吹奏楽 フルート ソロ。 吹奏楽の楽器を紹介をします!独断と偏見で楽器を誉めまくり

ソロコンテスト

吹奏楽 フルート ソロ

吹奏楽編成による演奏風景(大編成) 「吹奏楽」は、字義通りには、「吹いて奏する音楽」であり、演奏に用いられる楽器の発声方法、あるいは演奏主体の編成により定義される。 実態としても、軍楽隊や吹奏楽団では、吹奏楽単体の楽曲に加えて有名曲の編曲も多用されている。 従って、冒頭で述べた通り、最も広義には、管楽器を主体として演奏される音楽の総称とすることが適当である。 狭義の吹奏楽としては、管楽器による二桁の人数を規模とする楽団で、木管楽器と金管楽器を含み、打楽器とを加える。 やなどの弦楽器、やなどの特殊楽器を加える場合もある。 やなどの弦楽器は使用しない場合が多い。 多くの国では消防・警察などの公的な機関に属する楽団や軍楽隊が中心であるものの、とアメリカでは学校などのも多い。 アメリカのでは後半から初頭にかけてやによる吹奏楽団が活躍し、今日でもダラス・ウインズ()やウィスコンシン・ウインド・オーケストラの活動が見られる。 、、では町や村の吹奏楽団が数多くある。 、にもバンダと呼ばれる吹奏楽団がある。 広義の吹奏楽としては、などでが結成されている。 やなどにも、町や村のが存在する。 による、以前の管楽器を中心とした楽曲、などの的な管楽器による合奏も吹奏楽の一部をなす。 これらの音楽は、しばしば 管楽として区別される。 、管楽器独奏、、、東欧における式典音楽、については、広義の吹奏楽には含まれない。 これらについては、本項では詳述しない。 他言語としては、ドイツではBlasmusik(ブラスムジーク、「吹く」の語幹と「音楽」)があり、フランスではharmonie(アルモニー)が用いられる。 吹奏楽団を指すものとしては、ドイツではブラスオルケスター(Blasorchester)、ブラスカペレ(Blaskapelle)、ブラスバント(Blasband)などがあり、フランスではミュジック・ダルモニー(musique d'harmonie)やファンファール(fanfare)、イタリアやスペインではバンダ(banda)が用いられ、東欧諸国ではファンファーレ(fanfare)、ファンファーラ(fanfara)、オルケスタル(orkestar)などが用いられる。 英語としては、bandのみで吹奏楽団を指すこともあったものの、前後に、前後にが一般化するに従って区別する必要が出てきた。 軍楽隊ではmilitary bandを用いることが多い。 イギリスでは民間の吹奏楽団は独自の金管楽器による編成で発達し、brass bandの語が用いられている。 brass bandは「金管楽器による楽団」の意味である。 アメリカでも金管楽器が中心の編成が多く、brass band、silver bandなどがあり、territory band(領域の楽団)、service band(代用の楽団)、marching band(行進の楽団)、school band(学校の楽団)などが用いられ、concert band、symphonic band、wind band、wind orchestraも用いられている。 吹奏楽を指すものとしては、wind musicを用いることが多い。 なお、wind ensembleも吹奏楽を指すものであるものの、が提唱した編成を指すものとして区別される。 戦場などでの野外演奏、食事などでの室内演奏に加えて、以降はが発明されており、楽器の操作性向上や価格の低廉化が進んだ。 軍楽隊の活動が信号や式典などの演奏ではなく戦意高揚や慰安などの演奏に移行したこと、多くの聴衆を集めるようになったこと、アマチュアの演奏団体が管楽器を中心とした編成で結成されたことなどにより階級を超えて広まった。 こうした状況は同時に、のほか、の抜粋や軽音楽などにおける楽曲の編曲による演奏を一般化した。 