ボウリング カーブ 投げ 方。 ボウリングサムレスでカーブをコントロールする投げ方とは?

ボウリングの投げ方とコツ【初心者でも150up】コレを実践するだけ!

ボウリング カーブ 投げ 方

このページの目次 OPEN• スポンサーリンク ボーリングでカーブを投げるメリット プロのほとんどの人が採用しているカーブボールですが、どこに メリットがあるのでしょうか? カーブをかける最大のメリットは、「ストライクを取れる確率が高いから」なんですね。 スポンサーリンク カーブをかけないストレートボールですと、入射角の関係でストライクが出にくいことが分かっています。 ストライクを狙うには1番と3番ピンの間の 「ポケット」にボールを運ぶ必要があります。 この部分にボールを当てるには、3〜6度の角度でボールを運ばなければいけません。 そのため、カーブを利用して角度を付けているのです。 見た目がカッコいいから採用されている訳ではなく、高スコアを期待できるのでカーブボールが採用されています。 ボーリングでボールにカーブをかける方法 高スコアを取るのに欠かせないカーブですが、カーブをかけるには コツが必要です。 しかし、そこまで難しいものではなく、慣れてしまえば簡単にカーブがかかります。 以下から、ボールにカーブをかける方法について紹介していきますね。 ボールには3つの穴が開いており、親指と中指、薬指を入れます。 中指と薬指は第一関節まで、しっかりと入れてください。 スポンサーリンク 親指は 関節を曲げずに、第一関節まで入れるようにします。 ボールは親指でおさえ、手のひらでボールを包むように持ちましょう。 そしてボールは、 右の胸あたりにかまえるのが基本です。 これが、カーブをかけるための正しいボールの持ち方です。 ボールをリリースする前に、ボールを持つ腕を体の後ろに伸ばします。 ボールを持つ腕が自分のひざ付近を通過する際、投げる方向を12時としたとき、 親指の位置が10時の方向を向くようにしましょう。 投げる際は、親指を先に抜いて、中指と薬指が指穴にひっかかるようにしながらボールを投げます。 カーブをかけると聞くと、手首を曲げるイメージがあるかもしれません。 しかし、手首は絶対にひねらず、ひじもしっかりと伸ばしてください。 振り子のように腕を顔の上にまで持っていき、自然な形でフィニッシュします。 ボールにカーブがあまりかからない場合の対処法 正しい持ち方、そして投げ方を理解し、実際にボールが曲がった! この時ほど嬉しい事はないでしょうが、上手な人に比べるとカーブがあまりかかっていない。 スポンサーリンク カーブがあまりかからない場合、 「マイボールを使う」という対処法があります。 実はボーリング場に用意されて、一般的に使われている 「ハウスボール」は、曲がりにくいと言われています。 一方、マイボール は曲がりやすく作られているので、最初は感動を覚えるぐらいカーブがかかるのです。 ハウスボールでカーブをかけれるほど上達したなら、そろそろマイボールを準備してみる時期と言えるでしょう。 カーブのかけ方がよく分かるオススメ動画 プロも採用しているカーブボールは、ここまで見てきたように投げ方にコツがあります。 動画を見て頭で覚え、体を動かすときにイメージを再現するように繰り返し練習しましょう。 映像を見たほうが、イメージしやすいので覚えやすいです。 カーブのかけ方がよく分かる、オススメの動画を紹介していきます。

次の

ボウリングの投げ方のコツは5つの基本動作がポイント!

