お送り し ます 敬語。 「失念」の意味とビジネスでの正しい使い方

「お送りします」の意味と使い方

お送り し ます 敬語

「送る」の正しい意味と敬語は? まずはじめに「送る」の正しい意味と敬語である「尊敬語」と「謙譲語」から見てみましょう。 「送る」の正しい意味 そもそも「送る」は「情報やもの届ける」「人材を役割をもたせて派遣する」「時間を過ごす」「付き添ってある場所まで見送る」など幅広い意味があります。 「送り仮名をつける」という意味もあり、「仮名を送る」というような使い方もします。 「送る」はたくさんの意味を持ち合わせる言葉であり、職場でも使用頻度の高い言葉の一つでもあります。 だからこそ、敬語を正しく使い分けることが大切なのです。 尊敬語は「お送りになる」 「送る」の尊敬語は「お送りになる」「お送りくださる」「送られる」「ご恵送くださる」です。 職場の上司、取引先、サービス業に携わっている場合はお客様、また第三者にも使うことができます。 お客様、お荷物はお送りになりましたか?• 捺印後、本社へ送られますか?• これから書類をお送りくださるそうです。 この時、「お客様、お荷物はお送りになられましたか?」「これから書類をお送りになられるそうです」などと表現するのは不適切です。 なぜなら「お送りになる」と「~される」の二重敬語になっているからです。 これらの点だけ留意をし、ビジネスシーンでも美しい尊敬語を使うように心がけましょう。 謙譲語は「お送りする」 「送る」の謙譲語は「お送りする」「お送りいたす」「送らせていただく」です。 「いたす」は「する」の謙譲語になり、相手を高い位置に置き、自分をへりくだるときに使います。 例文をみてみましょう。 贈呈品を担当者にお送りします。 駅までお送りいたしましょうか?• 弊社の最新版カタログを送らせていただきます。 この時、「贈呈品を担当者にお送りさせていただきます」「駅までお送りさせていただきましょうか?」などとと表現するのは適切ではありません。 正しい謙譲語の使い方は前述したようになります。 正しく綺麗ににまとめて、相手に敬意を払いましょう。 ものを「贈る」との違いは? 「送る(おくる)」と同じ読み方をする言葉に「贈る」があります。 同じような意味合いで使う場合がありますが、双方の意味には違いがあります。 「贈る」には「感謝や祝いの気持ちを込める」「人に金品を贈呈する」「官位や称号などを授与する」という意味があり、「プレゼントを贈る」「お祝いの言葉を贈る」「館長の称号を贈る」というように使うのが適切です。 「プレゼントを送る」と「プレゼントを贈る」はどちらでも正しい使い方ですが、「気持ちを込めているのか」「純粋に送付するだけなのか」という送り手の状況によって「送る」「贈る」を使い分けて下さい。 「送る」を使ったシーン別の文章例 それでは「送る」を使った文章をシーン別で見てみましょう。 メールを送る 職場では社内メールや社外メールのやりとりが欠かせません。 「メールを送る」は「メールを送信する」とも言い換えることができます。 資料と併せてメールをお送りになりましたか?• 資料と併せてメールを送信されましたか?• これから関連メールをお送りいたします。 これから関連メールを送信いたします。 faxを送る テクノロジーの開発が急速化する前から、ビジネスになくてはならない存在だったのが「fax」です。 faxも電話番号を経由して相手に送ることができるツールであるため「faxを送信する」と言い換えることができます。 日程表のfaxをお送りになりましたか?• 日程表のfaxを送信されましたか?• 先ほど、faxを5枚お送りいたしました。 先ほど、faxを5枚送信いたしました。 書類を送る(送付する) ビジネスでは重要な契約書、事業計画書、会議資料などの「書類を送る」機会も多いでしょう。 書類を送るときは「送付する」と言い換えることもできます。 定型便で書類をお送りいただけますか?• 今日中に書類をお送りいたします。 書類をお送りくださり、ありがとうございます。 車で送る(送迎する) 社会人になるとクライアントやお客様を駅や空港まで送ることもあるでしょう。 車で送るは「送迎する」と言い換えることができます。 状況に合わせて使い分けをしてみて下さい。 最寄りの駅まで車でお送りいたします。 空港まで送迎をさせていただきます。 車でお送りできれば、こちらも安心でございます。 生活を送る 「送る」の意味の中で「時間を過ごす」「時を刻む」があります。 学生時代の恩人、お世話になった上司などに手紙やメールで近況を聞いてみるのもよいのではないでしょうか?• 定年退職後はどのような生活を送っていらっしゃいますか?• 新天地では楽しい生活を送られていますか?• どうぞ、素晴らしい生活をお送りください。

