スマホを落としただけなのに 犯人。 『スマホを落としただけなのに2囚われの殺人鬼』評価は?ネタバレ感想考察/真犯人の正体と動機は?前作のつながりは?

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』犯人は?(含ネタバレ)

スマホを落としただけなのに 犯人

2020年2月21日(金)公開の映画 『スマホを落としただけなのに2 囚われの殺人鬼』。 応募していた試写会に当選したので見に行ってきました。 ちなみに原作の小説は一切読んでいません。 前作の知識は新作の公開記念として、ちょうどテレビで放送していたのをながら見した程度。 ながら見でもそこそこ面白かったんですが、続編の方は正直それほど期待していませんでした。 だって、人気映画の2作目ってだいたい期待外れでつまらないのが多いじゃないですか。 「どうせ大して面白くないんでしょ?」 そう思ってました。 まぁ前作そこそこ楽しめたし、出演者も魅力的だしそれでいいかぁって感じでしたね。 実際に見るまでは。 今回は映画 『スマホを落としただけなのに2 囚われの殺人鬼』を試写会で見た僕が、率直な感想を書こうと思います。 【映画版あらすじ】 長い髪の女性ばかりを狙った、連続殺人事件。 事件を追っていた刑事の加賀谷が、連続殺人鬼の浦野を逮捕して事件は幕を閉じた、はずだった。 しかし、その後も同じ殺人現場から次々と発見される若い女性の遺体。 浦野は自分にネット犯罪のすべてを教えたという謎の人物『M』の存在を明かし、自分ならMに近づけると言う。 しかたなく浦野と手を組むことになった加賀谷だったが、恋人の美乃里が謎の男に狙われていることに気づく。 加賀谷は愛する者の命だけではなく、自分が抱える秘密までもが危険に晒されてしまう。 ただ、スマホを落としただけなのに…。 【】 映画『スマホを落としただけなのに2 囚われの殺人鬼』感想:中盤から一気に面白くなった 映画 『スマホを落としただけなのに2 囚われの殺人鬼』は、警視庁のデータベースにハッカーが侵入するシーンからスタートします。 その後、加賀谷の恋人・美乃里がレストランでフリーWi-Fiに接続したことで、あっさりスマホに不正侵入されて乗っ取られてしまうわけですが… いやいやちょっと不用意過ぎるだろと(呆) どこのものか分からないフリーのWi-Fiを利用するのは危険だって、ここ数年さんざん言われてるのに。 その結果、遠隔操作されたスマホから個人情報がどんどん盗まれてしまい、美乃里はつねに何者かに監視されることになっちゃうんですねぇ。 んで今度は逮捕したはずの連続殺人鬼の浦野が殺害現場として使っていた場所で、3年前から行方不明になっていた女性の遺体が発見されるんです。 どうせこの被害者も浦野が殺してたんだろ?と思ってたら、その女性はショートヘアー。 さらには、被害者の交際相手だった男性の遺体まで発見されたり。 そこで捜査が行き詰まり、加賀谷は拘置所にいる浦野に仕方なく捜査の協力を願い出るわけです。 浦野が警察の捜査に協力するために出した条件は3つ。 「加賀谷が実は二重人格で、そのもうひとつの人格がどうせ犯人のMっていうオチなんでしょ?」と思ってたんです、実際に映画を見るまで。 連続ドラマ『愛してたって、秘密はある。 』で、福士蒼汰が演じる主人公のもうひとつの人格が真犯人でしたみたいな展開だと。 映画『スマホを落としただけなのに2 囚われの殺人鬼』結末ネタバレ 映画 『スマホを落としただけなのに2 囚われの殺人鬼』結末の詳細なネタバレです。 加賀谷学(千葉雄大)の結末ネタバレ 前職はWEBセキュリティ会社のアンチウイルスソフトなどを手掛ける凄腕ハッカーだった加賀谷。 加賀谷が刑事に転職した理由は、同じく刑事で幼い頃に亡くなった父親の死の真相を突き止めるため。 