緊急 事態 宣言 引っ越し。 新型コロナウィルスで緊急事態宣言・東京アラート発令!引っ越し・住み替えはやめるべき?キャンセル料は通常通りかかる? ‐ 不動産売却プラザ

緊急事態宣言 全国で解除を正式決定 政府対策本部

緊急 事態 宣言 引っ越し

対象区域となるのは、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県。 これにより、各都府県の知事は「緊急事態措置」として、住民に不要不急の外出自粛を要請することができるように。 また、学校の休校や、映画館、百貨店、ショッピングモールなどへの休業の要請、指示なども可能だ。 特措法に基づく緊急事態宣言は今回が初めて。 不動産業界への影響はどのようなものが想定されるのか。 東京都に取材し、不動産会社にも話を聞いた。 不動産会社に「休業要請」の可能性は? 6日夜には東京都の小池百合子知事が記者会見を開き、緊急事態宣言の発令後、どのような施設に休業要請などを行うのかなどについて触れた。 小池知事によると、対象となる施設を「 1. 基本的に休業を要請する施設」「 2. 施設の種別によって要請する施設」「 3. 社会生活を維持するうえで必要な施設」に分類。 それぞれに必要な対応を求めていくという。 2020年4月6日 東京都知事記者会見資料より。 具体的な施設の種類等については現在、国と調整中のため、変更の可能性あり そうなると気になるのが、不動産会社の店舗は上記3類型のうちどれに当たるのかという点だ。 楽待新聞編集部の取材に対し、都の担当者は「企業活動を止めていただきたいと言っているわけではない」と回答。 全体としてメールや電話を活用したテレワークの推進や、人と対面する場合にもできるだけ距離を開けるなどの工夫を求めた。 売買や管理を含めた不動産業についても同様との認識だが、一方で「例えば雑居ビルなどに店舗を構えている場合などで、その雑居ビルに対して施設の休業要請が行われた時には、(休業要請などの)適用となる可能性もある」(防災対策課)という。 詳細については現在国と調整している最中だが、「緊急事態措置の詳細を発表後に、自分たちの業態や店舗が対象となる可能性があるのか、多数の問い合わせが来てしまうことも想定している」と明かす。 「引っ越し」は不要不急の外出か 一方、不動産オーナーからすれば、今後入居予定だった入居者の「引っ越し」の扱いも気になるところだろう。 またこの4月以降に引っ越しを控え、すでに準備や荷造りなどを進めているという人もいるかもしれない。 かねてから「不要不急の外出」は自粛が求められており、緊急事態宣言の発令後は各都府県知事によりさらなる外出自粛要請が出ることも考えられる。 そうした中、「引っ越し」に伴う外出などについてはどのように考えるべきなのだろうか。 これについて前出の担当者は「ケースバイケースだが、例えばすでに前の住居引き払ってしまっているとなれば、日程変更は難しい。 そういうケースでは(引っ越しを)進めていただくしかない」と語り、「日程を動かしづらいかどうか、という点が1つの判断基準にしてほしい」と述べた。 不動産会社はどう受け止めているのか 緊急事態宣言の発令を控え、対象エリアの不動産会社はどのような備えをしているのか。 いくつかの会社に話を聞いた。 東京都で一都三県を中心に収益物件の売買仲介・賃貸管理を行っている不動産会社会社の営業担当Aさんは、「なるようにしかならない」と冷静に受け止めている。 「世の中の流れに合わせていくしかないと思っています。 東京都ではロックダウンのような措置は取らないようですが、世間のムードが『外に出るな』となればそれに従う。 今はやれることをやれる範囲でやるだけです」 一方、物件を預けているオーナーからは「緊急事態宣言が発令されたら管理業務はストップするのか」という問い合わせもいくつか受けているという。 これについては「万が一、本当に一切の外出を一切禁じられたとしたら、水道業者や電気関係の業者など、トラブル対応をしてくれている外注先の動きもすべて止まる。 そうなったらもうどうしようもできないでしょうね」と話した。 (楽待新聞編集部).

