セレナ カデンツァ ヴ ナ イヴ。 立花響(悠木碧)、風鳴翼(水樹奈々)、雪音クリス(高垣彩陽)、マリア・カデンツァヴナ・イヴ(日笠陽子)、月読調(南條愛乃)、暁切歌(芽野愛衣) 六花繚乱 歌詞&動画視聴

#戦姫絶唱シンフォギア #マリア・カデンツァヴナ・イヴ セレナ「わたし・・・歌いたい・・・」

セレナ カデンツァ ヴ ナ イヴ

セレナはアオイに連れられて、ある建物に来ていた。 そこには、羽音の仲間である園子がいた。 園子「来てくれたね、2人とも」 アオイ「それで、完成したんだね」 園子「出来たよ。 いろいろな技術使って、セレナちゃんのギアにも対応できるようにしているよ」 セレナ「・・・・・・」 園子「どうした?」 セレナ「はい・・・・・・なんか、ちょっとどうしても気にしちゃう事があって・・・・・・」 園子「まあ機械使う事はある意味自分が直接手を下す訳ではないからね・・・・・・いろいろ考えるのも分かるよ」 セレナ「・・・・・・乗り物酔いしないかなぁ」 アオイ「そっち!?」 園子「これは貴方の動きが直接これの動きになるよ。 あとあれだけ戦えたら絶対酔わないから安心して」 アオイ「後は分かってると思うけど・・・・・・」 セレナ「ただの機械でも兵器でもないって事ですよね」 園子「分かってるじゃん、そう言う事だよ。 だから完成したやつにはある程度の思考力を与えてあるよ。 感情はあるかは分からないけどね」 セレナ「どうしてですか?」 園子「後は貴方次第、って事だよ」 そう言うと園子はその場から消えた。 セレナ「貴方が私の新しい仲間・・・・・・」 セレナは園子の背後にあった『それ』に触れる。 そこには、ブレンの仲間のクーリス・ランドバードもいた。 鈴「あの、ここで何をするんですか?」 ブレン「急に呼び出して悪いな。 実は羽音に頼まれて、お前らに教えたい事があるんだよ」 翼「教えたい事・・・・・・?」 クーリス「ブレン、本当にこいつらに出来るのか?」 ブレン「大丈夫だろ!たぶん!」 ティキ「・・・・・・話を戻しますね。 貴方達に教えたい事は、EX-Tブラスト、そして、EX-Tレゾナンス『ギンギラギン』です」 長穂「それってさ、この前あのセレナって子がしたやつ?」 クーリス「ああ、僕達は彼女の特訓に付き合ってたからな。 その時に教えた」 奏「そのEX-Tブラストはだいたいの仕組みは分かってるんだけど・・・・・・レゾナンスって?」 ブレン「言うより見た方が速い!今からやって見るから見てろよ!」 クーリス「まったく・・・・・・しょうがないな」 ブレン達の前に巨大な岩が出現した。 ブレン「行くぞ・・・・・・ティキ!クーリス!」 クーリス「ノン、言われなくても・・・・・・!」 ティキ「はい・・・・・・!」 3人は右手を上げた。 すると、3人の頭上にエネルギーが集まって行き ブレン、クーリス、ティキ「ギン!ギラ!ギン!」 ブレン「シュート!」 集めたエネルギーを光線のようにして放った。 岩は木っ端微塵になり、消滅した。 鈴達「・・・・・・」 その威力に鈴達は言葉を失った。 クーリス「まあ今のはできなくても、EX-Tブラストなら君達でも使えるようになるとは思うよ」 鈴「そうですか・・・・・・💧」 [newpage] 数週間後 鈴「あ〜〜〜〜〜〜〜〜・・・・・・」 栞「どうしたの鈴ちゃん?」 鈴「いやぁね・・・・・・ブレンさん達に教えてもらってEX-TブラストはできるようになったんだけどEX-Tレゾナンスはまだできなくてね」 栞「・・・・・・ごめん、全く分からない💧」 鈴「まあ分かりやすく言えばかめはめ波が撃てないって事」 栞「いやだから分からないって💧」 翼「鈴〜」 鈴の上に翼が重なる。 鈴「何かあったみたいだね・・・・・・」 長穂「行こうか」 鈴達は急いで現場に向かった。 [newpage] 街ではすでにいくつかの円盤が上空に浮かんでいた。 長穂「あれは・・・・・・何が目的かな?」 すると、円盤からビグ・ザム、サイコガンダム、がそれぞれ2機発射された。 鈴「モビルアーマー!?それもビグ・ザムとサイコガンダム!?」 栞「・・・・・・本能的にぶっ潰したい」 長穂「NT-D抑えて💧」 ビグ・ザムとサイコガンダムはメガ粒子砲は放ってあちこちを火の海にして行く。 翼「どうにかして止めないと!」 栞「ユニコォオオオオ・・・・・・」 すると、突然1機のビグ・ザムが真っ二つに切られ、爆発した。 鈴「え・・・・・・?」 栞「何が起きたの・・・・・・?」 