シム ウンギョン 日本。 韓国人気女優シム・ウンギョン 不安ありつつも日本に進出した理由とは?

シムウンギョンは日本語も演技も凄い!松坂桃李も大絶賛で日本アカデミー賞受賞

シム ウンギョン 日本

3月5日、日本政府が韓国に対する入国制限措置を電撃発表すると、韓国政府が翌日対抗措置を発表するなど、日韓関係が再び凍り付いている。 しかし、少なくとも両国の映画シーンには春風のムードが続いているようだ。 米国のアカデミー授賞式で4冠を達成したポン・ジュノ監督の映画「パラサイト 半地下の家族」が日本で大ヒットしている中、日本映画「新聞記者」に出演した韓国人女優のシム・ウンギョンが日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を受賞した。 シム・ウンギョンの受賞は韓国でも「かなり異例な事件」として報道されている。 当時の「新聞記者」の興行成績の不振について、映画関係者は次のように分析している。 韓国では社会派映画でもエンターテイメント的な要素が強くなければ成功できない。 『新聞記者』はまさにその点で物足りない感じがした。 しかも、映画の結末にむなしさを感じたという映画ファンの評価も多かった」 「政権批判」映画での受賞を強調する現地メディア シム・ウンギョンの快挙を契機に、この映画が再び韓国メディアから注目を集めている。 彼女の受賞ニュースを伝える韓国メディアは、「新聞記者」が安倍政権を批判する映画であることを強調した。 京郷新聞系列のスポーツ日刊紙「スポーツ京郷」は、韓国人女優が安倍政権を批判した映画で日本で受賞したことは非常に異例だと報道した。 「映画『新聞記者』は、安倍政権のデリケートなスキャンダルを真正面から扱い、昨年も日本国内公開の際には、見えない圧力に苦しんだ。 特に、日本軍の慰安婦問題と関連した日本政府の貿易報復などで、韓日関係が友好的でない状況で成し遂げた快挙としてさらに意味が深い」 朝鮮日報系列の女性誌「女性朝鮮」のインターネット版は、映画のモチーフになった加計学園問題に注目した。 「映画『新聞記者』は安倍政権を揺るがした加計学園スキャンダル(安倍政権が特定の私立の学校法人に獣医学部の新設に関する特別の便宜を図ったという疑惑)をモチーフにした。 シム・ウンギョンは日本国内のフェイク・ニュースからコメント操作まで、政府が隠そうとする真実を執拗に追う社会部記者の吉岡を演じた。 最近、同学園はまた別の話題を作った。 獣医学科を受験した韓国人受験生8人の面接点数を0点として処理し、全員不合格にしたのだ。 この問題も、最近、韓日のネット民たちから議論を呼んでいる」 一方、SNSなどでは、シム・ウンギョンの快挙を祝う書き込みが溢れた。 特に印象的なのは、韓国人女優に偏見なく最優秀主演女優賞を受賞させた日本に対する好意的な反応が多かった点だ。 「シム・ウンギョンさんの演技は本当にうまかった! 日本がそれを認めてくれたことに感謝したい」 「シム・ウンギョンさんもよくやったけど、日本映画界も大きな決断だったと思う。 現政権を批判する映画に出演した韓国人俳優の受賞は大したことだ」 「驚いた、シム・ウンギョンさんにも日本映画界にも……。 良心的で客観的な思考を持っている日本の芸術家たちに尊敬と喝采を送る」 「シム・ウンギョンさんの受賞を機に、金大中政権の時のような韓日関係に修復されればいいと思います。 岩井俊二監督の映画『Love Letter』の『お元気ですか?』というセリフが大流行したあの頃が懐かしいです。 今はとても辛いです」 「のだめ」リメイク版での挫折 1994年5月31日生まれのシム・ウンギョンは、2003年、9歳の時、アジア全域で韓流ドラマの旋風を巻き起こした「宮廷女官チャングムの誓い」の端役でデビューして以降、現在まで計40本余りのドラマや映画に出演している若手実力派女優だ。 少女時代のシム・ウンギョンは、可愛いイメージと大人顔負けの演技力で多くの韓流ドラマに出演した。 