接触 性 皮膚 炎。 【医師監修】接触性皮膚炎ってどんな病気?その原因と治療法

接触性皮膚炎の症状・治療法【症例画像】|田辺三菱製薬|ヒフノコトサイト

接触 性 皮膚 炎

menu• いったい「かぶれ」って何? 「かぶれ」は、医学的には「接触皮膚炎」といい、皮膚に接触した物質により引き起こされる皮膚炎のことをいいます。 接触皮膚炎は、その成因により、 刺激性接触皮膚炎と アレルギー性接触皮膚炎に分けられます。 また、発症に光を必要とするタイプのかぶれもあり、これば 光接触皮膚炎と呼ばれています。 どんな症状が出るの? 突然の痒み、ひりひり感と皮膚の赤み、ぶつぶつはかぶれかもしれません 原因物質に接触した部位に一致して、境界のはっきりした 赤み、腫れ、赤いぶつぶつ、水ぶくれが出現し、 痒みやひりひり感を伴います。 かさぶたが出来る場合もあり、症状が強いと、 皮膚がむけたり、皮膚潰瘍のような傷ができることもあります。 一般に、刺激性接触皮膚炎と言われるのかぶれは、原因物質と接触したあと比較的早い時期に症状が出現し、痒みよりも、 むずむず、ひりひりした感じが強く、ひどいときには 痛みを感じます。 アレルギー性接触皮膚炎と言われるかぶれは、痒みが強いことが多く、我慢できずに掻いてしまうことで、原因物質と接触した部位を越えて症状が広がる場合もあります。 適切な処置をせず症状が長引いた場合や、同じ場所に何度もかぶれが繰り返されると、その部位は皮膚が厚くなってごわついたり、 色素沈着が残ることもあります。 かぶれには2種類ある 接触した物質の刺激によって発症する刺激性接触皮膚炎とよばれるかぶれについて 一次刺激性接触皮膚炎ともいいます。 接触した物質の刺激により起こるもので、原因物質と接触した部位に限って症状が出ます。 はじめて接触したもので発症する場合もありますし、肌の状態の良いときには症状が出ず、角質層のバリア機能が落ちているような 肌状態の悪いときのみに症状がでることもあります。 接触した物質の物理的・化学的な刺激により、角質のバリアが破壊され、皮膚表皮細胞が傷つけられたり刺激された時に細胞から出される物質が、皮膚炎を起こすと考えられています。 代表的なものを以下に示します。 急性刺激性皮膚炎 酸、アルカリなどを代表とする組織を障害する力の強い物質によるもの。 その他、 灯油、山芋・アロエ・イラクサなどに含まれる針状の結晶をもつ物質も刺激になることがあります。 接触後数分~数時間と早い時期に発症します。 遅発性急性刺激皮膚炎 塩化ベンザルコニウム 消毒薬 、 フッ化水素などによるもの。 接触してから8~24時間後と遅れて症状がでることが特徴です。 蓄積性刺激性皮膚炎 1回の接触では症状を起こさないような、組織を障害する力の低い物質に繰り返し接触することで生じる皮膚炎です。 慢性的に症状が続くことが多く、肌の状態によって症状が出る人と出ない人がいたり、重症度に差が出るなど、個人差が大きいことが特徴です。 物質へのアレルギー反応で発症するアレルギー性接触皮膚炎について 私たちの体には、自分と違う物質が入ってくると、これを異物として排除する働きがあり、この働きを「免疫」と呼んでいます。 免疫は、本来体を守るためのものですが、この免疫反応が自分の体を傷つけてしまう場合があり、それを アレルギー反応といいます。 皮膚の最外側ある角質層は、外的刺激から肌を守るバリアの役割をしています。 何らかの原因でこのバリア機能が低下すると、そこから異物が皮膚に入り込むことになります。 角質層の下にある表皮内には、ランゲルハンス細胞という細胞があり、外から入ってきた物質の情報をキャッチする役割を持っています。 ランゲルハンス細胞が、入ってきた物質を自分の体にない異物と判断すると、ランゲルハンス細胞の働きが活性化します。 そして、その情報を得たランゲルハンス細胞は表皮を抜け出し、リンパ節に移動します。 ランゲルハンス細胞からの情報をもとに、リンパ節にあるT細胞というリンパ球が、この異物に反応できるようになると感作性T細胞と呼ばれる細胞が完成します。 そして、再び同じ異物が皮膚に侵入した時、「 異物だ!