ご教授いただけますと幸いです。 「ご教授」「ご教示」「ご指導」「ご指南」の意味と違い、使い方とは?

「ご教示願います」の意味は? 「ご教授」との違いと使い分けを知ろう

ご教授いただけますと幸いです

使用シーン ・申請や登録に必要な書面の書き方を知りたい ・詳しい内容や手順、状況、対処方法などを知りたい ・日程調整のため、相手のスケジュールを知りたい ただし、やや堅苦しさのある表現ですので、 「ご教示」はメールや手紙の中で使われる書き言葉として使われることが多いです 会話では「お教えください」「教えていただけますか」「お知らせください」といったシンプルな表現や、にてご紹介する「類義語」を使う方が自然な場合もあります。 では、「ご教示」の使い方について、例文で確認していきましょう! 1-1.「ご教示」の正しい使い方【例文】 これから紹介します「ご教示ください」「ご教示願います」「ご教示いただけますでしょうか」は、どれも同じ意味であり、 社内外問わず目上の方への敬語表現として使うことができます。 ただし、少しだけ相手が受け取る印象が異なる言葉でもありますので、それぞれ例文で確認していきましょう。 実際には、書き言葉として使われることが多いです。 もちろん話し言葉として使うこともできますが、「〜ください」という表現は敬語表現の命令形にあたりますので、相手によっては少し違和感を感じる方もいらっしゃいます。 そのため、話し言葉で使うときには、 「ご教示ください」を命令口調だと感じさせないよう注意が必要です。 対策としては早口で言わない、強い口調で言わない、などが考えられますが、後述の「ご教示いただけますでしょうか」を使ったり、もしくは「お教えいただけますか」と言い換えてもよいでしょう。 「ご教示願います」 2.「ご教示」と「ご教授」の違い 「ご教示」に似た表現として、「ご教授」という言葉があります。 どちらも「教えてください」という意味を持ちますが、「ご教授」と「ご教示」では教えてもらう内容や教えてもらう期間が異なります。 これから説明いたしますが 「ご教授」の方はやや大げさな感じが出てしまうため、ビジネスシーンでは「ご教示」が使われることが多いです。 とはいえ、相手に応じて使い分けられるよう、意味をおさらいしていきましょう。 2-1.「ご教授」の意味 「ご教授」とは「学問や技能・技芸を伝達する・教える」という意味です。 学問や技能・技芸、専門的な知識を教わるのですから、簡単に1日で、というようにはいきません。 これから先、長期間にわたって知識や技能を教えてもらう必要があります。 そのような場合に使われるのが、「ご教授」です。 2-2.「ご教示」と「ご教授」の使い分け 「ご教示」は、誰かのスケジュールや、会社の規則、簡単な内容や手順、方法、知識などを聞きたい時に使用します。 「ご教授」は、長期間・継続的に、かつ体系的に何かについて教えてもらいたいときに使用します。 また、長期間にわたって教わるのでなくとも、相手が長い時間をかけて身につけた知識や技能を教えてもらいたいというときに、相手を立てるために「ご教授」が使用されることもあります。 「ご教示」を使うべきところで「ご教授」を使ってしまうとやや大げさな印象ので、意味を理解し、注意して使うことが必要です。 2-3.「ご教授」の正しい使い方【例文】 「ご教授」の正しい使い方を、例文で学んでいきましょう。 取引先とのやりとりで使える例文 2-4.「ご教示賜る」は間違い!「ご教授賜る」の誤用なので注意 「ご教示賜(たまわ)る」という日本語は残念ながらありません。 では、なぜ時々耳にするのかと言いますと「ご教授賜る」が誤まって使用されているからという説が有力です。 「ご教授賜りたく」「ご教授賜り」は弟子入りした人や、秘書、カバン持ちなど、長期間にわたって何かを教わっている人が「教えていただく」という意味で使う表現です。 (なお、ここでの「賜る」とは、「もらう」のの役割をしています) 「ご教示賜る」は間違った日本語です。 誤って使用しないよう気をつけましょう。 3.「ご教示」の類語 「ご教示」は「教えてください」を丁寧にした表現ですが、やや固い印象があります。 そのため、他の言い方も合わせて使えるようにしておかれますと、ビジネスシーンで役立ちます。• 3-1.「ご指導」 「指導」とは、 「ある目的・方向に向かって教え導く」という意味です。 そのため、何かを具体的にのではなく、「(目的を達成するために)これから色々と教えてください」ですとか「今後もよろしくお願いします」という意味合いが強い言葉です。 別れ際に使う「のほど宜しく」という有名な定型文がありますので、覚えておきましょう。 3-2.「ご指南」 「指南」とは 「武道や芸能を教える」という意味です。 柔道や華道、将棋、チェスなど、教える内容が限定された人に対して、教えを請うために使います。 上司やクライアントといった目上の方と趣味を通じた交流がある場合や、習い事などで師匠をお持ちの方は「これからもどうぞご指南ください」という表現を覚えておかれるとよいでしょう。 また、余談ですが将棋などで格上の人と勝負するときには「一局、ご指南ください」と言ってから対戦が始まります。 4.「ご教示ください」を英語で言いたい 「ご教示」は簡潔にいいますと「(情報や方法を)教えてください」「(情報を)知らせてください」です。 英文にいたしますと、下記のような表現となります。

