ニュース ウォッチ 9 有馬。 有馬キャスターの「ホンネ」 有馬嘉男

桑子真帆,有馬嘉男アナNHKニュースウォッチ9のラストコメント

ニュース ウォッチ 9 有馬

2017年08月18日 金 有馬キャスターの「ホンネ」 有馬嘉男 ニュースウオッチ9のリニューアルから4か月余り! 有馬キャスターの「ホンネ」を聞いてみました! インタビュー当日、なにやら有馬キャスターは落ち込んだ様子…。 手ごたえは? 有)ちゃんと考えてくればよかった(笑)。 きのうは、なんか寝つきがすごく悪くて…。 きのうは、放送に向けてのエネルギー配分がうまくいかなくて…。 イメージしていたものとのギャップはある? 有)皆さんの応援がほんとに励み。 ありがたいです。 でも目指すところにはまだ届かないなー。 ニュースチェック11でやっていたようにニュースをより低い目線で伝えられているかと言うと自信がないし、スタジオ解説も演出をこなすのが精いっぱいで、もうひと言が足りなかったり、桑子さんのリアクションを最大限受け止められなかったり…。 正直「うまくいった!」という日が半分もない感じです。 これはこの間、日刊スポーツさんに応えたばかりだから話しやすいんだけど(笑)。 桑子さんは放送にむけた集中力の高め方がすごいんです。 最初の打ち合わせの段階では、「これどういう意味ですか?どうしてなんですか?」と桑子さんは担当記者やディレクターを質問攻めにします。 それで放送までには、どんなニュースにもほぼ完全にキャッチアップしてしまいます。 僕の表現やボキャブラリーが理解しにくいと感じたときも遠慮なくつっこんでくる。 ニュースという仕事に対する真摯さには頭が下がる思いです。 それは精神論だけではなくて、フィジカルにずっと集中していくんです。 そのプロフェッショナリズムに敬服してます。 性格はあの笑顔でやわらかい空気でも、仕事にはゆるくない。 当たり前なんだけど、プロだなと。 そういう風に視聴者がみてくれるか分かりませんが、桑子さんが次第に貫禄を増していく、ちょっとしたひと言がより味わいを増していく、僕もそれがすごく楽しみです。 ただし、今のやわらかい自然体は失ってほしくないとも思っています。 有)もっともっと外に出たいですね。 ニュースの現場を取材し、キーマンに話を聞くというのは、記者として20年以上やってきたことだから。 その日のトップニュースでお伝えするような現場を番組の仲間と取材したいと思ってしまう。 スタジオキャスターより現場のリポーターの方が僕は性に合っているとも思っています。 僕がイメージしているキャスター像はプレゼンテーターです。 仲間が取材し仲間が制作したニュースを余すところ無く、わかりやすく一番いい形で伝えると。 そんなプレゼンテーターでありたい。 どうおいしく伝えるかに知恵をしぼりたいと思っているんです。 視聴者の方から評価の声もあるが。 有)ありがとうございます。 ラストコメントはその週にお伝えしたニュースを振り返って伝えきれなかったこと、もう一度かみしめたい言葉を紹介するというのがコンセプトです。 桑子さんもとても大事にしているコーナーで、金曜の午後、ひとりひそかに考えていると、「きょうはどうするんですかー」と探りを入れてきます(笑)。 それがまた絶妙のタイミングで彼女に促されるようにコメントをつくりあげていきます。 そもそもNHKのニュースはキャスター個人の考えを披露することは求められていない。 取材した記者やディレクターのコメントやニュースの当事者の声を紹介するなかで、おのずと僕たちキャスターの思いもにじみ出ているはずです。 昔からチームワーク体質? 有)謙虚というより自信がない。 チームワークが良くないと、 いい番組にならない。 これまで先輩や仲間たちが築いてきたブランドと信用を大事にしていきたいと思います。 でもだからといって、縮こまりマンネリに陥ることは避けないといけない。 異論反論があっても新しいニュース、新しい表現にチャレンジする番組でありたいと思います。 40代50代の現役世代に、ぜひみてもらいたいです。 投稿者:有馬嘉男 投稿時間:20:20.

