ユースケ サンタ マリア ドクター x。 ドクターX 〜外科医・大門未知子〜(2019) 1話 感想|医療ドラマで最新技術が勝った試しナシ。

『ドクターX 第6シリーズ』10話(最終回)のネタバレ感想!ベンケーシーのサンタコス姿が可愛すぎた!

ユースケ サンタ マリア ドクター x

()との。 この節のが望まれています。 100歳まで生きそうな人「100生きさん」 改題後は「楽し民」に呼称変更 の独特なライフスタイルから長寿のヒントを得る健康バラエティ。 レギュラー化以前、「100まで生きるつもりです」のタイトルで2018年5月3日、10日に「」枠内で、また同年6月29日に単発特番が放送された。 2019年4月6日からは毎週土曜日午前11:10 - 11:40に枠移動し、番組名を『 100まで楽しむつもりです』(ひゃくまでたのしむつもりです)に改題し、のが加わった。 2019年9月28日をもって放送を終了した。 出演 [ ]• () 過去の出演者 [ ]• ナレーション:、木村美穂()• TM:高田格• TD:廣瀬義幸• 美術:森崎愛美(以前はデザイン)• 美術進行:仲田幸正• 大道具:作田慎之介• 小道具:塚谷将朗• タイトル・CG:川口祐志郎• メイク:池田真希、福山宏美 川口カツラ店• スタイリスト:髙村純子、横田大樹、瀧本景子、田中佐絵子• 編集:五十嵐剛輝• MA:渡邊剛盛• 音効:佐藤卓嗣• 編成:沼田真明、秋谷祥加(共にテレビ朝日)• 宣伝:西田沙希(テレビ朝日)• デスク:永野智子• 技術協力:JUNE SEP• リサーチ:近藤雄亮、鈴木遼、ひろし、山崎暁子、山田勇、佐々木健介• アシスタントディレクター:大出俊博、荒川貴洋、大友淳、マリク紗世武、村上直人、丸山由衣、橋場優香、井上輝心• アシスタントプロデューサー:辻美子、田村奈津季• 制作進行:北浦美優• 監修:飯山直樹(ケイマックス)• 演出:近藤大輔• プロデューサー:荻野健太郎・澤田晋(共にテレビ朝日)、菊池貴也(ケイマックス)、須藤勝・山下浩一(共にビー・ブレーン)• ゼネラルプロデューサー:(テレビ朝日)• 制作協力:、• 制作著作:テレビ朝日 過去のスタッフ• 美術:小山晃弘• 編成:三浦靖雄、岩井健太郎(共にテレビ朝日)• アシスタントプロデューサー:門池真希• ディレクター:塚田正道、西田法明 脚注 [ ]• お笑いナタリー 2018年10月2日. 2018年12月18日閲覧。 お笑いナタリー ナターシャ. 2019年3月12日. 2019年4月12日閲覧。 2018年12月いっぱいは同時ネット、2019年1月より不定期ネットに変更。 2019年4月15日(14日深夜)の第19回(テレビ朝日2019年3月5日(4日深夜)放送分)をもって打ち切り、電子番組表には [終]と記載。 (2019年9月2日閲覧) 外部リンク [ ]• - 公式サイト• - 公式サイト• EstaesMAYA! 地球体感テレビDトリップ• (月・火曜日の第1部の前)• (・以外の金曜版第1部時間帯)• (関西での第1部時間帯)• (関西での金曜版第1部時間帯)• ドラマランド11• (金曜版の第2部時間帯)• (金曜版の第3部時間帯)• (金曜版の第3部時間帯)• (第1部と第2部の間)• (第2部・第3部時間帯)• (第4部の前、土曜未明のみ4部時間帯終了後、毎月最終金曜日の翌日未明は放送なし)• (毎月最終最終金曜の翌日未明の金曜版の第4部時間帯)• (毎月金曜金曜日の翌日未明・早朝の金曜版の第4部時間帯以降)• (新作のみでの水曜版第1部時間帯、それ以外は「Classic」として水曜版第2部時間帯に放送)• (北海道テレビ)• (での第2部時間帯) 関連項目.

