呪術 廻 戦 105。 呪術廻戦105話のネタバレ考察|脹相の凄まじい戦闘力!虎杖がまさかの敗北を喫するが…

呪術廻戦最新話106話ネタバレ感想考察!存在しない記憶は虎杖の術式?直毘人VS海の呪霊も開始!!

呪術 廻 戦 105

-------------------------------------------------- 呪術廻戦105話ネタバレ展開考察:宿儺の力で虎杖が蘇る!? 自分有利の状況になりながらも 腸相からの手痛い反撃を食らってしまった虎杖。 肝臓を貫かれたとわざわざ明記しているので、これは相当ヤバい状態だと考えた方が良いのでしょう。 放っておけば流石に虎杖であっても死んでしまうのだと思います。 それだけに何かしらの方法で回復させなければなりません。 一番ありそうなのは、 虎杖の中の宿儺が手を貸してくれるパターンでしょう。 今の宿儺は現世に未練があると思いますし、簡単に虎杖を死なせたくはないはず。 問題は 無条件で回復させるのか、もしくは何かしらの条件をつけて回復させるのかという事です。 宿儺が回復させた場合は、その辺りが問題となってくるのではないでしょうか。 呪術廻戦105話ネタバレ展開考察:死に際で虎杖が反転術式をマスターする!? 宿儺の力で回復するというのはやはりありそうな展開なのですが、既に大きな借りがあるだけに、 毎回のように宿儺に助けてもらう展開は微妙でもありますよね。 だとすれば、虎杖が自分の力で何とかするという可能性の方があり得るかもしれません。 術師が呪力を回復に使うとなれば反転術式という事になるのですが、当然ながら簡単に誰でも使えるような力ではありません。 五条悟であっても死に際でようやくやり方を掴んだ程であり、天才術師であってもそうであれば虎杖がいきなり使える様になるのはかなりキツイでしょう。 とはいえやはりそこは宿儺の器として生きている虎杖。 いざという時に五条と同じ様に何かを掴むという可能性もあるかもしれません。 何とか自分の力で窮地を乗り切ってもらいたいところです。 -------------------------------------------------- 呪術廻戦105話ネタバレ展開考察:虎杖の新技で腸相に勝利なるか!? 自分の得意な状況であっても腸相に追い詰められた虎杖。 確かに強敵ではありますが、この感じだとまだまだ虎杖が他の特級に勝つのは難しそうですよね。 なのでそろそろ新たな力を身につける必要もありそうな気がします。 窮地に 追い詰められた虎杖の体に宿儺の術式が刻まれるパターン。 もしくは この窮地で反転術式をマスターし、その力を攻撃に転ずるパターン。 などなど色々と可能性はあるように思えます。 これまでにない力を身につけて腸相をどうにか撃破して欲しい所ですね! -------------------------------------------------- 呪術廻戦105話への読者の声 『呪術廻戦』最新話105話へ向けての感想や考察を集めました! 煽り耐性ないのはイカンでしょ。 でもメカ丸が「弱虫なんだナ 弟と同じデ」と言って腸相を挑発するのは人の心がなさ過ぎて凄いなあ。 「俺の土俵」と書いて「なぐりあい」 かっけぇぇ!さすがやな虎杖。 いやしかし肝臓はイカンでしょ肝臓は…。 完全に腸相を追い込んだと思った虎杖。 しかし その状況で放たれたのは腸相による「血星磊(けっせいせき)」 腸相の隠していた血の塊によって、虎杖の肝臓は貫かれてしまいました。 虎杖としてもこの一撃は予想出来なかったもの。 しかも以前腹に穴を空けられた時とは違い、 壊れされてはいけない臓器を壊されたのだと気づいていました。 そこで 虎杖を襲ったのは敗北と死の気配。 しかしそれでも虎杖は必死に踏みとどまります。 恐怖を呪力へ変え、雑念を振り払う虎杖。 「理解した。 俺の役割」 伏黒や釘崎、七海や他の先輩達。 皆がここを通って五条先生の所へ行けるようにする。 そのために 死んでも腸相を戦闘不能にするのが今の自分がやらなければならない事。 ( 五条先生を助けるのは俺じゃなくていい) 溢れ出てくる血に苦しみながらも、虎杖はそんな風に決意するのでした。 完全に追い込まれてしまった虎杖でしたが、どうにか踏みとどまりました。 主人公でありながらも自分をこの渋谷での大きな戦いの一つのピースだと考えている。 この辺りが虎杖の凄い所であり、圧倒的なメンタルの強さを感じさせる部分だと思います。 -------------------------------------------------- 呪術廻戦105話ネタバレ:腸相にも近づく限界 虎杖を完全に追い込みながらも、簡単には踏み込めずにいた腸相。 虎杖に食らったのはたった3発の打撃。 ガードしたものを除いてまともに食らったのはそれだけだというのに、 それだけでも腸相には大きなダメージが残されていました。 虎杖の体を貫いた「血星磊」は硬度が高いだけ。 