次の

ご教示くださいって英語でなんて言うの?

ご教授いただけますと幸いです

ご教授 = 教え授けること• ご・お~いただければ = 「〜してもらえれば」の意味の敬語• すると「ご教授いただければ幸いです」の意味は… 「教え授けてもらえたら嬉しいです」 のように解釈できます。 「~してもらえたらと嬉しいです」としているため、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 そんなに丁寧にお願いする必要あるの?って思うくらい。 目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズですね。 敬語の解説 ややこしいので、これまでの敬語の解説をまとめておきます。 「ご教授いただければ幸いです」を敬語としてみていくと以下のとおりに成り立ちます。 もとになる単語「教授」• 仮定「たら・れば」で 「ご教授いただければ」• つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 なお「ご教え授けていただければ幸いです」は間違い敬語となりますのでご注意を。 「教え授けていただければ幸いです」とすれば正しい敬語ではありますが…長くなるため理由は省略。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 使い方・ビジネスメール例文 こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは「ご教授いただければ幸いです」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 【基本の使い方】教えてほしいときのお願いビジネスメール 「ご教授いただければ幸いです」の使い方 何かしら教授をお願いするときのビジネスメールに使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧なフレーズですね。 たとえば、• 【例文】ご教授いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文】ご教授いただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 ご教授(ごきょうじゅ)の意味は… (学問や技芸的なことを)教え授けること のようにして何かの依頼・お願いをともなうビジネス文書やビジネスメールで結び・締めくくりとして使われます。 もちろん結びでなく文章の途中でつかっても丁寧です。 まぁ、ようするに「教え授けてもらえたら嬉しいな!よろしく」という意味なのです。 なお「ご教授 をいただければ幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 例文は該当なし「ご教示」を使う 繰り返しにはなりますが… ビジネスシーンで教えてもらうことは学問や技芸的なことでは無いため「ご教示=教えること」をつかいます。 そこで「ご教示」を使った例文を紹介しておきます。 私、現在就職活動をしております、就活大学・就活学部の就活一郎と申します。 この度は、今年度の新卒採用予定の有無について伺いたく、連絡いたしました。 もし貴社にて新卒採用のご予定がおありでしたら、応募したいと考えております。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご教示いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い致します。 突然のご連絡、大変失礼をいたします。 株式会社就活・開発担当の就活と申します。 この度は貴社ホームページを拝見し、連絡を致しました。 さて首記の件、貴社製品を以下の用途へ適用検討しております。 ご多忙のところ大変恐れ入りますが、 ご教示くださいますよう何卒よろしくお願い致します。 言いたいことは結局のところ「教え授けてほしい」なのですが… 敬語の使い方に違いあり。 敬語としてはどちらも、これでもかというくらい丁寧なので使い分けする必要はありません。 お好みでお使いください。 ・幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 ビジネスメールではとかく「いただく」「くださる」ばかりになってしまい、文章が気持ち悪くなってしまうのですよね。 そこで活躍するのが「ご教授 のほど~」です。 使い方にはたとえば• 例文「ご教授のほどお願い申し上げます」• 例文「ご教授のほどお願い致します」 などあり。 断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。 もともと、とくに深い意味はありません。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 ちなみに「ご教授の程」というように漢字をもちいてもOK。 あなたのお好みでお使いください。 長いうえに丁寧すぎて気持ち悪いですからね。 そこでビジネス会話・電話では…• 可能形にして「ご教授いただける」• したがって上司・目上・社外取引先につかえる素晴らしい敬語、と言えるでしょう。 どちらかというと「〜いただけますでしょうか?」のほうが丁寧なのですが…バカ丁寧だという意見もあるため「〜いただけますか?」を使うのをオススメします。 ビジネスメール結びをより丁寧にするコツ あまり関係ないのかもしれませんが重要なので念のため。 ビジネスメールの文末・結び・締めとして使うことのおおい「ご教授」 ここでは、 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツをご紹介します。 