長穂「いたよ・・・・・・例のあの子が・・・・・・」 切られたビグ・ザムがいた場所に、アガートラームアクセスユナイトの姿のセレナがグリッドマンキャリバーを片手に持った状態で浮いていた。 翼「またあの子・・・・・・!?」 奏「あれがセレナって子か・・・・・・確かにただ者じゃないみたいだな」 当然残ったサイコガンダムとビグ・ザムは彼女を標的に定め、一斉に砲撃をした。 セレナは飛んでかわしながら、円盤1機を両断し、破壊した。 [newpage] セレナ「さすがにこれ以上この姿でやり合うのはきついかな・・・・・・」 ビグ・ザムとサイコガンダムの攻撃をかわしながらセレナは考える。 すると 『セレナ・・・・・・オレを使え・・・・・・』 セレナ「!?」 セレナの脳内に声が聞こえて来た。 『オレならやれる・・・・・・一緒に戦おうぜ、相棒』 セレナ「でも・・・・・・私はまだ貴方を動かしてもないのに・・・・・・」 『どうでもいいんだよそんな事。 お前が毎日オレのメンテナンスしてたのも・・・・・・毎日洗ってたのも、ちゃんと分かってるよ。 オレを大切に思ってる・・・・・・ただの兵器や道具だと思ってないってな。 だからこそ、オレを使え・・・・・・相棒!』 セレナ「・・・・・・分かった」 セレナはあるディスクを取り出すと、ギアに装填し、ボタンを押した。 『コール!』 空にワープホールが出現し、セレナはギアをワープホールに向けて再びボタンを押した。 『カモン!ドットブラスライザー!』 セレナ「ドットブラスライザー!」 すると、ワープホールから光の柱が放たれ、セレナを包み込むとその中でセレナはそこから出現した機体『ドットブラスライザー』の中に入って行き、そして光の柱が消えると、ちょうど初代ウルトラマンくらいの大きさのドットブラスライザーが立っていた。 栞「なんか出てきた!?」 鈴「ドットブラスライザー!?LBXがなんであんなに大きくなってるの!?」 セレナ「さあ、行くよ!」 ドットブラスライザーは2振りの剣『ブラストソード』で、サイコガンダムの両腕を切断した。 サイコガンダムはビーム砲を放つがドットブラスライザーはびくもとしなかった。 栞「すごい頑丈・・・・・・」 ドットブラスライザーの中でセレナはギアにディスクを装填し、ボタンを押し 『フレン・シーフォ!』 『アタック!光竜滅牙槍!』 ブラストソードに光を集めていき セレナ「光竜滅牙槍!」 剣に集めた光を竜の形にして槍のように相手に放つ秘奥義『光竜滅牙槍』をサイコガンダムに至近距離で放った。 サイコガンダムは腹部に大きな穴が空き、その後に爆発した。 翼「何なの今の技!?」 鈴「テイルズだよね?あれ絶対テイルズ系の技だよね?💧」 セレナはさらに別のディスクをギアに装填し、ボタンを押し 『ペコリーヌ!』 『アタック!プリンセスストライク!』 ブラストソード(一振)を構えてビグ・ザムに接近して セレナ「プリンセスストライク!」 剣で切りつけるユニオンバースト『プリンセスストライク』でビグ・ザムを切りつけ、爆発させた。 奏「あと1機だけだな!」 残ったサイコガンダムはモビルアーマー形態になって逃げようとした。 セレナ「決めるよ、ブラスライザー!」 ドットブラスライザーは高く飛び上がると、ブラストソードを組み合わせ、大型の槍『デュアルブレード』にすると、槍に炎を纏わせて セレナ「グニングニル!」 その槍をサイコガンダムにめがけて投げた。 槍はサイコガンダムを貫き、貫かれたサイコガンダムは爆発した。 戻って来た槍を掴んだドットブラスライザーは、ワープホールを開くと、その中に消えていった。 鈴「・・・・・・あんなの誰が作ったんだろう・・・・・・💧」 長穂「だね💧まあたぶんあの子は悪い子じゃないだろうから安心はできるけど」 [newpage] それからしばらくたったある日 未来「響、どこ行く?」 響「う〜ん・・・・・・」 未来と出かけていた響は 千景「あら?立花さん・・・・・・こんな所で奇遇ね」 高嶋友奈と一緒にいた千景どたまたま会った。 アオイ「どうしたの?」 男性「彼女のお姉さんに、妹がどうしてるか見てて欲しいと言われてな。 自分が行くと過保護になりそうだから・・・・・・だそうだ」 セレナ「それで貴方が・・・・・・」 男性「そう言う訳なんだ、よろしく頼む」 アオイ「てかどうしてそんな服ボロボロなの?最後に服買ったのいつ?」 男性「5年くらい前だな・・・・・・」 アオイ「服買えよ!」 