「穿血」程の速度も威力もなく、 不意打ちでなければ貫通させる事は出来なかった。 腸相の使う「赤血操術」は基本的には「血星磊」のように血を凝固させる事はない。 血で刃を作る「血刃」も固めるのではなく、 血液を高速で回す事で殺傷力を高める技。 それだけに 血液を凝固させる事は、突発的に血栓症のリスクを抱える事になる。 しかしそれほどのリスクを抱えてもなお、 虎杖悠仁というリスクの方が遥かに大きいのだと腸相は判断していました。 腸相の右手はそのリスクによるものなのか、血液が凝固した状態に。 その 拳を突き出して腸相は「来い」と虎杖を迎え撃つのでした。 一見すると完璧に虎杖を抑え込んでいるかに見えた腸相。 しかし 強力な虎杖の攻撃はしっかりと腸相の事を削れていたんですね。 腸相としても本当にギリギリの戦いをしていたというのが熱いです。 呪術廻戦105話ネタバレ:最後の攻防と虎杖渾身の一撃 お互いに満身創痍の状態で迎えた最終局面。 小細工なしの真っ向勝負が続いていきます。 腸相の打撃をしっかりと見極めて丁寧に対応していく虎杖。 しかし腸相の下段への蹴りを回避した虎杖は、 何故かそこでトイレの個室へと逃げ込みます。 不意をついた一撃でしたがそれでも腸相はギリギリでガード。 しかし虎杖はそこから 両足を腸相の首に巻き付けると、そのまま足技で投げ飛ばします。 ここへ来てようやく腸相を崩すことに成功した虎杖。 チャンスとばかりに突っ込むと、 右手の一撃で腸相のガードを上げさせます。 この状況こそが虎杖が狙っていた状況。 既に左手にダメージを負っていた虎杖は、 最初の攻撃以外には左の拳を使っていませんでした。 腸相は既に使えないと思っていたはずで、だからこそ虎杖は右の一撃を囮に使っていました。 (この一撃は入る!!!) 狙い通りに 虎杖渾身の左での攻撃が腸相に突き刺さるのでした。 あえて個室に入る事で腸相に隙を作ったり、ボロボロの左手で攻撃を仕掛けたりと、 虎杖のケンカ慣れしている部分が全面に出ていましたね。 ボロボロだからこそ使うという部分を一番大事な所で持ってくる辺りが流石過ぎます。 まあ やっぱり頭がちょっとイカれてないとこんな場面で左を使うという発想にはならないでしょうけれども。 -------------------------------------------------- 呪術廻戦105話ネタバレ:決着の一撃と存在しない記憶 完璧に腸相を捉えたはずの虎杖の一撃。 しかしその一撃によって何故か金属音に近い音が響きます。 そして当然のように動き続ける腸相。 虎杖はその攻撃を受ける事が出来ずにまともに食らってしまいます。 強烈な一撃を右肩に食らって完全に動きが止まった虎杖。 続いて飛んできた 腸相の右正拳も完璧に虎杖の腹部にヒット。 それによって虎杖は思い切り壁まで吹き飛ばされてしまいます。 「残念だったな」 そう言って腸相が見せたのは、凝固した血液で守られた自らの腹部。 切り札として取っておいた左手での一撃が不発だった事で完全に打つ手がなくなった虎杖。 口から大量の血を吐き出しながら完全に立ち上がる事が出来ません。 「 まだ息があるな。 あの世で弟達に詫びろ」 完全に虎杖の息の根を止める為に近づいてくる腸相。 しかしそこで 突如として腸相に異変が起こります。 腸相の脳内には何故か存在しない記憶が溢れ出すのでした。 接戦にはなったものの、 全ての面において腸相が一枚上手だった印象ですね。 これまでにない程の完全なる敗北と言っていいでしょう。 しかし 最後の演出が謎ですし、ここからどうなるのかさっぱりわかりませんね。 -------------------------------------------------- 虎杖の戦い方がやっぱり凄い!! 腸相もかなり限界が近い状態での最後の攻防。 シンプルな肉弾戦かと思いきや、虎杖はトイレの個室へ隠れてしまいました。 が、当然これは虎杖の攻めの作戦。 あえて障害物を作りその障害物越しに攻撃を仕掛けるというやり方。 そしてそこから足技・・・というかプロレス的な技で相手を崩す。 術式とか全く関係ないこの格闘戦の上手さが『呪術廻戦』の魅力と言えますよね。 腸相の読み勝ちと最後の謎展開 最初にヤバい事になっていた虎杖の左手。 あえて使うと言いながらもここまで使わずにいました。 本当の切り札として取っておいたのだから、ひたすら戦いが上手いというか、ケンカ慣れしすぎているというべきか。 しかしそこまで伏線を張っておいての一撃も、腸相は読み切っていました。 いざという時に左の攻撃が来たらヤバいと想像していたのでしょう。 これだけやっておいて決められなかったのだから、 完全に腸相が一枚上手だったと言わざるを得ません。 良い勝負ではあったものの虎杖からすれば完敗と言えます。 ここからどういう展開になるのかと思っていたら、 腸相の中に存在しない記憶が溢れ出すという謎の展開になってしまいました。 この記憶の内容がどういうものなのかによって、この戦いの結末が大きく変わってきそうですね!.