排除しなければ!」という反応が起こると、リンパ節から感作性T細胞が皮膚へ移動し、様々な物質を分泌することで、皮膚にアレルギー反応を起こします。 そのため、アレルギー性接触皮膚炎は初めて触れたものでは起こりません。 そして、反応は原因物質との接触後24~48時間後くらいに最も症状が強くなるのが特徴です。 原因物質は、非常に様々で、日用品 衣類、メガネ、洗剤、抗菌製品、ゴム製品など 、化粧品全般、植物 ギンナン、ウルシ科植物など 、食物 モモ、マンゴーなど 、金属 コバルト、ニッケル、クロムなど 、医薬品 外用剤、湿布など が代表的なものですが、どんなものでも原因物質にはなりえますので、注意が必要です。 これも刺激性のもの 光毒性接触皮膚炎 と、アレルギー性のもの 光アレルギー性接触皮膚炎 に分けられます。 原因物質に触れたのみでは症状を起こさず、 原因物質に紫外線が照射されたことではじめて症状を起こすことが特徴で、日光に当たりやすい部位 顔、うなじ、首、デコルテ、手背、夏は腕やすね に多く見られます。 症状は原因物質が付着した部位のみに出現します。 光毒性のある物質として有名なものはソラレンで、ベルガモット油やイチジク、セロリなどに多く含まれています。 光アレルギー性接触皮膚炎の原因として多いのは、 サンスクリーン剤 代表例:ベンゾフェノン 、非ステロイド系消炎剤 代表例: ケトプロフェン、スプロフェン です。 特に、ケトプロフェン貼付剤 商品名モーラステープ による光接触皮膚炎は、湿布を使用して数か月以上たった後でも、紫外線に当たると強い皮膚炎を生じる場合があり、注意が必要です。 四角く湿布の形に症状が出ることが特徴的です。 接触皮膚炎はどんな時に疑うの?• 原因物質に付着した部分に限り発疹がでており、境界がはっきりしている。 以前にかぶれを起こしたことがある物質に再度触れた。 特定の場所に行った後に発疹が出た。 同じ季節に同じような発疹を生じる その季節の植物、花粉などが原因となっている。 何らかの環境変化、ライフスタイルの変化があり、その後に発疹がでた。 仕事を休むと発疹が軽快する。 (仕事で使用する何かにかぶれている可能性がある。 治療でいったんよくなるが、やめるとすぐに発疹が再発する。 このような経過の場合はかぶれを疑い、発症時期、発症部位、良くなったり悪くなったりの変動があるか、職業、家事の頻度、症状がでた場所 自宅なのか職場なのか、屋内か屋外かなど 、発汗・日光との関連、化粧品使用歴、薬剤使用歴などを確認します。 どんな検査をするの? かぶれは、原因物質を避けることが治療につながるため、原因物質を見つけることが重要になります。 蓄積性刺激性皮膚炎以外の刺激性接触皮膚炎は、原因物質が限られているため、問診により原因物質を推定することが可能である事が多く、原因物質を避ければ症状が改善します。 アレルギー性接触皮膚炎は、原因が多種にわたるため、詳しく問診をしても原因物質が特定できない場合もあり、 パッチテストが有用な検査となります。 光接触皮膚炎が疑われる場合は、光パッチテスト パッチテストに紫外線照射を組み合わせた検査 を行います。 パッチテストってどうやるの? パッチテストは、疑われる物質を含ませたシール状のパッチを肌に貼り、反応を見る検査で、背中の上の方の皮膚に48時間 2日間 貼っておき、その後の反応をみて、陽性かどうか判定します。 パッチを貼った2日後に1回目の判定、3日後に2回目の判定を行い、必要に応じて1週間後の判定があります。 1回目の判定のときにパッチを剥がすまで、その間2日間は貼りっぱなしになります。 2日間は、汗をかく行為や、入浴ができなくなるため、夏の暑い時期は検査を避ける医療機関が多く、検査を希望する場合は最適な季節を選択する必要があります。 また、パッチテストは、検査するときの肌の状態によって判定が変わってしまったり、パッチテストをするときに使用するシールによって刺激性のかぶれが出る場合もあったりと、万能な検査といえない側面もあるため、診断は、症状やそれまでの経過などを併せて、総合的に行います。 