男性「施設の子供達の服なら買ってるが・・・・・・」 アオイ「自分のだよ!」 男性「別に着れればそれでいい。 そこには、羽音の仲間である園子がいた。 園子「来てくれたね、2人とも」 アオイ「それで、完成したんだね」 園子「出来たよ。 いろいろな技術使って、セレナちゃんのギアにも対応できるようにしているよ」 セレナ「・・・・・・」 園子「どうした?」 セレナ「はい・・・・・・なんか、ちょっとどうしても気にしちゃう事があって・・・・・・」 園子「まあ機械使う事はある意味自分が直接手を下す訳ではないからね・・・・・・いろいろ考えるのも分かるよ」 セレナ「・・・・・・乗り物酔いしないかなぁ」 アオイ「そっち!?」 園子「これは貴方の動きが直接これの動きになるよ。 あとあれだけ戦えたら絶対酔わないから安心して」 アオイ「後は分かってると思うけど・・・・・・」 セレナ「ただの機械でも兵器でもないって事ですよね」 園子「分かってるじゃん、そう言う事だよ。 だから完成したやつにはある程度の思考力を与えてあるよ。 感情はあるかは分からないけどね」 セレナ「どうしてですか?」 園子「後は貴方次第、って事だよ」 そう言うと園子はその場から消えた。 セレナ「貴方が私の新しい仲間・・・・・・」 セレナは園子の背後にあった『それ』に触れる。 そこには、ブレンの仲間のクーリス・ランドバードもいた。 鈴「あの、ここで何をするんですか?」 ブレン「急に呼び出して悪いな。 実は羽音に頼まれて、お前らに教えたい事があるんだよ」 翼「教えたい事・・・・・・?」 クーリス「ブレン、本当にこいつらに出来るのか?」 ブレン「大丈夫だろ!たぶん!」 ティキ「・・・・・・話を戻しますね。 貴方達に教えたい事は、EX-Tブラスト、そして、EX-Tレゾナンス『ギンギラギン』です」 長穂「それってさ、この前あのセレナって子がしたやつ?」 クーリス「ああ、僕達は彼女の特訓に付き合ってたからな。 その時に教えた」 奏「そのEX-Tブラストはだいたいの仕組みは分かってるんだけど・・・・・・レゾナンスって?」 ブレン「言うより見た方が速い!今からやって見るから見てろよ!」 クーリス「まったく・・・・・・しょうがないな」 ブレン達の前に巨大な岩が出現した。 ブレン「行くぞ・・・・・・ティキ!クーリス!」 クーリス「ノン、言われなくても・・・・・・!」 ティキ「はい・・・・・・!」 3人は右手を上げた。 すると、3人の頭上にエネルギーが集まって行き ブレン、クーリス、ティキ「ギン!ギラ!ギン!」 ブレン「シュート!」 集めたエネルギーを光線のようにして放った。 岩は木っ端微塵になり、消滅した。 鈴達「・・・・・・」 その威力に鈴達は言葉を失った。 クーリス「まあ今のはできなくても、EX-Tブラストなら君達でも使えるようになるとは思うよ」 鈴「そうですか・・・・・・💧」[newpage] 数週間後 鈴「あ〜〜〜〜〜〜〜〜・・・・・・」 栞「どうしたの鈴ちゃん?」 鈴「いやぁね・・・・・・ブレンさん達に教えてもらってEX-TブラストはできるようになったんだけどEX-Tレゾナンスはまだできなくてね」 栞「・・・・・・ごめん、全く分からない💧」 鈴「まあ分かりやすく言えばかめはめ波が撃てないって事」 栞「いやだから分からないって💧」 翼「鈴〜」 鈴の上に翼が重なる。 鈴「何かあったみたいだね・・・・・・」 長穂「行こうか」 鈴達は急いで現場に向かった。 [newpage] 街ではすでにいくつかの円盤が上空に浮かんでいた。 長穂「あれは・・・・・・何が目的かな?」 すると、円盤からビグ・ザム、サイコガンダム、がそれぞれ2機発射された。 鈴「モビルアーマー!?それもビグ・ザムとサイコガンダム!?」 栞「・・・・・・本能的にぶっ潰したい」 長穂「NT-D抑えて💧」 ビグ・ザムとサイコガンダムはメガ粒子砲は放ってあちこちを火の海にして行く。 翼「どうにかして止めないと!」 栞「ユニコォオオオオ・・・・・・」 すると、突然1機のビグ・ザムが真っ二つに切られ、爆発した。 鈴「え・・・・・・?」 栞「何が起きたの・・・・・・?」 長穂「いたよ・・・・・・例のあの子が・・・・・・」 切られたビグ・ザムがいた場所に、アガートラームアクセスユナイトの姿のセレナがグリッドマンキャリバーを片手に持った状態で浮いていた。 翼「またあの子・・・・・・!?」 奏「あれがセレナって子か・・・・・・確かにただ者じゃないみたいだな」 当然残ったサイコガンダムとビグ・ザムは彼女を標的に定め、一斉に砲撃をした。 