吹奏楽編成のために用いられる作品は「オリジナル作品」、編曲作品は「アレンジ作品」と呼ばれて区別される。 また、東欧諸国では占領下で軍楽隊が組織され、西欧諸国ではでも軍楽隊が設置されたため、実用的な文明の産物から現地における文化への変容を遂げた事例も多い。 吹奏楽単体の楽曲に加えて有名曲の編曲も多用されており、吹奏楽が包摂する内容は極めて多様となっている。 さらに、アマチュアにより占められ、楽団の運営や演奏など教育的な側面が強調される傾向もあって、吹奏楽の包括的な記述は困難であり、研究は十分に進んでいないのが現状である。 歴史 [ ] 詳細は「」を参照 時代にはラッパと太鼓類を主に、行進を伴奏する情景が当時の壁画に残されている。 時代には楽団の編成が、には楽器の種類・数量が増した。 オスマン帝国の侵攻に伴うトルコ軍楽隊との接触はヨーロッパにおける吹奏楽の拡張に貢献した。 より多くの、が次第に加えられ、金管楽器が発達し、打楽器の素晴らしさ、そして劇的な効果が、、、などのパートにおける拡張を促した。 17世紀にはドイツ、フランスなどで盛んとなり、芸術音楽にも多大な影響を与えた。 として演奏されるレパートリーが出現する時代もこの頃からである。 さらに、1789年フランス革命が起きると、吹奏楽の形態は大編成のものへと変わってゆく。 革命を機に失業した宮廷音楽家らがフランス防衛軍に編成され、士気高揚の一翼を担った。 1810年代には使用する楽器が国により異なってくるものの、既に現在とほぼ変わらない規模に達していた。 、、、の影響も大きい。 軍楽も単に士気の鼓舞だけでなくなり、様々な種類の演奏ができるようになったものの、音量が大きいことと、移動して演奏するのに便利なことなどから、野外演奏が主体だった。 やがて、演奏会場におけるキャパシティの拡張に伴い、吹奏楽が一つの演奏分野として認められるようになる。 アメリカでは、1892年にがスーザバンドを設立したことなどから、吹奏楽は民間に広まってゆく。 クラリネット中心の編成で、学校教育・社会教育に活用されたものの、現行の編成が作られたのは、の ()(1902年 - 1994年)による。 には ()(ABA)が ()によって設立され、アメリカにおける吹奏楽の発展が図られた。 楽曲 [ ] 詳細は「」および「」を参照 18世紀末には、が数曲の序曲を作曲しており、19世紀に入ってからは、、、も吹奏楽曲を作曲している。 20世紀に入ってからはアメリカ、イギリスを中心に多くの作品が発表され、、、、などの作曲家が吹奏楽曲を発表した。 大規模の管楽アンサンブルやオーケストラの管打楽器セクションを想定して書かれた曲も広義の吹奏楽曲として扱う場合がある。 のセレナーデ、の「」、の曲群、の「」、の「トーンプレロマス'55」などが挙げられる。 かつて管弦楽曲が多く演奏されていたものの、現在は吹奏楽曲も多く演奏されるようになっている。 曲種としては、交響曲、交響詩、組曲、序曲、現代音楽などと多岐に亘っている。 重要な曲種である行進曲においては、アメリカの、イギリスの、ドイツのなどが作品を数多く残しており、この3人を筆頭として多くの行進曲が現在も演奏されている。 作曲家・作品 [ ]• アダム・ゴーブ:アウェイデイ、メトロポリス、アドレナリン・シティ、イィディッシュ・ダンスなど• :など• ():ウステル組曲など• :、エルサレム賛歌、、法華経からの三つの啓示、(1970年度課題曲)、サスカッチアンの山、、など• :、耀かしい交響曲、森の歌、炎の詩など• :、フェスティーヴォ、世の終わりへの行進など• :交響曲第3番、変奏曲とフーガなど• :、など• ウィリアム・ヒル:セント・アンソニー・ヴァリエーションなど• :マスク、水夫と鯨、カント(1978年度課題曲)など• :、吹奏楽のための詩篇など• :、舞曲-追憶など• :王は受け継がれゆく、、フェスティーヴォなど• ():シンフォニック・スケッチ、古代の歌と踊りなど• :ゴースト・トレイン、ラスベガスを喰い尽くすゴジラ、クラウドバースト、 ()、 ()など• :ノストラダムス、フォー・ザ・ネクスト・サウザンド、モンブランなど• ():スラロームなど• :など• カール・フランカイザー: ヒッコリーの丘、鐘楼よりの展望など• :イスラエルの挨拶、キルケニー狂詩曲、パリへの夜間飛行など• : など• :ファンファーレとアレグロ、交響組曲、シンフォニック・ダンス第3番「フィエスタ」など• :、華麗なる舞曲、ルイ・ブージョワの賛歌による変奏曲など• ():、ライド! シーザー・ジョヴァンニーニ:コラールとカプリッチョなど• :よろこびの翼、歓喜(「われらが神はかたき砦」による幻想曲)、ローン・スター・セレブレーションなど• :センチュリア、狂詩曲ノヴェナ、、ロマネスク、、栄光のすべてになど• :祈りとトッカータ(呪文とトッカータ)、、アパラチアン序曲、、詩的間奏曲、交響曲第2番、、第5番「フェニックス」、交響曲第9番など• ジム・アンディ・コーディル:吹奏楽のための民話など• ():乾杯! 、クラウドスプリッター・ファンファーレ、新時代へのファンファーレ、バンダンシング、ベルト・ウェイ・ジャムなど• :薔薇の謝肉祭、イシターの凱旋など• :…そしてどこにも山の姿はない、暗黒の一千年代、夕闇の静寂にて、リコイル〜ウインドアンサンブルのための〜など• ():エスカペイドなど• :、など• :、、美中の美など• :レッドライン・タンゴ、サスパリラなど• :、アメリカの騎士、プラトンの洞窟からの脱出など• :セドナ、激流の中へ、自由の肖像、鷲の舞うところなど• :など• :スクーティン・オン・ハードロック、大空への挑戦、祭礼の舞、「春になって、王達が戦いに出るに及んで…」など• :交響詩「ベトナムの回顧」、ウィズ・ハート・アンド・ヴォイス、エアロダイナミクスなど• デイヴィッド・ボブロヴィッツ:オールド・マタドール、チャヌーカ・セレブレーションなど• :交響曲第3番、イン・メモリアム、など• :イントゥ・ジ・エアー! 、エンデュランス、ソル・ソラーターなど• :、ウインド・ブリッツ、シンフォニー・フォー・ウィリアムなど• :シダス、モンタナ・ファンファーレ、マジック・オーバーチュア、アウローラなど• :サザン・ハーモニー、幻想的変奏曲、J. ダンス、舞楽など• ():ブレイキング・ザ・センチュリー、ガガーリン、サムライなど• :、グローバル・ヴァリエーションズなど• :ハイドンの主題による幻想曲、ルーブルからの情景など• :、デリー地方のアイルランド民謡、コロニアル・ソング、ガム・サッカーズ・マーチ(組曲「要約すれば」より)、子供たちのマーチ「丘を越えて彼方へ」、岸辺のモリーなど• ():行進曲「スピリット・オブ・ページェントリー」など• : など• :ジャマイカ民謡組曲、インスタント・コンサート、フーテナニーなど• :ハリソンの夢、ゲールフォース、ザ・レッド・マシーン、交響曲「モンタージュ」など• :吹奏楽のための交響曲「セーブ・ザ・シー」など• ():典礼交響曲、雲の伝説など• :パガニーニ・バリエーション、仮面舞踏会、舞い降りる鳩、ノーザン・ライトなど• :ジュビリー序曲、オリエント急行、ダンス・ムーヴメント、、など• :、セレモニアルなど• :序曲祝典、バンドのためのトッカータなど• :ブルー・シェイズ、交響曲第2番、サンクチュアリーなど• :、など• :など• :ノアの箱舟、ガリバー旅行記、ジェリコ、サガ・キャンディーダ、 