金属パッチテスト:アクセサリーや歯科金属に使用されている代表的な金属15種類を調べることができます。 引用元: 接触皮膚炎の治療法は? 原因物質が分かる場合は 接触を避けることが第一です。 急性刺激性皮膚炎を起こすような、組織を障害する力の強い物質が原因の場合は、水道水ですぐに洗い流し、皮むけや皮膚潰瘍になっている場合は、やけどに準じた治療を行います。 そのほかの接触皮膚炎の治療の基本は、 ステロイド軟膏の外用になります。 痒みが強い場合は、掻くことで発疹が広がってしまうため、 抗ヒスタミン剤の内服を併用し、痒みを抑えるようにします。 発疹が極めて強い場合は、短期間ステロイドを内服する場合もあります。 原因物質を避けることができれば、上記治療により症状は速やかに改善しますが、原因がはっきりせずに避けられない場合や、美容師や調理師など、職業柄原因を避けきれないケースも、残念ながら存在します。 その場合は、 使用中の化粧品や石鹸、洗剤などを中止し、低刺激のものに変えてみるなど、皮膚に直接触れるものを見直し、保湿剤を使用して皮膚のバリア機能を高めるなどの工夫をし、症状の再発予防、改善を目指します。 しかし、残念ながら、慢性的に発疹が続きステロイド外用剤の継続をしなくてはならない場合もありますので、接触皮膚炎かな?と思った際は、自己判断で市販薬を使用する前に、 速やかに皮膚科を受診し、症状が悪化したり、長引く前に早めに治療を開始することをお勧めします。 まとめ• 接触皮膚炎は、刺激性とアレルギー性、光接触皮膚炎に分けられます。 アレルギー性接触皮膚炎の原因検索には、パッチテストが有用です。 原因物質を避けることが第一であり、治療はステロイド外用になります。 原因を避ければ症状は改善しますが、原因が避けられない場合もあり、そのときは、皮膚に触れるものを見直したり、保湿剤でバリア機能を回復させたりして、症状の改善を目指します。 発症早期の治療が重要です。 自己判断による市販薬での対処はお勧め出来ません。 治療をして肌の状態がよくなると、バリア機能が改善して、かぶれにくくなる場合もあります。 あきらめずに治療を継続しましょう!.

次の

かぶれ(接触皮膚炎)の原因とは〜原因物質を避けることが最善の予防策〜

接触 性 皮膚 炎

アクセサリーやウルシなど、何かに触れた時に皮膚がかぶれてしまうことってありますよね。 非常に不愉快ですし、見た目も悪いので、嫌な思いをした人は多いのではないでしょうか? 金属アレルギーやウルシによるかぶれなどは、接触性皮膚炎と言われ、ある物質に触れることで皮膚が炎症を起こした状態です。 女性の場合は、使用している化粧品が合わずに、化粧かぶれを経験した人も少なくないのではないでしょうか?その化粧かぶれも、接触性皮膚炎の1つです。 では、なぜ接触性皮膚炎を引き起こしてしまうのでしょうか?その原因を知ることで、皮膚炎から素肌を守るきっかけになればと思います。 アレルギーを持っている人も、対処法が分かると多少気が楽になるのではないでしょうか。 この記事の目次• 接触性皮膚炎とは 接触性皮膚炎と言うのは、皮膚が何らかの外的刺激を受けることで起こる炎症です。 接触した部分に紅斑と言われる赤いできものができたり、皮膚が盛り上がる丘疹(きゅうしん)、水疱ができるのが特徴です。 いわゆる「かぶれ」のことでもあり、接触部分と正常な部分との境界がはっきりと見た目で確認できます。 場合によっては、かゆみや痛みといった症状も併発します。 また、接触性皮膚炎は、原因物質(抗原・アレルゲン)に触れることで肌が刺激を受けて起こる「刺激性皮膚炎」と、アレルギー反応による「アレルギー性皮膚炎」の2つに分類することができます。 では、それぞれの違いについて見ていきましょう。 刺激性皮膚炎 刺激性皮膚炎は、接触性皮膚炎のおよそ80%を占めるほど症例が多く、かゆみよりも痛みが強いのが特徴です。 刺激物質には配水管洗浄用洗剤などに含まれる酸やアルカリ、除光液に含まれるアセトンなどの化学物質、さらにはポインセチアやコショウなどの植物があります。 