間 類義語。 「いい波乗ってんね」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

「相互作用」とは?意味と語源、使い方の例文【類義語と英語表現】

間 類義語

経緯 単語間の類似度を測るにあたって自然言語処理の勉強をしていました。 しかし、ネットで「wordnet 類義語」とか調べても日本語版wordnetのqiitaの記事ばかりで英語版を書いてる人がすくなかったです。 そこで初の投稿をしてみようと思いました。 え、記事がない=需要がない? 私のwordnetに関する基本的知識はこの本です! wordnetとは wordnetは、シソーラス、概念階層という単語辞書を使って単語間の類似度を出します。 666666... 飛行機と自動車の類似度は0. 666... ですのでまあまあ似てるって感じ? 早速pythonで使ってみよう 環境 python3 ubuntu 18. 6666666666666666 いい感じ! Happyの類義語と対義語を出してみる 単にwordnetを使って類義語とかだすと、"_"や"-"を含んだ単語をも出てきてやだったので、これらは省きました。 from nltk. synsets "happy" : for l in syn. name and "-" not in l. name : synonyms. append l. name if l. antonyms : antonyms. append l. antonyms [ 0 ].

次の

【待つ間が花】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

間 類義語

【例文】• 「この二種類の薬を同時に摂取することによって薬の相互作用が起こり、状態はさらに早く回復へ向かうでしょう。 「この心理状態と、脳の活動の相互作用について調べてみました。 「それぞれの登場人物の発言が相互作用を起こして、この小説が出来上がっているんですね。 「AとBが相互作用し合い、その結果としてこの現象が起こったんだ。 「この出来事は、彼と彼女が一緒にいることによって生じた相互作用の賜物と言えるのではないだろうか。 」 「相互作用」とは「現象」のことを表していますよね。 そのため「相互作用」という言葉を使う時は、「相互作用が~」「相互作用を~」というように使います。 交互作用(こうごさよう)• 相互交流(そうごこうりゅう) 「交互作用」とは、「二つの因子が組み合わさることで現れる相乗効果」という意味です。 「因子」という単語も出てきますし、「現象」について言うときにより多く使われます。 「相互作用」よりももっと理論的なことに言及するときに使用するイメージです。 「相互交流」とは、「お互いに交流する」という意味です。 こちらは「交換留学生」のような意味合いですね。 何か影響を及ぼし合ったりするというよりは、交流したり交わったりすること自体を表しています。 どちらも「相互作用」とは若干意味が異なっていますね。 「相互作用」の英語表現 最後に、「相互作用」の英語表記をご紹介します。 まとめ 以上、「相互作用」について、ご紹介してきました。 まとめると、以下の通りです。 読み方 そうごさよう 意味 物や現象が互いに作用し合い影響を及ぼし合うこと 語源 「相互」=「どちらからも働きかけがあること」、「作用」=「他に力や影響を及ぼすことやその働き」 類義語 交互作用、相互交流 英語表現 interaction(相互作用) いかがでしたか?「相互作用」の意味は理解していただけましたか? きちんと調べてみると、この言葉を使うときには注意しなければいけないときもあると言うことがよくわかりましたね。 しかし、例えば化学現象の「相互作用」については、きちんと調べた上で使うのは問題ありませんので、これを機会に「相互作用」について、言葉ではなく内容を調べてみるというのも面白いですね。

次の

「相互作用」とは?意味と語源、使い方の例文【類義語と英語表現】

間 類義語

「事案」とは|読み方と意味 「事案」とは、「当面の問題となっている事柄」「問題にすべき事柄」の意味で、「じあん」と読みます。 実際に起きた事件や事故ではないものの、将来的に事件や事故になりそうな事柄のことです。 特に法律的な事柄や政治的な事柄について使われていましたが、現在では一般的な問題にも使われています。 ・事案の使い方 法律用語では、「これから処理すべき問題」として「事案」を使うことが多いようです。 また、政治などでは「議員の立場を利用して不正に利益を得ている事案」など、政治家の不祥事によく使われます。 また、ビジネスでは「問題にすべき事柄」の意味で使われることが多いようです。 警察では、事件にはなっていないが不審な出来事のことを「事案」と呼んでいます。 不審者がこどもに声をかけることを「声かけ事案」と言い、地域住民の注意を喚起しています。 ・事案のネットスラング インターネットでは、「事案」という言葉がネットスラング化しています。 そのきっかけが、警視庁が配信した以下のような「声かけ事案」でした。 3月11日(水)、午後3時50分ころ、北区神谷2丁目の公園内で、児童が遊んでいたところ、男に声をかけられました。 声かけ等の内容 ・さようなら 不審者の特徴については、40歳代、160センチ位、やせ型…(略) この配信を見たネットユーザーたちの間では「何が問題なの?」「あいさつしちゃダメなの」との投稿が殺到し、炎上騒ぎになったのです。 実際、不審者は意味不明な言葉を言いながらこどもに近づき「おはよう」と言ったらしいのですが、警察が配信したメールには書かれていなかったのが騒ぎを生んだ要因でした。 以来、ネットでは「こんなことでも通報されるんだ」と誤解されそうな行動に対して、自虐的に「事案」という言葉が使われるようになりました。 不審者情報をパロディ化して、「事案が発生」の言葉が文章の中にしばしば用いられ、「#事案」のハッシュタグも出現しています。 また、単純な事件や事故に対して「事案」を用いる場合もあります。 その他の例文 政治や法律とは直接的に関係ないビジネスの現場でも「事案」は使われています。 ・従業員のリストラは既に決まっていた事案でした。 ・製品の一元管理は、企業の収益率をアップさせるためにも望ましい事案です。 ・このような重大事案は、取締役全員の一致が必要です。 ・免振商品のデータ偽装事案は、我々不動産業界にとってまさに寝耳に水の出来事でした。 「事案」の類語後と例文 「事案」の類語で真っ先にあげられるのが「案件」です。 「事案」と混合されやすい言葉ですが、使い方には大きな違いがあります。 ・「事案」と「案件」の違い 「案件(あんけん)」とは、「問題となっている事柄」「審議しなければならない事柄」の意味で、法律用語では「訴訟になっている箇条」のことを言います。 「事案」は、主に政治や法律に関する事柄で使われますが、「案件」はビジネスシーンでもよく使われます。

次の