次の

呪術廻戦105話ネタバレ考察!虎杖、撃沈!しかし脹相に異変現る! | 8ラボ(はちらぼ)

呪術 廻 戦 105

虎杖を「強敵」と認識し殺しにかかっている。 ただ、ここへきての不安材料が一つ。 それはメカ丸の破壊。 虎杖は考えて戦ってはいる、けど、今回の戦いではそれ以上に脹相の戦略が勝ってる。 術式を封じこめたのも、虎杖ではなくメカ丸のアイディア。 けど、頼りになるメカ丸はすでに破壊され、近接戦に持ち込めたとはいえ、あと一手、戦闘不能にするまでには手が届かないのが現状だ。 虎杖敗北と脹相の異変 決め手は、虎杖が隠していた左手パンチが読まれていたこと。 奥の手を防がれたことでスキが生まれ、脹相の重すぎる一撃がモロに入る。 出典:呪術廻戦105話 芥見下々 集英社 鈍い音とともに吹っ飛ぶ虎杖 力量ではいい勝負であったが、頭脳では脹相のほうが勝っていた、渾身の一撃をモロにくらった虎杖は意識を失ってしまう 虎杖が敗北とはスゲー展開です。 ただ勝利確定にみえた脹相の様子に異変が。 突如、 存在しない記憶が脳内にあふれ出す、これは一体なにを意味するのか、後ほど考察。 呪術廻戦105話深堀り考察 ここからは、呪術廻戦105話で気になったコマを掘り下げていきます。 脹相の術式「血星磊(けっせいせき)」 出典:呪術廻戦105話 芥見下々 集英社 虎杖の肝臓を打ち抜いた血星磊(けっせいせき)、脹相の新しい技が明らかになったけど、通常の攻撃とは少し性質が異なるようです。 血星磊の特徴をまとめると、• 血液を凝固させる• 速度・威力は穿血に及ばない• 凝固により硬度が高い• 血栓症のリスク伴う 赤血操術の弱点である水の中でも技を繰り出すために、血液を凝固させたのが血星磊という技。 速度も威力もないため使いどころが重要。 しかも、血栓症のリスクもあるというから、脹相がこの技を使わなければならないほどに、追い込まれていたのは明らかだった。 虎杖の戦法 脹相には読まれていたものの、虎杖の戦法も面白かった。 序盤戦での左腕の負傷、まさか、これが奥の手としてとっておいた秘策だったとは。 出典:呪術廻戦105話 芥見下々 集英社 101話で左手でも攻める宣言はしてたけど、その後の戦いの中でたしかに左手は使ってなかった。 攻撃は主に足攻撃メインだったのか。 見逃してたわw あんときの虎杖の心のうちを言葉にするなら、左でも攻める(ただし奥の手用として)といった戦略を考えていたってことか。 それが、105話の攻撃につながった。 それにしても、あれだけ隠してた左手攻撃が決まらないって、そこは決まってくれよぉw 脹相の記憶 一番気になるコマにして意味深なラスト。 あと一息で虎杖を倒せるという場面で、急に襲ってきた記憶。 しかもただの記憶ではない! 出典:呪術廻戦105話 芥見下々 集英社 存在しない記憶・・・だと 存在しない記憶とは、どういう意味なのか。 はじめは脹相と関係のある加茂憲倫(のりとし)や産みおとした母親あたりの記憶とも思った。 けど、これだど「存在しない記憶」という表現にどこか引っかかる。 憲倫関連以外の記憶で、存在しないもの、考えられるのが なんらかの術式の効果。 存在しない記憶、言い換えれば 「幻覚」とも解釈できる表現です。 助っ人が渋谷駅に到着していてもおかしくない状況。 出典:呪術廻戦2巻 芥見下々 集英社 ようやく宿儺の術式が虎杖に刻まれた? もう一つは、虎杖の術式が開花した可能性。 本来術式は先天的、術式=生得術式と呼ばれるのもそのためですよね。 生得(しょうとく)とは生まれながらに備わっているものという意味だ! ただ例外が一人。 虎杖です。 虎杖は体内に宿儺が宿っており、術式が後天的に身につく伏線が残ってます。 この伏線の首謀者は五条。 五条先生は、宿儺の術式が虎杖に刻まれると言っており、脹相の「存在しない記憶」とは、虎杖(てか宿儺)の術式の可能性はあるかなと。 呪術廻戦105話みんなの感想・考察 SNSの105話に関する意見・考察を紹介。 自分にはない着眼点や思わず納得・共感したツイート、主に自分が「いいね」を押した呟きを紹介。 【呪術】まさか月島さんよろしく捏造記憶介入能力を虎杖くんがブチ込んでたオチじゃないよね?東堂先輩と闘り合ってたとき彼の記憶に介入したのも実は虎杖くんないし宿儺さんの術式なんじゃねーの?だから次回三兄弟と虎杖くんがモノポリーやってる捏造回想がはじまります。

