分析力です。 あわせて読みたい 崩壊していく街にヒーローの勝利は絶望的か? エンデヴァーはミルコとリューキュウのSKを抱えて離脱。 リューキュウも口にトイトイを咥え、右手でネイティブを掴んで退避。 269で突入してきたネームドで逃れた姿が確認できないのは13号とバックドラフトか…。 死柄木の個性は接触するものはすべて崩壊してしまうので、空を飛ぶことができるヒーローでないと、自分自身の身も守れない恐ろしい個性です。 今回も、たったの一撃で、多くのヒーローが犠牲になりました。 ハイエンドに足を掴まれ、あわや崩壊の波に呑み込まれてしまうところだった相澤を救い、己が犠牲になったクラスト。 死柄木のすぐ隣にいたエクスレスも、描写はありませんが恐らく崩壊してしまったのでしょう。 雪崩や自然災害を想起させるほどの甚大な被害。 各地で救助活動を行っていたヒーローたちの安否も気になります。 現時点での主なヒーローたちの安否をまとめてみました。 ビルボードチャート上位ヒーロー• 1 エンデヴァー 退避• 2 ホークス 重傷• 3 ベストジーニスト 行方不明• 4 エッジショット 山荘チーム• 5 ミルコ 欠損、エンデヴァーに抱えられ離脱• 6 クラスト 崩壊し死亡• 7 シンリンカムイ 山荘チーム• 8 ウォッシュ 避難活動• 9 ヨロイムシャ 山荘• 10 リューキュウ 飛行し退避 その他ヒーロー• ロックロック リューキュウに乗って退避• オニマー・キドウ リューキュウに乗って退避• マニュアル リューキュウに乗って退避?• トイトイ リューキュウに咥えられ退避• ケサギリマン リューキュウに乗って退避• 13号 不明、死亡?• バックドラフト 不明• エクトプラズム 不明• ギャングオルカ 山荘チーム• レディ 山荘チーム• シシド 山荘チーム• セメントス 山荘チーム• ファットガム 山荘にて常闇を追いかけて現在は不明• イレイザーヘッド 退避• グラントリノ 退避• プレゼントマイク グラントリノに抱えられ退避• ピクシーボブ 個性「土流」による土の盾で崩壊の向きをずらした?不明 死柄木の個性に太刀打ちできるようになるには、空を飛べることは大前提ですね。 その面でリューキュウは、多くの人を乗せて飛ぶことができるのでかなり重要ですね。 今後、飛べないヒーローでも、リューキュウの背に乗って死柄木へと近づくことができる、なんていう場面も出てくるかもしれません。 デクのOFA45% そしてやはり注目すべきは主人公・デクの活躍です。 最後にデクがフルカウルを出したときは20%が限界だったところを、今回45%まで引き上げています。 前回は20%以上で動くと、身体に負担がかかり動けなくなると言っていたので、この3ヶ月で鍛え上げてきた成果と思われます。 しかし、いくら45%の力が出せても、死柄木の崩壊の凄まじさを見てからですと不安が拭えません。 果たしてデクは、ヒーローたちは死柄木を止めることが出来るのでしょうか。 ギガントマキアの動向 ラストは死柄木が超常解放戦線のアジトまで来たのかと思ったけど、ギガントマキアは死柄木に敬服した際にも「(主の)後継」と呼んでいたので、AFO自身が脱獄してやって来た可能性もありますね。 — ハンセイ neoamakusa ついにギガントマキアが動き出しましたが今回は出てきませんでしたね。 マキアが起きると、山荘側がピンチになると考えていましたが、マキアには「死柄木がどこにいても探しあてて追ってくる」という特性があります。 ここから病院に一気に駆けつけ、死柄木とともに病院側のヒーローと戦う展開かもしれません。 死柄木だけでもかなりの脅威なのに、ここにマキアが加わると、ヒーロー側の勝機がかなり危ういものになってしまいます。 あわせて読みたい 272話への感想・予想ネタバレツイート え?死柄木チートじゃんw — あんな Kx279h0YT0xPN2Q 以下が僕のヒーローアカデミア272話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。 クラストォォォ! 熱い男だった…先生助けてくれてありがとう 目見開いて充血してる相澤切ない 瞬きせずこの崩壊の「元」を探してたんだろうな 13号置いてかれてる気がするけど大丈夫かな 崩壊を足止めしようとするピクシーボブ、デクかっこいい デクの出力大分上がっとる — じんちょう zintyo4 いや今回めっっっっちゃ好き 連鎖して崩壊していく建物、逃げるヒーローたち、ミルコを抱いて逃げるエンデヴァー、ドクターのおぞましさ、デクたちへ移動する視点。 クラストさんありがと…泣いちゃうな… 待ち侘びたウォッシュさんの個性、そんなんやったんか。

次の

『僕のヒーローアカデミア』ネタバレ!漫画最新話272話内容紹介&次回273話の考察!