韓流ドラマファンたちに高い人気を誇る「グンちゃん」こと、チャン・グンソクの出演作「黄眞伊」(2006年)ではタイトルロールの黄眞伊(ハ・ジウォン)の子役で出演し、ドラマ序盤の人気を牽引した。 ヨン様ことペ・ヨンジュンの出演作である「太王四神記」(2007年)では、ヨン様の相手役のスジニ(イ・ジア)の子役を演じ、ヨン様の子役のユ・スンホとともに胸をときめかせるロマンスを披露してドラマ・ファンたちに深い印象を残した。 シム・ウンギョンは、デビュー以来、映画シーンでも活発な活動を見せている。 中でも、2011年に彼女が主演を務めた映画「サニー 永遠の仲間たち」は、次世代スターの仲間入りを果たすために決定的な役割を果たした。 「サニー」のカン・ヒョンチョル監督は、筆者のインタビューに、シム・ウンギョンの魅力を次のように語った。 「良い俳優には、『テクニカルな演技力に優れた役者』と『芸術的な感受性に優れた役者』の2種類がいると思います。 シム・ウンギョンは後者だと思います。 初めて会った瞬間から、彼女の俳優としての感受性に圧倒されました。 最初は私と目も合わせられないほど恥ずかしがる少女だったですが、台本を読ませた瞬間、まるで彼女の内部から何かが爆発するような感じを受けました。 『サニー』の主人公・ナミは、自分だけの世界に閉じ込められていたおとなしい少女ですが、仲間たちに出会って変わっていくキャラクターです。 ナミを演じるのは、シム・ウンギョンがぴったりだとすぐに分かりました」 「サニー 永遠の仲間たち」は韓国内で740万人の観客を動員したほか、日本などの外国でリメーク版が製作されるほどの大ヒット作となった。 その後も彼女は、2014年の主演作「怪しい彼女」で870万人の興行を記録するなど、韓国映画界の代表的な人気女優として位置付けられるようになる。 華やかなシム・ウンギョンの役者人生にも挫折はあった。 2014年10月、彼女が主演を務めたドラマ「のだめカンタービレ 〜ネイル カンタービレ」が低調な視聴率で幕を下ろして以来、彼女はしばらくドラマシーンと距離を置くようになった。 この作品は韓国でも人気の高い日本のドラマ「のだめカンタービレ」の韓国版リメークだ。 制作プロダクションは「花より男子」の韓国版リメークで知られる韓流ドラマの老舗グループ・エイト。 このドラマは当初、シム・ウンギョンではない別の女優が主演候補に挙がっていた。 だが原作ファンの間で「のだめ役はシム・ウンギョン以外にはありえない」との反発が強く、オンラインでは視聴ボイコット運動まで起こった。 結局グループエイド側は、多忙なスケジュールですでに出演を断ったシム・ウンギョンを再び説得し、のだめ役を任せた。 キャスティング段階でファンの抗議によってヒロインが変わったという前代未聞の事件は、韓国メディアで大々的に報道され、大きな関心を集めた。 「日本での活動は幼い頃からの夢」 彼女は2017年に、電撃的に日本進出を発表し、韓国のファンを驚かせた。 当時のインタビューによると日本進出は彼女の幼い頃からの夢だったという。 「日本での活動は幼い頃から持っていた夢でした。 日本の映画や日本文化が好きで、いつか日本で活動をしてみたいという考えをずっと持っていましたが、今回とてもいいチャンスに巡り合うことができました。 日本では新人なのでまだ私のことを知らない人もたくさんいると思います。 (日本のマネージメント会社と)日本でどんな活動をするか、どんな作品に出演したいかについて、たくさん話をしています。 お互いの意見をよく調整し、どんな活動ができるかよく考えたいと思います」(「エックススポーツニュース」2017年4月21日のインタビューにて) 是枝裕和監督や岩井俊二監督の作品を中学生の頃から観ていたというシム・ウンギョン。 数多くのヒット作を出して韓国映画界のトップ女優に上り詰めた彼女だが、それに満足することなく、再び初心に返り、日本での挑戦を選択した。 そして、その結果が今回の歴史的な快挙につながったのだ。 日本でも大好評の映画「パラサイト」やシム・ウンギョンの活躍をみながら、政治的な対立や国民感情の悪化を乗り越えられる映画の力を信じてみたい。 (金 敬哲/週刊文春デジタル).