など• ():ストーンヘンジ交響曲、エルシノア城序曲、ベレロフォン序曲など• :プレリュードとダンス、ザノーニ、祝典序曲、アナトリアなど• ():ローザのための楽章、すべて本当のこと、3つのロンドン小景、夜を守る友など• :パリのスケッチ、ドリームスケープスなど• :ユー・エフ・オー、デシ、ビザロなど• :行進曲「オーヴァーシーズ」など• :交響曲第4番「ウエスト・ポイント」、クラリネットと吹奏楽のためのデリヴェーション、ジェリコ、サンタフェ・サーガなど• :、、、、、など• :、フロレンティーナなど• :双頭の鷲の旗の下になど• :、、など• ():ランデブー・ウィズ・ジ・アザー・サイド、ウインドスプリンツなど• リランド・フォースブラッド:エレクトラ、オーヴァーテューラなど• :、吹奏楽のためのファンファーレ、トッカータ・マルツィアーレなど• :大草原の歌、海の歌、スター・フライト序曲、序奏とファンタジア、祝典賛歌など• ロジャー・シシー:ガリレオの月、組曲「虫」、ジオメトリック・ダンスなど• :船乗りと海の歌(海の男達の歌)、アフリカの儀式と歌、宗教的典礼など• :、第2組曲、第3組曲、交響曲第1番など• :マナティー・リリック序曲、南西部の伝説、大空をこえて、ダンス・セレスティアールなど• :シンフォニック・ソング、古いアメリカ舞曲による組曲など• :ドルイド〜ある神話的記憶〜、エンガフスの夢、詩のない詩など• :、、エピファニー(主顕祭)など• 阿部勇一:行進曲「ラメセスII世」(1995年度課題曲)、吹奏楽のためのフューチュリズム(1992年度課題曲)、ファンタスマゴリア、交響詩「ヌーナ」(2017年)、黎明のエスキース、われらをめぐる海 ~レイチェル・カーソンに捧ぐなど• :交響組曲第2番、交響組曲第3番「GR()」、交響組曲第7番「BR()」、エクスピエイション(贖罪)、放射と瞑想(パートI、パートII)、 メタモルフォーセス、沢池萃など• :ランドスケイプ〜吹奏楽のために(1990年度課題曲)、胎動の時代〜吹奏楽のために(2000年度課題曲)、アマデウスのピアノが聞こえる など• :、交響曲、管楽器のためのソナタ(1996年度課題曲)、吹奏楽のための叙情的「祭」、ピース、ピースと鳥たちは歌うなど• 井澗昌樹:火の断章(2008年度課題曲)、Bye Bye Violet、祝典序曲「祈りは翼となって」、愛の祭壇、ドールズ・コレクション I 〜おもちゃの兵隊と、恋す蝶など• :シンコペーテッド・マーチ「明日に向かって」(1972年度課題曲)、(1976年度課題曲)、(1978年度課題曲)、(1989年度課題曲)、復興への序曲「夢の明日に」(2013年度課題曲)など• :、仮面幻想、など• :、嗚呼! (1986年度課題曲)、吹奏楽のためのバラードI〜V、吹奏楽のための「交響的音頭」など• :「天馬の道」〜吹奏楽のために(2008年度課題曲)など• :風の国、フェスタ、祈りの旅(2004年度課題曲)、雲の変容、To the Sky、並びゆく友、雲の上の散歩道、ファンファーレ・リズミック、はなのなは?〜吹奏楽と箏合奏のための〜、Dancing Shadow、Fanfare Dreamsなど• :序奏とアレグロ(1982年度課題曲)、パルセイション(2006年度課題曲)、吹奏楽のための「ゴシック」など• :コンサートマーチ「光と風の通り道」(2007年度課題曲)など• :東北地方の民謡によるコラージュ(1981年度課題曲)、雲のコラージュ(1994年度課題曲)、吹奏楽のための序曲「飛鳥」(1970年)、元禄、火の伝説など• :吹奏楽のための風景詩「陽が昇るとき」、吹奏楽のためのラメント(2002年度課題曲)、吹奏楽のための「ワルツ」(2018年度課題曲)、 Mindscape for Wind Orchestra(2008年)、アッフェローチェ、Nightphony for Wind Orchestraなど• :即興曲(1976年度課題曲)、カドリーユ(1983年度課題曲)、風の詩など• :風と炎の踊り(1989年度課題曲)、スター・パズル・マーチ(1993年度課題曲)、マーチ「未来の風」、交響詩「空の精霊たち」など• ():セレモニアル・マーチ(2000年度下谷賞優秀賞)、祝典のための前奏曲など• :THE