次の

緊急事態宣言 全国で解除を正式決定 政府対策本部

緊急 事態 宣言 引っ越し

新型コロナウィルスの影響により、約半分弱の方が春の引っ越し・住み替えをキャンセルしたようです。 ただ、いくらコロナが怖いといっても、引っ越しや住み替えは生活へ密接に関わるものですし、予算・タイミングもある訳で、出来れば予定通り実施したいという方が多いと思います。 今回は、コロナウィルス就職を待たないで引っ越し作業をしても良いのか、もともと引っ越し予定だった人は無償でキャンセルすることができるのかなどを徹底解説していきます。 現在、外出時には手洗い・うがいを徹底することが奨励されていますが、引っ越し・住み替えで様々な業者が衣類や雑貨に触れることで菌が付着したとしても、全てのものを消毒することはできません。 第三者からの感染を防ぎ、自分の身を守るという意味でも出来れば行動を控えるほうが良いでしょう。 都市部へ引っ越すことが逆にリスクになるかも 2020年4月6日現在、東京を中心に人口が密集しているエリアでの感染リスクが大きく懸念されています。 引っ越しをする方の半数以上は都市部など、より人口密度の高いエリアへの引っ越しを考えている訳ですから、引っ越しを控えることが逆に自分の身を守ることになるかもしれません。 住まいの購入を検討している方も、現在は材料や人員不足、工期の遅れなどが続出していますから、今購入しようと思っても、目標の期限までに引っ越せない可能性は高いと考えたほうが良いです。 物件購入の手続きならまだリスクは低い!ただし不要不急の外出が増える可能性も 不動産業の中でも、賃貸や売買は短期で完了する手続きなので、引っ越し・引き渡しせざるを得ないタイミングで状況がより悪化し、キャンセルせざるを得なくなる可能性も十分考えられます。 一方で、今から新築物件の新築申し込みなどをしても、完成するまで2、3年はかかりますから、それまでに収束している可能性が高いです。 そのため、新築の手続きを進めることは、他の不動産手続きに比べてリスクは低いという意見もあります。 ただ、注文住宅のイメージを形にするためには、担当業者と何度もやり取りをする必要があります。 この状況で来店する訳にもいかないので、オンラインによる対応などになる可能性はありますが、そうすると逆に依頼者側のイメージが十分伝わらないというリスクも考えられます。 どんなケースであれ、現段階での引っ越し・住み替え申し込み・手続きは控えたほうが良いことになりますね。 コロナウィルスが原因の住み替え・引っ越しキャンセルでも違約金はかかる?• 今後、コロナウィルスの感染拡大により引っ越し・住み替えが一切不可能になってしまったとしても、すでに契約している方はキャンセル料支払いの対象になる可能性が十分あります。 先がより読めなくなる前に、キャンセル等の対処は進めておいたほうが良いでしょう。 引っ越し・住み替えが延期できない場合のコロナウィルス感染防止対策 いくら国から外出自粛のアナウンスがされているとはいえ、都合上、引っ越しや住み替えが回避できない人も多いと思います。 そうした方は、少しでも感染のリスクを下げる工夫をして、安全に手続きを進めていきましょう。 ここからは、すぐにできる対処法を紹介していきます。 できるだけ最寄りの不動産屋を利用する ネットや友人の口コミでおすすめされている都市部の不動産屋に来店を考えている方も多いと思いますが、現段階で移動の距離を増やすのは危険です。 実は売り出し物件や賃貸物件は全てレインズという正規業者専用のデータベースに登録されており、不動産屋はそこからおすすめ物件を紹介しています。 自社で建築した物件などは紹介のスピードが多少早いといったことはありますが、同じデータベースを参考にしている以上、紹介してもらえる物件の質・数に違いはほとんどありません。 つまり、最寄りの不動産会社でも引っ越しを検討している他県の物件情報は十分確認することが出来るのです。 対応などに差が出る可能性も十分ありますが、感染防止に備えてまずは周辺の不動産に相談することをおすすめします。 内覧はできるだけ避けたほうが良い 引っ越しをする際に付き物なのが内覧ですが、このご時勢は出来るだけ避けることをおすすめします。 不動産会社の中には成約を積極的に進めるため、前のめりで内覧に連れて行こうとするケースもあるかと思いますが、担当者に写真を撮ってきてもらうといった代替案で済ませるのが良いでしょう。 近年ではVR内覧を導入している不動産屋も多くあるので、そちらを活用するのもおすすめです。 引っ越し見積もりには便利なアプリ・ツールを使う 引っ越し見積もりの際は、業者が一旦訪問して荷物のチェックをするので、感染リスクが増えてしまいます。 しかし現在は部屋の写真などを撮るだけで見積もりをしてくれるアプリもリリースされているので、こうしたものを活用するのがおすすめです。 コロナウィルス収束前の住み替え・引っ越しは接触を減らすか0にすることが大切 ここまで、コロナウィルス感染に備えた住み替え・引っ越しの注意点を紹介しましたが、最も重要なのは、不動産会社や引っ越し業者など、第三者との接触をできるだけ減らすことです。 東日本大震災の時とは違い、コロナウィルスは日本全国で感染者が発生しており、どこに引っ越せば逃げられるというものではありません。 自分の身を守る、人に感染させないよう徹底することが大切です。

