サンタナ 中古。 フォルクスワーゲン サンタナ 歴代モデル•グレード・外装・内装写真一覧

サンタナ Gi(フォルクスワーゲン)の中古車

サンタナ 中古

概要 [ ] に発売されたフォルクスワーゲンの中型乗用車、には、、(コンビ)、があったが、に移行した第2世代ではワゴンとハッチバックだけとなった。 その際に、セダン型の後継モデルとして新たに独立したモデルがこの「サンタナ」である。 第2世代のパサートとサンタナとはの関係であり、いずれも(第2世代)とを共用していた。 を採用し、駆動方式は前輪駆動のみの中型4ドアであった。 歴史 [ ] ヨーロッパ [ ] 1981年より1984年までを含めた諸国で販売された。 5ドアハッチバック及びワゴン(ヴァリアント)であった姉妹車・は1988年まで生産され、第3世代へと移行した。 ブラジルでは、1984年2月にパサートの第1世代の後継車種としてサンタナが発売され、4ドアセダンに加えて2ドアセダンが存在した。 に、外観のみを第3世代パサートに似せた「新型サンタナ」に移行、2006年まで製造・販売されていた。 さらに、「フォルクスワーゲン・ド・ブラジル」との「」のブラジル法人との合弁会社である「アウトラチーナ」では、「」の後継車として、サンタナのフォード版である「ヴェルサイユ」を1995年まで生産していた。 これらはいずれも直列4気筒1,800ccまたは2,000ccのエンジンを搭載(車名の数字はを表すものではない)し、現地では、などにも用いられている。 さらに2008年1月6日には、新たにサンタナ・ビスタ(SANTANA VISTA)(同:志俊) が発表された。 かつて同国の最大都市であるでタクシーといえばサンタナであり、長年にわたって走り込まれたサンタナを街のほうぼうで見かけることができた。 でもとともにサンタナがタクシーの代表的な車種であった。 しかし近年、中国特有の地方保護主義の影響もあり、北京では などに、上海ではやはり上海に工場を持つサンタナ3000やに置き換わりつつある。 [ ] 10月、フルモデルチェンジ版となる2代目を発表。 中国市場を主眼に置いたコンセプトとし、設計・開発は工場で行われた。 エンジンはいずれも新開発となる1. 4Lと1. 6Lの2種類のガソリンエンジンを用意する。 1980年、当時積極的な国外展開戦略をとっていた日産自動車の社長は、フォルクスワーゲンとの全面提携を所望、その足掛かりとしてサンタナの製造・販売を提案した。 翌1981年、の仲介によって同車のノックダウン生産に関する提携は成立したが、フォルクスワーゲンはそれ以上の業務提携拡大には関心を示さなかった。 その後、日本におけるサンタナの販売は、当初合意された月産4,000-5,000台の計画に対して、生産を終了した1991年までの7年間の合計でも約5万台 という不調に終わり、両社の関係も後退した。 後継モデルとして1990年に発売されたパサート(第3世代)は、この経緯により当初日産によって取扱販売された。 直後の1991年、フォルクスワーゲンは、日本での販売に関してと提携、日産との提携は解消された。 年譜 [ ]• 1984年2月 - M30型登場。 日本の枠に収めるためモール類を薄型にして1,690mmの車幅としている。 ヘッドライトやラジエターグリル形状はパサートとは違う独自のデザインを採用している。 エンジンは直列5気筒OHC1,994ccフォルクスワーゲンJ型、直列4気筒OHC1,780ccフォルクスワーゲンJN型、および直列4気筒OHC1,588ccディーゼルターボ フォルクスワーゲンCY型の3機種をラインナップ。 5月 - 「2000Xi5アウトバーン」追加。 最上級グレードXi5をベースに地スポーツシート、GTIと同じデザインのステアリングホイールや電動が装備された。 また、14インチホイールが与えられ、足回りも専用となった。 1月 - マイナーチェンジ。 Xi5アウトバーンDOHCが登場。 フロントマスクのデザインが変更され、フォグライト組み込みヘッドランプやラジエーターグリル及び大型前後バンパーなど、パサートと共通のものとなった。 また、ディーゼルターボが廃止され、ガソリンエンジン車もラインナップから2グレード廃止されている。 後期モデルの価格は、213. 6-288. 3万円であった。 - 日産でのライセンス生産を終了。 その後継車として3代目パサートを輸入し、とで取り扱っていたが、1992年にはトヨタ系のDUOでのフォルクスワーゲンの販売が開始され、日産ディーラーでの販売は中止となった。 ラインナップ [ ]• Xi5・アウトバーンDOHC DOHC、1,994cc、140馬力(1987年〜)• Xi5・アウトバーン SOHC、1,994cc、110馬力(1985年〜)• Xi5 SOHC、1,994cc、110馬力• Gi5 SOHC、1,994cc、110馬力(1984年〜1987年)• Gi SOHC、1,780cc、100馬力(1984年〜1987年)、91馬力(1987年〜、ネット値)• Li SOHC、1,780cc、100馬力(1984年〜1987年)• Gt SOHCターボディーゼル、1,588cc、72馬力(1984年〜1987年)• Lt SOHCターボディーゼル、1,588cc、72馬力(1984年〜1987年) 取り扱い販売店 [ ]• (1984年から日産製サンタナを販売)• (1987年4月より) 参考文献 [ ]• 『絶版車カタログ 国産車編 part 4 1980ー1989 上巻』(バウハウス)• 『絶版車カタログ 国産車編 part 5 1980ー1989 下巻』(英知出版) 脚注 [ ] [] 補足 [ ]• 1984年 : 1万7418台 、1985年 : 1万2281台 、1986年 : 6886台 、1987年 : 8426台 、1988年 : 3421台 、1989年 : 1219台。 出典 [ ].