SEVENTH NIGHT OF JULY〜TANABATA〜、森の贈り物、、バルトークの主題による奇想曲(旧作品名 また一緒)、ドデカフォニック・ファンファーレなど• :交響曲第1番 生命の表記、セレブレイトなど• :、、くろがねの力、など• :(1977年度課題曲)など• :イントラーダ「S-S-S」、ライフ・ヴァリエーションズ〜生命と愛の歌〜、、など• :メトセラ〜打楽器群と吹奏楽のために、紅炎の鳥、南の空のトーテムポールなど• :饗応夫人 太宰治作「饗応夫人」のための音楽(1994年度課題曲)、アルプスの少女、かわいい女、残酷メアリーなど• :斐伊川に流るるクシナダ姫の涙、など• :、吹奏楽のための組曲「行列幻想」、など• :吹奏楽のためのインヴェンション第1番(1983年度課題曲)、マーチ「夢と勇気、憧れ、希望」(1997年度課題曲)、マーチ・グリーン・フォレスト(1999年度課題曲)、式典のための行進曲「栄光をたたえて」(2001年度課題曲)、(2008年度課題曲)など• :、トリトン、レミニサンス、交響曲、英雄の時代(アルト・サクソフォーン協奏曲)など• :「碧空」(航空自衛隊創立50周年記念 防衛省依嘱作品曲)など• :稲穂の波(1998年度課題曲)、道祖神の詩(2000年度課題曲)、アイヌ民謡「イヨマンテ」の主題による変奏曲()など• :吹奏楽のための風之舞(2004年課題曲)、さくらのうた(2012年課題曲)など• :行進曲「若人の心」(1977年課題曲)、吹奏楽のための天使ミカエルの嘆き、切支丹の時代、バルナバの生涯など• :(1987年度課題曲)、インテルメッツォ(2017年課題曲)、 古祀、愁映、交響曲、パストラーレ、Lamentation to- 、吹奏楽のためのカタストロフィ など• :行進曲「紅毛氈」、北川木挽歌による幻想曲、ブラボー・ブラス! 、丘の上のレイラ、ラ・グラン・マルシュなど• :マーチ「ハロー! サンシャイン」(1987年度課題曲)、そよ風のマーチ(1991年度課題曲)、クロマティク・プリズム(1996年度課題曲)、童夢(1998年度課題曲)、行進曲「虹色の風」(2003年度課題曲)、パクス・ロマーナ(2005年度課題曲)、ナジム・アラビー(2007年度課題曲)など• :土蜘蛛伝説〜能「土蜘蛛」の物語による狂詩曲(吹奏楽版)など• 三澤慶:海へ... 吹奏楽の為に(2006年度課題曲)など• :マーチ「春風」(2005年度課題曲)、 憧れの街(2007年度課題曲)など• :吹奏楽のための「深層の祭」(1988年度課題曲)、吹奏楽のための「クロス・バイ・マーチ」(1992年度課題曲)など• :吹奏楽のための音詩「輝きの海へ」、吹奏楽のための抒情詩「秋風の訴え」など• ():マーチ・エイプリル・メイ(1993年度課題曲)、航空自衛隊行進曲「空の精鋭」(制式行進曲)など• :魔法の翼で、フラワー・クラウンなど• :コンサートマーチ「ジョイフル・ポケット」(2002年度)、行進曲「風の音に乗って」(2004年度自由演奏会作曲コンクール最優秀賞)など• 課題曲は全日本吹奏楽コンクールにおける課題曲とする。 下谷賞作品は下谷賞選考会で選出された優秀賞とする。 編曲作品は非掲載とする。 ただし、作曲者自身または作曲者の指示・指導を得た第三者による吹奏楽版は掲載とする。 楽団 [ ] 詳細は「」、「」、「」、「」、および「」を参照 各国ごとに特徴がある形態。 やでは、木管楽器の音色を重視した編成が採られている。 やでは、金管楽器を多くして全体に硬く重々しい音色を持つ編成が採られており、ロータリー・バルブのやを使用する点が特徴である。 