触れるとすぐに症状が現れるものもあれば、長時間にわたってさらされ続けることで発症するものもありますし、刺激物質に対する皮膚の敏感さと言うものは人それぞれです。 強い石鹸では症状が出やすいですが、刺激の少ない石鹸でも使用頻度が高かったり、長期にわたって使用したりすると、人によっては症状が現れることがあります。 また、刺激が強く、原因物質に触れることで急激に症状が現れるものを【急性毒性皮膚炎】、繰り返し原因物質自体の刺激は弱いものの、繰り返し触れることで起こる【慢性型毒性皮膚炎】の2つに、より細かく分類できます。 急性毒性皮膚炎の原因物質としては、強酸性や、強アルカリ性のもの、灯油や錆止油などがあります。 一方で、慢性型刺激性皮膚炎の原因物質は、洗剤などで、日常生活で繰り返し使用することなどを原因として発症します。 症状が出るのは原因物質が触れた箇所に限られ(限局)、原因となった物質を取り除くことで症状が治まるのが特徴です。 アレルギー性皮膚炎 アレルギー性皮膚炎は、原因物質に触れることによって誰でもなり得る刺激性皮膚炎とは異なり、特定の物質に対してアレルギーを持っている人に起こります。 アレルギー反応は、1度接触しただけで現れるものと、何度か触れていく内に反応を起こすものもあります。 即時にアレルギー反応が出ないものは、通常触れてから4~24時間以内にかゆみや皮膚炎といった症状が現れますが、高齢者などの一部の人は、症状が出るまで3~4日かかることもあるようです。 アレルギーを引き起こす原因物質の種類は多いですが、中でもよく知られているのは、ゴム製品(ラテックスアレルギー)や抗生物質、防腐剤やニッケル、コバルトなどの金属類に加え、ツタウルシなどの植物が挙げられます。 代表疾患としては、ウルシ皮膚炎が挙げられ、ウルシ、ツタウルシ、毒ウルシなどに含まれるウルシオールという成分によってかぶれが生じます。 1度この成分に触れれたあと、再び触れることで発症する仕組みです。 また、ニッケルは宝石などに使われていることが多いので、女性の方は悩まされたことも多いのではないでしょはないでしょうか。 そして、女性のおよそ10%がニッケルに対してアレルギーを持っていると言われます。 アクセサリーなどをつけていてかぶれてしまった経験のある人は、ニッケルアレルギーである可能性もありますね。 ただし、厄介なことに、アレルギー性皮膚炎は、これまで問題なく使用していたものでも引き起こされる可能性があるのです。 皮膚炎の治療に使っている薬や、普段から使用しているクリーム、ローションなど、これまで何でもなかったものでも、突然アレルギー症状が現れることがあります。 さらに、光アレルギー性接触性皮膚炎や光毒性接触性皮膚炎と言い、特定の物質に触れた後、太陽光線に皮膚がさらされることで接触性皮膚炎を発症するパターンもあります。 この場合のアレルギー物質は、日焼け止めやアフターシェープローション、抗生物質やコールタール、硬水などがあります。 また、アレルギー性皮膚炎を持っている人は、特定のものにアレルギーを持っていない人と比べると接触性皮膚炎になりやすいというリスクがあります。 なぜなら、特定物質に反応する抗体が体内で作られやすいためです。 これまでにアレルギー反応を起こしたことのある人は、肌の変化により注目しておいた方がよいでしょう。 光アレルギー性接触性皮膚炎・光毒性接触性皮膚炎 この他、原因物質に触れた後、太陽光線を浴びることによって症状が現れる、光アレルギー性接触性皮膚炎や光毒性接触性皮膚炎と言うものがあります。 原因となるものは日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤であったり、湿布薬であったります。 湿布を貼ったところがかぶれてしまった経験をした人もいるかと思いますが、原因は必ずしも湿布によるかぶれだけではなく、湿布を貼った皮膚に太陽光線が当たることによるものもあるのです。 アトピー性皮膚炎との違い 接触性皮膚炎に症状のよく似たものに、アトピーがあります。 湿疹とかゆみを主な症状として発症し、悪化と改善を繰り返して治りにくいのが特徴です。 