次の

送らせていただきますは正しい敬語表現かを解説 他、類義語の使い方

お送り し ます 敬語

公開日: 2018. 30 更新日: 2018. 30 「お送りします」の意味と使い方 - 「送る」の敬語変換と類語を紹介します 「送る」の敬語表現「お送りします」は、日常会話でもビジネスシーンでも使うことが多いです。 使用することが多いものの、意味を理解せず「お送りします」を使っていたり、実際どのように使うのか迷う方もいるのではないでしょうか。 そこで今回は「お送りします」の意味や使い方、正しい敬語なのか、その他の「送る」の敬語表現について解説していきます。 ビジネスシーンにおいて、メールや会話のやり取りというのは日常茶飯事ですが、『敬語の使い方』となるとあまり聞く機会がありません。 正しい敬語表現を知って、上手く使いこなせるようにしましょう。 「お送りします」の敬語表現 「お送りします」は正しい敬語 「お(ご)〜する」は、謙譲語のため正しい敬語です。 謙譲語は「自分の動作や事物などをへりくだって言い表すことにより、相手を立てる語」であるため、「お送りします」は上司など目上の相手に使うことができます。 そのため、ビジネスシーンで「請求書をお送りします」と使うと必ずしも相手の利益にはならず、違和感を与えてしまうことがあります。 「お送りいたします」はさらに丁寧 「いたします」は「する」の謙譲語「いたす」の語尾に丁寧語の「ます」が付いた語です。 一般的に相手への敬意を払い「〜します」「〜させてもらいます」「〜させていただきます」と自ら率先して相手のために何かをする、という意味合いで使います。 自分の動作について使うので、相手の動作に「お送りいたします」と用いるのは間違いですので、注意しましょう。 「お送りします」よりも敬意が高いので、上司や取引先など目上の人に対しては「お送りいたします」を使うのが良いでしょう。 逆に、「お送りいたします」だと堅苦しいという場合は「お送りします」を使います。 「送らせていただきます」も正しい敬語 「させていただく」は、使役の助動詞「させて」+「もらう」の謙譲語「いただく」で成り立っています。 「させていただく」は、「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 「させていただく」は、 ・相手や第三者の許可を受けて行う場合 ・それを行うことで恩恵を受けるという事実がある場合 の2つの条件を満たすときに使用するのが正しい使い方になります。 「送らせていただきます」は、「図々しくて申し訳ないが、相手が許可してくれたから送る」という意味合いになります。 また、「送らさせていただきます」は少々くどい表現のため、あまり使用することはないです。 「お送りします」の例文 ・日頃の御礼として、お歳暮の品をお送りしました。 お受け取りくだされば幸いです。 ・弊社のパンフレットをお送りします。 お納めくださいますよう、お願いいたします。 ご査収のほど、よろしくお願いします。 ・貴社の求人広告を拝見し、業務に興味を持ちました。 履歴書一式をお送りします。 是非、面接の機会をいただけますようよろしくお願いいたします。 ・突然メールをお送りしますご無礼を何卒お許しください。 ・詳細をまとめた資料に関しては、後ほどお送りします。 ・お酒を多く飲まれておられるようなので、駅までお送りします。 「お送りします」の場面別の類語・言い換え 「お送りします」はメールや書類を送るとき・請求書を送るとき・荷物を送るとき・目的地まで送るときなど、様々な場面で使います。 このような場合、「お送りします」だったり「お送りいたします」でも十分意味は通じますが、場面別に言い換えることで相手に丁寧に伝えることができます。 メールで資料などを送る場合 何か手紙やメールなどを送るような場合は、 ・送信する ・添付する ・送付する などを使います。 「返信」は「返事の手紙」を意味します。 「すぐに返信します」「あとで返信する予定です」などと言いますよね。 「添付」は「書類などに、他のものを添え付けること」を意味します。 「領収書を添付する」「添付ファイル」などと言います。 「送付」は「おくりとどけること」「おくり渡すこと」を意味します。 「資料を送付します」「ご送付ください」などと言います。 中でも 「送付」は、「送付いたします」「送付します」といったようによく使われます。 例文 ・見積もり関しては、メールにて送付いたします。 手紙や請求書などを送る場合 手紙や請求書などを送る場合は、 ・郵便を出す ・郵便を送る ・発送する ・差し出す を使えます。 「郵便を出す」は 「手紙や荷物などを送ること」を意味します。 「差し出す」は「差出人」という言葉があるように、 「提出する」「送り出す」を意味します。 手紙を送ることを伝えるとき、手紙の中で何かを送ることを伝えるときは、しっかり敬語表現を用いることが大切です。 例文 ・請求書を郵便に出す。 ・お世話になった先生に手紙を発送する。 荷物を送る場合 荷物をどこかに送る場合に、「お送りします」と言いますよね。 この「お送りします」の言い換えは、 「発送する」となります。 「発送」は 「品物を送り出すこと」を意味します。 例文 ・すぐにそれを実家に発送する ・明日、発送する予定です。 相手を目的地まで送る場合 相手を目的地まで送るときに、「お送りします」などと言いますよね。 この「お送りします」の言い換えは、 ・送迎する ・送り届ける ・見届ける ・付き添う になります。 「送迎する」は「行く人を送り、来る人を迎えること」を意味します。 「お客様を車で送迎する」などと言いますよね。 「送り届ける」は「送って目的の所へ届ける」を意味します。 「知人を自宅へ送り届ける」などとします。 例文 ・親切に家まで送迎してくれた。 ・こちらの方で用意した車でお迎えにあがります。 テレビ番組などを送る場合 「ご覧の提供でお送りします」などの表現がありますよね。 テレビ番組などを流すという意味でも「お送りします」は使用されています。 この「お送りします」の言い換えは、 ・放送します ・放映します になります。 「放送」は「一般公衆によって直接受信されることを目的とした無線通信」「限定された地域で、有線により行われるもの」を意味します。 「放映」は「テレビで放送すること。 特に、映画フィルムをテレビ放送すること」を意味します。 例文 ・ニュースを放送する。 ・未公開作品を放映する。 「送る」と「贈る」の違い 「送る」と「贈る」はどちら <おくる>と読みます。 「友達にプレゼントをおくる」「ハガキをおくる」「駅までおくる」などと使いますよね。 読み方は同じですが、しっかりと使い分けできているでしょうか? 「送る」の意味は、 ・去りゆくものに、別れがたくついて行く ・こちら側の事物をあちら側の別の所に動かして移す ・時を過ごす ・順々に先に移動させる ・送り仮名をつける となります。 「贈る」の意味は、 ・感謝や祝福などの気持ちを込めて、人に物を届ける ・官位や称号などを与える となります。 例文 ・彼を駅まで送る。 ・家に荷物を送る。 ・祝辞の言葉を贈る。 ・記念品を贈る。