次の

ドクターX 2019 第8話 外科医 中山麻理亜の手術の腕

ユースケ サンタ マリア ドクター x

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 が不足しています。 の記事は特に、を満たしている必要があります。 ( 2011年2月)• が含まれているおそれがあります。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年1月) 九州時代の仲間「Z-BACK」のVo:時正を頼って上京し、ラテンロックバンド「 」のヴォーカル・司会として加入。 音楽はCMにも起用された。 当時から人を惹きつけるパフォーマンスや司会の仕切りは上手かった。 BINGO BONGOでデビューを果たした中、の番組『』に単独で出演。 番組開始前にマネージャーから同局の『』の司会だと聞かされていたが、制作会社に行ってみたら番組名も違い、そこはオーディション会場でマネージャーの勘違いが発覚。 制作会社の人に「『アジアNビート』という新番組が始まりました。 君が映りました。 どうする!? 」と言われ、すかさず「アジア〜ン ビ〜ト〜! 」と叫んだところ、オーディションに合格し、2年間出演した。 その後、でのとコンビで、生放送の2時間番組『』の司会を務める(1995年4月 - 1997年3月)。 放送開始当時、全くの無名だった2人は「捨てる物なし、怖いものなし」精神で、渋谷のオープンスタジオを気軽に抜けて街中をアポなし中継する等、現在の2人の知名度を思えば考えられない大らかな番組だったが、ウルフルズのシングル「」がブレイクするや否やトータスの人気が急上昇した。 番組も徐々に知られるようになると、渋谷から六本木のスペースシャワー局内へ中継場所を変更し、加えてウルフルズのライヴツアーの都合上、生放送できずに収録となる週も増えていった。 トータスが多忙、ユースケが暇という状態が続き、ユースケがクサることも。 トータスはそんなユースケを気遣いつつ見守る。 ドラゴン収録も兼ねて、ユースケがウルフルズのライヴツアーに同行し、舞台に飛び入り参加したこともあって、当時メンバーから「ウルフルズ第五のメンバー」と冗談交じりに呼ばれていた。 番組終了間近はちょうど『』の収録が佳境であり、刑事ものの『踊る大捜査線』に因んで、2人で警官コスプレ姿のまま放送した週もあった(BINGO BONGOは、この時期に解散している)。 この番組での共演がきっかけで、ウルフルズのアルバム『』に収録されている「ダメなものはダメ」に間奏の語りで参加している。 CMでのとの音楽ユニット「 」や、系『』で共演した・トータス松本との音楽ユニット「 」でも知名度を上げ始める。 の深夜番組『』に出演してコントをやっていたところを、『』のキャスティングで頭を悩ませていたプロデューサーのが観ていて「一度会ってみたい」ということになり、その結果、同作に出演。 役者・タレントとして確固たる地位を築いた。 『VIDEO JAM』では、ユースケ個人のコーナーがあり、主にユースケの女好きっぷりといい加減、ハイテンション一人喋りをフィーチャーしたコーナーだった。 BINGO BONGOファン以外にもユースケ個人の人気が出始めていた頃で、このコーナーでもBINGO BONGOのライブ映像が流されていた。 後にこのコーナーで自身が参加していた劇団のパフォーマンスもスタジオ脇ロケで披露された。 1998年、(放送開始当時、メンバー)と共演のテレビ朝日の深夜番組『』が放送開始。 テレビ番組としての流れや段取りをほとんど無視した、自由さを前面に出したバラエティ番組で、2018年3月まで約20年間放送された。 2000年代 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年1月) 2000年、フジテレビ系で放送されたドラマ『』で連続ドラマ初主演を果たす。 同年にはのとともに、同じくフジテレビで音楽バラエティ番組『』が放送開始。 同番組のオープニングサウンドステッカー『MUSIC TIGER』に合いの手で参加した。 翌2001年に完結し、その後は『』等スペシャル番組で復活している。 この番組の共演から、のソロシングル『』のPVにも友情出演している。 桑田から誕生日祝いにサーフボードをもらったが、ユースケはサーフィンをやらないため、自宅ベランダに放置している。 2002年、のシングル曲『恋の歌謡日』に最初の語りで参加。 これはボツとなり一度だけ『』内でオンエアーされただけであり、ファンの中でもほぼとされている。 