では、民族楽器のを主体とした編成が発生し、現在でも軍楽隊などで見ることができるものの、産業革命に伴い金管楽器の製造が盛んになるにつれ、労働者階級の娯楽として金管楽器を中心としたが編み出され、現在ではジャンルを確立している。 では、アメリカ吹奏楽指導者協会(ABA)が編成基準を定めており、それに従った編成が進められている。 例えばテノールホルンの代わりにを用いる。 では、軍楽隊創立当時、陸軍はフランスから、海軍はイギリスから指導者を招いたため、楽器編成・用語・音色などが二通りあって一定しなかったものの、公益社団法人により標準編成案が発表され、これを基準とする場合が多い。 ウインド・アンサンブル [ ] 詳細は「」を参照 属の金管楽器を中心とするブラスバンドの形態。 四声に分かれたB管のソロと三声に分かれたを中心に、高音域をEs管のソプラノコルネットで補う。 がコルネットの音色に幅をもたせ、とが和声部を受け持つ。 が旋律を助け、バスが低音域を支える。 さらに打楽器が加わる。 輝きのある響きを持ち、オルガンのそれを思わせるものもあれば、超絶技巧もある。 金管楽器主体の編成であることから、指導が比較的容易であるため、アマチュアが手がけ易いといった側面もある。 また、では世界各地にスタッフバンドと称したブラスバンドを置いており、独自の豊富なレパートリーを有している。 一般的な吹奏楽編成で知られる曲も、初めは英国式ブラスバンド編成で書かれた曲の場合があり、の『』やの『ハリソンの夢』などが挙げられる。 作曲者自身の手によって英国式ブラスバンド編成から吹奏楽編成へ編曲する手法は、ヨーロッパの作曲家を中心に多く見られる。 ファンファーレ・バンド(Fanfare Band) [ ] 金管楽器とサクソフォーンおよび打楽器による形態。 、を中心に普及している。 3声のBフリューゲルホルンを中心に、高音域をEsフリューゲルホルンが補うものの、現在ではこの楽器は、EsトランペットもしくはEsコルネットで代用される。 サクソフォーンは1声のソプラノ、2声のアルト、1声のテナー、1声のバリトンで構成されるが、オプションとしてバスサクソフォーンなどが使用されることもある。 このほか、3声のトランペット、4声のフレンチホルン、バリトン、2声のユーフォニアム、EsもしくはFチューバ、BもしくはCチューバ、そして打楽器による編成が一般的である。 英国式ブラスバンドと響きが似ているものの、サクソフォーンとフリューゲルホルンの豊かな響きと細かい動きの特徴を生かした作品が多い。 オランダにおいてはファンファーレ・オルケスト(: fanfareorkest)、ファンファーレ・オーケストラ(: fanfare orchestra)という名称の楽団も存在し、日本でもがオランダ語に基づくファンファーレオルケストの名称を使用している。 ポザウネンコア(Posaunenchor) [ ] におけるブラスバンドの形態。 直訳は「トロンボーン(喇叭)の合唱隊」であるものの、実際にはそれ以外の楽器も含む専属のアマチュア金管合奏団、つまり金管聖歌隊である。 などで基本的になどを演奏する。 賛美歌の演奏には、会衆やオルガニストと同じ・・・の4声による実音の(in C)をそのまま用いる(吹奏楽譜のような移調したは作成しない)。 実際にはのコラールの伴奏のほかに、との掛け合いや、前奏にや、後奏にはや歌なしのコラール、などが奏される。 また近くになると、街の広場でクリスマスの賛美歌なども演奏する。 レパートリーとしてはのなどから取ったコラールが多い。 、によるの編曲、によるの編曲などもある。 オリジナル曲では以下の曲がある。 マテイアス・キーファーの「サー・エドワードのファンファーレ」• トラウゴット・フュンフゲルトの「トランペット・ヴォランタリー」• トーマス・ウェールケスの「ダヴィデの息子へのオジアンナ」• ラルフ・グレースラーの「旦那、いてくだされ!」