次の

緊急事態宣言延長へ?今転勤はできる?引っ越し業者はどうすればいい?

緊急 事態 宣言 引っ越し

調査サマリー 1. さらに「緊急事態宣言発令後に引越し依頼件数に変化はあったか」という質問に対し、90%が「減少した」と答えた。 「緊急事態宣言」発令後の引越し会社の対応状況 現時点では、多くの会社が引越しの見積もりや作業を請け負っている状況。 中には、見積もりをオンラインや動画で実施する予定という会社も見られた。 キャンセル料については、「標準引越運送約款」を原則としながら、何らかの緩和措置を取っている会社が40%だった。 新型コロナウイルスの影響で、春の引越しは大幅減少 1-1. 1-2. 1-3. 「緊急事態宣言」発令後の引越し会社の対応状況 2-1. 引越し見積もりや作業の依頼は出来るのか 今回調査を実施した10社は、現時点では、すべての会社で「引越しの見積もりができる」「引越し作業を請け負える」という回答でした。 そして、対面での接触が発生する「訪問見積もり」について、一部の会社では「基本的にはネット予約で対応」や「お客様のために訪問を控え、電話と動画での見積もりを実施予定」という回答も見られました。 また、引越し作業時には接触リスクが高いため、すべての会社が「マスク着用」「アルコール除菌」「手洗いうがい」「検温」など何かしらの予防対策を実施していることもわかりました。 2-2. 「緊急事態宣言」発令により引越しのキャンセル料金に影響はあるのか 引越しのキャンセル料金は、国土交通省の「標準引越運送約款」によって定められており、引越し日の2日前からキャンセル料金が発生します。 (参考:) 今回の調査結果では、現在の情勢に鑑みて40%の会社が緩和措置を講じているということがわかりました。 しかし、原則は「標準引越運送約款」の規定通りであるため、万が一、延期やキャンセルが発生した場合には、早めに契約している引越し会社へ連絡いただくことをお勧めします。 【『引越し侍』について】 引越し情報を入力するだけで、全国290社以上(2020年4月現在)の引越し会社の中から、お客様の条件にあわせて、料金やサービス、クチコミを簡単に比較し、引越し会社を予約したり、一括で最大10社に見積もりの依頼ができるWebサイトです。 引越し会社に、予約・見積もり依頼ができるのはもちろん、海外への引越しやオフィスの引越し、転勤に伴う引越し、ピアノの引越し、ピアノの売却などをサポートするサービスもございます。 今後も、引越しをお得&お手軽に実施するためのサービス拡充を目指してまいります。

次の