同年ドラマ『』で主演を務め、「の役で、小学校低学年の知能を持つ成人が脳手術を受けたことにより徐々に知能が上がり、それにより日を追うごとに変わっていく言動や心の揺れを演じ分ける」という難役を演じた。 2003年には、初の主演ミュージカル『Don't trust over 30』が公演された。 2004年2月 - 3月、体調不良により仕事を休業。 番組にはワンショットのみ映る、といった不自然な出演が続く。 顔はガリガリにこけ、不調の理由も明らかにされなかったことから、一時重病説が横行したが、後にウェブサイト「文春オンライン」のインタビューで、精神面での疲労から来る体調不良で悩んでいた時期だった事を語っている。 ドラマ『』にて本格的に仕事復帰。 同年年末放送のスペースシャワー開局15周年番組『スペシャ15祭! 夢の青白歌合戦』に司会で登場、トータス松本と警官コスプレ姿で、ユニットの唯一のオリジナル曲「テクノロジーオヴラヴ 〜名古屋まで2km〜」を披露。 2005年公開の映画『』では映画初主演を果たし、興行成績43億と同年実写映画No. 1となり、同映画で第29回優秀主演男優賞を受賞した(授賞式は翌年2006年3月に行われた)。 夏には、主演を務める舞台『姫が愛したダニ小僧〜Princess and Danny Boy〜』が上演された。 2006年、春クールドラマ『』にて、当時『「ぷっ」すま』でコンビを組んでいた草彅とドラマでの初共演を果たした。 この出演はである。 夏には主演2作目の映画『』が上映され、冬には出演映画『』が上映された。 2007年、1月クールの『』(フジテレビ系列)にて、3年ぶりのドラマ主演を務めた。 6月には、脚本に惚れ込み出演したワンシチュエーション・サスペンス映画『』が上映された。 年末には新設される劇場でのこけら落とし公演「恐れを知らぬ川上音二郎一座」の座長を務めた。 2008年、1月クールに初主演ドラマ『』に出演し、今まで多かった善人役とは違うキャラクターを演じた。 ドラマのオファーを受けた時は、約2か月に渡る長丁場の舞台に出演しており、スケジュールの関係でドラマ出演を決め兼ねていたところへ、小栗本人から直接メールをもらったため、最終的に出演オファーを受けたというエピソードが後に、2人の雑誌対談で語られた。 8月下旬には、自身が初監督を務めたショートフィルム『R246 STORY-弁当夫婦-』が公開された。 10月には、郷里である大分県で開催された開会式の司会を務めた。 2009年、1月末に『 -第2章- 最後の希望』、2月に『』、5月に『』と、出演映画が立て続けに公開された。 4月から復活した『桑田佳祐の音楽寅さん』に桑田と共にレギュラー出演した。 ドラマでは、『』第4シリーズに医局長・澤井悦司役で出演。 クールなエリート医師という、バラエティ番組などで見せる顔とは180度異なる役どころを演じた。 2009年年末から2010年年始にかけて、Bunkamura20周年記念企画としてシアターコクーンにて上演された舞台『東京月光魔曲』に出演した。 2010年代 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年1月) 2010年、年始めから7年ぶりに復活した人気シリーズ『』の撮影が始まり、7月3日に映画が公開された。 自身としても『』以来、5年ぶりに役を演じた。 春から初夏にかけて撮影された映画『』には、教師役の野口孝吉として出演した。 2011年、冬クールドラマ『』では『踊る大捜査線』作品以外で刑事役で出演。 同年3月からWOWOWで放送された社会派ドラマ『』では、と共に臓器移植コーディネーターを好演。 4月に劇団ハイバイの人気作「て」のリニューアル版として、で上演される「その族の名は『家族』」に主演し、母親役に挑戦した。 また、夏クールのフジテレビドラマ『』では、全編を通しての黒幕である木幡雄一を見事に演じ、ドラマの終盤から登場し、物語を最高潮に盛り上げた。 さらに、NHKの冬クールドラマ10の『』では、妻に暴力を振う夫を演じ、年間を通して4本のドラマに出演することになる。 2012年、東京赤坂ACTシアターおよび大阪森ノ宮ピロティホールで上演されたブロードウェイミュージカル『』に主演。 二度目のミュージカル出演であり、9年ぶりに舞台で歌とダンスを披露し、好評を得た。 2013年、フジテレビ日曜21時枠の『』に出演。 この作品後、フジテレビは日曜20時のドラマ枠を廃止した。 6月にはスペシャルドラマ『』に出演した。 『ガリレオ』シリーズの人気キャラクターである内海薫を翻弄する上念研一役を好演した。 同じく6月には、映画監督・生誕100年プロジェクトの一つとして製作された映画『』が公開された。 