レネー・ゼルウィガー。 アカデミー賞®最優秀主演女優賞を受賞した レネー・ゼルウィガー 『ジュディ 虹の彼方に』インタビュー

レネー・ゼルウィガーがステージで涙…『ジュディ 虹の彼方に』予告

レネー・ゼルウィガー

1939年にハリウッド黄金期を象徴する映画『オズの魔法使』の主人公ドロシー役に大抜擢されたジュディ。 彼女が47歳の若さで亡くなる半年前、1968年の冬に行われたロンドン公演での日々を描いた今作。 本作のプロモーションでの来日は叶わなかったが、Skypeインタビューに応じてくれた。 ジュディに対して尊敬の念を抱きましたし、 もっと理解したいという気持ちが 彼女を演じるモチベーションになっていました。 ジュディは数々の苦境を乗り越え、自身の出演作や歌を大切に思っていた、ということを感じながら演じていました。 エンタテイナーとして、また一人の人間として、彼女がどれほどのインスピレーションを私達に与えてくれたのかを見せたかった。 それだけじゃなく、ジュディは多様性を凄く大切にしていたし、親切な心や人への思いやり、勇気を持っていました。 ですから、本作で描かれたジュディを、観客の皆さまが新たに記憶してくれたら嬉しいです」 ーーリハーサルの更に一年前から入念な準備をされたそうですね。 「まず、彼女の人生の最後の一章にあたる晩年期にいかに苦労したのかということを私は全く知らなかったので、少女の頃から女優として世界的に高く評価された彼女がどうして経済的に困難な状況に置かれてしまったのか最初は理解できませんでした。 ですから、晩年の彼女を深く知って理解することから始めていったんです。 私自身、多忙な時期のスケジュールのキツさは痛いほど知っていますし(笑)、それをマネージメントすることの大変さもわかっています。 お芝居だけじゃなく、彼女は大勢の前でパフォーマンスもしなければいけないので、肉体的にとてもハードだったのではないかと。 それに体調や声の調子をしっかりとケアして管理しなければ、最高のパフォーマンスをすることができないのもキツかったと思います。 それらを乗り越えてきたジュディに対して尊敬の念を抱きましたし、もっと理解したいという気持ちが彼女を演じるモチベーションになっていました」 ーージュディに関する膨大な資料を読めば読むほど不安になることはなかったですか? 「読めば読むほどハードルはあがるし、もう笑うしかないんですよね(笑)。 だけど撮影のスケジュールはどんどん迫ってくるから考える暇なんてないし、とにかくやるしかない。 そんな感じでやらなきゃいけないことが沢山あったので、追い込まれたことが結果的に良かったのかなと思います(笑)」 ーーステージでの歌唱シーン、とても素晴らしかったです。 ジュディとしてステージに立って歌うお芝居に挑まれるときと、普段のお芝居のときとでは心境など何か違ったりするのでしょうか? 「いい質問ですね。 だけど、そこを比較するのは私には難しいです。 何故なら歌っているシーンのお芝居と、そうじゃないシーンのお芝居を違うものとして考えていないからです。 歌うことも含めて彼女には色んな側面がありますから、その全てが合わさってひとつのキャラクターとして演じることができるんですよね。 ただ、ジュディのように歌いながらパフォーマンスをすることは私にとって慣れ親しんだものではなかったので、そのスキルを身につけることはとてもスリリングでした。 それに大勢の前で歌うなんて生まれ持った才能がある人にしかできないと思っていたから、それをお芝居でできることに凄くワクワクしました」 ーー経験してみていかがでしたか? 「大勢の前で歌を歌いパフォーマンスすることの魅力みたいなものが理解できるようになりました。 それは私にとって素晴らしいギフトでした。 だって私、そんなに経験を積まずにステージの上に立って大勢の前でパフォーマンスしたじゃないですか。 それってちょっとチート(ずるいこと)なのかなって(笑)。 でも本当に良い経験ができたと思います」 ーー是非いつか生でレネーさんの歌やパフォーマンスを拝見したいです! 「心の準備ができてないから(笑)……いまはまだ難しいかもしれないけど、そんな風に言ってくださってありがとうございます!」 (インタビュアー・文/奥村百恵) 【ストーリー】 『オズの魔法使』の主役でハリウッドのトップに上り詰めてから30年が経とうとしている1968年冬、今では映画出演のオファーも途絶えたジュディ・ガーランド(レネー・ゼルウィガー)は、まだ幼い娘と息子を連れて巡業ステージで生計を立てていた。 そんな時、イギリスのクラブ〈トーク・オブ・ザ・タウン〉からショーの依頼が舞い込む。 ジュディは、やむなく元夫のシド(ルーファス・シーウェル)に子供たちを託し、起死回生を賭け、単身でロンドンへと降り立つが…。