次の

Chevron

シム ウンギョン 日本

シム:新聞記者の役は、いままでやったことがなかったので、まずそこで興味を持ちました。 あと、この映画はジャーナリズムについての話ではあるんですけど、そのなかで人間群像がちゃんと見えて、私にとっては何よりもヒューマンストーリーであるように感じられたんです。 あと、吉岡というキャラクターが、自分の意見をはっきり言うような、非常に主体性を持った人物であることもすごくいいなと思って、この役を是非やってみたいと思ったんです。 シム:映画のなかにも出てきますけど、彼女の父親もジャーナリストだったので、いろんな影響を受けながら育ってきたのだと思います。 父親が残した「誰よりも自分を信じ疑え」というメッセージを何度も見返しながら、これまで生きてきたような人物なんですよね。 そうやって、実際の行動と、その背景にある人間的な部分がちゃんと溶け込んでいるキャラクターだと思いました。 彼女の生い立ちや考え方などはわからないまま登場する。 だから、ちゃんと最初から彼女のキャラクターや気持ちを作っていかないといけないと思ったんです。 この映画のストーリーはシリアスなもので、とても重みがあるものなんですけど、その流れのなかに自然と入っていけるように、映画を見る人にとって違和感のないような演技を目指したいと思ったし、そこがとても難しいところでした。 そこで実際に働いている記者の方々と、いろいろお話をさせていただいて。 みなさん本当に一生懸命頑張って仕事されている姿もみましたし、たとえ短い記事であっても、そこに至るまでのあいだには、本当に長い時間、取材を重ねていたりするのを聞いて驚きました。 新聞は、毎日毎日出し続けるわけで、徹夜することもしょっちゅうあったりして。 あと、ひとつの記事を作るためには、「いつ、どこで、誰が、何を、どんなふうに」っていう、その全部が入ってないとだめだったりとか。 そこで見たり聞いたりしたことは、私の芝居にも反映されていると思います。 作品情報 『新聞記者』 2019年6月28日(金)から新宿ピカデリー、イオンシネマほかで全国でロードショー 監督:藤井道人 原案:望月衣塑子『新聞記者』(角川新書刊)、河村光庸 出演: シム・ウンギョン 松坂桃李 本田翼 岡山天音 西田尚美 高橋和也 北村有起哉 田中哲司• プロフィール シム・ウンギョン 1994年5月31日生まれ。 9歳でドラマデビュー。 「ファン・ジニ」(06)、「太王四神記」(07)、「キム・マンドク~美しき伝説の商人」(10)、「赤と黒」(10)などが放送され、日本でもお馴染みの子役となった。 主演として韓国で観客動員740万人を記録した大ヒット映画『サニー永遠の仲間たち』(11)、『怪しい彼女』(14/主演)では韓国で観客動員865万人を記録するなど話題の作品にも多数出演、その後も韓国ドラマ「のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ」(17/主演)などで活躍。 今年は日本の舞台「良い子はみんなご褒美がもらえる」(19)で人生初舞台を踏み、映画では、『新聞記者』に続き『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が控えている。