次の

「送付致します」は失礼な敬語?「お送りします」との違いと使い分け!

お送り し ます 敬語

スポンサードリンク その他には「メールを送らせていただきます」という 表現もあったりします。 この言葉を聞くと 二重敬語なのではないかと また感じてしまう方も多いかもしれませんが これは 二重敬語ではなく、正しい敬語として使うことができます。 ただし、違和感が強い場合は 「メールをお送りいたします」でも大丈夫です。 書類など、目に見える物を送る際は 「資料を送付させていただきます」などという表現もあります。 同じ一言でもこのように敬語が存在するなんて 面白いですね! 送って欲しい事を敬語で表現するには? では、変わって 「送って欲しい」とお願いする際には どのような敬語を使うのが一般的なのでしょうか。 メールなどの場合 「メールを送っていただけますでしょうか?」と 表現するのが一般的です。 しかし、申し訳ないという気持ちがそんざいする「送る」では 「恐れ入りますが、送って頂けますでしょうか。 」 「申し訳ございませんが、送っていただけると助かります。 」など そのようなパターンも敬語には存在します。 メールを送る相手がどのような方なのか また、 自分の立ち位置や、内容を踏まえて 使い分けるのが一番いい方法です。 そして、資料などの場合は 「ご送付くださいますようお願いいたします。 」と言えば 概ね失礼なく敬語として通用するかと思います。 いかがでしたでしょうか。 相手が目上の方や、取引先、先輩などとなると 敬語で悩んでしまう事は多いでしょう。 日頃から正しい敬語や、シーンを意識して 身につけて行きたいものですね。 正しい敬語で気持ちの良い生活を手に入れましょう。

次の