• オリヴァー・グレーネヴァルトの「兄弟よさようなら」• トーマス・モルレイの「3つのトロンボーンの為の2つのカンツォネッテン」• ディーター・ヴェンデルの「教会が建てられた」• マグダレーネ・シャウス=フラッケの「主よ、私たちに力を与えたまえ」• カール=テオドール・フュッターロットの「イギリスのクリスマス」 ハルモニームジーク [ ] 詳細は「」を参照 による形態。 管楽器で構成される。 楽器 [ ] 特に厳密な編成は定められていない。 各パートにおける人数も、厳密に規定されていない楽曲が大多数であり、各演奏団体の編成に合わせた柔軟な演奏が行われている。 吹奏楽で使われる楽器は、系のを持つが多いため、フラット系ので演奏されることが圧倒的に多い。 ここでは、現在用いられている楽譜にある最大公約数的な編成を示す。 木管楽器 [ ]• (通常2パート。 記載音と実音が同じ)• (フルートより1オクターヴ高い。 フルートと持ち替えることがあるものの、ほとんどの場合は独立している)• (多くの楽譜で記載があるものの、このパートを欠いても演奏できるようになっていることが少なくない。 通常1パートであるものの、大編成だと2パートのこともある)• (イングリッシュホルンとも。 主に大編成の曲で用いられる。 持ち替えとして用いられることも多い。 ソロの役割を担当することが多い。 F管)• (バスーンとも。 小編成以外の楽譜で記載があるものの、このパートを欠いても演奏できるようになっていることが多い。 通常1パートであるものの、大編成だと2パートのこともある)• (多くはないものの、編成に含まれる楽曲もある)• (Esクラリネットとも。 多くの楽譜で記載があるものの、このパートを欠いても演奏できるようになっていることが多い)• ソプラノ・クラリネット(通常3パート。 B管)• (多くの楽譜で記載があるものの、このパートを欠いても演奏できるようになっていることが多い。 Es管)• (1オクターヴ低い。 主に低音、伴奏を担当。 B管)• (必須で指定されている楽曲はほとんどないものの、使用する演奏団体も少なくない。 (多くはないものの、編成に含まれる楽曲もある)• (サックスとも)• (指定されている楽曲もあるものの、欠いても演奏できるようになっていることが多い。 持ち替えの場合もある。 B管)• (オブリガートを担当することが多い。 通常1パートであるものの、大編成だと2パートのこともある。 B管)• (通常2パート。 主にメロディを担当する。 Es管)• (低音を担当。 バス・クラリネットとユニゾンおよびハーモニーのことも多い。 Es管)• (通常の編成には入らないものの、大規模な曲で使用する場合がある) 金管楽器 [ ]• (2パートまたは3パート。 ポピュラー系の曲や大規模な楽曲では4、5パートになる場合もある。 B管が主流。 を用いて音色を変えることも多い)• (かつては吹奏楽の中心的な楽器だったものの、近年はトランペットが主に使用される。 編成によってはトランペットとは別パートとして用いられる)• (持ち替えで使用されることがある。 その場合はソロ楽器として用いられることが多い)• (2パートないし4パート。 F-Bフルダブルホルンが主流であるものの、F管またはB管シングルホルンもよく用いられる。 かつての日本ではとを用いていた時期があった)• (3パートまたは4パート。 ミュートを用いて音色を変えることもある)• テナー・トロンボーン• (大方1パートであるものの、2パートの場合もある)• バリトン• (大方1パートであるものの、2パートの場合もある。 ピストン式チューバとロータリー式チューバがある。 B管が主流)• バス 弦楽器・特殊楽器 [ ]• (過去には、オプションとして使用する例もあった。 全日本吹奏楽コンクールでは使用できない)• (過去には、オプションとして使用する例もあった。 