次の

フォルクスワーゲン サンタナ 中古車車検索

サンタナ 中古

発売日 1987年01月01日 1987年01月01日 1987年01月01日 1987年01月01日 1987年01月01日 1987年01月01日 1987年01月01日 1987年01月01日 排気量 1,994 cc 1,994 cc 1,994 cc 1,994 cc 1,994 cc 1,994 cc 1,780 cc 1,780 cc エンジン区分 ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン 燃費 - - - - - - - - 燃料 レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー 駆動方式 FF FF FF FF FF FF FF FF ミッション MT AT MT AT MT AT MT AT ハンドル 定員 5名 5名 5名 5名 5名 5名 5名 5名 最小回転半径 5. 2 m 5. 2 m 5. 2 m 5. 2 m 5. 2 m 5. 2 m 5. 2 m 5. 2 m 5. 2 m 5. 2 m 5. 2 m 5. 2 m 5. 2 m 5. 2 m 5. 2 m 5. 2 m 5. 2 m 5. 2 m 5.

次の

フォルクスワーゲン(VOLKSWAGEN)の中古車 車種・モデル別一覧

サンタナ 中古

1984年より1990年まで、日産にてノックダウン生産・販売されたVWサンタナです。 現車は、1985年式 グレードが1800Gi AT車になります。 現オーナーは、平成27年に程度の良いワンオーナーものを見つけ、個人の方より譲り受けました。 購入後、セカンドカーとして使用され、現在までに約5000km乗られているそうです。 走行距離のメーター読みは約14万kmですが、前オーナーがメーター交換しているため、現時点の実走行距離は、約9万kmだそうです。 (メーター交換歴がある為、不明扱いとさせて頂きました。 ) 外装、内装とも、大変コンディションが良く、きれいに維持されています。 ボディーカラーもオリジナルだそうですが、色褪せなどなく、気になるような傷や凹みもありません。 室内も禁煙で、気になる汚れなどなく、大変、清潔な印象です。 前シートは、レカロに交換されています。 ステアリングは、ナルディクラシックのウッドです。 エアコンは効いています。 オーディオはCD。 ETC付属します。 購入後、ハンチングがあったので、調整し、現在、エンジンは完調です。 気になる個所は、早めに手を入れて、コンディションを維持しています。 下記は、整備記録より。 (現オーナーが購入後された分) 燃料ホース交換、アキュームレーター交換(新品)、ダイナモ交換、ラジエーター交換、アッパー&ロアホース交換、ブレーキディスパッド交換、ハブベアリング交換等。 水温センサー、クーラント交換、サーモタイムS/W交換、ドライブシャフトアウターブーツ交換、フロント左右ブレーキホース交換、ブレーキオイル交換、タペットカバーPK交換、パワーステアリングリターンホース修理、クーラーガスチャージ、ダイナモ分解点検OH、ドアチャンネル修理、イグニッションセンターコード交換、ブーツ交換、エンジン調整、CO調整、アイドル調整、ディストリビューター点検等 気になるオイル漏れもないそうです。 ホイールは、当時のゴルフ用と思われる物に交換しています。 (購入時付いていた社外ホイールは処分してありません) タイヤは、BS ファイヤーホーク 185/55/R15 8分山程度あります。 (2015年4週目物) ショックは、前オーナーから、コニーかモンローに交換済とお聞きしているそうです。 屋内車庫保管で、雨天時は基本的に乗らず、大切にされています。 乗り味はマイルドで、街乗りでも乗りやすく、高速での安定感もゴルフよりあるかもとの事でした。 エアコンも効き、普通に家族も乗せられる広さがあり、実用的なので、普段乗りにも使いたい方にも良い選択かと思います。 個人売買の為、消費税はかかりません。 自動車税の月割り負担分とリサイクル費用は、別途、清算させて頂きます。 車は福岡県にございます。 【令和1年6月15日更新】 価格を変更しました。 コンディションは維持しています。 以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したもので、極力、欠点なども含めて記事を作成しておりますが、不具合箇所、整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。 エンスーの杜より無理に購入を勧めることはございませんので、ご自身でご確認の上、購入をお決め下さい。 138万円 画像クリックで拡大出来ます.

次の