次の

桑子真帆アナウンサー初登場「ニュースウォッチ9」4月3日(月)放送分の感想

ニュース ウォッチ 9 有馬

もくじ• 大学卒業後1990年にNHKに入り、経済部記者を経て、国際部に移動しフランクフルトとシンガポールで支局長を歴任。 日本に戻ってきたからは、経済部の金融キャップとして働き、NHKスペシャルを制作。 報道局副部長に就き、2014年から2016年に、NHK BS1の報道番組「国際報道2014・2015・2016」に出演。 2016年4月から2017年3月までの1年間、ニュースチェック11のキャスターに就任、ニュースチェック11で有馬さんを知ったという方も多いと思います、私もニュースチェック11で知りました。 他のNHK男性アナウンサーの方々と違う、目につく服装は凄く印象に残ります。 2017年4月からはニュースチェック11でコンビを組んでいた、桑子真帆アナウンサーと共にニュースウォッチ9のキャスターに。 2017年6月管理職異動で報道局記者主幹へ昇格しています 出身高校と大学は? 出身高校は、 山口県立徳山高等学校のようです。 徳山高校は山口県一二を争う進学校で、2017年の偏差値も理数70・普通64です。 徳山高校の卒業生の方が徳山高校卒業生の掲示板に、有馬さんは 徳山高校卒・京大卒、母校にこんな後輩が居たとは・・・と書かれていましたので確定でしょう。 大学は 京都大学、上智大学説というのもありますが、前出の方が京都大学卒業と書き込んでいるので京都大学出身だと思います。 父親が凄い! 有馬さんのお父上は凄い方で、日本ボランティア界の草分け的存在でした。 有馬 実成 ありま じつじょう 生年月日 1936年03月07日 2000年09月18日死去 享年 64歳 出身地 山口県徳山市(現 周南市) 曹洞宗の僧侶で、数々のボランティア団体やNGOの理事や役員を歴任し、難民の支援活動をしていて、NGO間調整にあたる「NGOの有馬」と呼ばれ、日本に国際ボランティア活動の道を拓いた方でした。 Sponsored Link 結婚しているのか? 息子さんがいることが分かっていますので、結婚はしています。 あるインタビューで有馬さんがお父さんのことを語っている時にこんなことを言っていました。 「自分で考え、自分で決めなさいというのを背中で語ってくれる人で。 news-postseven. html 息子に自分の父と同じように接したいが思い通りにいかないと、子育ての難しさを語っています。 息子さん何歳なのかや、子供が何人いるのか、結婚した奥さんのことは分かっていません。 今後もわかることはないような気がします。 おしゃれな服装やメガネが気になる! 有馬さんの服装やメガネがおしゃれで気になっている方が多いと思います。 他の男性アナウンサーと比べても有馬さんの服装は個性があり目を引きます。 まあ他のアナウンサーの方々は普通のスーツですから、目立ちますよね。 有馬さんネット上ではおしゃれだと思われていますが、実はオシャレじゃないみたいです。 有馬さんの衣装は担当スタイリストがいて用意していると新聞の記事に載っていました。 さらにあるインタビューで、 「おしゃれ? ぼくがですか!? それは意味不明です(苦笑)。 ぼくは職場でも、ほぼジーンズ。 news-postseven. html と言っています。 この発言をみると有馬さんの個性的な服装は実はおしゃれなわけではなく、スタイリストさんが用意してくれた服を着ているだけのようです。 それでも着る服にこだわりがあるようで、スタイリストさんと季節感を出す素材や色を巡り、意見が一致しないこともあり、そういうときは最終的には有馬さんが判断しているそうです。 服装にコンセプトがあり、コンセプトは「時代性のあるクラシック」、保守的でクラシックなスリーピースでも、自然で、ニュースの邪魔にならないような着こなしを心がけているとのことです。 あと有馬さんニュースや 衣装に合わせて時々メガネをかけ替えているそうです、これは気づきました。 明日からニュースウォッチ9見たらメガネをチェックしてみてはいかがでしょうか? NHKってものすごくお硬いところだと思っていました、常に背筋を伸ばしてビシっとしたスーツを着ていないといけないイメージでした、普段はジーンズを履いていても問題ないんですね。 流石にニュース番組出る時にジーンズ履いてたら物凄い数の苦情が来ることでしょう。 まとめ 出身高校は山口県立徳山高等学校 出身大学は京都大学 父親が日本に国際ボランティア活動の道を拓いた有馬 実成 ありま じつじょう 結婚して息子がいる 衣装は担当スタイリストがいて用意していくれている ニュースや衣装に合わせて時々メガネをかけ替えている 有馬さんの同僚のNHKのアナウンサーの記事です。 本日の日本政府の対韓輸出規制の拡大は今後問題とか、有馬嘉男主幹発言は重く、おかしかった。 今夜は公共放送ではない。 やっと日本国民の待ちに待ったことです。 信頼出来ない隣国に輸出管理は出来ないとの判断で初の日本政府の措置。 価値観の共有出来ない隣国に、今まで対抗措置はなにも日本はしていないから。 今回は日本政府を評価すべきです。 文政権の反日攻勢が続く。 今回の措置は制裁ではない。 WTOの範囲内です。 以上からNHKは韓国放送局になって欲しくない。 今夜?と思わせる有馬さんの印象操作的な偏向報道かと。 1965日韓合意破棄の韓国最高裁判決後に、現地日本企業の資産差し押さえと現金化が進んでいる等日本企業に被害が出る、どれだけ日本政府が国際的な日韓合意の手順に沿い文政権に委員会設置を呼び掛けても文政権は無視し回答がない、期限が切れた。 日本人は何をしても反抗も主張もしないが弱点で韓国から甘く見られている。 日本国民世論は大多数が、文政権な反日攻勢に怒っている。 一刻も早く、韓国問題から離れたい。 ニュースウォッチ9の今後に期待しています。