次の

シム・ウンギョン

シム ウンギョン 日本

略歴 [ ] ()、 ()卒業。 ()入学後、秋に留学。 6月、の ()を卒業。 、ドラマ『張吉山』でデビュー。 数多くのドラマや映画の出演実績があり、の序盤の数話で描かれる主人公やヒロインの幼少期役の常連であった。 ドラマ『』では主人公ファン・ジニの幼少期役を演じ、に青少年演技賞を受賞。 その後、韓国芸能誌などで「子役スター」と称されるなど韓国の人気子役となった。 また、でもの韓国ドラマシリーズで『』『』『ファン・ジニ』と3本立て続けに登場している。 に主演した『』が観客動員数860万人を超えるヒットとなり、第50回最優秀主演女優賞をはじめ多数の賞を受賞(参照)。 作品自体も日本を含む計8言語でされるという世界初の記録を打ち立てた。 中学生の頃からやの映画に影響を受け、いつか日本でも仕事をしたいという気持ちを持つようになり 、4月、日本の芸能事務所とマネジメント契約を締結。 4月から5月にかけて舞台『良い子はみんなご褒美がもらえる』にサーシャ役で出演し、日本の舞台初出演を果たした。 同年6月には、とW主演を務めた映画『』が公開。 優秀主演女優賞及び最優秀主演女優賞 、女優主演賞 、第11回最優秀新進女優賞 を受賞し、作品自体も日本アカデミー賞最優秀作品賞を獲得した。 人物 [ ] 趣味は歌、特技は。 上述の通り、において、優秀主演女優賞及び最優秀主演女優賞を受賞している。 の歴史において、演技部門の優秀賞を外国人が受賞するのは、以来2人目であるが、最優秀賞を受賞するのは、史上初の快挙である。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• 張吉山 (2004年、) - 幼少期のボンスン 役• 結婚したい女(2004年、) - 幼少期のイ・シニョン 役• あんぱん (2004年、MBC) - 幼少期のハン・ガラン 役• (2004年、) - ククジュ 役• ()(2005年、SBS) - 幼少期のキム・ソナ 役• ()(2005年、SBS) - 幼少期のカン・スミン 役• ()(2005年、SBS) - キム・ガラム 役• ()(2005年、MBC) - 幼少期のチョン・アミ 役• (2005年、SBS)• ()(2005年、KBS) - チン・ダルレ 役• (2006年、KBS) - 幼少期のソン・イナ 役• (2006年、KBS) - 幼少期のファン・ジニ 役• (2007年、MBC) - 幼少期のスジニ 役• (2008年、KBS) - 幼少期のシン・ドヨン 役• ギョンスク、ギョンスクの父(2009年、KBS) - 主演:チョ・ギョンスク 役• (2010年、KBS) - 少女時代のキム・マンドク 役• (2010年、・SBS) - ムン・ウォニン 役• (2014年、KBS 2TV) - 主演:ソン・ネイル 役• マネーゲーム(2020年、) - 主演:イ・ヘジュン 役 映画 [ ]• 多黙・安重根(2004年) - の娘 役• (2007年) - ヨンヒ 役• ()(2009年) - ソジン 役• ()(2010年) - キム・ハリン 役• クイズ王 (2010年) - キム・ヨナ 役• (2011年) - 高校時代のイム・ナミ 役• ()(2011年) - 少女時代のキム・ブン 役• (2012年) - サウォル 役• (2014年) - 主演:オ・ドゥリ 役• (2016年) - 主演:ナム・ヒジュ 役• 歩く女王 ウォーキング王 (2016年) - 主演:イ・マンボク 役• ザ・メイヤー 特別市民(2016年) - パク・ギョン 役• (2017年) - ヨウル 役• (2018年) - 主演:シン・ルミ 役• (2019年) - 主演:吉岡エリカ 役• (2019年) - 清浦あさ美 役 舞台 [ ]• 良い子はみんなご褒美がもらえる(2019年4月20日 - 5月7日、/5月11日・12日、) - サーシャ 役 CM・広告 [ ]• 「パビラン」(2006年)• 「SHOWホン」(2008年)• KTF「SHOWローミング料金制」(2008年)• 「秀美チップ」(2011年)• 「」(2014年)• 「ALL NEW モーニング」(2017年)• 歩く女王「エンディングソング」(2016年) 広報 [ ]• 第11回ソウル国際青少年映画祭広報大使(2009年)• 第18回広報大使(2014年) 受賞歴 [ ]• - 青少年演技賞(2006年、『』)• KBS演技大賞 - 青少年演技賞(2008年、『』)• 第48回 - 助演女優賞(2011年、『ロマンティックヘブン』)• 第50回 - 最優秀主演女優賞(2014年、『』)• 第19回 - 主演女優賞(2014年、『怪しい彼女』)• 第23回釜日映画賞 - 主演女優賞(2014年、『怪しい彼女』)• 第19回椿事映画賞 - 主演女優賞(2014年、『怪しい彼女』)• 第14回ディレクターズ・カット・アワード - 今年の女性演技者賞(2014年、『怪しい彼女』)• 第1回韓国映画祭作家協会賞 - 主演女優賞(2014年、『怪しい彼女』)• 第18回 - ファンタジア・アワード(2014年、『怪しい彼女』)• 第10回提川国際音楽映画祭 - 音楽映画 女性俳優賞(2014年、『怪しい彼女』)• Movies Awards - 最も期待される俳優賞(2017年)• 第11回 - 最優秀新進女優賞(2019年、『』)• 