国破れて山河あり 類語。 Home

株の格言・ことわざ

国破れて山河あり 類語

栄枯盛衰の意味とは 栄枯盛衰(えいこせいすい)とは、栄えたり衰えたりすることをいいます。 栄えることと衰えることを繰り返していく、世の中の儚さをいう言葉です。 人気が高いものなども、徐々に人気が衰えていきますし、大国もやがて滅びていきます。 全ての事柄に置いて大きな波があり、良いことも悪いことも逃れられず、何も変わらないまま存在しているということは無いということです。 栄枯盛衰の由来 「栄枯」という文字は草木が茂っている様子と枯れてしまうことを表現しています。 また「盛衰」も盛り上がった様子と衰えていく様子を表現した言葉です。 古くは鎌倉時代に登場した「平家物語」に登場しています。 急な上下ではなく、長い年月をかけて変わっていく様子を表した言葉なので、建物や世論の変化などに使われることのほうが多いのが特徴です。 栄枯盛衰の文章・例文 例文1. 国の栄枯盛衰を見てきた一族です 例文2. 人の世は栄枯盛衰・で繰り返されている 例文3. 一族の栄枯盛衰の中に、世の無常が見える 例文4. 栄枯盛衰の儚さを、身を持って知った 例文5. 栄枯盛衰の世の中だからこそ、助け合えたらいいな 物事が変化していくという意味合いで使うことが多い言葉です。 また良くも悪くもなる人生も意味しています。 そのためか例文5の様に使う人はあまり多くありません。 栄枯盛衰の類義語 栄枯盛衰の類語には「」や「」があります。 どちらも栄えたり衰えたりを繰り返す言葉です。 同時にその繰り返しを冷静に分析した言葉と言えます。 儚い人生を嘆くでもなく、受け入れる心を表しています。 栄枯盛衰まとめ 「栄枯盛衰」という言葉には、前向きさもありませんが、後ろ向きさもありません。 栄えて衰えるという当たり前の流れを、冷静に見据えて受け入れている言葉です。 ただそんな中に儚さや、無情さを見て取ることはできます。 良い方向と悪い方向を繰り返すということは、いずれ自身も同じ様に悪い方向に向かう、ということでもあります。 言葉から取れる悟りの形は、嘆く必要はない、誰もが平等に昇り詰め下っていくのだという言葉に等しいといえるでしょう。

次の

「国破れて山河あり」の意味とは?意味や使い方を解説!

国破れて山河あり 類語

「栄枯盛衰」は「栄枯(えいこ)」と「盛衰(せいすい)」という二つの言葉が連結したつくりになっています。 「栄枯」とは元来は「草木が生え茂ったり、枯れたりすること」を表す言葉です。 これが転じて「人生や国が繁栄したり衰退したりするさま」を比喩した言い方になりました。 また「盛衰」は「栄えたり衰えたりすること」を示します。 古くは「じょうすい」とも読まれました。 このように「栄枯盛衰」は同じ意味の二つの言葉が重なった構成になっています。 すなわち、ある時には栄華を極め、またある時にはむなしく滅ぶといった人の世の有様やはかなさを強調し、「人は成功している時ほど謙虚であるべきだ」と戒める慣用表現だといえます。 この言葉は仏教の考え方がベースになっています。 仏教には、この世には「不変」「永久」なものは存在せず、万物は流転し変遷していくという世界観があります。 日本の古典にもこうした仏教の考え方が反映されたものが多く、「栄枯盛衰」もそれに基づく言い方です。

次の

「国破れて山河あり」の意味と使い方とは?英語と漢文も紹介!

国破れて山河あり 類語

「栄枯盛衰」は「栄枯(えいこ)」と「盛衰(せいすい)」という二つの言葉が連結したつくりになっています。 「栄枯」とは元来は「草木が生え茂ったり、枯れたりすること」を表す言葉です。 これが転じて「人生や国が繁栄したり衰退したりするさま」を比喩した言い方になりました。 また「盛衰」は「栄えたり衰えたりすること」を示します。 古くは「じょうすい」とも読まれました。 このように「栄枯盛衰」は同じ意味の二つの言葉が重なった構成になっています。 すなわち、ある時には栄華を極め、またある時にはむなしく滅ぶといった人の世の有様やはかなさを強調し、「人は成功している時ほど謙虚であるべきだ」と戒める慣用表現だといえます。 この言葉は仏教の考え方がベースになっています。 仏教には、この世には「不変」「永久」なものは存在せず、万物は流転し変遷していくという世界観があります。 日本の古典にもこうした仏教の考え方が反映されたものが多く、「栄枯盛衰」もそれに基づく言い方です。

次の