セレナは飛んでかわしながら、円盤1機を両断し、破壊した。 [newpage] セレナ「さすがにこれ以上この姿でやり合うのはきついかな・・・・・・」 ビグ・ザムとサイコガンダムの攻撃をかわしながらセレナは考える。 すると 『セレナ・・・・・・オレを使え・・・・・・』 セレナ「!?」 セレナの脳内に声が聞こえて来た。 『オレならやれる・・・・・・一緒に戦おうぜ、相棒』 セレナ「でも・・・・・・私はまだ貴方を動かしてもないのに・・・・・・」 『どうでもいいんだよそんな事。 お前が毎日オレのメンテナンスしてたのも・・・・・・毎日洗ってたのも、ちゃんと分かってるよ。 オレを大切に思ってる・・・・・・ただの兵器や道具だと思ってないってな。 だからこそ、オレを使え・・・・・・相棒!』 セレナ「・・・・・・分かった」 セレナはあるディスクを取り出すと、ギアに装填し、ボタンを押した。 『コール!』 空にワープホールが出現し、セレナはギアをワープホールに向けて再びボタンを押した。 『カモン!ドットブラスライザー!』 セレナ「ドットブラスライザー!」 すると、ワープホールから光の柱が放たれ、セレナを包み込むとその中でセレナはそこから出現した機体『ドットブラスライザー』の中に入って行き、そして光の柱が消えると、ちょうど初代ウルトラマンくらいの大きさのドットブラスライザーが立っていた。 栞「なんか出てきた!?」 鈴「ドットブラスライザー!?LBXがなんであんなに大きくなってるの!?」 セレナ「さあ、行くよ!」 ドットブラスライザーは2振りの剣『ブラストソード』で、サイコガンダムの両腕を切断した。 サイコガンダムはビーム砲を放つがドットブラスライザーはびくもとしなかった。 栞「すごい頑丈・・・・・・」 ドットブラスライザーの中でセレナはギアにディスクを装填し、ボタンを押し 『フレン・シーフォ!』 『アタック!光竜滅牙槍!』 ブラストソードに光を集めていき セレナ「光竜滅牙槍!」 剣に集めた光を竜の形にして槍のように相手に放つ秘奥義『光竜滅牙槍』をサイコガンダムに至近距離で放った。 サイコガンダムは腹部に大きな穴が空き、その後に爆発した。 翼「何なの今の技!?」 鈴「テイルズだよね?あれ絶対テイルズ系の技だよね?💧」 セレナはさらに別のディスクをギアに装填し、ボタンを押し 『ペコリーヌ!』 『アタック!プリンセスストライク!』 ブラストソード(一振)を構えてビグ・ザムに接近して セレナ「プリンセスストライク!」 剣で切りつけるユニオンバースト『プリンセスストライク』でビグ・ザムを切りつけ、爆発させた。 奏「あと1機だけだな!」 残ったサイコガンダムはモビルアーマー形態になって逃げようとした。 セレナ「決めるよ、ブラスライザー!」 ドットブラスライザーは高く飛び上がると、ブラストソードを組み合わせ、大型の槍『デュアルブレード』にすると、槍に炎を纏わせて セレナ「グニングニル!」 その槍をサイコガンダムにめがけて投げた。 槍はサイコガンダムを貫き、貫かれたサイコガンダムは爆発した。 戻って来た槍を掴んだドットブラスライザーは、ワープホールを開くと、その中に消えていった。 鈴「・・・・・・あんなの誰が作ったんだろう・・・・・・💧」 長穂「だね💧まあたぶんあの子は悪い子じゃないだろうから安心はできるけど」[newpage] それからしばらくたったある日 未来「響、どこ行く?」 響「う〜ん・・・・・・」 未来と出かけていた響は 千景「あら?立花さん・・・・・・こんな所で奇遇ね」 高嶋友奈と一緒にいた千景どたまたま会った。 アオイ「どうしたの?」 男性「彼女のお姉さんに、妹がどうしてるか見てて欲しいと言われてな。 自分が行くと過保護になりそうだから・・・・・・だそうだ」 セレナ「それで貴方が・・・・・・」 男性「そう言う訳なんだ、よろしく頼む」 アオイ「てかどうしてそんな服ボロボロなの?最後に服買ったのいつ?」 男性「5年くらい前だな・・・・・・」 アオイ「服買えよ!」 男性「施設の子供達の服なら買ってるが・・・・・・」 アオイ「自分のだよ!」 男性「別に着れればそれでいい。

次の

セレナ・カデンツァヴナ・イヴが初登場!「戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED」で「イノセント・シスター」が2/1よりスタート!