皮膚のバリア機能が弱いことや、生まれつきアレルギー体質などを原因として発症し、皮膚に赤みがあり、掻くと液体が出てきたり、皮が剥けたりし、肌表面が硬くなり、触るとゴワゴワしています。 症状が似ているので混同されやすいですが、アトピー性皮膚炎は首やおでこ、くち屋耳のまわりや、脇、関節の内側などにできやすく、原因も複合的である点で、全く別の疾患です。 赤ちゃんの接触性皮膚炎 接触性皮膚炎は、肌の弱い赤ちゃんにも起こります。 主な原因としては、おむつかぶれや、よだれ、おしゃぶりや食べこぼし、おもちゃなど、赤ちゃん特有のものから、衣服や洗剤、薬などの化学物質など、大人と同様のものがアレルゲンになる場合もあります。 赤ちゃんは言葉で訴えることができませんし、大人以上に、かゆみによって掻きむしってしまうこともあります。 それによって皮膚が剥けたり、水ぶくれのようなものができてしまったりと、症状が悪化している場合には、早めに病院を受診しましょう。 デリケートな赤ちゃんの肌に気を配ってあげることが大切です。 接触性皮膚炎の原因 接触性皮膚炎の原因は、ツタウルシなどの植物や生薬、チョウジ油やシナモン油のような香辛料、さらには化粧水や毛染め剤などの化学物質など、様々なアレルゲン(抗体)が肌に接触することにあります。 しかし、時には思いもよらないものを原因物質として、皮膚炎を発症してしまうこともあります。 日常生活で当たり前に使っているものが、時にはアレルギーの引き金にもなりうるのです。 ここでは、そうした原因についてご紹介しましょう。 外用薬や消毒液 例えば、軽い湿疹を抑えるために、市販の外用剤を塗ると、かえってそれが原因となって症状が現れることがあります。 また、ステロイド外用剤でも、中にはかぶれを引き起こしやすいものもありますから、事前に医師に相談した方が安心です。 特に、炎症を起こした皮膚は、健全な皮膚よりもアレルギーを引き起こしやすい状態にありますから、細心の注意を払うようにしましょう。 口腔アレルギー こちらは皮膚ではなく、口の中(口腔)に腫れやかゆみなどが出るものです。 口内の粘膜に原因物質が触れることにより発症し、花粉症との関連性も指摘されています。 シラカバ花粉症の人はキウイやイチゴ、スギ花粉の人はトマトで口腔アレルギーを発症するそうです。 詳しくは、を読んでおきましょう。 接触性皮膚炎の症状 接触性皮膚炎の症状は、かゆみや発疹、時として痛みを伴います。 また、かゆみは強いものの、発疹は軽度ですぐに消えるものから、腫れがひどくなったり水疱ができたりする重度のものまで様々あります。 しかし、どちらにしても、他人にうつるものではありませんし、発疹や水疱の中にある液体に触れた部分の皮膚に、症状が広がるということはありません。 しかし、原因物質に触れた皮膚の中でも薄く、敏感な部分んみまず発疹ができ、それから皮膚の厚いところや、接触が少なかった箇所へと広がっていくため、見た目としては発疹が広がっているように見えてしまうのです。 原因物質に触れていない皮膚にはうつらない、ということを理解しておきましょう。 症状を悪化させないためには 刺激性皮膚炎によるかぶれや、アレルギー性皮膚炎によるアレルギー反応は、人によって症状の重さも違います。 しかし、症状が軽いうちは、まず原因物質に触れないようにすることが大切です。 それ以上肌に触れないようにすれば、およそ1週間ほどで肌の発赤は治まっていきます。 かゆみを伴う場合はどうしても掻いてしましがちですよね。 患部を掻きむしることは肌を傷めるだけでなく、症状を広げたり、発熱やだるさなど、さらなる症状を引き起こす原因になりますからやめましょう。 重症化すると・・・ 原因となった物質の刺激が強い場合は、発赤や湿疹だけでなく、細胞が壊死してしまったり、熱傷のような症状が出て、肌に潰瘍ができてしまうこともあります。 また、繰り返し刺激を受けることにより、苔癬化(たいせんか)と言って、まるで象の皮膚のように肌が変化してしまうこともあります。 症状が重くなると、皮膚に傷跡が残ることにもなりますから、症状の軽い内に適切な処置をすることが大切です。 また、日常生活の中で、原因物質に触れないようにしておくことも重要です。 