ユースケは、恵介の兄である木下敏三として同映画に出演した。 7月からは舞台『』に出演し、東京と大阪で舞台公演を行った。 2014年3月に、テレビ朝日開局55周年記念スペシャルドラマ『』(主演)に、本位田又八役で出演した。 4月からNHKの音楽番組『』にレギュラーMCとして加わり、久々に音楽番組の司会を務めることとなった。 2月には声優として参加した、一般社団法人日本音楽事業者協会50周年記念作品であるアニメ映画『』が公開された。 2015年1月、SMAP主演の人気シリーズ『』のスペシャルドラマ『』に、主人公のライバル役として出演した。 この作品を以て、SMAP5人全員とドラマ共演を果たした。 3月からはミュージカル『』が再演され、再びキングアーサー役を務めた。 私生活 [ ] 元OLで2歳年上の一般人女性と、広島・東京間の遠距離交際6年と同棲7年の計13年の交際期間を経て、2004年5月18日に結婚。 10年間の別居期間を経て2018年6月に離婚し、「にどうしても持ち越したくない」として翌2019年4月に離婚を公表した。 エピソード [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年1月) 下積時代にB'zのライヴ会場でグッズ売り場のアルバイトをしていた。 BINGO BONGO時代にライブのチケットをのにアポ無しの体当たりで手渡ししたことがある。 稲葉はライブを見に来た。 また、B'zファンとして『』のB'z特番の司会担当でDJを務めた。 NUTTIES時代、と同じライヴハウスで対バンしたこともある。 『音楽寅さん』で共演したとも親しく、番組内では桑田のことを「桑っちょ」と呼んでいた。 桑田のに参加した際に、適当に叫んだりしているだけでOKが出て、「こんなことで喜んでくれるのは桑田さんとBINGO BONGOのリーダーだけですよ」と話していた。 桑田もユースケの事を「力強い仲間というか、音楽人として、いいイメージがあるんですよ。 唯一無二のアドリブが得意だし(笑)、瞬発力もある。 彼のおかげで本当に大きな刺激となりました」と評している。 40歳を過ぎてから『』のファンになった。 きっかけは、ユースケ曰く、音楽専門チャンネルで『』のPVを見て今までにないアイドルのカッコ良さを感じたとのこと。 中でもが推しメンである。 『『ぷっ』すま』でも草彅にモーニング娘。 の良さを力説するも、あまりのはまりっぷりに草彅も唖然としていた。 ついには、2013年5月6日にで行われた『モーニング娘。 』の単独コンサートにも参戦している。 人物 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年1月) の由来は、ラテンミュージシャンの にあやかったもの。 ユースケ曰く、地味なルックスだったため、名前は派手で目立つものを、と考えたとのこと。 BINGO BONGOのCDのブックレットには「ゆうすけサンタマリア」、『夕陽のドラゴン』のテロップでは「ユウスケサンタマリア」と表記されていた。 当初は「ユースケ サンタマリア」という表記だった芸名を、『笑っていいとも!』の過去にあったコーナーにおいて師のに『「」を付記するとこれから仕事の運気が上がりますよ』とアドバイスされたため、「ユースケ・サンタマリア」に変更。 占いが当ったかは分からないが、実際にこれ以降ドラマの主役やメインキャラクターで出演、バラエティでも司会をすることが増えた。 それ以降、芸名は「 ユースケサンタマリア」でも間違いと主張。 のラジオ、テレビ欄は基本的に1行につき10文字表記なので、「ユースケサンタマリア」と表記せざるを得ず、一部紙では単に「ユースケ」と表記されることもある。 「裕介」が本名としているが、BINGO BONGO所属時には「さんの"祐"って書いて"祐介"、だから"スケスケ"とも読める」と発言している。 また、の 「」のコーナー『B-Rap High School』では、というユースケ・サンタマリアをもじった芸人が登場した。 