僕のヒーローアカデミア 273話 ネタバレ

スポンサーリンク 街で避難誘導をするヒーロー達、デクの頭の中に初代の声が聞こえます。 サボるなと言われるデク。 頭の中では止めるんだ、更に揺り戻しがくる、長くは話せない、人の枷から解き放たれし力の膨張、超越者が来ると聞こえ、病院を見ます。 その頃、病院で目覚めた死柄木が寒いと言い突如、爆発が起きます。 寸での所でプレゼントマイクと博士を抱え飛び出してきたグラントリノは、唯一情報のなかった死柄木の強化内容、個性である「崩壊」は、接触したものに「伝播」していくということ、全員逃げろ、ヒビに触れるな、死ぬぞと叫びます。 異変に気付いたデク達のいるふもとにも崩壊が迫りハイエンドやクラストは犠牲となります。 何とか出口まで辿りついたグラントリノ、プレゼントマイクに一緒に脱出した博士は完敗じゃった、この日の為に多くの過程を積み重ねたのじゃろう、じゃが今、奇跡或いは更に向こうへ死柄木は起きた。 ヒーロー達の積み重ねなど寝覚めの一撫でて瓦解する、ワシらの勝ちじゃと笑いながら言います。 スポンサーリンク 状況 堀越耕平「ヒロアカ」273話より引用 蛇腔病院から迫ってくる崩壊の波。 その様子を止まらない、衝撃の類じゃない、全てチリになっていくと表します。 デクは死柄木との会話を思い出します。 俺の五指が全てこの首に触れた瞬間、喉の皮膚から崩れ始め、1分と経たないうちにお前はチリと化すぞ、デクは死柄木の仕業だと確信します。 そして轟も崩壊の波を食い止めようと穿天氷壁を繰り出しますが崩壊の波よりも高い氷壁すらも一瞬で塵芥と化してしまいます。 バーニンの皆退けぇと退避命令を出すと雄英生たちは必死に一般市民を抱えて逃げ出します。 病院、何してんだ、誰か応答しろ、エンデヴァー、リューキュウ、誰か状況を伝えろと叫びます。 スポンサーリンク トガちゃん その頃、蛇腔病院から80キロ離れた郡訝山荘ではホークスを抱えた常闇をみたファットガムの後方に救護班がおる行きと指示を受け飛び立っていきます。 外典による氷の個性技に怒り攻撃するマウントレディに続く中、トガヒミコとコンプレスを補足したんじゃと気づいたヒーローの1人の首を切りつけます。 戸惑うなかでミスターと言い荼毘は逃げねぇのかと言います。 恐らくトゥワイスがやられた多分な、止めたんたが行っちまった。 あんなの自殺行為たぜ、トガちゃんがあんなに冷静さを欠くなんてとコンプレスは言います。 堀越耕平「ヒロアカ」273話より引用 生きにくい、生きやすい世界に、好きなものだけの世界に邪魔ですヒーローとトガが怒ります。 スポンサーリンク 『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』ネタバレ273-274話のまとめ 逃げてと叫ぶデク、そして氷壁で対抗する轟ですがその崩壊は止められません。 その中で死柄木との会話を思い出すデク。 堀越耕平「ヒロアカ」273話より引用 俺の五指が全てこの首に触れた瞬間、喉の皮膚から崩れ始め、1分と経たないうちにお前はチリと化すぞの言葉。 バーニンの合図で市民を連れ逃げ出しますがエンデヴァー達に呼びかけるも病院の状況は伝わってきません。 そして、病院跡地にいる死柄木は起きがありマキアにおいでみんな一緒に、今ここから全てを壊すと連絡します。 一方、蛇腔病院から80キロ離れた郡訝山荘ではファットガムの指示により救護班へと急ぐホークスを抱えた常闇。 荼毘はコンプレスに逃げねぇのかと言いますが冷静さをかき生きにくい、生きやすい世界に、好きなものだけの世界に邪魔ですヒーローと怒ったトガを見守ります。 その頃、No. 1は病院の跡地に向かい死柄木に一直線に突っ込みます。 巨大な力を手に入れた死柄木、崩壊は凄まじい威力を誇ります。 堀越耕平「ヒロアカ」273話より引用 なすすべのないデク達はどうするのか、怒ったトガ、そしてNo. 1に気づきながらも余裕の笑みすらある死柄木、次々巻き起こる展開に目が離せなくなってきました。 次週一体どうなるのか、楽しみで仕方ないですね。

次の