まずは、症状が現れないよう、細心の注意を払って未然に防ぎましょう。 接触性皮膚炎の診断方法 接触性皮膚炎が、一体何を原因として起こっているのか。 これを診断することは、なかなか難しいと言えます。 なぜなら、その人の趣味や職業、家ではどのような家事を行い、どのような衣類を着ているのか、化粧水は何を使用しているのか、など、原因物質を解明するには、膨大な情報が必要になるためです。 また、患者本人は、普段自分がどのような物質と接しているのか自覚していません。 発疹などの症状が現れて初めて「おかしいな」と感じるのですから、当然と言えば当然ですね。 ですから、例えばある衣類、アクセサリーをつけていた時に生じたり、日光に当たった部分だけに発疹ができているなど、原因を解明するヒントとなる情報を集め、慎重に判断する必要があるのです。 接触性皮膚炎を引き起こしている原因を調べるためには、アレルギー検査という方法が用いられます。 では、その検査方法についてご紹介しましょう。 使用テストによる診断 使用テストは、原因物質が香水やシャンプーなど、家庭で使用されるものだと考えられる場合に行います。 方法は、原因物質と疑われるものを、症状が出ている部位から離れた皮膚に塗り、結果を見るというものです。 前腕に塗って行われることが多いようです。 パッチテストによる診断 パッチテストは、接触性皮膚炎が疑われ、かつ疑わしい物質を取り除いても原因が特定できないという場合に用いられます。 方法としては、接触性皮膚炎皮膚炎の原因となりやすい物質をシールに塗布し、それを皮膚に貼ります。 その後、1~2日経過を見て、発疹が現れるかどうかを調べるというものです。 原因物質を調べるためには非常に有効な検査方法ですが、患者が多くの物質に対して敏感出会った場合、パッチテストで使用した物質が原因とは特定しがたいため、判断が難しい場合もあります。 パッチテストを行う場合には、患者がどのような物質に接触したか、可能性をよく検討した上で絞り込んでいく必要があるのです。 また、試す物質を金属を含有した食品などに替えた金属パッチテストにより、金属アレルギーについても検査することが可能です。 光パッチテスト 光パッチテストは、太陽光線を浴びることにより接触性皮膚炎の症状が出る、光アレルギー性接触性皮膚炎や光毒性接触性皮膚炎、または薬の副作用による薬疹が疑われる場合に行います。 方法は、パッチテスト同様、原因刺激と考えられる物質を2カ所に貼り、2日間おきます。 3日目に、片方だけに光を当て、発疹が出るかどうかを確認します。 接触性皮膚炎の治療方法 接触性皮膚炎を治療するにおいて、最も大切なことは、原因となる物質に触れない環境を作る、ということです。 まずは原因物質を洗い流しましょう。 発疹などの症状が出ても、原因物質を取り除くことができれば、1週間程度で赤みは引きますし、水疱はかさぶたになり、やがて治癒します。 ただし、皮膚のかさつきによる剥がれ、かゆみ、皮膚が一時的に厚くなるなどといった症状は、数日~数週間にわたって残る場合もありますので、気長に向き合いましょう。 かゆみの軽減 治療中の懸念としては、やはりかゆみですよね。 強いかゆみを我慢するのは難しいですし、ついつい無意識に掻きむしってしまうこともあるかも知れません。 特に夏場は汗によってさらにかゆみが増長されることもありますよね。 そんな時に有効な、かゆみを抑える方法をご紹介します。 薬による方法 かゆみを抑える方法としてはいくつかありますが、市販の保湿クリームを塗ったり、メントールや樟脳、カモミールやユーカリなどの化合物を塗ったりすると効果的です。 カモミールやユーカリに含まれる鎮静作用です。 ただし、添加物の配合されたクリームは肌に刺激を与え、かえってかゆみを強くしてしまう原因になりますから避けましょう。 無香料・無着色のものがおすすめです。 薬としては、抗ヒスタミン薬の内服も効果的ですが、ものによっては眠気を伴うものもあります。 ヒドロキシジン、ジフェンヒドラミンなどが入った抗ヒスタミン薬は眠気や口の渇きが出るため、服用するなら就寝前にしましょう。 