出演 [ ] バラエティ番組 [ ] レギュラー [ ]• (2020年4月2日 - 、) - MC• SPACE SHOWER MUSIC AWARDS(2017年3月7日、) - 司会 過去 [ ]• ロケットTV()• (1995年4月 - 1997年3月、スペースシャワーTV) - 司会• (スペースシャワーTV)• 電リク野郎ELVIS(スペースシャワーTV)• アジアNビート()• 真夜中の王国• (1998年4月 - 2000年3月、フジテレビ)• (1998年10月5日 - 2018年3月31日、)• P-STOCK(フジテレビ)• (1997年10月1日 - 1999年3月27日、) - 中山裕介 役• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• 空気3000(スペースシャワーTV)• いま何待ち? (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ) - 講師(MC)• (2005年1月16日 - 2006年9月10日)• (2006年10月15日 - 2011年3月20日)• (2011年4月17日 - 9月11日)• お宝THEプレミアム(フジテレビ)• (フジテレビ)• (2012年1月11日 - 2016年6月30日、)• (2014年4月6日 - 2016年4月3日、)• (2018年1月21日 - 4月1日、) - セカンドシーズン のMCを担当• (2016年7月27日 - 2018年10月10日、)• (2018年10月 - 2019年3月、テレビ朝日)• (2019年3月 - 2019年9月、テレビ朝日)• (2012年10月26日 - 2020年3月23日、テレビ東京) - MC ラジオ [ ]• (1996年10月 - 1997年3月、)• ユースケ・サンタマリアのGEORGIA Cafe(1997年4月 - 1998年3月、・・)• (1997年4月 - 2001年3月、TBSラジオ) テレビドラマ [ ] 連続ドラマ [ ]• 正義のサラリーマン(1995年、日本テレビ)• (1997年1月7日 - 3月18日、フジテレビ) - 役• (1998年7月22日 - 8月19日、) - 高杉雅人 役• (1998年10月8日 - 12月24日、フジテレビ) - 中嶋敬太 役• (1999年7月5日 - 9月20日、フジテレビ) - 中西リュウ太 役• (2000年1月11日 - 3月21日、フジテレビ) - 広瀬光太郎 役• (2000年7月4日 - 9月19日、) - 主演・花村大介 役• (2001年1月10日 - 3月21日、フジテレビ) - 鈴木善行 役• (2001年10月9日 - 12月18日、フジテレビ) - 加藤賢 役• (2002年4月10日 - 6月26日、フジテレビ) - 主演・大森トオル 役• (2002年10月8日 - 12月17日、関西テレビ) - 主演・藤島ハル 役• (2003年10月7日 - 12月9日、フジテレビ) - 主演・松本欧太郎 役• (2003年12月21日 - 12月26日、NHK) - 本間慎平 役• (2004年4月16日 - 6月25日、TBS) - 秋庭智彦 役• (2004年、日本テレビ) - 主演・橘健太郎 役• (2007年1月16日 - 3月27日、フジテレビ) - 主演・堂々ハジメ 役• (2008年1月15日 - 3月11日、日本テレビ) - オムオム 役• (2009年8月11日 - 9月22日、フジテレビ) - 澤井悦司 役• (2011年1月7日 - 3月25日、TBS) - 柘植正樹 役• (2011年3月20日 - 4月17日、) - 倉本和史 役• (2011年11月1日 - 12月20日、NHK) - 多田邦一 役• (2012年4月15日 - 6月3日、フジテレビ) - 三木康祐 役• (2012年7月17日 - 9月25日、) - 団長 役• (2013年1月13日 - 3月24日、フジテレビ) - 瀬川壮一 役• (2015年7月9日 - 9月17日、フジテレビ) - 阿比留佳則 役• (2016年2月13日 - 3月12日、WOWOW) - 広橋秀彦 役• (2016年4月2日 - 5月28日、) - 主演・武内真伍 役• 第2話・第4話・最終話(2016年10月29日・11月12日・12月24日、WOWOW) - 赤松英治 役• (2017年7月15日 - 9月16日、NHK) - 主演・柳碌太郎 役• (2018年1月14日 - 3月4日、WOWOW) - 阿部龍平 役• (2018年4月13日 - 6月22日、TBS) - 茄子田太郎 役• (2018年12月10日 - 12月26日、日本テレビ) - 主演・生田浩介 役• (2019年4月16日 - 6月18日、TBS) - 福永清次 役• 第6シリーズ(2019年10月17日 - 12月19日、テレビ朝日) - 役• (2020年1月19日 - 、TBS) - 金丸茂雄 役• (2020年、) - 役 ゲスト出演 [ ]• 第2話(1998年、関西テレビ) - 江頭タカオ 役• 第2話(1999年、関西テレビ) - 