メール結びに使うときは「よろしく!」を加えると丁寧 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツ。 「ご教授いただければ幸いです」はそれだけではビジネスメール結び締めとしてイマイチ。 そこで、 うしろに「よろしく!」的なフレーズを組み合わせて、セットで使うとより丁寧なメール結びになります。 すでに例文にはしましたが…• 【例文】ご教授いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文】ご教授いただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 【例文】ご教授いただければ幸いです。 よろしくお願い申し上げます。 ビジネスメールの結び締めに使うときにはこんな感じにするとよいでしょう。 「ご教授」の前置きに添える丁寧なお願いフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」を使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 どうか 例文「 どうかご教授くださいますようお願い申し上げます」 例文「 どうかご教授くださいますようお願い致します」 例文「 どうかご教授いただければ幸いです」 例文「 どうかご教授いただければと存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます」• 何卒=どうか 例文「 何卒ご教授くださいますようお願い申し上げます」 例文「 何卒ご教授くださいますようお願い致します」 例文「 何卒ご教授いただければ幸いです」 例文「 何卒ご教授いただければと存じます。 「ご教授」の前置きには強調するフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」だけでなく、申し訳なく思う気持ちや、相手を気づかうフレーズをもってきても丁寧です。 たとえば「誠に勝手を申し上げますが」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますがご教授〜」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますがご教授〜」 「たびたび恐縮ではございますがご教授〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがご教授〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますがご教授〜」 「たびたび恐れ入りますがご教授〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますがご教授〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますがご教授〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますがご教授〜」• ご多忙とは存じますが=忙しいとは思うけど 「ご多忙とは存じますがご教授〜」 結局どれがもっとも丁寧? あまりにも言い換え敬語フレーズがおおいので、どれを使うべきか迷ってしまうというあなたのために。 ここまで紹介した言い換え例文の丁寧レベルを整理しておきます。 また、おすすめの敬語フレーズは青文字にしておきます。 ご教授ください• ご教授くださいませ• ご教授いただけますか?• ご教授ください• ご教授くださいませ• ご教授いただけますか• ご教授いただけますでしょうか• ご教授をお願い致します• ご教授いただきたく、お願い致します• ご教授いただきたく存じます• ご教授いただければと存じます• ご教授のほどお願い申し上げます• ご教授くださいますようお願い申し上げます• ご教授いただきますようお願い申し上げます• ご教授くださいませ• ご教授をお願い致します• ご教授いただきたく、お願い致します• ご教授いただきたく存じます• ご教授いただければと存じます• ご教授いただきますようお願い申し上げます• ご教授いただけますようお願い申し上げます• ご教授くださいますようお願い申し上げます• ご教授いただければ幸いです• ご教授いただければ幸甚に存じます• ご教授いただけましたら幸いです• ご教授いただけますと幸いです• ご教授いただけますと幸甚に存じます• ご教授いただけましたら幸甚でございます• ご教授いただけましたら幸甚に存じます 補)「お願い申し上げます=お願い致します」に言い換えOK 補)幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 また、そのさま」 なお「ご教授 をいただけましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 ご教授賜りますようお願い申し上げます• ご教授いただければ幸いです• ご教授いただければ幸甚に存じます• ご教授いただけましたら幸いです• ご教授いただけましたら幸甚でございます• ご教授いただけましたら幸甚に存じます• ご教授賜りますと幸いです• ご教授賜れますと幸いです• ご教授賜りましたら幸いです• ご教授賜れましたら幸いです• ご教授賜りますと幸甚に存じます• ご教授賜れますと幸甚に存じます• ご教授賜りましたら幸甚に存じます• ご教授賜れましたら幸甚に存じます なお「ご教授 を賜りましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。