セレナ カデンツァ ヴ ナ イヴ

セレナはアオイに連れられて、ある建物に来ていた。 そこには、羽音の仲間である園子がいた。 園子「来てくれたね、2人とも」 アオイ「それで、完成したんだね」 園子「出来たよ。 いろいろな技術使って、セレナちゃんのギアにも対応できるようにしているよ」 セレナ「・・・・・・」 園子「どうした?」 セレナ「はい・・・・・・なんか、ちょっとどうしても気にしちゃう事があって・・・・・・」 園子「まあ機械使う事はある意味自分が直接手を下す訳ではないからね・・・・・・いろいろ考えるのも分かるよ」 セレナ「・・・・・・乗り物酔いしないかなぁ」 アオイ「そっち!?」 園子「これは貴方の動きが直接これの動きになるよ。 あとあれだけ戦えたら絶対酔わないから安心して」 アオイ「後は分かってると思うけど・・・・・・」 セレナ「ただの機械でも兵器でもないって事ですよね」 園子「分かってるじゃん、そう言う事だよ。 だから完成したやつにはある程度の思考力を与えてあるよ。 感情はあるかは分からないけどね」 セレナ「どうしてですか?」 園子「後は貴方次第、って事だよ」 そう言うと園子はその場から消えた。 セレナ「貴方が私の新しい仲間・・・・・・」 セレナは園子の背後にあった『それ』に触れる。 そこには、ブレンの仲間のクーリス・ランドバードもいた。 鈴「あの、ここで何をするんですか?」 ブレン「急に呼び出して悪いな。 実は羽音に頼まれて、お前らに教えたい事があるんだよ」 翼「教えたい事・・・・・・?」 クーリス「ブレン、本当にこいつらに出来るのか?」 ブレン「大丈夫だろ!たぶん!」 ティキ「・・・・・・話を戻しますね。 貴方達に教えたい事は、EX-Tブラスト、そして、EX-Tレゾナンス『ギンギラギン』です」 長穂「それってさ、この前あのセレナって子がしたやつ?」 クーリス「ああ、僕達は彼女の特訓に付き合ってたからな。 その時に教えた」 奏「そのEX-Tブラストはだいたいの仕組みは分かってるんだけど・・・・・・レゾナンスって?」 ブレン「言うより見た方が速い!今からやって見るから見てろよ!」 クーリス「まったく・・・・・・しょうがないな」 ブレン達の前に巨大な岩が出現した。 ブレン「行くぞ・・・・・・ティキ!クーリス!」 クーリス「ノン、言われなくても・・・・・・!」 ティキ「はい・・・・・・!」 3人は右手を上げた。 すると、3人の頭上にエネルギーが集まって行き ブレン、クーリス、ティキ「ギン!ギラ!ギン!」 ブレン「シュート!」 集めたエネルギーを光線のようにして放った。 岩は木っ端微塵になり、消滅した。 鈴達「・・・・・・」 その威力に鈴達は言葉を失った。 クーリス「まあ今のはできなくても、EX-Tブラストなら君達でも使えるようになるとは思うよ」 鈴「そうですか・・・・・・💧」 [newpage] 数週間後 鈴「あ〜〜〜〜〜〜〜〜・・・・・・」 栞「どうしたの鈴ちゃん?」 鈴「いやぁね・・・・・・ブレンさん達に教えてもらってEX-TブラストはできるようになったんだけどEX-Tレゾナンスはまだできなくてね」 栞「・・・・・・ごめん、全く分からない💧」 鈴「まあ分かりやすく言えばかめはめ波が撃てないって事」 栞「いやだから分からないって💧」 翼「鈴〜」 鈴の上に翼が重なる。 鈴「何かあったみたいだね・・・・・・」 長穂「行こうか」 鈴達は急いで現場に向かった。 [newpage] 街ではすでにいくつかの円盤が上空に浮かんでいた。 長穂「あれは・・・・・・何が目的かな?」 すると、円盤からビグ・ザム、サイコガンダム、がそれぞれ2機発射された。 鈴「モビルアーマー!?それもビグ・ザムとサイコガンダム!?」 栞「・・・・・・本能的にぶっ潰したい」 長穂「NT-D抑えて💧」 ビグ・ザムとサイコガンダムはメガ粒子砲は放ってあちこちを火の海にして行く。 翼「どうにかして止めないと!」 栞「ユニコォオオオオ・・・・・・」 すると、突然1機のビグ・ザムが真っ二つに切られ、爆発した。 鈴「え・・・・・・?」 栞「何が起きたの・・・・・・?」 長穂「いたよ・・・・・・例のあの子が・・・・・・」 切られたビグ・ザムがいた場所に、アガートラームアクセスユナイトの姿のセレナがグリッドマンキャリバーを片手に持った状態で浮いていた。 翼「またあの子・・・・・・!?」 奏「あれがセレナって子か・・・・・・確かにただ者じゃないみたいだな」 当然残ったサイコガンダムとビグ・ザムは彼女を標的に定め、一斉に砲撃をした。 セレナは飛んでかわしながら、円盤1機を両断し、破壊した。 [newpage] セレナ「さすがにこれ以上この姿でやり合うのはきついかな・・・・・・」 ビグ・ザムとサイコガンダムの攻撃をかわしながらセレナは考える。 