次の

呪術廻戦105話ネタバレ考察!虎杖、撃沈!しかし脹相に異変現る! | 8ラボ(はちらぼ)

呪術 廻 戦 105

呪術廻戦105話のネタバレ 脹相VS虎杖 虎杖の体を撃ち抜いたのは血星磊という技。 凝固させた血液の塊を撃ち出す技だが、穿血ほどの威力も速度もない。 が、「飛び道具はもうない」と虎杖が油断していたので虎杖の体を貫くことに成功した。 臓器を損傷し、虎杖の脳裏には死がよぎる。 が、虎杖は恐怖を呪力に変え雑念を振り払っていく。 虎杖は「を助けるのは俺じゃなくていい」と考えていた。 その代わり、後続の伏黒、七海、釘崎らがここを通って五条の元に行けるよう「死んでもコイツを戦闘不能にする」と考える。 脹相は脹相で虎杖の攻撃力を脅威に感じていた。 脹相が食らった攻撃はたったの三発だけだが、それでもかなりのダメージを負っている様子。 血赤操術は本来血星磊のように血を凝固させる技ではない。 血赤操術の術師といえど、すべての血管に意識が届くわけではなく、血液を強く凝固させてしまうと突発的な血栓症のリスクを抱えるためになるからである。 が、脹相は「目の前の虎杖の脅威のほうがはるかにリスクが高い」と判断し、自身の腕の血液を凝固させて虎杖と戦う。 お互い互角の戦いを繰り広げる虎杖と脹相。 虎杖はトイレの個室に隠れ、壁ごと蹴破り脹相に奇襲を仕掛ける。 脹相に異変が?? 奇襲によって脹相の体勢を崩すことに成功。 虎杖は初手以外左の拳を使っておらず、脹相に「左手はもう使えない」と思い込ませるようにしていた。 そして、右を囮にした左の拳が脹相の脇腹を捉える。 が、脹相はこの攻撃を読んでおり、脇腹も血液を凝固させて強化していた。 逆に隙を突かれて致命傷となる攻撃を打たれる虎杖。 あまりの重さに虎杖は気を失ってしまう。 脹相が虎杖にトドメを刺そうとすると、脹の脳内に突如存在しない記憶が流れ出す。 虎杖と脹相の戦いはいったいどうなっていくのか?? 呪術廻戦105話の感想 脹相が強いのはわかりましたが、虎杖がやられるとは思わなかったので今回の展開には驚きました。 虎杖が肉弾戦で遅れを取るとは脹相まじで強いですね。 105話のラスト、脹相の脳内に存在しない記憶が流れるという展開が描かれてましたが、これはやはり両面宿儺が関わってくるのでしょうか??この2人の対決がどんな展開になっていくのか非常に楽しみであります。

次の