ボウリング カーブ 投げ 方

ボウリングのスコアアップを目指すには 高いスコアを出すには、ボウリングの基本的な動きを学ぶことが必要です。 スコアがなかなか伸びない場合、基本に立ち返る必要があります。 スコアをアップさせるために欠かせない、基本的なポイントをチェックしましょう。 力まないことが大切 正確なフォームを習得するには、体の力を抜くことが大切です。 力み過ぎていると、フォームが安定しないだけでなく手首や肘などのけがにもつながります。 しかし、全身の力をすべて抜いてしまっては、ボールを投げることはできません。 ある程度、指や二の腕の力がないと重いボールを支えることは困難です。 ボールに回転をかけようとするあまり、指や手首などに力が入ってしまうことがあります。 肩や肘に力が入っていると不自然なフォームになりやすいです。 また、リリースするタイミングで足元がブレると、狙いを定めづらくなります。 下半身がグラつかないようにお腹に力を入れ、体幹を安定させた状態で投げましょう。 スイングは振り子をイメージ 上手なスイングをするには、振り子の動きをイメージしましょう。 肩を支点として、力を入れずにスイングします。 無理にボールを動かそうとせず、重みをうまく使いましょう。 ボールを手にした状態で前後にブラブラと動かしてみると、正しいスイングの感覚を掴みやすいです。 体は正面を向いた状態で、ボールを体の脇でスイングします。 ブレないようになるまで、何度も練習を繰り返すとよいでしょう。 スイングが安定しない場合は、肩や肘に余計な力が入っていないか確認することが大事です。 投げ方は大きく分けて4種類 投げ方はおおまかに4つに分けることができ、それぞれ違った軌道を持っています。 ボウリングの投げ方を、一つずつ確認しましょう。 ストレートボール 『ストレートボール』は、まっすぐな軌道で進みます。 ボウリング場の貸し出しボールは、ストレートボールを投げやすい仕様となっています。 ストレートボールは、ボウリング初心者がまずおさえておくべき投げ方です。 練習を続けて、思い描いたとおりにピンを倒せるようになりましょう。 カーブボール 『カーブボール』のラインは、緩やかなカーブを描きます。 カーブのフォームを安定させることは簡単ではありません。 しかし、身につけることができれば大幅なスコアアップを目指せるでしょう。 ストレートボールでストライクを狙う場合は、1番から3番のピンに狙いを定めてボールを投げましょう。 ストレートボールしか投げられない場合、ボールがレーンを斜めに移動するように投げなければなりません。 ボウリング場にあるボールはプラスチック製のものが多いです。 急激なカーブをかけることができませんが、上手に投げることができれば1~2度くらいの角度をつけられるでしょう。 フックボール ピンの手前で曲がり始めるボールが『フックボール』です。 カーブボールとは違い、ピン付近まではまっすぐなラインを描きます。 リリースすると、最初はまっすぐに転がります。 横の回転が加わっているためストレートボールよりも、ピンを倒す力に優れているところが使いやすいです。 フックボールを投げるには、回転のかけ方や指の抜き方の練習が必要になります。 バックアップボール 右利きの人が『バックアップボール』を投げた場合、左の方向へと曲がるでしょう。 通常のカーブとは逆方向の軌道を描くことが特徴です。 プロボウラーの中にはバックアップボールを投げる人もいます。 しかし、安定したフォームで投げることが難しく腕に負担がかかりやすいため、積極的に利用する人はあまりいません。 投げる時は手首を外側へ大きくひねって投げます。 手首の柔軟性が低い人は、投げる時に怪我をしやすいです。 印を覚えてポジションや狙いを定める ボウリングは正確なフォームを続けることで、ハイスコアを出しやすくなります。 基本的な動作が安定しない状態で投げている場合、スコアは安定しません。 フォームを安定させるには、助走を開始する位置や、どのようにしてピンを狙うかが重要です。 ボウリング場の床にはピンを狙う時の目安になるいくつかの印があります。 プレイに役立つ印を覚えましょう。 アプローチ 『アプローチ』は、助走に使うスペースの名前です。 アプローチには等間隔に描かれたドットがあり、大体の立ち位置がわかるようになっています。 プレイ開始時に自分が立つ場所の目安になる目印のことを、『スタンスドット』と呼びます。 ただし、人それぞれ体の大きさが違うように、助走を開始する位置にも微妙な違いが出てきます。 微調整をしてベストの位置を導き出しましょう。 アプローチの床のコンディションは、ボウリング場によって違います。 