山岡浩一 役• 第11話(2001年4月15日、TBS) - 川原 役• 第1話(2001年7月2日、フジテレビ)• 第4話(2001年7月26日、フジテレビ)• 第1話(2009年5月23日、TBS) - 船田勉 役• 第9話 - 11話(2011年9月6日 - 9月20日、フジテレビ) - 木幡雄一 役• 第9話(2015年6月11日、テレビ朝日) - 雲井不動産の泊 役• 第4話(2018年2月28日) - ユースケ・サンタマリア(本人役) 役 単発 [ ]• - 役• (1997年12月30日、フジテレビ) - 真下正義 役• (1998年6月19日、フジテレビ) - 真下正義 役• (1998年10月6日、フジテレビ) - 真下正義 役• (2005年12月10日、フジテレビ) - 真下正義 役• (2012年9月1日、フジテレビ) - 真下正義 役• 『』(1998年 - 2000年、フジテレビ) - 木下刑事 役• 『断定男』(2000年10月4日、フジテレビ) - 主演• 『倦怠期特効薬』(2005年4月12日、フジテレビ) - 主演• スペシャル(2001年1月2日、フジテレビ) - 主演・花村大介 役• (2001年12月27日、TBS) - 大貫一之 役• (2002年1月3日・4日、フジテレビ) - 辻清志 役• 第3話「うば捨て山」(2002年9月3日、フジテレビ) - 太吉 役• 俺は鰯-IWASHI-(2003年、) - 主演・高城太朗 役• スペシャル(2004年11月26日、フジテレビ) - 加藤賢 役• ホテルサンライズHND『ROOM777 伝説の男』(2005年、テレビ東京) - 山本 役• (2006年3月18日・19日、テレビ朝日) - 重光誠治 役• (2007年9月9日、テレビ朝日) - 木村 役• (2008年4月12日、日本テレビ) - 宇佐木健也 役• 開局50周年記念ドラマ (2009年3月21日・22日、フジテレビ) - 木塚一利 役• 50周年記念ドラマ (2009年9月24日、TBS) - 四宮達也 役• (2010年1月3日、フジテレビ) - 澤井悦司 役• 第7話(2012年8月23日、フジテレビ) - 田宮准一刑事 役• (2012年9月12日、テレビ東京) - 下荒井大造 役• (もてあそぶ)(2013年6月22日、フジテレビ) - 上念研一 役• 開局55周年記念ドラマスペシャル(2014年3月15日・16日、テレビ朝日) - 本位田又八 役• (2015年1月24日、フジテレビ) - 土壺京一 役• (2017年4月9日、テレビ朝日) - 主演・碓氷弘一 役• (2018年11月25日、テレビ朝日) - 主演・碓氷弘一 役• - 役• (1998年10月31日公開、、監督) - 真下正義 役• (2003年7月19日公開、東宝、本広克行監督) - 真下正義 役• (2003年12月20日公開、東宝、本広克行監督) - 真下正義 役• (2005年5月7日公開、東宝、本広克行監督) - 主演・真下正義 役• (2010年7月3日公開、東宝、本広克行監督) - 真下正義 役• (2012年9月7日公開、東宝、本広克行監督) - 真下正義 役• (2001年11月10日公開、監督) - 崇 役• (2003年9月20日公開、監督) - 君島 役• ()(2006年8月26日公開、東宝、監督) - 主演・松井香助 役• (2006年12月23日公開、監督) - 酒井正和 役• (2007年6月16日公開、監督) - オダ・ユージ 役• R246 STORY-弁当夫婦-(2008年8月23日公開、 ユースケ・サンタマリア監督)• -第2章- 最後の希望(2009年1月31日公開、監督) - サダキヨ(佐田清志) 役• (2009年2月14日公開、監督) - 時田英世 役• (2009年5月16日公開、監督) - 岡本 役• (2009年11月21日公開、本広克行監督) - コースケ・マツイ 役(友情出演)• (2011年8月27日公開、監督) - 野口孝吉 役• (2012年11月23日公開、伊藤匡史監督) - 競馬場の客 役• (2013年6月1日公開、監督) - 木下敏三 役• (2014年5月24日公開、監督)• (2014年5月30日公開、監督) - 滝沢幹男 役• (2014年12月20日公開、監督) - 堀口虎夫 役• (2015年1月10日公開、監督) - 鏑木徹 役• (2015年4月1日公開、監督) - 接客係 役• (2015年10月16日公開、山本透監督) - プロデューサー 役• (2016年10月22日公開、監督) - 