第34回 - 最優秀主演女優賞(2020年、『』)• - 女優主演賞(2020年、『新聞記者』)• - 最優秀主演女優賞(2020年、『新聞記者』) 出演作品関連商品 [ ]• 海神-HESHIN-DVDBOX 1 [DVD8枚組](収録時間:1065分)言語:韓国語(日本語字幕付き)販売元:ジェネオンエンタテインメント• 海神-HESHIN-DVDBOX 2 [DVD9枚組](収録時間:1146分)言語:韓国語(日本語字幕付き)販売元:ジェネオンエンタテインメント• 海神-HESHIN-DVDBOX 3 [DVD9枚組](収録時間:1009分)言語:韓国語(日本語字幕付き)販売元:ジェネオンエンタテインメント• 春のワルツ DVD-BOX I [DVD4枚組](収録時間:540分)言語:日本語 販売元:NHKエンタープライズ• 春のワルツ DVD-BOX II [DVD5枚組](収録時間:680分)言語:日本語 販売元:NHKエンタープライズ• 太王四神記 DVD BOX I (ノーカット版)[DVD6枚組](収録時間762分)言語:韓国語(日本語字幕付き)販売元:エイベックス・マーケティング• 太王四神記 DVD BOX II(ノーカット版)[DVD7枚組](収録時間780分)言語:韓国語(日本語字幕付き)販売元:エイベックス・マーケティング• ファン・ジニ (黄真伊) DVD BOX [DVD9枚組](収録時間:1565分)言語:韓国語(字幕なし)• プラハの恋人 DVD BOX I [DVD5枚組](収録時間:600分)言語:韓国語、日本語 販売元:エイベックス・マーケティング• プラハの恋人 DVD BOX II [DVD5枚組](収録時間:600分)言語:韓国語、日本語 販売元:エイベックス・マーケティング 出典 [ ] []• Kstyle LINE. 2015年9月4日. 2019年8月19日閲覧。 Newsen 2010年3月30日• 데일리안 2013年6月14日• Kstyle LINE. 2014年2月13日. 2014年2月13日閲覧。 withnews 朝日新聞社. 2019年6月21日. 2019年6月21日閲覧。 エキサイトニュース エキサイト. 2009年8月11日. 2009年8月11日閲覧。 Kstyle LINE. 2014年3月31日. 2019年8月19日閲覧。 Kstyle LINE. 2014年5月28日. 2019年8月19日閲覧。 Kstyle LINE. 2016年11月7日. 2019年8月19日閲覧。 Kstyle LINE. 2016年2月20日. 2016年2月20日閲覧。 Kstyle LINE. 2018年1月9日. WoW! Korea エイアイエスイー. 2018年1月31日. 2018年1月31日閲覧。 CINRA. net. 2019年5月30日. 2020年3月7日閲覧。 Kstyle LINE. 2017年4月3日. 2019年8月16日閲覧。 Astage プラスワン. 2019年4月11日. 2019年4月11日閲覧。 ステージナタリー ナターシャ. 2019年4月3日. 2019年4月3日閲覧。 シネマトゥデイ シネマトゥデイ. 2020年3月6日. 2020年3月6日閲覧。 毎日新聞 毎日新聞社. 2020年2月13日. 2020年2月13日閲覧。 CinemaCafe. net. 2019年10月3日. 2010年10月3日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2020年3月6日. 2020年3月6日閲覧。 WoW! Korea エイアイエスイー. 2019年8月19日閲覧。 Kstyle LINE. 2014年9月18日. 2014年9月18日閲覧。 Kstyle LINE. 2019年10月10日. 2019年10月10日閲覧。 Kstyle LINE. 2016年2月21日. 2016年2月21日閲覧。 Kstyle LINE. 2012年8月22日. 2012年8月22日閲覧。 Kstyle LINE. 2016年1月26日. 2016年1月26日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2017年7月28日. 2017年7月28日閲覧。 2017年4月17日. 2017年4月17日閲覧。 Kstyle LINE. 2016年9月22日. 2016年9月22日閲覧。 2016年1月22日. 2016年1月22日閲覧。 Kstyle LINE. 2017年2月7日. 2017年2月7日閲覧。 Kstyle. 2019年8月18日. 2019年8月18日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年4月5日. 2019年4月5日閲覧。 Kstyle LINE. 2017年3月17日. 2019年8月19日閲覧。 livedoor NEWS. 2014年2月18日. 2019年8月16日閲覧。 Kstyle LINE. 2016年10月12日. 2016年10月12日閲覧。 WoW! Korea エイアイエスイー. 2014年6月15日. 2019年8月19日閲覧。 外部リンク [ ]• - によるプロフィール (日本語) (英語)• shimxe. - (英語)• - この項目は、に関連した です。

次の