次の

レネー・ゼルウィガー、アカデミー賞スピーチの真意を語る「これはジュディへの祝福」 1ページ目 /2020年3月6日 1ページ目

レネー・ゼルウィガー

2002年のミュージカル映画「シカゴ」ではロキシー・ハートを熱演し、ゴールデングローブ賞 主演女優賞 ミュージカル・コメディ部門 受賞。 さらにアカデミー主演女優賞にノミネートされました。 2003年の「コールド マウンテン」ではルビー・シューズ役でアカデミー助演女優賞受賞、ゴールデングローブ賞 助演女優賞受賞、英国アカデミー賞 助演女優賞受賞と主要な賞を3つも受賞しました。 2010年の映画「My Own Love Song」がリリースされたあと、演技の世界から少し離れるように。 6年の休養を経てブリジット・ジョーンズシリーズのの第3作となる「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」への出演で復帰。 「健康的な状態ではなかったから」だと説明している。 「自分を大切にしていなかった。 セラピストには私の生活の99%は世間むけの顔で占められていて、自分の本当の生活はほんの少ししかないと言われたの」と語っている。 elle. mamamia. com. 2003年にはバンド「ザ・ホワイト・ストライプス」などで知られるミュージシャンのジャック・ホワイトと付き合ったのち、2005年5月9日にカントリー歌手のケニー・チェズニーと結婚。 しかし、同年9月レネー・ゼルウィガーが婚姻無効を申請、12月20日に正式に無効となりました。 gofugyourself. 確かに多くの人にとってはレネー・ゼルウィガーはブリジット・ジョーンズのすこしぽっちゃりした可愛らしい印象が強いため、痩せて少し骨ばった顔の印象には整形か?と思った人も多かったと思います。