映画の冒頭で警視庁のデータベースをハッキングしていた人物は加賀谷だった。 警視庁公安部に所属していた父親は、旧東側諸国のスパイに機密情報を売り渡そうとしていた公安内部の人間を探し出すための捜査の過程で命を落とす。 国家機密という理由から家族にも死の真相を知らされなかったことで、おかしくなった母親が息子である加賀谷を虐待するように。 現在、母親は末期ガン患者専用の介護施設で生活しているが、加賀谷は最後まで母親に会おうとはしなかった。 兵頭彰(井浦新)の結末ネタバレ 捜査に協力する(フリをしていた)浦野がワナを仕掛けて画像を撮影した男は、実は犯人のMではなく警視庁公安部の兵頭。 兵頭は加賀谷の父親の元部下で、秘密裏にMの捜査をしていた。 美乃里のことをMだと疑い、フリーWi-Fi経由で美乃里のスマホにバックドアを仕込み、遠隔操作で監視していたのも兵頭。 その理由は、美乃里の部屋から警視庁のデータベースに定期的にアクセスされているのを突き止めたから。 実際にパソコンでアクセスしていたのは美乃里の恋人である加賀谷。 笹岡一(鈴木拡樹)の結末ネタバレ 犯人のMとして兵頭に逮捕されたのは、加賀谷とともにWEBセキュリティ会社『IT Guardian』を立ち上げた笹岡。 しかし実際は笹岡は本物のMではなく、Mを名乗っていただけだった。 『IT Guardian』は加賀谷が辞めた後に経営不振に陥り、笹岡は残った会社の資金を食いつぶしているような状態だった。 実は笹岡は同性愛者で、加賀谷に対して密かに思いを寄せていた。 仮想通貨『レイラコイン』を盗もうとしたのも、加賀谷と作ったWEBセキュリティ会社『IT Guardian』を潰したくなかったから。 笹野は浦野から、そのままMに成りすまして美乃里を殺すように脅されていたのだ。 松田美乃里(白石麻衣)の結末ネタバレ 自分のスマホがウイルスに汚染されているのを知らされた美乃里。 その後、警察から新しく渡されたスマホを持ち歩くことで、犯人のMをおびき出すためのおとり捜査に協力することになる。 しかし自身が勤めるWEBセキュリティ会社『IT Guardian』で、笹岡に雇われた元ハングレの根岸にワゴン車で拉致された美乃里。 追跡していた加賀谷と密かに2人のことを追っていた兵頭によって、美乃里は間一髪のところで救出される。 その後、美乃里は加賀谷を介護施設にいる加賀谷の母親と会わせようとするが、加賀谷は直前で引き返す。 美乃里と加賀谷が初めて出会ったきっかけは5年前。 美乃里が就職活動で面接に向かっている際、乗っていたバスの座席にスマホを落としたことだった。 美乃里がスマホを落としたことに気づいた加賀谷が、バスを降りて美乃里に届けたのだ。 浦野善治(成田凌)の結末ネタバレ 浦野は本物のMがすでに死んでいるのを知っていながら、捜査に協力するふりをして逃走する機会をうかがっていた。 WEBセキュリティ会社の笹岡や警視庁公安部の兵頭のことをMだと思い込ませようとしたのも、捜査をかく乱するため。 浦野は見張り役である刑事の吉原(平子祐希)を、鋭く尖らせた飴玉を吹き矢のように目に飛ばし、顔を踏みつけ便器に何度も沈ませて殺害。 警視庁のデータベースをハッキングしてダウンさせ、警官に変装して拘置所を脱走する。 そして警察の検問をすり抜け、クルーズ船に乗って中華圏への逃亡に成功。 その後、加賀谷のスマホに電話をし「本物のMを殺したのは自分だ」と告白する。 理由はMの素性に興味を持って探っていたら、M本人から脅迫されたため。 浦野が警察に教えたMのアジトで発見された身元不明の死体が本物のMだった。 エンドロール後に、中華圏の街中を歩く浦野を後ろからスマホで隠し撮りする謎の人物の追加シーンあり。