すると 『セレナ・・・・・・オレを使え・・・・・・』 セレナ「!?」 セレナの脳内に声が聞こえて来た。 『オレならやれる・・・・・・一緒に戦おうぜ、相棒』 セレナ「でも・・・・・・私はまだ貴方を動かしてもないのに・・・・・・」 『どうでもいいんだよそんな事。 お前が毎日オレのメンテナンスしてたのも・・・・・・毎日洗ってたのも、ちゃんと分かってるよ。 オレを大切に思ってる・・・・・・ただの兵器や道具だと思ってないってな。 だからこそ、オレを使え・・・・・・相棒!』 セレナ「・・・・・・分かった」 セレナはあるディスクを取り出すと、ギアに装填し、ボタンを押した。 『コール!』 空にワープホールが出現し、セレナはギアをワープホールに向けて再びボタンを押した。 『カモン!ドットブラスライザー!』 セレナ「ドットブラスライザー!」 すると、ワープホールから光の柱が放たれ、セレナを包み込むとその中でセレナはそこから出現した機体『ドットブラスライザー』の中に入って行き、そして光の柱が消えると、ちょうど初代ウルトラマンくらいの大きさのドットブラスライザーが立っていた。 栞「なんか出てきた!?」 鈴「ドットブラスライザー!?LBXがなんであんなに大きくなってるの!?」 セレナ「さあ、行くよ!」 ドットブラスライザーは2振りの剣『ブラストソード』で、サイコガンダムの両腕を切断した。 サイコガンダムはビーム砲を放つがドットブラスライザーはびくもとしなかった。 栞「すごい頑丈・・・・・・」 ドットブラスライザーの中でセレナはギアにディスクを装填し、ボタンを押し 『フレン・シーフォ!』 『アタック!光竜滅牙槍!』 ブラストソードに光を集めていき セレナ「光竜滅牙槍!」 剣に集めた光を竜の形にして槍のように相手に放つ秘奥義『光竜滅牙槍』をサイコガンダムに至近距離で放った。 サイコガンダムは腹部に大きな穴が空き、その後に爆発した。 翼「何なの今の技!?」 鈴「テイルズだよね?あれ絶対テイルズ系の技だよね?💧」 セレナはさらに別のディスクをギアに装填し、ボタンを押し 『ペコリーヌ!』 『アタック!プリンセスストライク!』 ブラストソード(一振)を構えてビグ・ザムに接近して セレナ「プリンセスストライク!」 剣で切りつけるユニオンバースト『プリンセスストライク』でビグ・ザムを切りつけ、爆発させた。 奏「あと1機だけだな!」 残ったサイコガンダムはモビルアーマー形態になって逃げようとした。 セレナ「決めるよ、ブラスライザー!」 ドットブラスライザーは高く飛び上がると、ブラストソードを組み合わせ、大型の槍『デュアルブレード』にすると、槍に炎を纏わせて セレナ「グニングニル!」 その槍をサイコガンダムにめがけて投げた。 槍はサイコガンダムを貫き、貫かれたサイコガンダムは爆発した。 戻って来た槍を掴んだドットブラスライザーは、ワープホールを開くと、その中に消えていった。 鈴「・・・・・・あんなの誰が作ったんだろう・・・・・・💧」 長穂「だね💧まあたぶんあの子は悪い子じゃないだろうから安心はできるけど」 [newpage] それからしばらくたったある日 未来「響、どこ行く?」 響「う〜ん・・・・・・」 未来と出かけていた響は 千景「あら?立花さん・・・・・・こんな所で奇遇ね」 高嶋友奈と一緒にいた千景どたまたま会った。 アオイ「どうしたの?」 男性「彼女のお姉さんに、妹がどうしてるか見てて欲しいと言われてな。 自分が行くと過保護になりそうだから・・・・・・だそうだ」 セレナ「それで貴方が・・・・・・」 男性「そう言う訳なんだ、よろしく頼む」 アオイ「てかどうしてそんな服ボロボロなの?最後に服買ったのいつ?」 男性「5年くらい前だな・・・・・・」 アオイ「服買えよ!」 男性「施設の子供達の服なら買ってるが・・・・・・」 アオイ「自分のだよ!」 男性「別に着れればそれでいい。 そこには、羽音の仲間である園子がいた。 園子「来てくれたね、2人とも」 アオイ「それで、完成したんだね」 園子「出来たよ。 いろいろな技術使って、セレナちゃんのギアにも対応できるようにしているよ」 セレナ「・・・・・・」 園子「どうした?」 セレナ「はい・・・・・・なんか、ちょっとどうしても気にしちゃう事があって・・・・・・」 園子「まあ機械使う事はある意味自分が直接手を下す訳ではないからね・・・・・・いろいろ考えるのも分かるよ」 セレナ「・・・・・・乗り物酔いしないかなぁ」 アオイ「そっち!?」 園子「これは貴方の動きが直接これの動きになるよ。 あとあれだけ戦えたら絶対酔わないから安心して」 アオイ「後は分かってると思うけど・・・・・・」 セレナ「ただの機械でも兵器でもないって事ですよね」 園子「分かってるじゃん、そう言う事だよ。 だから完成したやつにはある程度の思考力を与えてあるよ。 