白っぽい ウンチ。 ロタウイルス感染症かも…白い下痢・うんちに赤ちゃん幼児は要注意!

赤ちゃんのウンチの色が黒や白っぽいときは病気!?どうしたらいいの?

白っぽい ウンチ

感染性胃腸炎の原因となるウイルスはたくさんありますが、小さい子どもで重症の下痢が見られた場合には、その多くはロタウイルスが原因であると言われています。 白っぽい下痢も特徴となり、発展途上国では、ロタウイルスが原因で死亡する子どもも多いと言われています。 今回は、ロタウイルスの症状とその原因について解説します。 ロタウイルスは、大きさが70nm(ナノメートル)程度で、車輪のような形をしています(ちなみに、ノロウイルスは30-40nm程度です)。 非常に感染力の強いウイルスです。 ロタウイルスへの感染は、 免疫力が低い小児で多く見られます。 だいたい 6か月から2歳くらいの子どもに見られ、 3月から5月にかけて 発症することが多いと報告されています。 5歳までにで入院する子どもの中で、約半分はロタウイルスが原因です。 ロタウイルス 感染症は様々な呼ばれ方がありますが、冬季嘔吐症、白色便性下痢症、嘔吐下痢症、小児仮性、白痢とも呼ばれることがあります。 特徴的なロタウイルスの症状は、以下の通りです。 激しい嘔吐、下痢• 白っぽい下痢便(白い水様便) 激しい嘔吐や下痢は、ノロウイルスでも見られますが、ノロウイルスによく感染する時期とは少しずれます。 白い下痢が見られる理由は、ウイルスの影響で胆汁が出ないためと言われています。 「 下痢が白い・・」と思ったら、少し注意する必要があります。 これらの症状に加えて、微熱が見られる場合もあります。 また、 合併症として、下痢や嘔吐による脱水や下痢によるお尻のただれなども挙げられます。 通常ですと、嘔吐は1-2日、下痢は7日間程度で治ります。 それでは、もしロタウイルスに感染していた場合、何をすれば良いでしょうか?ロタウイルスの対処方法を解説します。 そのため、基本的には 脱水への 対症療法が主な治療となります。 また、下痢を止めるために薬を使用することがありますが、 逆効果になる可能性が高いので注意が必要です。 下痢により、水分だけではなく 電解質(カリウムやナトリウムなど)も同時に失われます。 子どもには、少し温めたミルクや電解質が含まれた水(イオン水)などを少しずつ飲ませてあげましょう。 もし、飲んでもすぐに吐いてしまったり、どうしても水分を取れない場合は、小児科を受診してください。 水分が取れない時は、点滴で対応する必要があります。 脱水は、命にも関わる危険な症状ですので、注意が必要です。 適切な汚物処理としては、オムツの交換時にゴム手袋(使い捨て)の装着を徹底し、処理後の手洗いをしっかりしてください。 また衣類など、便や嘔吐が付着した可能性があるものについては、ロタウイルスに対して アルコール消毒の効き目がほとんどないため注意が必要です。 しっかりと水洗いをすることがもっとも重要ですが、場合によっては次亜塩素酸ナトリウムで消毒し、他の衣類などとは分けて洗濯する必要があります。 また、下痢などの症状が治るまでは、保育園などには預けないようにしましょう。 子ども同士の感染により、集団感染につながる可能性があるためです。 ロタウイルスは、赤ちゃんは任意で ワクチン接種を受けることができますので、詳しくはお近くの医療機関にご相談ください。 嘔吐や白っぽい下痢、さらに脱水などが起こりうるロタウイルスへの感染。 大人が気をつけてあげられることも多いと思います。 感染予防に努め、もし感染してしまって水分を取れない場合は、お近くの小児科を受診してください。

次の

【うんちの色と形】赤・白・灰色・黒・緑の健康状態

白っぽい ウンチ

うんちの色編 うんちの色は病気を知らせてくれるサインです。 一般的には黄褐色ですが、緑色のうんちが出る赤ちゃんも。 要注意は赤・白っぽい色(うすい黄色、クリーム色、灰白色を含む)・黒色のうんち。 おむつ替えのときにしっかりチェックしましょう。 健康なうんちでも十人十色 赤ちゃんのうんちは、水っぽいものから硬いものまでさまざまです。 色も食べた物によって変化します。 緑色の便は、胆汁が酸化したことが原因なので、異常ではありません。 母乳やミルクのころなら白い粒がまじることも。 これも、脂肪やカルシウムが消化されずに出てきたものです。 (も参考にしてね) 要注意は赤・白っぽい色(うすい黄色、クリーム色、灰白色を含む)・黒のうんち 食中毒はサルモネラ菌、ビブリオ菌、ボツリヌス菌、ブドウ球菌、キャンピロバクター、大腸菌(特にO-157)などの細菌が原因でおこる腸管の炎症です。 なってからより、予防が大切です。 食品は加熱する• 調理前にはよく手を洗う• 調理器具は清潔にする この3点が基本です。 火を通さない食品は赤ちゃんには与えないようにしましょう。 受診時のアドバイス 食中毒が疑われるときは、便のついたおむつを持っていきましょう。 便を調べることで原因の菌が特定でき、対処法もわかります。 うんちの色がおかしいときに考えられる病気 赤いうんち 10〜15分おきに泣く。 早期の治療が大切です。 食物繊維の多い食べ物やマッサージでケアを。 細菌の種類によって、症状や程度が違います。 おう吐を繰り返し、激しい下痢があるときはすぐに病院へ。 白っぽいうんち 灰白色や、うすい黄色、クリーム色のうんち。 原因はよくわかっていません早期発見が第一です。 便を介して口から感染するので、おむつ交換のときは、しっかり石鹸で手洗いを。

