四日市 コロナ 死亡 どこ。 三重県四日市市でコロナウイルス感染者死亡!なんと発熱から○日後に死亡!恐るべきスピード

【新型コロナはフェイク?デマ?】超過死亡から見る本当の死亡者数。真実はどこに?データと数字で分析してみよう

四日市 コロナ 死亡 どこ

Contents• 混乱の原因 今なぜこんなにいろんな意見が出ているのか?まずはそこから見ていきましょう。 結論を急ぐことよりもまずは現状把握が大切です。 コロナはまず武漢で広がっていきましたに。 1月に最初の感染者が発見されましたが、実は11月から同様の症状の方が出ていた、 なんてことが後々公表されました。 そして1月に感染者が出た後も、感染を隠蔽していたのが武漢市と中国政府ですよね? この事実はみなさん知っていると思います。 早くから新型コロナの存在を公表していた武漢のお医者さんが感染してなくなってしまいましたね。 この一連の報道を見て、みなさんこう思ったはずです。 中国は信用できない!と これは日本のメディアでもガンガン報道していましたね。 そして、1月の中旬に中国政府は武漢をロックダウンしていくわけですが、この時にWHOはパンデミック宣言を先送りにしました。 え?!なんで?と思った方も多かったと思います。 そしてWHOがパンデミック宣言を出したのは中国での感染者増大が落ち着いた翌日です。 色々、裏側を調べていくと、WHOのテドロス事務局長はエチオピア出身ですが、 もともとマラリアの研究者で保健大臣、外務大臣などを歴任していました。 エチオピアは中国から多額の支援を受けているため、テドロス事務局長は中国に忖度した判断、そして発言をしまくっていますよね? これをみて、みんな「やはり金か」と思ったと思います。 そして、結局WHOも信用できないな ってなっていきましたよね じゃあ、日本政府はどうなのか? 日本政府は信用できますか?入国制限の遅れや、クルーズ船の対応、 緊急事態宣言に伴う給付金の対応、PCR検査の少なさ。 日本政府の言っていることも信用できない。 こんな人が増えたんではないでしょうか? こんな感じで信じていたものがなくなった時に人は混乱して新たに依存できるものを探します。 そんな時に宗教とか、自己啓発とかにハマったりするのもです。 そこでネットで出ている、著名人や陰謀論者の意見に依存している人も増えています。 例えばNYが医療崩壊している! なんてメディアはたくさん報道していますが、これに対して、実際は病院なんかはガラガラで政府は嘘をついている。 このパンデミックは嘘だ!という動画なんかが流行りましたね。 あれは実は人が少ない時間帯を狙って撮影して、マスコミが報道した日にちではない別の日でした。 このように情報はいくらでも拡大して報道できるので、全てのデータは信用できなかったりします。 じゃあアメリカが発表している感染者数が本当に正しいかというと、これも検査結果を水増ししているとう報道が出ています。 実際にコロナで診断した方が医療現場はお金が入るんですね。 そしてアメリカも感染者数や死亡者で被害額をたくさんだして中国に責任を追求できるというメリットもあるので、水増しは事実だと思います。 かと言って、コロナなんてウイルスが存在しなくて全てはデマだというのは行き過ぎだと思ってます。 コロナが本当に存在するかどうかは、あなたが研究者でその存在を顕微鏡で確認しないと確信はできないはずです。 だって研究者が嘘をついているかもしれないわけですから、 とうことは一般の我々は誰かの発表している情報を信じるしかないのですが、 この時に一つの極論に依存するのではなく、 全ての意見を把握して自立した判断が求められていると感じています。 超過死亡。 数字で考察 最近注目されている指標に超過死亡というものがあります。 現在、世界でコロナウイルスにより命を落とした人の数は30万人あまりとなっているんですが、 実際にどれくらいの方が死んでいるのは? というのは検査をしていない人もいるのでわからないですよね? しかし、例年の死亡に対してどれくらいの方が命を落としているのか? これは統計データを見ればわかりますね。 これが超過死亡者数です。 感染者数やコロナ死亡者数というのは国によって検査にさがあるので、正確な数がわからない。 しかし全ての理由で死亡した人の数を例年と比べた場合今回のパンデミックで死亡した人数が出るのではないか?ということですね 各国の結果は? では実際の数字はどうなのか? イタリアでは2月20日から3月31日の期間の新型コロナウイルスの死者は1万2428人とされていますが、 過去5年間の平均と比較した同期間の超過死亡は2万5354人に上り、実際の発表よりも多いです。 米国ではさらにこの差が大きくなっています。 米国の新型コロナウイルス流行がピークに達する前の3月の超過死亡は6000人で、新型コロナの公式死亡者数の3倍以上になっています。 他の欧州諸国と比べるとコロナ対策に成功したとされるドイツでさえ、 今年3月の超過死亡数は3706人とコロナ公式死者数の2218人を上回っています。 では日本ではどうなのか?死亡者数がめちゃくちゃ低いですが、 原因不明でなくなった方を調べたら、実はコロナでした。 という全国で10件以上も発表されている。 というわけで東京の超過死亡を調べていくと、3月の1ヶ月間の超過死亡は100人以上、 では東京都が発表した3月中の新型コロナの死亡数は8人だったので実際は10倍を超えている可能性がある。 これから見た時に、実際に例年と比べて死んでいる人は増えている。 というわけでコロナが存在しないことはないんです。 それにしても、ロックダウンして緊急事態宣言を延長して、やりすぎだ!これは陰謀だ。 そんな意見の方がいるのも知っているし、自分もそっち側の意見のもチェックするようにしています。 もちろん政府やWHOの情報も見ますしね。 自分は何かの意見に依存するのが一番危険だと感じでいます。 大切なのは、より多くの情報をとって、自立した判断を行うこと。 そして自分の人生の進むべき方向性を自分自身で見つけていくことではないでしょうか? 自分と意見が合わない人を批判したり攻撃したりする人が増えています。 人が何を信じるかは自由だし、その人の人生です。 世界が混乱してる今こそ、違う意見を認め合い、お互いが助けあう、そんな愛のある人で社会をよくしていけたらと思います。

