コータス アタッカー。 【ポケモン剣盾】最強ポケモンランキング(シングル環境)【ソードシールド】

【単体考察】コータス【ダブル】

コータス アタッカー

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の

【剣盾ダブルS1】コータス+マラカッチ【瞬間85位】

コータス アタッカー

Contents• 5倍になる。 サンパワー 天気が『ひざしがつよい』の時、『とくこう』が1. 25倍になるため、炎が等倍のポケモンに対しても、タイプ一致弱点技をぶち込んだ時と同じぐらいの火力が出ます。 技について、大文字でもかえんほうしゃでも、ダイマックスしたアイアントや、ヒヒダルマは倒せるので、その2対を強く意識するなら命中安定のかえんほうしゃがよいかと思います。 ダイバーンを打ったときの威力は大文字とかえんほうしゃで10しか変わらないので、通常時、外すリスクを考えるとかえんほうしゃ推奨ですが、多少のリスクを負ってでも高火力を出したい場合は大文字でも良いかもしれません。 「きあいだま」は命中率は悪いですが、環境に多くいるバンギラスに交代読みで当てることができれば、型によっては一撃で倒せ、バンギラスに勝てるようになるので必須です。 耐久に振っているバンギラスでも、交代読みできあいだまを当て、次ターンも当てることでダイマックスしてきてもだいたい倒せます。 その他技に関して、環境に多いトリトドンやヌオー、タイプ一致技を半減される水ロトムを意識するなら「ソーラービーム」、 ドラゴンを意識するなら竜の波動が良いかと思います。 基本的な立ち回りとしては、スカーフで上を取れていて有利な対面にて普通に技を打ち相手に負荷をかけたり、ダイマックスしてダイジェットにより素早さをあげたり、ダイバーンで晴れにした後、晴れ下に置ける高火力でごり押しします。 具体的な立ち回り 対ヒヒダルマorアイアント 特性五里霧中による高火力でスカーフ持ちであることが多いガラルヒヒダルマや、特性はりきりによる高火力で素早さ種族値も高いアイアントが、環境で猛威を振るっていますが、 こだわりスカーフを持たせたリザードンの方が速く、かつ、かえんほうしゃor大文字で倒せます。 アイアントに関しては、ダイマックスされても一発で倒せますが、ヒヒダルマがダイマックスしてきた場合は、晴れでければ7割程度しか入らないため注意が必要です。 対バンギラス ランクマッチにて、リザードンに対してバンギラスを後出ししてくる場面は結構ありました。 リザードンが「きあいだま」を採用していない場合、バンギラスに勝つことは不可能ですが、 きあいだまを採用している場合、バンギラスへの交代読みできあいだまを当てることで、型によっては一撃で倒せます。 耐えられたとしても、相手がチョッキでなければ、交代読み「きあいだま」を一発入れた後、相手がダイマックスしてきても次の「きあいだま」を当てれば勝てます。 チョッキの場合は落ちません。 対面の場合は、きあいだまを打つ際にダイマックス化されてしまうと倒せないので、基本的に交代読みor相手がダイマックスを切らしている際に打ちます。 また、リザードンがダイマックスしている場合は、ダイナックルだときあいだまより火力が落ちるため、勝てる可能性が低くなります。 そのため、相手のバンギラスが倒せるまではリザードンにはダイマックスは切らない方がよいです。 対サザンドラ、その他ドラゴン 対サザンドラやその他ドラゴンタイプのポケモンに対して、リザードンがスカーフで素早さで上を取っていたとしても「りゅうのはどう」で一発では倒せません。 他ポケモンで多少なりとも削った状態で最後のお掃除役として対処するか、ダイマックスして対処します。 ダイマックスした場合は、相手に上を取られる可能性があるため、その点考慮する必要があります。 そのため、ダイジェットからのダイドラグーン等で対処したりします。 対水ロトム 水ロトムに対しては、ダイマックスをしなければ一撃で落とされてしまうためリザードンで倒す場合はダイマックスします。 ダイマックスすれば一発耐えるため、ロトムに対してダイソウゲンを2発入れることができます。 しかし、相手がダイマックスしてきた場合や、相手の型によっては、2発で落とせないため勝つことは厳しいです。 対カイリキー カイリキーとリザードン対面だった場合、もし相手がチョッキを持っていた場合は、ダイマックスからのダイジェットを打ったとしても確定で耐えられ、ストーンエッジで返り討ちにあってしまいます。 そのため、基本的に逃げるのがよいかと思います。 晴れ状態下の炎技の火力は半端ないものの、環境にバンギラスが多いので、なかなか生かすことが難しいのでは?といった印象をもたれそうですが、 バンギラスへの交代読みきあいだまさえ当ててしまえば、なんてことないです 笑 あてさえすれば、、、.