感情はあるかは分からないけどね」 セレナ「どうしてですか?」 園子「後は貴方次第、って事だよ」 そう言うと園子はその場から消えた。 セレナ「貴方が私の新しい仲間・・・・・・」 セレナは園子の背後にあった『それ』に触れる。 そこには、ブレンの仲間のクーリス・ランドバードもいた。 鈴「あの、ここで何をするんですか?」 ブレン「急に呼び出して悪いな。 実は羽音に頼まれて、お前らに教えたい事があるんだよ」 翼「教えたい事・・・・・・?」 クーリス「ブレン、本当にこいつらに出来るのか?」 ブレン「大丈夫だろ!たぶん!」 ティキ「・・・・・・話を戻しますね。 貴方達に教えたい事は、EX-Tブラスト、そして、EX-Tレゾナンス『ギンギラギン』です」 長穂「それってさ、この前あのセレナって子がしたやつ?」 クーリス「ああ、僕達は彼女の特訓に付き合ってたからな。 その時に教えた」 奏「そのEX-Tブラストはだいたいの仕組みは分かってるんだけど・・・・・・レゾナンスって?」 ブレン「言うより見た方が速い!今からやって見るから見てろよ!」 クーリス「まったく・・・・・・しょうがないな」 ブレン達の前に巨大な岩が出現した。 ブレン「行くぞ・・・・・・ティキ!クーリス!」 クーリス「ノン、言われなくても・・・・・・!」 ティキ「はい・・・・・・!」 3人は右手を上げた。 すると、3人の頭上にエネルギーが集まって行き ブレン、クーリス、ティキ「ギン!ギラ!ギン!」 ブレン「シュート!」 集めたエネルギーを光線のようにして放った。 岩は木っ端微塵になり、消滅した。 鈴達「・・・・・・」 その威力に鈴達は言葉を失った。 クーリス「まあ今のはできなくても、EX-Tブラストなら君達でも使えるようになるとは思うよ」 鈴「そうですか・・・・・・💧」[newpage] 数週間後 鈴「あ〜〜〜〜〜〜〜〜・・・・・・」 栞「どうしたの鈴ちゃん?」 鈴「いやぁね・・・・・・ブレンさん達に教えてもらってEX-TブラストはできるようになったんだけどEX-Tレゾナンスはまだできなくてね」 栞「・・・・・・ごめん、全く分からない💧」 鈴「まあ分かりやすく言えばかめはめ波が撃てないって事」 栞「いやだから分からないって💧」 翼「鈴〜」 鈴の上に翼が重なる。 鈴「何かあったみたいだね・・・・・・」 長穂「行こうか」 鈴達は急いで現場に向かった。 [newpage] 街ではすでにいくつかの円盤が上空に浮かんでいた。 長穂「あれは・・・・・・何が目的かな?」 すると、円盤からビグ・ザム、サイコガンダム、がそれぞれ2機発射された。 鈴「モビルアーマー!?それもビグ・ザムとサイコガンダム!?」 栞「・・・・・・本能的にぶっ潰したい」 長穂「NT-D抑えて💧」 ビグ・ザムとサイコガンダムはメガ粒子砲は放ってあちこちを火の海にして行く。 翼「どうにかして止めないと!」 栞「ユニコォオオオオ・・・・・・」 すると、突然1機のビグ・ザムが真っ二つに切られ、爆発した。 鈴「え・・・・・・?」 栞「何が起きたの・・・・・・?」 長穂「いたよ・・・・・・例のあの子が・・・・・・」 切られたビグ・ザムがいた場所に、アガートラームアクセスユナイトの姿のセレナがグリッドマンキャリバーを片手に持った状態で浮いていた。 翼「またあの子・・・・・・!?」 奏「あれがセレナって子か・・・・・・確かにただ者じゃないみたいだな」 当然残ったサイコガンダムとビグ・ザムは彼女を標的に定め、一斉に砲撃をした。 セレナは飛んでかわしながら、円盤1機を両断し、破壊した。 [newpage] セレナ「さすがにこれ以上この姿でやり合うのはきついかな・・・・・・」 ビグ・ザムとサイコガンダムの攻撃をかわしながらセレナは考える。 すると 『セレナ・・・・・・オレを使え・・・・・・』 セレナ「!?」 セレナの脳内に声が聞こえて来た。 『オレならやれる・・・・・・一緒に戦おうぜ、相棒』 セレナ「でも・・・・・・私はまだ貴方を動かしてもないのに・・・・・・」 『どうでもいいんだよそんな事。 お前が毎日オレのメンテナンスしてたのも・・・・・・毎日洗ってたのも、ちゃんと分かってるよ。 オレを大切に思ってる・・・・・・ただの兵器や道具だと思ってないってな。 だからこそ、オレを使え・・・・・・相棒!』 セレナ「・・・・・・分かった」 セレナはあるディスクを取り出すと、ギアに装填し、ボタンを押した。 『コール!』 空にワープホールが出現し、セレナはギアをワープホールに向けて再びボタンを押した。 『カモン!ドットブラスライザー!』 セレナ「ドットブラスライザー!」 すると、ワープホールから光の柱が放たれ、セレナを包み込むとその中でセレナはそこから出現した機体『ドットブラスライザー』の中に入って行き、そして光の柱が消えると、ちょうど初代ウルトラマンくらいの大きさのドットブラスライザーが立っていた。 