酒蒸し ハマグリ。 ハマグリ/蛤/はまぐりの調理のポイントと料理 : 旬の魚介百科

【みんなが作ってる】 はまぐりの酒蒸し フライパンのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

酒蒸し ハマグリ

ハマグリが加熱しても開かない ハマグリを加熱しても口が開かない場合には、 貝が死んでいるか、貝の蝶番が壊れているなどが考えられます。 スーパーなどで並んでいる時点で死んでいる場合もあれば、 塩水の量が多すぎた砂抜きの為、死んでしまっている場合もあります。 また加熱のしたかにもよりますが、 ハマグリに早く火がとおってしまったものは開きません。 新鮮なハマグリを冷凍保存 冷凍して解凍した二枚貝は、もう口は開きませんので、 解凍せずに、凍ったまま調理します。 開かない貝は、包丁やナイフ・キッチンバサミなどで こじあけるくらいしかないと思います。 貝類は冷凍すると組織が壊れ死んでしまいますが、 うま味成分が表面に出てくるので、よりおいしいといいます。 見分ける方法 貝同士をぶつけてみて、ゴツゴツと鈍い音がしている場合や、 水洗いするさいに、貝の口がすでに半開きで閉じないものは、 死んでいますのであらかじめ取り除いておきましょう。 また、貝が死んでいないけど口が開かない場合は、 蝶番が壊れていたり、弱ってしまっていたりして、 貝自身の開こうとする力が弱くなっているので開きません。 そのときには、ナイフなどを差し込んでこじ開けてあげましょう。 貝が死んでいるか、 または生きているか、 判断が難しい場合には、食べないでおきましょう。 ベロが出てるハマグリ ベロが出て触っても引っ込まないハマグリは、 最初から無難に捨てましょう。 2枚貝は、貝毒が有りますから気を付けて下さいね、 貝にあたるとかなりきついですからね。 スポンサーリンク ハマグリの酒蒸し 基本 1. ハマグリを砂抜き、塩抜きなどの下ごしらえをしておく。 フライパンに油を強火で熱し、ハマグリを入れます。 日本酒を入れ、すぐ蓋をし弱火~中火にします。 ハマグリが、開いたら蓋を取り、醤油を回し入れます 5. 日本酒と醤油がハマグリに絡んだら完成です。 ハマグリの酒蒸し レンジ ハマグリの酒蒸しをレンジを使った簡単な作り方です。 ハマグリを砂抜き、塩抜きをして下ごしらえをしておきます。 耐熱皿にハマグリ、酒、醤油、塩こしょう、ニンニクスライスを入れ、ラップをして、レンジで2~3分加熱します。 お皿が熱いので気をつけて取り出し、汁を絡めて完成です。 ハマグリの酒蒸しアレンジレシピ 基本レシピに和風だしを加えてみると、 ハマグリの癖が無くなり、口当たりがよくなります。 和風だしも、できればだしの素ではなく、 昆布や鰹節からだしをとると、よりおいしくなります。 酒蒸しおつまみ シンプルな味付けに飽きてきたときには、 バターを加えて、バター醤油にしてみましょう。 ハマグリと一緒にキャベツなどの野菜や、 菜の花などの季節の野菜、きのこ類を入れると 日本酒やビールのおつまみにも相性もいいですね。 彩りも鮮やかになりますし、いつもとは違う風味になりますよ。 日本酒の変わりに白ワインを入れると、洋風酒蒸しができます。 味もガラっと変わって、パスタなどと相性がよいですよ。 濃厚酒蒸し 濃厚な味を楽しみたい方には、蒸したときに出るだしを しっかりとキャラメル色になるまで焦がさないよう煮詰めると、 ハマグリの旨みが凝縮されてとってもおいしいです。 にんじんや玉ねぎなどと一緒に味噌と牛乳を加えて、 煮込むとハマグリ独特の苦味が消えて食べやすくなりますので、 子供さんにもおすすめですよ。 中華風酒蒸し 基本のハマグリ酒蒸しレシピに、豆板醤を加えれば、 ピリ辛の中華風にもなります。 こちらはお酒のおつまみにもどうでしょうか? 最後の仕上げにごま油を加えると風味がよくなりますよ。 炒めた葱の香りも食欲をそそりますよ。 にんにくと生姜と葱は油に香りを移すため、 豆板醤は辛味を油に移すのと 独特の臭みを飛ばすために始めに炒めます。 さっぱり酒蒸し ハマグリをさっぱり食べたい方には、 ハーブとレモンを加えた、アジア風の酒蒸しがおすすめです。 そこに、鶏がらスープを加えて本格的なスープにしたり、 ライスヌードルを加えたりしてもいいですね。 酒蒸しをだし汁活用 また、蒸して残っただしを捨てるのは、もったいないですよね? そんなときは有効活用しましょう。 ハマグリからしっかりとだしが出ているので、 残っただしに素麺やうどんなどの麺類を入れるだけでも 充分おいしく食べられます。 そのままご飯を入れて雑炊にもできますし、 野菜や、きのこ、お米とだしでピラフもできます。 また、だしとハマグリの身をそのまま炊飯器に入れて、 炊き込みご飯にしてもおいしいですね。 学びとまとめ ハマグリは加熱しすぎると、身が小さくなったり、 かたくなったりしてしまいますので、 調理するときは様子を見ながら少しずつ加熱するようにしましょう。 また、酒蒸しだけでなく、お吸い物や、焼きはまぐり、お味噌汁など、 たくさん料理でハマグリは活躍してくれますので、 ぜひいろいろ試してみてくださいね。 【関連記事】 スポンサーリンク.