次の

悲報!レネー・ゼルウィガーが別人のように変わった姿でマスコミに登場

レネー・ゼルウィガー

『オズの魔法使』(1939年)や『スタア誕生』(54年)で知られる伝説のミュージカル女優、ジュディ・ガーランドの晩年を描いた『ジュディ 虹の彼方に』。 47歳という若さで逝った大スターを演じ、本年度のアカデミー賞主演女優賞を受賞したレネー・ゼルウィガーに、ハリウッドの光と影について聞いた。 「悲劇」のイメージを覆したかった。 2020年2月、ロサンゼルスにて取材に応じたレネー・ゼルウィガー。 歌唱も含め、素晴らしい演技でした。 往年のスター、ジュディ・ガーランドを演じることは、女優にとって大変プレッシャーのかかることだと思いますが、それでもジュディを演じようと思った最も大きなモチベーションは? いくつかあるわ。 まず脚本を読んだのだけれど、それまで彼女が晩年あんなふうになっていたとは知らなかった。 それでこのストーリーに興味を持ったの。 とても高いレベルでずっと仕事をしてきたのに、晩年、なぜ経済的に貧窮したのか。 なぜ雇う側にとってリスクのあるアーティストだと見られるようになったのか。 そういうことが興味深かったの。 ふたつ目は、監督のルパート・グールドとプロデューサーのデヴィッド・リヴィングストーンがやろうとしていることに賛同したから。 これまで、彼女の晩年を「悲劇」というひと言で片付けてしまう風潮があり、それが彼女の「遺産」のようになってしまっている。 けれど、どういう状況でそうなってしまったのかを描くことで、お決まりのイメージを覆せると思ったの。 『ジュディ 虹の彼方に』では、ロンドンのディナー・キャバレー・クラブでショーを行っていた、晩年のジュディ・ガーランドの姿が描かれる。 ハリウッドが彼女を潰したともいえる。 ハリウッドで活躍する女優として、そうした彼女の環境をどう思いましたか。 ハリウッドが彼女を潰したという意見には同意するわ。 仕事をさせるために睡眠薬や興奮剤などの薬を与えられたことを含めて、すべて周囲が勝手に決めて、彼女は敷かれたレールの上を歩かされた。 当時は、薬を使用することによる後遺症や依存症、モラルハラスメント的なことが精神に与える影響などを、世の中全体がよくわかっていなかった。 だから彼女は、マーケティング用のイメージに合わせるために、いろんなプレッシャーの中で生きていたの。 ルックスに関しての強迫観念は、いまのハリウッドにも依然としてあるけれど、この業界も変わってきた。 たとえば子どもの労働法も厳しいし、俳優組合もあるから、あの時代に比べたら透明性がある。 それに私の場合は、デビューした時はすでに大学を卒業していてある程度大人だったし、自分の選択は自分ですることができた。 ジュディが経験した、虐待のようなことは経験していないわ。 自分の意思を通せたし、誰かが勝手に何かを決めることはなかった。 ハリウッドについていえば、近年は勇気を持って自分の過去の経験を語る人が増えてきたことで、劇的に変わってきていると感じているわ。 映画出演のオファーも途絶え、ジュディ(レネー・ゼルウィガー)は幼い子どもたちを養うために、巡業ステージで生計を立てていたが……。 『オズの魔法使』の主演を務め、ハリウッドのトップに上り詰めた少女時代のジュディを演じたのは、オーディションで大抜擢されたダーシー・ショー。 ---fadeinpager--- 皆で作り上げた、ジュディを祝福するシーン。 限られた取材時間の中で、積極的に語ってくれたレネー。 彼女の最後の輝きともいえるあのステージを、どういう思いで演じたのでしょうか。 ライブのパフォーマンスシーンは、ほとんどをロンドンの「ハックニー・エンパイア劇場」で、1週間くらい集中して撮りました。 「オーバー・ザ・レインボー」を歌うあのシーンは、その最後に撮ったの。 テイクの間に、観客役のアーティストたちといろいろ話をしたわ。 親が「トーク・オブ・ザ・タウン」で実際にジュディのライブを観たという人も多かった。 ジュディが自分たちにとってどんな意味を持っているのか、彼女が自分たちに残してくれたものは何か、なぜ彼女と繋がりを感じるのか……そんな話をみんなでしたの。 自然にジュディと彼女の美しい歌を祝福する場になった。 だから「オーバー・ザ・レインボー」のシーンは、彼女を祝福するシーンになったと思う。 ジュディは子どもの時、希望を込めて「オーバー・ザ・レインボー」を歌っていたけど、晩年も歌い続けた。 それはとても勇気のいること。 あの悲惨な状況の中で、彼女はまだ可能性に目を向けて歌を歌っていたのね。 レネーはリハーサルの1年前から歌のトレーニングをスタート。 ジュディの独特の訛りや声色、ステージ上のパフォーマンスまで見事にマスターした。 そうね、確かに外見的なものではないことは確かね……。 すべては内側からきているもの。 ジュディは、生き生きとしていて知的で、表現力があり、思いやりのある人だった。 それは、彼女が物事を深く感じる人だったからだと思うの。 そうした内側にあるものがすべて、ジュディ・ガーランドなの。 ジュディは実際にロンドンのクラブで歌った後、ファンとよく飲みにいったりするなど交流を持つ人だったから、ああいうことはあったと思うけど。 実はこのシーンについては、監督のルパート・グールドとも、なぜこのシーンが重要だったのかについて話したわ。 私たちは、当時のLGBTQコミュニティにおいて、彼女がどういう存在だったのかを見せることが、いまこそ重要と考えたの。 彼女がどういう人間だったのかを表現するうえでも欠かせない要素だった。 それで、監督は脚本家のトム・エッジにそういうシーンを書いてくれと依頼したのね。 彼らとのシーンが組み込まれたこと、私もとてもうれしいわ。 ジュディのファンには同性愛者の方もたくさんいたけど、彼女自身もLGBTQのコミュニティを支援し、それを公にも話していたから。 そういう意味でも、彼女は先駆者だったのよ。 ジュディの大ファンだというレネー。 背骨が湾曲し、華奢だった晩年の佇まいを体現し、監督をはじめ関係者をも驚かせたという。

次の