昼間使用するるのであれば、眠気の出ないロラタジン、セチリジンなどの抗ヒスタミン薬がよいでしょう。 注意点としては、ジフェンヒドラミンなどの入った抗ヒスタミン薬含有クリームは、アレルギーの原因物質になるリスクがありますので避けてください。 また、外用薬としてはステロイド軟膏なども有効ですが、ステロイド外用薬は、炎症を和らげ、かゆみを抑えるという働きをします。 ですから、使用するのは、かゆみの出ている範囲が狭い時に限りましょう。 また、かゆみの原因がツタウルシなどのように強いかゆみを引き起こすものの場合には、強めのステロイド外用薬が効果的です。 しかし、ステロイドには副作用もあり、顔などに使用すると、肌が薄くなるなどのリスクがありますから、顔に使用するなら1%ヒドロコルチゾンなどを使用します。 効き目は弱いですが、顔に使用するには効き目が穏やかなものが安全ですよ。 また、ステロイドは効果もありますが強い薬のため、長期間使用することはおすすめしません。 特に乳児などには健康被害がでることもありますから、長期間にわたる使用は避けてくださいね。 また、症状が広範囲に及ぶ場合には、外用薬ではなく、ステロイド薬を服用する場合もあります。 冷やすことで軽減する方法 薬を使わない方法としては、冷水や酢酸アルミニウムにガーゼや薄い布を浸し、それを皮膚に貼っておくのが効果的です。 症状がでているのが狭い範囲に限られているのなら、この方法で、1時間おきに布を交換し、1日に数回貼り替えることで、かゆみを抑えられますよ。 範囲が広い場合には、冷たい水に体を浸す(入浴する)ことで、かゆみを抑えることができますよ。 水の中にコロイドオートミールという入浴剤を入れると、より効果的です。 コロイドオートミールには、かゆみを抑える効果があり、市販されていますので、ぜひ試してみてくださいね。 水疱ができている場合、大きなものだと医師が水を抜く場合もありますが、自己処理はせず、そのままにしておきましょう。 接触性皮膚炎を予防するには? 接触性皮膚炎は、発症すると非常に厄介です。 不愉快な思いをしないためにも、予防策としてできるだけのことはしておきたいですよね。 原因物質に触れない もともとかぶれたり、アレルギーを起こしやすかったりする人は、原因物質を見つけておくことが大切です。 分かっていればあらかじめ肌を守ることができますよね。 特に、アレルギー性皮膚炎の人は、原因物質に触れることで何度でも繰り返しかぶれを起こしてしまいます。 医療機関でパッチテストを受ければ原因物質を特定することができますから、度々かぶれてしまう人は、1度医療機関でテストを受けてみることをおすすめします。 とにかく原因物質に触れない、ということが大切ですから、例えば手袋をしたり、衣服で皮膚を保護したりするのも予防対策としては有効です。 また、保護用クリームを塗っておくのも効果的ですね。 こうした方法で、ツタウルシやエポキシ樹脂などによるかぶれを防ぐことができます。 原因物質を注射したり、錠剤によって現物質に対する過敏性を減らすという試みもありますが、接触性皮膚炎において有効性はありませんから、予防効果はないものと思ってください。 肌の調子を整える 肌には本来バリア機能があり、外からの刺激から身を守ってくれます。 しかし、古い角質などの老化物質がたまるなどしてバリア機能が低下すると、原因物質に触れた時にアレルギー反応を起こしてしまいます。 肌のバリア機能を保つためには、入浴時に肌を強くこすりすぎない、刺激の強い石鹸は使わない(これ自体が原因刺激になる場合もあります)、お湯は適温で入る、などの工夫をしましょう。 熱いお湯は気持ちよいですが、皮脂を取ってしまい、皮膚の保護作用が弱まってしまいますので、ぬるま湯くらいがおすすめです。 お風呂から上がった後も、タオルなどで強く拭かず、優しく拭き取るようにしましょう。 そして、水分をしっかりと肌に補給します。 肌の表面にある角質は、水分と皮脂でなりたっているため、外からの刺激から守る働きがあります。 この角質を健全に保っておくことが、接触性皮膚炎を防ぐ大切な方法の1つなのです。 まとめ いかがだったでしょうか?