次の

はまぐりレシピ

酒蒸し ハマグリ

 ハマグリ その昔、貝といえばハマグリでした。 今じゃ純国産は希少品になってしまいました。 当然春の潮干狩りの頃が旬なんですが。 消えちまいましたね、旬が。 年中食べられて便利と言えば便利ですか。 ガキの頃が懐かしいです。 蛤の見分け方 蛤は手で持ってみて重みや厚さを感じるのが良い品ですね。 ハマグリ同士をぶつけてみてゴチゴチとにぶい音がするのは、死んでいる可能性があります、死貝は食べれませんので注意しましょう。 ハマグリは、輸入品を国内の浜に埋めてから出荷したりしてるんで、玄人でもない限り正確に見分けるのは無理ですが、国産(地ハマ)は模様でだいたい分ります。 黒い模様が帯状に入ってるのが国産か韓国産。 国産は白一色に近く、縞模様があまり無いです。 M字状の模様は中国産です。 国内で流通の大部分を占めるのが中国産です。 しかし地ハマに比べて身が薄いし加熱で固くなりやすい。 そこで店じゃジハマを使ってます。 国産です。  焼きハマグリ ハマグリを美味しく食べる調理は「焼きハマ」がトドメでしょう。 焼きあがったハマグリの旨い汁をすする時の気持ちはなんともいえません。 至福の瞬間です。 ハマグリの開き方 ところが普通に焼いてしまうと、加熱で口がパカッ。 開いたひょうしで汁がこぼれてしまいます。 そんな事にならない様に、下の写真の爪の部分(蝶番) ここを切り落としておきます。 こうして焼くと口が開きません。 汁も大丈夫って寸法です。 塩がカラカラになったらOKです。 盛りつける時も皿に塩を置き、そこに貝をおけば安定します。 ハマグリの酒蒸し ハマグリは、【焼きハマ】【ハマ吸い】が有名なんですけど、おいらは酒蒸しが好きなんで、蛤酒蒸しの紹介をします。 小粒のほうが柔らかいんで酒蒸し向いてます。 この料理の要は「火を通し過ぎないこと」です。