次の

【単体考察】コータス【ダブル】

コータス アタッカー

はじめに シャンディです。 今回は12月8日に開催された てんのめぐみオフで私が使用し、4位になったパーティを紹介します! 新アイテムを使った変わった面白い動きをするパーティになっているのでよかったら読んでください~ 構築経緯 現在のダブルバトルは物理ポケモンが評価されており、 それに伴い配分を防御に厚く振ったポケモンや「ダイスチル」を使って防御ランクを上げる戦術が流行しています。 そこで自分は 特殊アタッカーを軸にしたパーティが刺さるのではないかと考え、特殊火力の高い リザードンを使うことにしました。 リザードンを使うためには天候を晴れにする必要があります。 天候を晴れにするためには主に「にほんばれ」を打つパターンと特性:ひでりをもつコータスを出す方法が存在しますが、 耐久の低いリザードンはダイマックスをしない限り返しで落とされやすく、そのリザードンのためにわざわざ「にほんばれ」を打つことに疑問を感じたため コータスを採用しました。 しかし先発リザードンコータスの並びでは素早さの高い相手に無防備であり、またそんな先発を簡単に通してくれるように出し方は相手はしてこないでしょう。 というわけで 相手をリザードンの「ねっぷう」の圏内まで削りつつ素早さ操作をしてリザードンを展開する動きが強いのではないかと感じました。 この動きをする方法を考察した結果、 だっしゅつパックを持たせたコータスが強いのではないかと考えました。 新アイテムのだっしゅつパックは 持たせたポケモンの能力が下がったときに発動し、控えのポケモンと入れ替わります。 コータスは全ポケモンの中でもトップクラスに遅い素早さ20族なためほぼ必ず最後に攻撃してから引っ込むことができ、リザードンを無傷で繰り出せるため素早さが遅いことも非常に噛み合っています。 おいかぜを打つポケモンに求められる要素ですが、 コータスのだっしゅつパックがいかくによって暴発するのを防ぎたいので、いかくを牽制できる駒が欲しいです。 となると、特性:まけんきを持つ ウォーグルがベストだと感じました。 ウォーグルであれば仮に相手がいかく持ちを先発に出してきてだっしゅつパックが暴発してもウォーグルの火力が上がるためそれ以上のメリットが見込め、 さらにバークアウトやダイマックス技の追加効果による能力ダウンに対しても圧力をかけることができます。 ミミッキュ:コータスを生かすサブプランとしてトリックルームを絡めたいこと、「おいかぜ」展開時にアタッカーになれる、ほのお技が通らないドラゴンタイプに強いことから採用。 ドラパルト:きついこだわりスカーフウオノラゴンを上から攻撃できること、ウォーグルにダイマックスを切らない場合のダイマックス先のアタッカーとして強力なため採用。 1ターン目に「ダイジェット」を打った場合はそのまま次のターンも「ダイジェット」を打つことで隣のリザードンの素早さを上げ、 そのままリザードンを上から動かすことができます。 「ダイロック」や「ダイストリーム」で天候を奪ってくる相手に対して 「ダイバーン」で天候を奪い返すために「ねっぷう」を採用しました。 これによりコータスを選出しないパターンでもリザードンを強く扱うことができるようになり、選出の幅が広がります。 持ち物はてんのめぐみオフではオボンのみで使用していましたが、 ダイマックスをしないとドリュウズの「ダイロック」に落とされる点が使いづらく、ヨロギのみにしたが方が使いやすかったので変更しました。 このパーティには基本選出にウォーグル、リザードンと飛行タイプが2匹いるため「じしん」が打ちやすく、 またいわ技の受け先としても優秀です。 「じしん」を複数回打ちたいので、低い耐久をダイマックスなしでも補えるきあいのタスキを持たせています。 また、一貫しているこだわりスカーフウオノラゴンを上から倒すことがこのポケモンの役割となっているため、ようき最速の配分としました。 はがねのつばさはフェアリータイプやバンギラスへの打点となり、攻撃範囲が広がります。 