プレイする前に滑りやすさをチェックしましょう。 ファウルライン 『ファウルライン』はレーンの開始位置にあります。 ファウルラインから背中をピンに向けて4歩程度進んだあたりから助走を開始しましょう。 ボウリングはボールを投げるタイミングで、ファウルラインを踏んではいけません。 踏んでしまうとルール違反です。 その場合、ルール上のスコアは0になります。 レジャーで利用するボウリング場のレーンでは必ずしも厳密にファウルがとられるわけではありませんが、正しいルールで遊びましょう。 レーンにはオイルが塗られており、シューズに付着すると足元が滑って危険です。 誤ってファウルラインを超えないように注意しましょう。 リリースドット 『リリースドット』はアプローチの床に点線で描かれています。 ドットの位置を確認することで、目標を定めやすくなる点がメリットだといえるでしょう。 やや大きめに描かれている中央のドットが、1番のピンの延長線上にある位置を示しています。 ドットの数はボウリング場によって若干の違いがある点をおさえておきましょう。 7つ並んでいることが多いですが、5つの場合もあります。 どの位置でスイングをすればストライクを出すことができるのか、意識しながらフォームを微調整するとよいでしょう。 スパット 『スパット』は、レーン上に存在する目印です。 ファウルラインから1番のピンまでの距離はおよそ18mもあり、近いように見えて距離があるため、正確に狙いを定めたい時はスパットを活用するとよいでしょう。 スパットは三角の形で、等間隔に7つ並んでいます。 スパットの活用方法はさまざまです。 カーブをかける場合は、左から2個目のスパットを狙って投げてみましょう。 狙い通りにいけば、きっとストライクが増えるでしょう。 カーブの曲がり方や癖には個人差があるため、何回か投げて目標とするスパットを見極めましょう。 ボウリングの基本の投げ方 勢いよく投げたいという気持ちが先行すると、ついボールの持ち方やスイングに気を取られがちですが、正しい助走なくしてスコアアップは望めません。 いつでも安定した助走をできるようになることが大事です。 基本となる助走のやり方をおさえましょう。 助走は4歩が基本 ボウリングの助走の仕方は人それぞれです。 多くの人は4歩から4歩半の助走を使い、ボールをリリースします。 スタンスドットの位置を確認した後、右胸前あたりにボールを構えて立ち左手はボールに軽く添えましょう。 右でボールを構える場合、右足から助走を開始します。 1歩目で構えたボールを胸の前あたりに出します。 この時、右足に体重がかかっていることを意識します。 2歩目からスイングし始めますが、無理に振りかぶろうとせずボールの重みを感じながら肩を支点に動かしましょう。 3歩目は後ろに大きく振りかぶっている状態です。 4歩目でリリースする時、踏ん張りを利かせることが大事です。 ひざを曲げ、右足に乗っていた体重を左足に移すイメージで踏み出すと、勢いを殺すことなくボールを投げられます。 4歩目の足を、横にスライドさせる人もいますが、無理に滑らせる必要はありません。 上半身と下半身は動きを連動させる ボウリングは全身を使うスポーツです。 上半身と下半身の動きがちぐはぐな状態では、狙ってストライクを出すことは困難になるでしょう。 足を動かすと同時にボールを運んでいるイメージで、助走することが大事です。 助走の練習は家でもできます。 イメージの中でボールを動かし、助走しましょう。 『タン・タタ・ターン』とリズムを刻みながら手足を動かすと効果的です。 ストレートボールを投げる時のコツ ストレートボールは基本的な投球方法です。 あれこれ変化球を身につける前に、ストレートボールの精度を上げるコツや正しい投げ方を学びましょう。 ピンではなくスパットを狙う スパットはファウルラインから大体4mくらいの位置にあります。 18m先のピンを狙うよりもずっと確実に狙いを定めることができるでしょう。 右から2個目のスパットをまっすぐに通過したボールは、ピンの1番あたりに届きやすくなります。 スパットを狙ってボールを投げながらどのピンが倒れたかを確認し、狙う位置や立ち位置を調整していきましょう。 親指の角度に注意する ストレートボールを上手に投げるには、指の角度を学ぶことが大事です。 ボールを構えた時の親指の角度は時計の12時を指し、中指と薬指は6時にセットしましょう。 まっすぐ投げるには、投げる瞬間まで指の角度を変えないようにします。 また、リリース時は体の向きが正面を向いているようにしましょう。 フックボールとカーブボールの投げ方のコツ 自由にボールをコントロールできるようになれば、飛躍的にスコアを伸ばすことも夢ではありません。 