ダイハツ ロッキー 値段。 ロッキーとライズの違いは?内外装のデザインや装備・値段などを徹底比較

【公式】ロッキーの新車価格とグレード|ダイハツ

ダイハツ ロッキー 値段

トヨタ自動車とダイハツ工業は5日、新型の小型スポーツ用多目的車(SUV)を発売した。 ダイハツが開発・生産し、トヨタは「ライズ」、ダイハツは「ロッキー」の車名でそれぞれ、販売する。 SUV人気が高まっていることに対応し、トヨタは、「C-HR」より小さなサイズのSUVを求めるニーズを取り込みたい考え。 ダイハツは軽自動車から小型車に乗り換えようとする顧客にアピールする。 小回りのきく5ナンバーサイズで、パワートレーン(駆動系)は1・0リットルターボエンジンと無段変速機(CVT)との組み合わせ。 2輪(前輪)駆動と4輪駆動がある。 先進安全技術を搭載しており、オプションではハンドルを自動で操作する駐車支援機能も設定している。 ダイハツが7月から導入を始めた新設計手法「DNGA」により、衝突安全と室内・荷室の広さを両立させたという。 ほぼ同型だが、グリルなど前部のデザインが異なる。 価格はライズが167万9千円から、ロッキーが170万5千円から。 ダイハツの松林淳取締役は、「『大きくて運転しにくい』『サイズの割に室内や荷室が狭い』というSUVへの不満を解消できる車だ」と強調した。 引用元 ライズは売れると思うけど、対抗として見据えてるクロスビーより中身は1ランク落ちるんだよねえ。 04トン(1. 00トン) ・ノー電動アシスト(マイルドハイブリッド) ・ミッション:CVT(6AT) トルクが1kgmも低く発生回転数も高い。 4駆選ぶと1t超えちゃうから税金が上がっちゃう。 アシスト無いから実燃費に差があり、アイスト復帰の振動も大きいと思われる。 しかもロッキー・ライズはCVTなのに対しクロスビーは6AT。 内外の質感もたぶんクロスビーの勝ち。

次の

まさかの事態に! ライズ売れ過ぎてオーダーストップ!? 納期は7月中旬!!?

ダイハツ ロッキー 値段

リム径 16inch インセット 42mm リム幅 6. トピーのドルフレインシリーズとして初めてアンダーカットを施したモデルですが、非常にモダンでスタイリッシュな風格があります。 ロッキーは適合する社外アルミが少ないのが難点ですが、ドルフレン フィニートは16インチ6. 0Jで、インセットもほぼ純正と同じサイズがあります。 センターキャップはエメラルドの他、オプションで、ラベンダーブラックやレッドがあるので、ボディカラーに合わせてチョイスすると良いでしょう。 リムオーバーデザインで足長感のあるホイール タナベ SSR GTX01 リムいっぱいまで伸びた10本スポークが足元を大きく見せるSSR GTX01 オーソドックスなデザインに豊富なカラーが揃っているレアマイスターのロングセラーLM-Sport Final。 マッチングする社外ホイールが少ないロッキーですが、4本セットで5万円以内、しかも黒やブロンズなどカラバリも豊富なのは嬉しいポイント。 スタッドレス用などに安いホイールを探している方におすすめです。 新型ロッキーの純正ホイールは16インチと17インチ! 2019年11月に発売した2代目ロッキーの純正ホイールサイズは、「L」「X」が16インチ、「G」「Premium」が17インチのホイールを装着しています。 純正17インチ装着車ならインチアップも可能ですが、100mm4穴でリム幅もマッチングする社外アルミは数が極端に少ないので、候補選びは難航しそうです。 ロッキーの純正ホイールのスペック一覧 リム径 16inch 17inch インセット 40mm 40mm リム幅 6. 0J 6. 0J ボルト穴数 4H 4H P. 5 ロッキーのホイールはスタイリッシュに決めても、個性をアピールしてもOK! 新型ロッキーのホイールは、スポーティーなものを選んでも当然かっこいいですが、多少個性的なものを選んでドレスアップしても大丈夫。 様々な専用アクセサリパーツが発売されていることからもわかる通り、カスタムする楽しみがあるクルマです。 ホイール交換は比較的簡単ですし、自分で予算を決められるおすすめのカスタム方法です。 ロッキーは、街乗りにも、レジャーにも使える実用性の高いSUVですから、自分の相棒としてぜひ素敵なホイールを装着してあげてください。

次の

まさかの事態に! ライズ売れ過ぎてオーダーストップ!? 納期は7月中旬!!?