接触性皮膚炎と聞くと難しい疾患のように感じますが、実はとても身近な病気です。 かぶれや金属アレルギーに悩まされた人は少なくないでしょう。 かゆみや湿疹は、見ているだけでも不愉快ですし、ついつい掻いてしまって症状を悪化させてしまいがちです。 初期段階できちんと処置をし、重症化して痕が残ったり、皮膚を痛めてしまったりしないよう気をつけましょう。 特に、アレルギー性の場合は、異なる物質でも似たような成分に反応してしまったり、思いがけないところで症状が出てしまったりと、苦労することも多いですよね。 しかし、正しい知識を持ち、日頃から予防線を張っておくことはできます。 少しでも発症リスクを減らし、接触性皮膚炎と上手に付き合っていきたいものですね。 関連記事として ・ ・ これらの記事も読んでおきましょう。

次の

【医師監修】接触性皮膚炎ってどんな病気?その原因と治療法

接触 性 皮膚 炎

ネックレスやピアス、指輪などの身に付ける物が原因の場合も多いです 植物・金属などが皮膚に接触した部分に、紅斑(こうはん:赤い湿疹)・丘疹(きゅうしん:盛り上がった湿疹)・水泡(すいほう:水を持った湿疹)が生じる皮膚炎です。 痒みがあります。 湿疹だけでは、アトピーと区別は困難です。 アトピーと異なるのは、起こる原因です。 また、アトピーは様々な原因で湿疹が起こるので治りにくいのですが、接触性皮膚炎の場合は原因を特定できれば、その原因を除くことで治すことができます。 接触性皮膚炎の分類 接触性皮膚炎はそのメカニズムから5つに分けられます。 刺激性接触性皮膚炎 肌の洗い過ぎなどで皮膚のバリアの低下してしまい、刺激物質が皮膚に侵入して、炎症を起こします• アレルギー性接触性皮膚炎 アレルギーを起こす物質が炎症を起こします• 光接触皮膚炎(光毒性接触性皮膚炎、光アレルギー性接触性皮膚炎とも言います) ある物質が肌に塗られている状態で、太陽の光などの紫外線が肌に当たると、炎症が起こります。 紫外線が無い場合には炎症は起こりません• 全身性接触性皮膚炎・接触性皮膚炎症候群 同じアレルギーを起こす物質が繰り返し皮膚から刺激することで、接触した範囲を超えて全身に湿疹が出現します• 接触性じんましん 物質に接触した部分に蕁麻疹が起こります 接触性皮膚炎の原因とは? 身に着ける金属は注意が必要です 様々な物が原因になり得ます。 原因となる物が皮膚に接することで、湿疹が出現するのです。 原因と考えられるものですが、特にウルシなどが有名です。 植物(ウルシなど)• 食べ物(しょう油・山芋など)• 金属(指輪・時計・ネックレスなど)• 日用品(洗剤・化粧品など)• 外用薬(湿布・軟膏など) など さらに、光接触性皮膚炎なら、紫外線が原因になります。 どれも、身につけたり、肌に触れたりするものが多いのも特徴ですね。 「湿疹がいつ、どんな時に、どこに発生するのか」を質問します。 繰り返し湿疹が出ている場合は、そのときの状況をゆっくり考えてみましょう。 例えば、• 首の周りや腕の周りに湿疹が出る場合は、ネックネスや腕時計が原因になります• 子どもで口の周りに出ている場合、よだれや調味料(特にしょう油)が原因であることがあります• 塗り薬を塗っていて、一度よくなったのに、だんだんひどくなる場合、その塗り薬が湿疹の原因になります• 外出時に湿疹が出てくる場合• 自宅、職場など場所によって出てくる場合• 女性であれば、化粧品を変えたら出てきた場合、または長年使っていたら湿疹が出てきた場合 などが挙げられます。 さらに、問診の助けになるのが検査です。 原因と思われる物質を皮膚に添付して、皮膚の反応を見ます(を参照にしてください)。 パッチテスト 原因と思われる物質を水溶液にしたり、そのものを皮膚に貼り付けて、24時間から48時間貼り続けておきます。 はずして、1から2時間後と24時間後、48時間後、1週間後に紅斑、浮腫、丘疹、水泡の有無を判定します さらに、光接触性皮膚炎の診断には、光パッチテスト(パッチテストと同じ補法で24時間後に紫外線を当てて、48時間後に判定します)を行います。 では、治療法についてご紹介しましょう。

次の