宗一郎 役• (2017年10月7日前編公開、10月21日後編公開、監督) - 堀口 役• (2017年11月18日公開、監督)- 轟良介 役• (2018年9月21日公開、監督) - タナベ 役• (2019年10月公開予定、監督) CM [ ]• 板チョコモナカ(BINGO BONGO時代)• スーパーチューハイ• アルバム「シュガーレス」• ベストアルバム• 週刊getサポート(などで発売されている求人情報誌)• (カロゴン)• ウコンの力• エコカー免税ラインナップ「TVショッピング」篇• ナロンエースR• 日清のラーメン屋さん(2010年10月 - ・CMソングも歌唱)• メガ・エッグ• RIZAP TRUE STORY篇 舞台 [ ]• 朗読劇 (1998年8月31日、2010年12月14日再演、) - アンディ 役• (2003年5月24日 - 6月8日、他) - 主演・中山ユーイチ 役• 姫が愛したダニ小僧(2005年7月22日 - 31日、) - 主演・祐一 役• (2007年11月 - 12月、) - 主演・ 役• 東京月光魔曲(2009年12月15日 - 2010年1月10日、) - 出演・八木太郎 役• その族の名は『家族』-作・演出:岩井秀人(2011年4月13日 - 4月28日、青山劇場) - 主演・通子 役• の(2012年、他) - 主演・ 役• 小野寺の弟・小野寺の姉(2013年7月12日 - 8月11日、他) - 出演・手塚英作 役• モンティ・パイソンのスパマロット(2015年、赤坂ACTシアター他) - 主演・ 役 PV [ ]• (桑田佳祐) WEB放送 [ ]• (携帯電話TV「」2010年3月 - 5月)• (携帯電話TV「」2011年6月 - 8月)• タブレットプレゼンバトル( 2011年9月19日)• (2019年12月19日 - 、) 声の出演 [ ]• (1999年12月16日発売)• (2003年3月21日公開、、監督・主演) - 主役・ピノッキオ 役(日本語吹替)• (2014年2月22日公開、、監督) - 瀬能英夫 役• (2019年) - ブエナ・フェスタ 役• (2019年8月9日公開、、監督) - ブエナ・フェスタ 役• (2018年 - 、・) - イースケ・スワリタイヤ役 書籍 [ ]• さよなら永遠に()• 表裏一体() ディスコグラフィ [ ] BINGO BONGOとしての活躍はあまりテレビ等で目立ったものは無かったが、『VAMONOS』等後期のものにクオリティの高いものが多い。 ソロ活動以降とは違った側面がみられる。 シングル [ ] BINGO BONGO• ブリー(1994年10月21日)• 悪いのは誰(1995年5月21日) ソロ• お世話になります(1998年7月1日)作詞・作曲:ユースケ・サンタマリア、。 コーラス:• キレてんじゃない(1999年7月1日) アルバム [ ] NUTTIES• ナッティーズ(1992年1月21日) BINGO BONGO• WILD PITCH(1994年4月21日)• BULLET(1994年11月21日)• FEVER(1995年6月1日)• VAMONOS(1996年7月1日) ソロ• ピッツバーグ(1999年2月20日) 参加アルバム [ ]• サルサ食堂〜日本ラテン化計画〜(2009年8月5日、オルケスタ・デ・ラ・ルス25周年企画盤)『昔私が愛した人』(夏木マリのカバー)ボーカル• 1998年• 第39回 芸能新人賞• 2003年• 第35回 主演男優賞(『』)• 2006年• 優秀主演男優賞(『』)• 2008年• 2017年• 第60回 助演男優賞(『』、『』) 過去に結成されたユニット [ ]• リュックサックス()• カロゴンズ()• ぢ・大黒堂(、トータス松本)• ゆーずけ(+ユースケ・サンタマリア)• 中山崎(+ユースケ・サンタマリア)• シカスケ(+ユースケ・サンタマリア)• オポチュニティーズ(ユースケ・サンタマリア+マーキー+) 脚注 [ ]• 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月7日閲覧。 ライブドアニュース. 2020年6月12日閲覧。 はてなブログ タグ. 2020年5月27日閲覧。 リテラ 株式会社ロストニュース. 2017年8月5日. 2020年2月19日閲覧。 2019年4月27日. 2019年4月27日閲覧。 online. 2019年4月27日. 2019年4月27日閲覧。 モーニング娘。 2020年2月19日閲覧。 当シーズンは2018年1月14日から放送を開始したが、構成上シーズン初回はMC不在。 