フックボールとカーブボールは、ピンを倒す勢いが強いため、身につける価値が高い投げ方だといえます。 それぞれの投げ方を見ていきましょう。 フックボールの投げ方 フックボールはどんなふうに投げればよいのでしょうか。 ボールは、親指の位置が時計の10時を指すように持ちます。 手首は固定し、ひねったり曲げたりしないように注意しましょう。 リリースする瞬間まで、10時方向を向いているように意識することが大切です。 親指が抜けたら、中指と薬指の先を引っかけるようにして回転をかけます。 強い回転をかけようとして手首に力が入ってしまうことがありますが、余計な力が入っていると思ったような回転はかかりません。 手首でボールを回すのではなく、中指と薬指を抜く時指の引っかかりを利用して回転をかけましょう。 より強い回転をかけるには、親指の方向を12時にセットします。 親指を抜くタイミングで10時方向に変えると強い回転がかかりますが、習得するには多くの練習時間が必要です。 勢いのあるボールを自分のものにすることは難しいため、フックボールを習得したら、だんだんと威力のあるボールを投げられるよう練習を続けましょう。 カーブボールの投げ方 カーブボールを習得するとフックボールに比べて、より強い回転をかけることが可能になるでしょう。 右手で投げた時、右方向にカーブするように投げます。 ボールを放つ瞬間の親指の位置は時計の9時方向、中指と薬指は3時の方向です。 親指を先に抜き、中指と薬指を若干引っかけるようにして回転させましょう。 失敗すると大きなミスにつながりますが、成功すればボールに強い回転がかります。 豪快にピンを倒せるでしょう。 カーブボールは親指を抜いた状態から投げる練習方法もあります。 ボールを手のひらに包み込むように持って中指と薬指を浅く引っかけ、リリースしましょう。 重いボールを使うと腕に負荷がかかりやすいです。 普段使っているボールよりもやや軽めのボールを選び、回転をかける感覚を身につけるとよいでしょう。 誤った投げ方は手首を痛める原因に 無茶な投げ方をすると、捻挫や骨折などのけがにつながります。 無茶な投げ方をして、けがをするケースも多いです。 ストレートボールよりも、カーブボールやフックボールの方が怪我をしやすいため注意しましょう。 怪我を防ぐには、振り子をイメージした基本的なスイングを忘れないようにすることが大事です。 力尽くでボールを投げるのではなくボールの重みを利用して投げると、スムーズに投げられるようになります。 左利きの場合の投げ方 左利きの人は日常生活やスポーツで不便を強いられることがあります。 左利きの人がボウリングをする場合、どうすればよいのでしょうか。 左利きの人が知っておきたいポイントをまとめました。 ボウリングは左利きが有利? 利き手が右手という人は多いです。 貸し出し用ボールの指穴は、大抵の場合左右対象です。 どちらが利き手でも、同じボールを使うことができるでしょう。 ボウリングのレーンはオイルが使われていますが、オイルが落ちたレーンはボールの滑り方やカーブのかかり方が変化します。 もし、試合で確実にストライクを狙う状況に置かれたら、ボールのコントロールだけでなくレーンのコンディションにも気を配ることが必要です。 右利きの人が多い分、必然的に右利きの人が投げるラインの部分だけオイルが落ちていきやすくなるため、レーンのコンディションがよい状態で投げられる左利きの人の方が有利だと考えられています。 投げ方は左右逆に考えればOK 左利きの場合、助走で踏み出す1歩目を、右利きとは逆の左足から開始しましょう。 右利きの場合と左右が反転しているだけで、投げ方に違いはありません。 持ち方や構え方も右利きの場合と逆になっていると考えましょう。 サウスポーのプロボウラーの動画を参考にすれば、きっと投げ方のイメージがわくはずです。 上手に投げるにはボール選びも重要 ただ練習を重ねるだけでなく、自分に合ったボールを選ぶことも重要です。 ボール選びのポイントを見ていきましょう。 しかし、プレイヤーの体格や腕の力が足りなければ、重いボールをコントロールすることはできません。 筋力に見合っていない重いボールを使うと、意図せずに軌道が曲がってしまうこともあります。 指穴のフィット感をチェック 指の太さには個人差があります。 ボールの指穴の大きさはすべて同じではありません。 実際に指を入れてみて、フィットするものを選びましょう。 指穴に親指を根元まで、中指と薬指を第二関節まで入れて確認します。 親指はややゆるめ、残りの2本はややきつめのものを選びましょう。

