シーマスター ダイバー 300m 007 エディション。 オメガ シーマスター ダイバー300M 007エディション

シーマスター ダイバー 300M ”ジェームズ・ボンド” リミテッドエディション

シーマスター ダイバー 300m 007 エディション

オメガとの継続的な関係は、ピアース・ブロスナンが007役を引き継いだときに始まった。 ハンサムなアイルランド人俳優は、『ゴールデンアイ』(1995年)ref. 2541. 80、『トゥモロー・ネバー・ダイ』(1997年)ref. 2531. 80、『ワールド・イズ・ノット・イナフ』(1999年)ref. 2561. 80、『ダイ・アナザー・デイ』(2002年)ref. 2531. 80と立て続けにオメガ シーマスター プロフェッショナルを着用した。 次のボンドの後継者、ダニエル・クレイグは、そのままオメガを愛用し続け、『カジノ・ロワイヤル』(2006年)では、シーマスター ダイバー300m(ref. 2220. 80)とプラネット オーシャン(ref. 2900. 91)を身に着けた。 600m防水を誇るシーマスター プラネットオーシャンは、『慰めの報酬』(2008年)と『スカイフォール』(2012年)に登場した。 前作『スペクター』(2015年)では、シーマスター アクアテラとシーマスター 300 スペクターが使われた。 このボンド・スペシャル エディション シーマスターは、THE RAKEの意見では、これまでクレイグが着用してきたオメガの中で、最もクールな1本だ。 20世紀半ばのスタイルでありながら、中には最新のメカニズムが使われていた。 非常に磁気に強いムーブメント、時計士ジョージ・ダニエルズによる革新的なコーアクシャル脱進機、ほぼ破壊不可能なセラミックとリキッドメタルのベゼルなどだ。 残念ながら小型爆弾や首絞め用チェーン、レーザー光線などは装備されていないが、現代における生活シーンで必要十分、かつスタイリッシュな1本であった。 そして最新作『ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2020年)でも、ボンドウォッチとして選ばれたのはオメガだった。 シーマスター ダイバー300M 007エディションである。 ミリタリーとヴィンテージのテイストを持つというこの時計のデザインは、ダニエル・クレイグ自身の意見も反映されているという。 42mmのタイムピースの素材はチタンで、ケースとメッシュベルトに使用されている。 またストライプ柄のNATOストラップを選ぶこともできる。 クレイグは今回の映画でボンド役を降りると公言しているが、次のボンド役は誰か、そして愛用の時計が何になるのか・・このシリーズへの興味は尽きない。 上記の時計モデルのいくつかは、007の時計の詳細なデータベースを持つjamesbondwatches. comによって特定された。 ダニエル・クレイグが着用する、オメガ シーマスター アクアテラは、ボンドの海軍士官としてのバックグラウンドを思い起こさせる。 最新作『ノー・タイム・トゥ・ダイ』にて採用された、オメガ シーマスター ダイバー300m 007エディション。 ケースとストラップはチタン製でスティールに比べ大幅な軽量化を達成している。 ケース径42mm。 自動巻き。 03-5952-4400).

次の

【動画】オメガの最新作「シーマスター ダイバー300M 007 エディション」のレビュー登場!これを身につければ気分はジェームズ・ボンド!

シーマスター ダイバー 300m 007 エディション

オメガ「シーマスター ダイバー 300M 007エディション」Ref. 210. 001 108万9000円/自動巻き(自社製Cal. 8806)。 毎時2万5200振動。 55時間パワーリザーブ。 チタンケース&ブレスレット。 直径42mm。 30気圧防水 飽和潜水に対応する42mmダイバーズのケースと、長さの微調整が可能なバックル付きのメッシュブレスレットは、堅牢かつ軽量なグレード2チタンから製造。 秘密任務を遂行するボンドのような強靭なエージェントに、まさしくこのマテリアルは相応しい。 シーマスター ダイバー 300Mのレギュラーモデルにはないブラウン トロピカルのダイアルとベゼルリングはアルミニウム製で、ベゼル上のダイビングスケールとスケルトン加工された針、インデックスには暗闇での視認性を高めるスーパールミノバ夜光を塗布。 その色合いが絶妙なヴィンテージ調で、スポーティでありながらクラシカルな趣きも持ち合わせている。

次の

【レビュー】オメガ 210.22.42.20.01.004 シーマスター ダイバー300M ジェームズ・ボンド リミテッド エディション

シーマスター ダイバー 300m 007 エディション

スポンサーリンク Seamaster Diver 300M James Bond Limited Edition Watch 210. 004 シリーズ25作目、来年2020年に公開予定の新作「007 NO TIME TO DIE」の限定モデルと思いきや、1969年公開の「女王陛下の007」から50周年を祝う記念モデルだそうです。 国内定価は756,000円、世界限定7,007本。 12時位置のインデックスはボンド家の紋章。 10時位置のインデックスには50周年の50の数字。 デイト表示の7は007のフォントで「7」。 ラバーストラップとSSブレスレットが付属しています。 42mmのシーマスター300Mにはセラミック製のベゼルと、ガンバレル模様のセラミック文字盤、インデックスと針はゴールド。 コーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー8800搭載。 映画『女王陛下の007』の上映50周年を記念して、魅惑のジェームズ・ボンド モデルが、オメガが愛してやまないスパイへのオマージュを捧げます。 数多くのサプライズを秘めた、7,007本限定モデルの誕生です。 ガンバレルをモチーフにしたダイアル このモデルのスパイラルサテン仕上げを施したブラックセラミック製ダイアルには、レーザーエングレービングでジェームズ・ボンドを象徴するガンバレルのデザインが刻印されています。 その中央部の直径はちょうど9mmです。 また、その他のディテールにもご注目ください! ガンバレルーヤ・・・ではない。 特別仕様のボックスには、交換用のステンレススティール製ブレスレットも収められています。 この直径42mmのステンレススティール製モデルは世界限定7,007本で、ブラックのラバーストラップが付属。 ケースサイドの18Kイエローゴールド製のプレートには、限定番号が刻印されています。 ブラックセラミック製ベゼルにはホワイトエナメルのダイビングスケールが付いているほか、スパイラルサテン仕上げのブラックセラミック製ダイアルにはガンバレルのデザインがレーザーエングレービングされています。 中央部の直径はちょうど9mmです。 針とインデックスに使用されている18Kイエローゴールドは、12時位置のボンド家の紋章にも用いられています。 また、日付窓に表示される「7」の数字には007フォントを使用。 ジェームズ・ボンド シリーズの映画『女王陛下の007』の公開50周年を記念して、10時位置には夜光塗料でシークレットナンバーの「50」が隠されています。 ケースバックのサファイアクリスタルガラスの内側には、ゴールドとブラックのメタリック加工でボンド家の紋章があしらわれています。 オメガ コーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー8800搭載。

次の