このポケモンを選出する場合は「ダイマックス」を使ってメインアタッカーとなることが多いので、 そのアタッカーが「おにび」や「でんじは」で止められないためにラムのみを持たせています。 晴れ状態で1発でも「ねっぷう」を打つとかなりのアドバンテージを得ることができ、2回打つと大体勝ちます。 基本的には「ねっぷう」を選択しますが、他の技は命中安定の「かえんほうしゃ」、タイプ一致技であり「ダイジェット」のベースにもなる「エアスラッシュ」、 ダイマックスしてみずタイプに攻撃できる「ソーラービーム」としました。 今作はダイマックス技が「まもる」を貫通してダメージを与えつつ能力を上昇させてくるため、「まもる」が使いづらいルールといわれていますが、 ミミッキュは特性:ばけのかわによってまもるを使うことなくダイマックス技を受けて「じゃれつく」や「トリックルーム」などのやりたいことができるため、 このソードシールド環境に適したポケモンだと注目しています。 性格は「ダイジェット」で素早さ上昇時に最速ドラパルトを抜くことができる陽気にしました。 これにより「オーバーヒート」が実質 「威力130、タイプ一致、天候強化ありのとんぼ返り」となり、強力です。 引っ込んだ後のコータスの役割ですが、ミミッキュを選出している場合は終盤に「トリックルーム」を打って詰めのアタッカーとして、 それ以外の場合は天候を書き換えたり、リザードンのこだわりを解除するためのクッションとして使います。 選出と立ち回り ダイマックスを切る割合はウォーグル6割、ドラパルト3割、その他1割といった感じです。 基本はウォーグルやドラパルトにダイマックスを切りますが、パーティ全員がダイマックスでパワーを発揮できるポケモンなので 状況に応じて使い分けることができます。 リザードンが通らない場合は無理にリザードンを出さずに他のサブアタッカーを出していきます。 リザードンに関してははがねタイプへの打点として選出することがあり、その場合はウォーグルの「ダイバーン」で天候を奪います。 VSトリックルームパーティ 先発: 後発: 初手で「このゆびとまれ」や「いかりのこな」を打ってくる相手を落とします。 2ターン目はドラパルトをダイマックスさせてドサイドンの火力低下とミミッキュの「トリックルーム」返しを迫ります。 現状このプランが一番戦えていますが、正直トリックルームパーティへの勝率はあまりよくないため改良が必要です… さいごに 今回は新アイテムのだっしゅつパックを使ったパーティの紹介でした~。 新要素ということでこれまでにない動きができるパーティになっており、新鮮でした。 他の新アイテムや新ポケモンにもまだまだ新たな可能性があると思うので色んなものに焦点を当てて開拓していきたいですね! もちろんだっしゅつパックにも他にもいろんな使い方があると思うので、みなさんも色々試してみてください!• ダブルバトルメイン。 ウインディ、ウツロイドが好き。 ポケモンカードもプレイしており各地のチャンピオンズリーグに遠征しているが、毎回敗退しているため「旅行が趣味」という設定にしている。 <ゲーム部門> 全国大会 2017~2019出場 WCS2017 Day2出場 WCS2019 Day1出場 <カード部門> 2019シーズン:住所を登録し忘れてプレイヤーズセレモニーが届かない 関連する記事• 2020. 21 目次 1. ラプラスの基本データ2. ラプラスの特徴2. 専用技「キョダイセンリツ」が強力3. […][…]• 2020. 11 レンタルチームID: 0000 0003 3N9N P8 目次 1. はじめに2. 構築経緯2. […][…]• 2020. 01 目次 1. はじめに2. ダブルバトル シーズン1トップ30人2. 1位 もちは2. 2位 […][…]• 2020. 02 レンタルチームID: 0000 0003 DF3G 9B 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 個 […][…]• 2020. 22 目次 1. サマヨールの基本データ2. サマヨールの特徴2. 「おみとおし」で相手の型を見破る2 […][…].

次の