次の

桑子真帆,有馬嘉男アナNHKニュースウォッチ9のラストコメント

ニュース ウォッチ 9 有馬

ざっくり• 有馬嘉男アナウンサー 有馬嘉男アナウンサーは以前、NHKBS1で放送されていた「国際報道2014」「国際報道2015」「交際報道2016」と「ニュースチェック11」に出演されていました。 ハキハキとした声で分かりやすくニュースを伝えてくれます。 桑子真帆アナウンサー 桑子真帆アナウンサーは2013年から2014年まで広島局のキャスターを努め、2015年から東京に異動し、「NHKニュース7」や「ブラタモリ」などに出演されていました。 毎週月曜日から金曜日の夜9時に放送される「NHKニュースウォッチ9」。 今年は有馬嘉男アナウンサーと桑子真帆アナウンサーが司会を努め、お茶の間にニュースを届けてくれます。 毎週金曜日の番組の最後の約1分間でのコーナー「ラストコメント」での2人のメッセージが好きで見ています。 ブラタモリ😎タモリさんの相方役🙍 桑子真帆アナウンサー、鉄道旅行が趣味みたいですよ。 🚞 — レジェンド55 ClimateDefgdnfc 放送直前の桑子です! きょうの放送で で洋服が売れていて、とくに が人気というニュースをお伝えするのですが…。 今年の4月からニュースウォッチ9の司会を努めており、明るく笑顔でニュースを伝えてくれる桑子さん。 9時45分過ぎから始まるスポーツコーナーの時には時々、勘違いみたいなことを言うところもあって、結構お茶の間を楽しませてくれます。 おそらく今日の連合稽古の様子は、ニュースウォッチ9でも放送されると思います。 スポーツコーナーはいつも21:45ぐらいなので、その時間あたりだと思います。 2人のメッセージには、僕は毎週見入ってしまって結構好きなコーナーです。 2人の意見には賛否両論あるかもしれませんが、有馬アナウンサーと桑子アナウンサーが 今週の出来事で何を1番伝えたいのか?が結構僕は好きで、金曜日のニュースウォッチ9はよく見ています。 今日のラストコメント 「知る権利に応えるべき」 キャスターの二人はいい顔していたな やっと、自分達の言いたい事を言えたという感じ。 報道に携わる者なら忸怩たる想いがあっただろうと想像出来る。 今日は誇らしげに見えた。 これからも国民の方を向いて報道して欲しい。 — Black eyes BlackeyesFaiz55 2人が伝えてくれるメッセージには「そうそう」と肯定する方もいるし、「いや、そうじゃない」と否定する方もいらっしゃると思います。 批判するのは簡単なことだけど、実行する2人には周囲に伝わらない困難が伴うものです。 評価は視聴者の皆さんの自由ですが、メディアの一員として2人が切り開いてゆく報道の可能性に、僕たち視聴者は期待をして、目を向けていくべきではないでしょうか? ニュースウォッチ9のラストコメント、よかったな。

次の