次の

とても困っています。

ご教授いただけますと幸いです

ビジネスメールでよく見かける「幸いです」という言葉。 便利な言葉ですが、その意味と正しい使い方を、あなたはご存じでしょうか。 目上の人に対して使ってもいい表現なのか、ほかにどんな言い方があるのか。 今回は、「幸いです」の正しい使い方や言い換えについて解説します。 ビジネスメールで多用される「幸いです」でも実は目上の人には失礼? つまり、「幸いです」という言葉には 「出来ればで構いませんので」というニュアンスが含まれているのです。 そのため、「必ず実行してもらいたい」場合に使うべき言葉ではありませんので、注意しましょう。 「幸いです」という言葉は、とても丁寧な表現のように思えますが、実は、目上の人に対して使うには、相応しくない表現とされています。 「幸いです」という言葉は、丁寧で柔かい表現ではあるものの、その言葉でもって締めくくられると、どこか一方的に要望を述べられて終わっている感があり、相手に失礼な印象を与えかねないからです。 また、目上の人に対して何かを依頼するならば、謙譲語を用いるべきです。 では、どんな表現が相応しいのでしょうか。 「幸甚」は、「この上なく幸せ」「非常にありがたく思う」という意味ですから、「幸いです」よりもさらにうれしいということを示す丁寧な表現と言えます。 同僚や対等な立場にある相手に対しては「幸いです」を、相手が目上の人の場合には「幸甚です」を用いると良いでしょう。 同僚や対等な立場にある相手に…… ・「本日中に提出していただけると幸いです」 目上の人に…… ・「明日までにお返事いただけると幸甚です」 「幸いに存じます」「幸甚に存じます」 「幸いです」よりも「幸甚です」の方がより丁寧な表現ですが、文章がとても硬い印象になってしまいます。 丁寧かつ柔らかい表現にしたいのであれば、「幸いに存じます」がおすすめです。 また、より強い敬意を表したいのであれば、「幸甚に存じます」とするのも良いでしょう。 ちなみに、「存じます」は「思います」の謙譲語ですから、どちらも目上の人に対して使うのに相応しい謙譲表現になります。 ・「プレゼンの資料を今一度ご確認していただけると幸いに存じます」 ・「なお、懇親会の席にもご出席いただけると幸いに存じます」 より強い敬意を表す場合…… ・「お時間の許す限り、ご高覧賜りましたら幸甚に存じます」 ・「新しいプランを作成して参りましたので、再度検討していただけると幸甚に存じます」 「助かります」「ありがたいです」 「幸いです」のよりくだけた表現に、「助かります」「ありがたいです」があります。 同僚や対等な関係にある相手に、メールや文書で依頼するのであれば「幸いです」を使うのが一般的ですが、電話や会話では「助かります」「ありがたいです」を用いても良いでしょう。 ただし、かなりくだけた表現になりますので、距離感の近い相手に限定して使うようにしましょう。 距離感の近い同僚や対等な立場にある相手に おもに口語 …… ・「この資料、明日までにまとめてもらえると助かります」 ・「明日の仕事、代わってもらえるとありがたいです」 今回は、「幸いです」の使い方と類語をご紹介しました。 「~してください」という断定的な言い方を避けた柔かい表現ではある反面、「してもしなくてもいい」という非常に曖昧な言葉でもあります。 また、目上の人に使う場合には注意が必要です。 そのことを理解した上で、正しく賢く使い分けするようにしましょう。

次の