次の

三重県四日市市でPCR検査を受けれなかった50代男性が自宅療養中に死亡

四日市 コロナ 死亡 どこ

三重県で新型コロナウイルスの感染者が死亡するのは初めてです。 四日市市は市内に住む50代の男性が15日死亡し、その後PCR検査を行ったところ、新型コロナウイルスの陽性が確認されたと発表しました。 男性は4月7日に37. 5度の発熱があり、その後咳の症状もあったため、9日に市内の医療機関を受診。 自宅で療養を続けていましたが、15日に家族に意識のない状態で発見されたということです。 男性の死因は不明で基礎疾患があったということです。 感染経路はわかっていません。 男性と同居していた家族2人に、現在症状はなく、自宅待機となっています。 また男性は、発症後自宅で療養していたため、勤務先の四日市市内の会社には濃厚接触者はいないということです。 四日市市は市内で感染者が出たことを受け、現在休校中の小中学校が20日以降に予定していた登校日を一時中止としました。 三重県内の感染者は26人となり、県内で新型コロナウイルスの感染者が死亡するのはこれが初めてです。 04 ID:1vYb5LeE0 どこで感染したか。 玉川どーすんのこれ? この死に方がこれから激増するぞ。 62 ID:ZmDExhsO0 ぶっちゃけ37. 48 ID:akIdpKrU0 三重県も検査拒否やってんのか。 酷い話しだな。 55 ID:7XYlGVZV0 健康だった人が1週間そこそこで亡くなるとか恐ろしいわ。 72 ID:akIdpKrU0 ちゃんと検査して重症化した時に人工呼吸器付ければ助けられたかもしれない命。 48 ID:ciBoq87N0 これは酷い過ぎる。 31 ID:cK04FI0a0 マスクなんかより、アビガンを全国民に配布して、発熱したら自己責任で服用して下さいのほうが、よほど生命を守るすべだと思うが.

次の

県内初 新型コロナ感染者が死亡 四日市の50代男性会社員

四日市 コロナ 死亡 どこ

3月13日解熱。 3月14日発熱と解熱を繰り返し、様子を見ていた。 3月16日37. 5度の発熱、軽度ののどの痛みあり、帰国者・接触者相談センター(四日市市保健所) へ相談あり。 帰国者・接触者外来を受診し、検体採取。 本人は結果判明まで自宅待機。 3月17日三重県保健環境研究所のPCR検査により、陰性。 3月18日主治医の指示にて再診。 症状、所見の増悪を認めたため、再度検体採取。 本人は結果判明ま で自宅待機。 18時頃 三重県保健環境研究所のPCR検査により、陽性。 現在、県内医療機関に入院手続き中です。 (5)参考情報 : 東京都から発生報告のあった患者との接触が、3月6日、7日にありました。 (6)行動歴 : 発症後は自宅待機をしており、医療機関への受診以外の外出はありません。 [ 匿名さん] 18日夜、県内9例目の感染者が確認されました。 四日市市在住、50歳代、男性の方です。 現在、県内医療機関への入院を調整中。 3月6日(金)、7日(土)に、その後に東京都で発生報告のあった患者との接触があったとのこと。 発症した12日(木)以降は自宅待機し、医療機関への受診以外の外出はありません。 四日市保健所は四日市市の管轄であるため、四日市市にて行動歴や接触者について把握を行うことにはなるものの、県としても、今後の感染拡大防止対策はもとより、県民の皆様の不安解消のための情報提供等について、四日市市と緊密に連携して取り組んでまいります。

次の