次の

白い便の原因 — みんな健康

白っぽい ウンチ

子供のウンチが白い?通常便とのあきらかな違いはある? 白いウンチと言っても、どのくらいまでは大丈夫なのか、本当に真っ白なのか、判断が難しいところですよね。 子供のウンチの理想的な色は、黄金色・黄土色です。 つまり、黄色〜茶色の範囲であれば、問題ないということになります。 ここで言う「白いウンチ」とは、本当に真っ白かクリーム色のことを言います。 うす茶色のような、カフェオレのような色は、一般的には通常の下痢と見て大丈夫です。 ただ、赤ちゃんだったり、まだ小さい子であれば、脱水症状になる場合があるので、下痢が続くようなら、早めに病院を受診してみた方が良いかもしれませんね。 「白いウンチ」と普通の便とは、見てすぐ分かるくらい、色がはっきりと違います。 ですが、一部だけ白かったり、1日のうちでも、そのときによって違ったりすることも考えられます。 基本的に、白はもちろん、赤や黒のウンチの場合は、何かしらの病気の可能性もあるので、一度病院を受診するのが、間違いないでしょう。 子供のウンチが白いときに考えられる原因とは ウンチはなぜ白くなるのでしょうか。 それは、体の臓器の1つである、胆のうから出る胆汁が、なんらかの理由でウンチに行き届かなくなることで、白くなるのです。 胆汁とは、「脂肪を消化するために必要な、緑色の液体」のことで、通常はこれが正常に分泌されて、ウンチが黄土色や茶色になります。 胆汁が行き届かない理由として考えられることは• 胆汁の分泌が追いつかない• 胆汁が通る道が詰まっている• 胆汁が出なくなっている このような理由で、ウンチに胆汁が行き届かなくなります。 上記のようなことが起こる原因には、簡単にあげると、以下のものがあります。 乳製品を多く摂取したり、脂肪分の多いものを摂取したときの消化不良• 胆道閉鎖症• 胆石や胆のう炎など、他の病気• ロタウイルスなどの、ウイルス感染 まず、乳製品や牛乳を、多く食べたり飲んだりすると、ウンチが白くなったり、通常のウンチに白いものが混ざったりします。 ときには、下痢や軟便になることもあるので、摂取する量を少なくしたり、何か料理に加えるなどして、調整してみてください。 脂肪分の多い食事も、同じくウンチが白っぽくなることがあります。 消化不良によるものですが、この場合はウンチ自体が脂っぽくなったりするので、分かりやすいかもしれませんね。 どちらの場合も、症状が重篤になる病気の可能性もあるので、1回とかでなく、長く続くようであれば、すぐ病院を受診して下さい。 つぎに、胆道閉鎖症ですが、これは生まれつきか生まれてすぐ、胆汁の通り道が塞がれてしまい、胆汁が出なくなる病気です。 症状としては、白や灰色のウンチが出たり、黄疸になったりします。 すぐに専門の先生による診察・治療が必要になりますので、赤ちゃんの白いウンチには、とくに気をつけなければなりませんね。 そして、子供には稀かもしれませんが、他の病気によるものも考えられます。 白いウンチに加えて、黄疸や、下痢、嘔吐、腹痛など、ウイルス感染にも似た症状ですが、注意が必要ですので、気になったらすぐ病院へ行ってください。 ウイルス感染については、次に詳しくご紹介しますね。 ロタウイルスの症状と対処法は 白いウンチと聞くと、一番はじめに考えるのがロタウイルスなどのウイルス感染ではないでしょうか。 ロタウイルスに感染すると、ウイルスの影響や、激しい下痢や嘔吐によって、胆汁の分泌が追いつかなくなるために、ウンチが白くなります。 冬に流行するロタウイルスは、とても感染力が強い、感染性胃腸炎の一つで、経口感染でうつります。 症状としては、白いウンチは特徴的ですが、発熱、嘔吐、下痢、腹痛、鼻水がみられ、約一週間〜二週間で自然に治るとされています。 予防接種で重症化を防ぐことはできますが、効果的な抗ウイルス剤はないので、対処療法になります。 3〜4日の潜伏期間を経て、症状が出てきますが、ウイルスを体外へ出してしまわないと回復しないため、病院でも無理に下痢止めなどは処方しないでしょう。 白いウンチではなくなり、下痢や嘔吐が治っても、排泄物にはまだウイルスが含まれています。 また、子供の嘔吐物や、オムツを処理する場合もですが、とくに気をつけて下さいね。 一般的には、家庭用の塩素系漂白剤を薄めて消毒をすると良いみたいですよ。 また、脱水症状になるのがとても怖いので、子供がぐったりしていたら、経口補水液がおすすめです。 ただ、小さい子供の場合は、味が嫌で飲まない可能性もあるので、ぐったりしていたら、まず病院が一番ですね。 まとめ 子供のウンチが、急に白かったりすると、とても驚きますが、原因や対処の仕方を知っているだけで、落ち着いて行動することができますよね。 いろいろな原因はありますが、何にせよ、体の肝臓周辺の機能が低下していることで起こる症状ですので、まずは専門の先生に診てもらうのが一番です。 あとは、家での対処をしっかり行いましょう。 家に帰ってきたら、手洗いうがいをしっかり行うだけでも、ウイルスや胃腸炎の予防になります。 食べ物による消化不良は、普段の食事を見直すことでも、影響はあるかと思います。 子供も大人も、ウンチは体調の変化を教えてくれる、大事なものなので、普段から色には気をつけてみて下さい。 赤ちゃんや、小さい子供が病院を受診する場合は、ウンチの入ったオムツを持って行ったり、写真を撮っていって見せるのが、口で説明するよりも分かりやすいですし、先生も判断がしやすいですよ。

次の