次の

スマホを落としただけなのに映画ネタバレ結末犯人は?北川景子の秘密は?|みやびカフェ

スマホを落としただけなのに 犯人

「スマホを落としただけなのに」映画の考察 低気圧にやられてる。 空と同じく頭の中もどんより。 ぼーとしてます。 昨日録画した「スマホを落としただけなのに」を観てます。 自分のスマホならまだしも恋人が落としたのに追い詰められる…怖い。 原作は読んだけど映像はまた違いますね。 うーん北川景子さん美しい。 — LISA kinakotolisa 犯人の異常行動の心理とは!? 「スマホを落としただけなのに」の犯人である浦野善治(成田凌)は髪の長い女性を5人も殺めてしまいます。 五人の女性の共通点は髪が長いということであり、浦野は被害者と実の母親を重ねてみていました。 浦野が被害者に抱いていた感情とは? 浦野が被害者の女性5人に抱いていた感情はいずれも憎しみの感情です。 小さい子どもに向かって「あんたなんて産まなきゃよかった」と怒鳴っているシーンが印象的です。 あの小さい子どもは二人の人物を表しており、一人目は犯人の浦野でありもう一人の人物とは警察の加賀谷学 (千葉雄大)です。 さらに別の回想シーンでは小さい男の子はお腹がすいているのに母親に食事を与えてもらえないという虐待のシーンもありました。 しかし、幼いころの浦野には母親に対する憎しみの感情はなくて泣いている母親の頭をなでているほど優しい子だととらえられます。 長い髪の女性に対する投影 幼いころに母親から虐待を受けた浦野ですが母親のことは大好きでした。 旦那が出ていったシーンで「あんたなんて産まなきゃよかった」と怒鳴られても泣いている母親の頭をなでるくらい母親ことが大好きだったのです。 浦野は母親のことが好きだったのですが、虐待を受けてまだ幼いのに満足に愛情を与えられません。 しかし、幼少期に満足に愛情を注がれなかった浦野は別の形で愛情を求めます。 それこそが、風俗店に通い母親と同じ髪型の女性と接することだったのです。 浦野が膝枕をしてもらい「おかあさん…おかあさん…」とつぶやいているシーンがありますが、あのシーンで浦野は幼少期に与えてもらえなかった愛情をもらおうとしています。 両極の感情(アンビバレンス) イケメンのくせに怖えーなw😂 — 毒蝮 wax91725305 風俗店で長い髪の女性に相手をしてもらっている女性に対して浦野は母親と何ら変わらない愛情を感じていました。 その後、長い髪の女性に相手をしてもらっていましたが接待の時間が切れてしまいます。 延長を要求する浦野でしたが、「予約が入っている」と断ったとたん長い髪の女性の髪をはさみで切ってしまいます。 客観的にみるとますます薄気味悪さが増えていく瞬間です。 自分は好きなのに受け入れてもらえない。 この時、浦野には両極の感情がありました。 一つ目は母親が好き=長い髪の女性が好きという感情であり、もう一つは僕は母親が好きだったのに何で大事にしてくれなかったの?=長い黒髪の女性はなんで自分を大事にしてくれないの?という感情です。 つまり浦野には過去の経験から母親に似た長い髪の女性の愛情を求めている感情と、自分を見放した長い黒髪の女性が憎いという二つの感情があったのです。 愛情の必要性 小さい男の子が母親に「あんたなんて産まなきゃよかった」と言われているシーンで男の子は大体2歳~3歳前後だと推測できます。 心理学では、子どもは0歳から3歳までの母親からの愛情がとても重要だと研究で明らかになっています。 昔から愛着に関する研究は数多くされてきましたが、幼少期に十分愛情を与えられなかった子供は短命であるほど子供にとって愛情は必要不可欠のものなのです。 しかし、犯人の浦野は母親から虐待を受けた経験から愛情を十分に与えられたいません。 その結果今回のような犯罪に手を染めてしまったことがわかります。 犯罪に手を染めてしまった理由がわかるシーンとして、取り調べで浦野が毒島(原田泰三)になぜ真相を突き止めることが出来たのか?と質問しています。 毒島は相手にしませんが加賀はゆっくりと犯人の浦野を見つめていました。 加賀と目が合った浦野は真相を突き止められた理由を悟ります。 「あんたも同じ種類の人間だったんだ」というセリフが印象的ですね。 実際に加賀も風俗に努める女性たちに職務質問をする際、こっそり女性に近づくという浦野と同じ境遇だったことがわかります。 「スマホを落としただけなのに」映画の考察まとめ 「スマホを落としただけなのに」では単純にスマホを落としたときに起こる最悪の事件を描いていますが、同時に幼少期に愛情を得られなかった子どもが犯罪に染めてしまう場合を描いていると考えられます。 しかし、犯罪に手を染めてしまうパターンは人それぞれであり加賀のように警察官になるものや浦野のように母親の愛情を求め続けるものなど現実でも問題になっていることを忠実に再現していると思います。