その放送後、2回目の前にMCを務めることが発表された。 テレビドガッチ プレゼントキャスト. 2015年5月20日. 2020年2月19日閲覧。 シネマカフェ 株式会社イード. 2015年11月28日. 2015年11月30日閲覧。 SANSPO. COM 株式会社 産経デジタル. 2016年2月15日. 2016年2月15日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2016年9月2日. 2020年2月19日閲覧。 NHK 2017年5月15日. 2020年2月19日閲覧。 コミックナタリー ナターシャ. 2017年11月17日. 2020年2月19日閲覧。 シネマトゥデイ. 2018年4月17日. 2020年2月19日閲覧。 リアルサウンド 株式会社blueprint. 2018年11月20日. 2020年2月19日閲覧。 ナターシャ. 2019年1月24日. 2019年2月20日閲覧。 テレ朝POST. テレビ朝日 2019年9月12日. 2020年2月19日閲覧。 Techinsight 株式会社メディアプロダクツジャパン. 2020年1月27日. 2020年2月19日閲覧。 47NEWS. 共同通信 株式会社全国新聞ネット. 2020年2月19日. 2020年2月19日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年3月7日. 2017年3月7日閲覧。 映画ナタリー 2016年2月16日. 2016年2月16日閲覧。 映画ナタリー. 2016年9月27日. 2016年9月27日閲覧。 プレスリリース , 株式会社massenext, 2019年11月13日 , 2019年11月13日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年3月26日. 2019年3月26日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年7月20日. 2016年7月20日閲覧。 映画ナタリー 2018年1月24日 , 2018年1月24日閲覧。 『夕陽のドラゴン』番組内ユニット。 ユースケが『リュック』、トータスが『サック』を名乗った。 番組初期の頃は『下高井戸』という名の「ギター漫談コンビ」だった。 ただし、ユースケはギターを持って登場はしたものの、全く弾けない。 『新橋ミュージックホール』番組内ユニット。 CDのレコーディングやライヴの際にはやがサポートメンバーとして参加。 外部リンク [ ]• - ジャパン・ミュージックエンターテインメント•

次の

【ドクターX】8話あらすじと視聴率!失敗しない呪文は医者の責任逃れ未知子の怒り

ユースケ サンタ マリア ドクター x

事前に放送されたSPでも書いた通り、今までのシリーズは未見です。 ライバル役はさん。 新キャストにユースケサンタ、さんと、さん。 今時らしいAIを扱ったコンセプト。 で…日曜劇場よりも長い会議用テーブル(笑) 開局60周年記念と冒頭で謳っていたので、 揃える所は揃えたという所でしょうか。 しかし、今回はAIが誤診をした事で大門()が勝つ流れとなりましたが、 「私、失敗しないので」という決め台詞があるくらいスーパードクターなのだというのは 既に周知されているように思います。 なので初回では、上手くいったと見せかけたものの、いっその事AIに負ける展開にして、 彼女にとってそれがいかに強敵なのかを思い知らせる結末にした方が、 「どんな難病でも助けられる」イメージが定着していた時代劇風シリーズ物に ありがちなマンネリ化を払拭出来、物語にもっと面白味が増したのかもしれません。 それに、恐らく毎回ニコラス()との一騎打ちになるでしょうから、 潮(ユースケサンタマリア)と浜地()などのキャター追加で 豪華&強烈そうに見せるよりかは、 ニコラスを大門が対抗出来ない絶対的な腕前を持つ相手として もっと徹底的に練り上げるべきだと思いました。 まぁ、いろいろ書きましたが、最後に一番書きたいのは 医療ドラマで最新技術が勝ったケースってなくない? って所でしょうか(笑) 序盤でそれを、医者達を圧倒させる素晴らしい物として描いた所で、 結局は主人公が勝って、技術がどれだけ凄かろうが 人間の能力が全てなのだという逆転の流れ…。 別にAIがギャフンと言わせたって良いと思うんだけどなぁ。 フィクションなんだし。 先が読めてしまったのも、シリーズが続くのも分かるほど凄く面白い! とはならなかった要因かしら。

次の