栞「なんか出てきた!?」 鈴「ドットブラスライザー!?LBXがなんであんなに大きくなってるの!?」 セレナ「さあ、行くよ!」 ドットブラスライザーは2振りの剣『ブラストソード』で、サイコガンダムの両腕を切断した。 サイコガンダムはビーム砲を放つがドットブラスライザーはびくもとしなかった。 栞「すごい頑丈・・・・・・」 ドットブラスライザーの中でセレナはギアにディスクを装填し、ボタンを押し 『フレン・シーフォ!』 『アタック!光竜滅牙槍!』 ブラストソードに光を集めていき セレナ「光竜滅牙槍!」 剣に集めた光を竜の形にして槍のように相手に放つ秘奥義『光竜滅牙槍』をサイコガンダムに至近距離で放った。 サイコガンダムは腹部に大きな穴が空き、その後に爆発した。 翼「何なの今の技!?」 鈴「テイルズだよね?あれ絶対テイルズ系の技だよね?💧」 セレナはさらに別のディスクをギアに装填し、ボタンを押し 『ペコリーヌ!』 『アタック!プリンセスストライク!』 ブラストソード(一振)を構えてビグ・ザムに接近して セレナ「プリンセスストライク!」 剣で切りつけるユニオンバースト『プリンセスストライク』でビグ・ザムを切りつけ、爆発させた。 奏「あと1機だけだな!」 残ったサイコガンダムはモビルアーマー形態になって逃げようとした。 セレナ「決めるよ、ブラスライザー!」 ドットブラスライザーは高く飛び上がると、ブラストソードを組み合わせ、大型の槍『デュアルブレード』にすると、槍に炎を纏わせて セレナ「グニングニル!」 その槍をサイコガンダムにめがけて投げた。 槍はサイコガンダムを貫き、貫かれたサイコガンダムは爆発した。 戻って来た槍を掴んだドットブラスライザーは、ワープホールを開くと、その中に消えていった。 鈴「・・・・・・あんなの誰が作ったんだろう・・・・・・💧」 長穂「だね💧まあたぶんあの子は悪い子じゃないだろうから安心はできるけど」[newpage] それからしばらくたったある日 未来「響、どこ行く?」 響「う〜ん・・・・・・」 未来と出かけていた響は 千景「あら?立花さん・・・・・・こんな所で奇遇ね」 高嶋友奈と一緒にいた千景どたまたま会った。 アオイ「どうしたの?」 男性「彼女のお姉さんに、妹がどうしてるか見てて欲しいと言われてな。 自分が行くと過保護になりそうだから・・・・・・だそうだ」 セレナ「それで貴方が・・・・・・」 男性「そう言う訳なんだ、よろしく頼む」 アオイ「てかどうしてそんな服ボロボロなの?最後に服買ったのいつ?」 男性「5年くらい前だな・・・・・・」 アオイ「服買えよ!」 男性「施設の子供達の服なら買ってるが・・・・・・」 アオイ「自分のだよ!」 男性「別に着れればそれでいい。

次の

【シンフォギアXD】セレナの評価

セレナ カデンツァ ヴ ナ イヴ

をうは、私が望んだものじゃないけど… こので…みんなを護りたいと望んだのは…私なんだから セレナ・カデンツァヴナ・イヴとは、・に登場するである。 : わたし、概要でも歌うよ 類稀なる才を発揮して、との適合を果たしたの。 穏やかな性格の持ちであり、手に入れたのを、戦いに用いることに抵抗を覚えている。 優しい歌はの心を、のこそがの決意を支える拠り所になっている。 6年前実施された研究Fの歌を介さない全の起動による・のを止めるためを使用。 によると施設の崩落に巻き込まれてした。 13歳であった。 今はもうそのを見ることはできない。 なお、のの名称は現時点では不明である。 正規として、類稀なる才を発揮した。 の操作をのとしてもち、一度励起したを基底状態にまでしたことが用解説から判明している。 ののはの見立てではすでに破損しており、形見としてが所有している。 プロフィール 13歳 AB H //76 マリア姉さんを傷つける人…悲しませる人…泣かせる人は、絶対に許しませんッ!! 『』では、発表当初からの使用としてが内定されていた。 しかし、配信開始から長らくされず、でもにされていた。 が遅れた理由はモーションを全に新規で作成する必要があったため。 例えば、と同じく遅れてされたの場合はにてとして出てくるものがあるため流用可だったが、で戦うがないに関しては1からする必要があったのである。 の間でも「 下手すればZのた遅れるのでは」とが危ぶまれるすらあったが、に期間限定『セント・』が配信。 用のの設定画が新たに書き下ろされ、さらに専用のエクスまで追加される形でついにされた。 私の絶唱で関連動画を再生する前の状態にリセットできるかもしれないの。 マリア姉さん、私、関連静画がほしい そのときはマリア姉さんが関連商品を何とかしてくれる チャンネルにはFISの人たちもいる コミュニティにいるのは私だけじゃない、だからなんとかなる。 関連項目よ• 参照:.

次の