次の

ボウリングの投げ方のコツは5つの基本動作がポイント!

ボウリング カーブ 投げ 方

ボウリングでカーブを投げる人って、カッコいいよね! でも、マネしてやってみようと思っても、意外とうまくいかない。 というわけで、カーブを投げる方法をプロボウラーに聞いてみることにしよう! やってきたのは、テレビのボウリング番組などでよく使われている「田町ハイレーン」。 多くのプロボウラーが所属するボウリング場だ。 ところで、ボウリングではどうしてカーブをかけるの? 今回、投げ方を教えてくれるのは、田町ハイレーン所属の越後裕哉プロ。 なんでプロボウラーって、ボールをカーブさせるんですか? やっぱり、曲げたほうがカッコいいから? 「いえいえ、カッコいいからじゃないですよ(笑)。 「簡単に説明しますと、 右利きの人の場合、1番ピンと3番ピンのあいだに、3~6度の角度でボールが当たるとストライクになるんです。 だからプロのみなさんは、ボールをカーブさせるんですね。 じゃあさっそく、ボクにも投げ方を教えてくださ~い! 「ひとつ問題がありまして・・・。 でも、1~2度なら曲げられますから、練習してみましょうか?」 知らなかった・・・正しいフォームで投げればカーブがかかる! まずは普段通り、ボールを投げてみることに。 気分は思いっきりカーブさせるつもりだったんだけど・・・。 「手首をひねって、ボールに回転をかけようとしませんでしたか? それが一番やってはいけないこと。 ボールは曲がらないし、手首を痛めることもあります」 えぇー! 手首をひねって回転をかけるんじゃないんだ!? しかもボクの投げ方、根本的に間違っているみたい。 ということで、越後プロに正しいフォームを教えてもらうことに。 「まずボールは、体の右寄りに構えます。 高さは胸の位置くらいです。 そして、投球方向を時計でいうところの12時とすると、 親指は10時の方向に向けます」 「それで手首を曲げたりひねったりせず、ヒジを伸ばして、そのままの状態で振り子のように投げればいいんです」 親指の位置を10時にして投げることで、自然と親指・薬指・人差し指と順番に穴から抜けていくのでカーブがかかるわけだ。 簡単に曲げられると思ったら・・・ よし! この投げ方をすれば、ボールにカーブがかけられるんだな? もう、曲がったも同然だな! ・・・あれ、曲がらない。 ていうか、思ったところにも投げられていない。 「ボールをみぞおちあたりに構えているので、右の胸あたりに構えてみてください。 それと、まだ手首をひねっていますね。 だから右方向にボールが進んでしまうんです」 なるほど。 よし、もう一度・・・う~む、曲がらない。 「きちんと正しいフォームで投げられるようになって、初めて曲がるボールが投げられるようになります。 牛島さんは、もう少し練習が必要ですね」 確かに、そんなに簡単にボールを曲げられるんなら苦労はしないよね。 よし! もっと練習して、まずは正しいフォームを覚えるぞ! 「そして、ハウスボールでも曲げられるようになったら、今度は曲がりやすいマイボールを作って挑戦してみてください。 あ、もちろん最初からマイボールを作って練習してもいいんですよ」 そんなわけで今回の挑戦は、まんまと失敗に終わりました(汗)。 やはり一朝一夕では上手にならないよね・・・。 現在「田町ハイレーン」は、営業しておりません。 関連記事 ・ ・ ・.

次の