ダイハツ ロッキー 値段

「SUVって最近人気だけど、なんかデカいしお高いし…」な〜んて二の足を踏んでいた人には待望の一台になるかも! いや二台と言うべきかな? なんの前触れもなく(ほんとに!)、突如市場にひらりとニューモデルが登場した。 しかもコレ、嬉しいサプライズなんじゃない? と思えるくらいに、けっこうナイスな仕上がりなのだ。 それがダイハツとトヨタで共同開発された小型SUV、ダイハツ「ロッキー」とトヨタ「ライズ」。 それぞれダイハツ/トヨタの販売店で11月5日から全国一斉に発売となるが、クルマとしてのナカミはどちらも同じモノ。 違いはブランド、バッヂ、外装のみだから、以下に述べる試乗レポートはどちらも共通のものと思って欲しい。 さて、新型ロッキー/ライズでまず注目したいのはボディーサイズで、全長3. 620mmの、「5ナンバーサイズ」だということ。 成長を続けるSUVの中で、うん、確かにあれもこれも3ナンバー。 今や5ナンバー、3ナンバーでの税金の差はなくなったとはいえ、事実、日常での取り回しや駐車事情に悩んでいる人は多いと思う。 なので、実際にはナンバーの差よりも、小回りの効くキビキビ感こそがこのサイズに込められた真意だ。 しかし、ただ小さいだけのSUVじゃないあたりが、小さいクルマを作らせたら「さすが」のメイド・バイ・ダイハツ。 このボディーサイズで驚くほどの居住性と使用感の高さを実現している。 とはいえ、実は新型ロッキー/ライズ最大のサプライズは走りにこそある。 搭載されるエンジンは1. 0リッターターボ。 これに先に発売されたタントで初採用となったスプリットギア入りのCVTを組み合わせているのだが、ちょっと驚くくらいにパワフルかつトルキーなのだ。 最初の踏み始めからグイっと押し出されるような強い加速を見せ、かなりのヤンチャ系。 むろん、1リッターだから振り回されるようなピーキーな感じではないのだけど、思わず「おおっ」とニコニコしちゃうくらい十分の走り出しである。 スーパーマリオのBダッシュみたいなボタン そしてハンドルの右手側、ちょうど親指で押せるくらいの位置に「PWR」と書かれたちいさなボタンがあるのだが、これを押すとさらに「ばびゅん!」とトルクが生まれて、加速を後押ししてくれる。 実はこのボタンは、すでにダイハツのムーヴやキャスト、ウェイクにも採用されているのだが、個人的にはこの新型ロッキー/ライズのモノが一番、オン/オフの違いを体感できた。 秘密はターボとのマッチングの良さだとか。 エンジンの回転数が上がると、おのずとターボの回転も上がる。 この相性がとても良かったということだろう。 使い方としては、登坂ワインディングなど加速を足したいときや、また高速道路の合流など、時速0キロからに使うのではなく、ある程度車速が出てからのトルクの息継ぎのときなんかに押せば、効果テキメンだ。 そしてDNGAといえば、サスペンション・オリエンテッドである、ということこそキモであると思う。 つまり、まずサスペンション・ジオメトリから設計を開始し、その上にボディを配置していく、という考え方なのだ。 このおかげでサスペンションがしっかりと役割を果たすしっかりした骨格となり、ブルブル・バタバタしない上質な走りが叶えられている。 路面の荒れや段差をしっかりと一発でシュッと収束させる手腕はお見事で、まさに「DNGA味」ど真ん中。 ただ、その収束のさせかた、路面入力のドライバーへの伝達のさせかたには、やや好みが分かれるかもしれない。 あまりにボディがしっかり&かっちりとしているため、ともすれば「硬い」と感じる人もいるかもしれないからだ。 長距離ではきっとこのブレのないフィールが疲れの軽減につながるということを実感してもらえるはずだが、チョイ乗りのディーラー試乗では賛否が分かれるかもしれない。 それをもし、すこし軽減させたいなら、メーカー推しの17インチではなく、16インチがアタリも柔らかくてオススメだ。 とはいえ、なんの前情報もなく黙ってコレに乗せられ、「これナンボ?」と聞かれて正確に値段を答えられる人は少ないと思う。 それくらい、走りの質は高い。 さらに、コスパ最高! と思えるところは、先進・安全機能も盛りだくさんということにも言える。 予防安全機能「スマートアシスト」は、5万円という市場価格の約半値という値札も手伝って、今や約8割の装着率を誇る人気商品だが、今回はさらに運転サポートの「スマートアシストプラス」7機能と、ブラインドスポットモニター、リアクロストラフィックアラートを追加した。 また、トヨタにはかねてより「Tコネクト」が存在するが、ダイハツにはロッキーから「ダイハツコネクト」が初めて採用される。 車載通信機ではなく、ユーザーのスマートフォン(適合するもの)を通信機として使用し、事故サポートや故障サポートなど様々に活用できる、というもの。 これも新しい取り組みとして、今後のダイハツ車にも拡大していく予定だ。 あらゆる意味でお値段以上の新型ロッキー/ライズ。 是非チェックして欲しい。 [筆者:今井 優杏/撮影:土屋 勇人] トヨタ ライズ 1. 0 G 主要スペック比較表 車種名 ライズ ロッキー グレード名 1. 0 G CVT 1.

次の