次の

【スマホを落としただけなのに2】囚われの殺人鬼の犯人と理由は?結末ネタバレ解説についても

スマホを落としただけなのに 犯人

2020映画スマホを落としただけなのに2!囚われの殺人鬼の犯人ネタバレ予想 試写会にて『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』見ました! 予告編でスマホを落とす描写がなく、これタイトル詐欺じゃん!と思っていたので、ちゃんとスマホを落とすシーンが描かれたのを見て、「クララが立った!」に似た感動がありました。 公開前の作品なので、感想は以上となります。 現在、3巻の刊行となっています。 第1巻が『スマホを落としただけなのに』、そして第2巻が、今回映画化される『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』です。 小説第2巻の『スマホをおとしただけなのに 囚われの殺人鬼』のネタバレの前置き 『スマホを落としただけなのに』 志駕晃 スマホを落としたことから、個人情報を抜き取られ様々な恐怖に脅かされるようになってしまう。 映画も見たが、小説の方がより怖さを引き立てるものだったように感じる。 スマホをはじめ色々なロックやパスワード、今一度見直したいと思いました。 ネタバレですので、ご注意を! ただし、犯人をバラシてしまうのは控えてみたいと思います。 1作目で浦野善治を逮捕し、解決したはずが、同様の殺人が続く。 そこで、浦野に協力を求める。 浦野は、ダークウェブに「警察の加賀谷がMの重要な秘密を掴んだ」と書き込むと、Mという人物が、だましのWiFiで加賀谷の恋人(美乃里)のスマホにアクセス。 浦野は、気づかないふりをしてMと接触することを提案する。 加賀谷と美乃里はブログを開設し、アクセスログから宮園直樹という人物をMと疑う。 Mは、県警のホームページの改ざんや、信号機もハッキングし、加賀谷は翻弄される。 そして美乃里の携帯に、加賀谷の母から「退院したけど具合が悪くて動けない」とメールが入ったため、加賀谷にメール送信して迎えに行く。 着くと、「車で休ませている」と男が声をかけてきたが、騙されて連れ去られる。 加賀谷に、浦野から「スマホを乗っ取られている。 美乃里が危険だ」と連絡が入る。 美乃里からのメールに気づき、退院日が明日なので、急いで浦野の元に行く。 しかし、浦野は居らず美乃里のスマホのGPS情報が示してあった。 加賀谷は車で後を追うが、もう一人の男も追っていた。 ついに美乃里が男たちに抑えつけられていた車にたどり着き、「警察だ」と銃を構える。 すると後ろから「神奈川県警の加賀谷学だな」と声がし、振り向くと、Mと疑っていた宮園直樹が銃を構えていて、発射! 弾丸は、加賀谷にナイフで刺してきた犯人に命中。 加賀谷は病室で目を覚まし、そこにいたのは、宮園直樹。 宮園直樹とは、加賀谷が警視庁のコンピューターをハッキングしているのを調べていた警視庁公安部、兼サイバー攻撃対策センターの兵頭彰だった。 兵頭との情報交換で、Mが浮き彫りになっていき、その正体は( ないしょ)でした。 すぐに捕まえれると思っていたが、既に海外へ逃亡か? 加賀谷のスマホに知らない番号の電話が入る。 浦野からの電話です。 浦野は事件をお見通しであったことを話す。 そして、加賀谷のことを『友達だから』と、初代Mに狙われたが逆に殺害したことを明かす。 その初代Mとみられる死体の身元を調査すると、それが浦野善治! 加賀谷はつぶやきます。 次第に不可解な事件が起こる。 他国のスパイ、東京オリンピックにサイバー攻撃、スリリングな展開を期待したが軽めの文章に緊迫感を感じず… 期待値が大きすぎたか。 2020年に公開となるこの映画は、前作とストーリーが繋がっていて、原作もありました。 そして原作小説そのものがネタバレ本となりますが、多少は変えてあることも分かりました。 ですので、ご紹介したストーリーは多少予想も含まれています。

次の