次の

【みんなが作ってる】 はまぐりの酒蒸し フライパンのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

酒蒸し ハマグリ

ハマグリが加熱しても開かない ハマグリを加熱しても口が開かない場合には、 貝が死んでいるか、貝の蝶番が壊れているなどが考えられます。 スーパーなどで並んでいる時点で死んでいる場合もあれば、 塩水の量が多すぎた砂抜きの為、死んでしまっている場合もあります。 また加熱のしたかにもよりますが、 ハマグリに早く火がとおってしまったものは開きません。 新鮮なハマグリを冷凍保存 冷凍して解凍した二枚貝は、もう口は開きませんので、 解凍せずに、凍ったまま調理します。 開かない貝は、包丁やナイフ・キッチンバサミなどで こじあけるくらいしかないと思います。 貝類は冷凍すると組織が壊れ死んでしまいますが、 うま味成分が表面に出てくるので、よりおいしいといいます。 見分ける方法 貝同士をぶつけてみて、ゴツゴツと鈍い音がしている場合や、 水洗いするさいに、貝の口がすでに半開きで閉じないものは、 死んでいますのであらかじめ取り除いておきましょう。 また、貝が死んでいないけど口が開かない場合は、 蝶番が壊れていたり、弱ってしまっていたりして、 貝自身の開こうとする力が弱くなっているので開きません。 そのときには、ナイフなどを差し込んでこじ開けてあげましょう。 貝が死んでいるか、 または生きているか、 判断が難しい場合には、食べないでおきましょう。 ベロが出てるハマグリ ベロが出て触っても引っ込まないハマグリは、 最初から無難に捨てましょう。 2枚貝は、貝毒が有りますから気を付けて下さいね、 貝にあたるとかなりきついですからね。 スポンサーリンク ハマグリの酒蒸し 基本 1. ハマグリを砂抜き、塩抜きなどの下ごしらえをしておく。 フライパンに油を強火で熱し、ハマグリを入れます。 日本酒を入れ、すぐ蓋をし弱火~中火にします。 ハマグリが、開いたら蓋を取り、醤油を回し入れます 5. 日本酒と醤油がハマグリに絡んだら完成です。 ハマグリの酒蒸し レンジ ハマグリの酒蒸しをレンジを使った簡単な作り方です。 ハマグリを砂抜き、塩抜きをして下ごしらえをしておきます。 耐熱皿にハマグリ、酒、醤油、塩こしょう、ニンニクスライスを入れ、ラップをして、レンジで2~3分加熱します。 お皿が熱いので気をつけて取り出し、汁を絡めて完成です。 ハマグリの酒蒸しアレンジレシピ 基本レシピに和風だしを加えてみると、 ハマグリの癖が無くなり、口当たりがよくなります。 和風だしも、できればだしの素ではなく、 昆布や鰹節からだしをとると、よりおいしくなります。 酒蒸しおつまみ シンプルな味付けに飽きてきたときには、 バターを加えて、バター醤油にしてみましょう。 ハマグリと一緒にキャベツなどの野菜や、 菜の花などの季節の野菜、きのこ類を入れると 日本酒やビールのおつまみにも相性もいいですね。 彩りも鮮やかになりますし、いつもとは違う風味になりますよ。 日本酒の変わりに白ワインを入れると、洋風酒蒸しができます。 味もガラっと変わって、パスタなどと相性がよいですよ。 濃厚酒蒸し 濃厚な味を楽しみたい方には、蒸したときに出るだしを しっかりとキャラメル色になるまで焦がさないよう煮詰めると、 ハマグリの旨みが凝縮されてとってもおいしいです。 にんじんや玉ねぎなどと一緒に味噌と牛乳を加えて、 煮込むとハマグリ独特の苦味が消えて食べやすくなりますので、 子供さんにもおすすめですよ。 中華風酒蒸し 基本のハマグリ酒蒸しレシピに、豆板醤を加えれば、 ピリ辛の中華風にもなります。 こちらはお酒のおつまみにもどうでしょうか? 最後の仕上げにごま油を加えると風味がよくなりますよ。 炒めた葱の香りも食欲をそそりますよ。 にんにくと生姜と葱は油に香りを移すため、 豆板醤は辛味を油に移すのと 独特の臭みを飛ばすために始めに炒めます。 さっぱり酒蒸し ハマグリをさっぱり食べたい方には、 ハーブとレモンを加えた、アジア風の酒蒸しがおすすめです。 そこに、鶏がらスープを加えて本格的なスープにしたり、 ライスヌードルを加えたりしてもいいですね。 酒蒸しをだし汁活用 また、蒸して残っただしを捨てるのは、もったいないですよね? そんなときは有効活用しましょう。 ハマグリからしっかりとだしが出ているので、 残っただしに素麺やうどんなどの麺類を入れるだけでも 充分おいしく食べられます。 そのままご飯を入れて雑炊にもできますし、 野菜や、きのこ、お米とだしでピラフもできます。 また、だしとハマグリの身をそのまま炊飯器に入れて、 炊き込みご飯にしてもおいしいですね。 学びとまとめ ハマグリは加熱しすぎると、身が小さくなったり、 かたくなったりしてしまいますので、 調理するときは様子を見ながら少しずつ加熱するようにしましょう。 また、酒蒸しだけでなく、お吸い物や、焼きはまぐり、お味噌汁など、 たくさん料理でハマグリは活躍してくれますので、 ぜひいろいろ試してみてくださいね。 【関連記事】 スポンサーリンク.

次の