全日本吹奏楽コンクールでは使用できない)• (ヨーロッパにおける大編成の吹奏楽団やアメリカ空軍軍楽隊では標準編成に含まれる。 全日本吹奏楽コンクールでは使用できない)• (ダブル・ベース、ストリング・バス、弦バスとも。 多くの楽譜で記載があるものの、このパートを欠いても演奏できるようになっていることが多い。 またチューバと同じパートを弾くこともある)• (ポピュラー系の曲で多用される。 全日本吹奏楽コンクールでは使用できない)• (ポピュラー系の曲で多用される。 全日本吹奏楽コンクールでは2006年まで使用できたものの、2007年から禁止となった )• (通常の編成には入らないものの、大規模な曲で使用する場合がある。 学校の吹奏楽部ではパーカッションパートの者が担当するケースが多い。 また、航空自衛隊航空中央音楽隊にはハープ担当の隊員が所属している)• (通常の編成には入らないものの、大規模な曲で使用する場合がある)• (通常の編成には入らないものの、大規模な曲で使用する場合がある。 ハープとチェレスタの代用楽器として使用する場合と、正規のピアノパートとして使用する場合がある)• (通常の編成には入らないものの、大規模な曲で使用する場合がある。 全日本吹奏楽コンクールでは使用できない)• 打楽器 [ ]• (大きさの異なる3台〜5台を組み合わせた1組を演奏する。 2組以上用いる大規模な楽曲もある)• (小太鼓、サイド・ドラムとも。 譜面上は S. と略記されることが多い)• (大太鼓、ベース・ドラム、グランカッサとも。 譜面上は B. と略記されることが多い)• (合わせシンバルおよびサスペンデッドシンバル。 譜面上はCym. またはCyms. と略記されることが多い)• (ポピュラー系の曲で多用される)• (、とも。 厳密には異なる楽器であるものの、広義ではほぼ同楽器として扱われている)• (ラテン系の曲で多用される)• 小型打楽器• (とも)• (とも)• (とも)• (とも)• 日本の吹奏楽 [ ] 日本における吹奏楽の歴史 [ ] 詳細は「」を参照 日本における吹奏楽の歴史は、にが藩士の選抜を経た人の指導により(薩摩藩)を結成した時に始まる。 軍隊の西洋化を目指す薩摩藩主がイギリスの軍楽隊に倣った。 そのメンバーがを経て陸軍・海軍に創設された軍楽隊の中核となった。 なお、軍楽隊の響きが初めて鳴り響いたのはにが浦賀に来た際と言われる。 当時、演奏会は軍楽隊が行っており、それによって多くの曲を紹介してきた。 には学校音楽にも吹奏楽が取り入れられ、そのほか百貨店・遊園地などに少年音楽隊が生まれ、また民間吹奏楽団が組織されて一般市民に広まった。 には、大日本吹奏樂聯盟(現在の一般社団法人)が発足した。 には、が毎年開かれ、演奏会も多く行われるようになった。 が始まる頃から、吹奏楽は戦意高揚や国威発揚のために利用されるようになり、盛んになった。 第二次世界大戦後、演奏する機会を失っていたものの、青少年教育にとって音楽の持つ意義が見直されたことから、再び学校で採用され、新しい学校音楽教育が教育から教育に移ったこともあって、数も増え、演奏技術も向上した。 11月には、フランスのが初来日し、演奏会を開催して当時の聴衆に大きな影響を与えた。 には、公益社団法人日本吹奏楽指導者協会が設立された。 レパートリー [ ] レパートリーの特徴として、された楽曲が依然として重要な位置を占めていることが挙げられる。 からの編曲は、編曲の品質が高い。 楽団に共通点を持つジャズからの編曲も、レパートリーの拡充に至った。 からの編曲にもスタンダードなレパートリーとして定着しているものが多く、演奏会で採用される機会も多い。 は、などの音楽を編曲したシリーズである。 当初から吹奏楽編成で作曲された演奏会用の楽曲も多く存在する。 これらは前述の編曲作品との対比から「オリジナル(楽曲)」と呼ばれる。 アメリカではスクールバンドの活動が盛んなので、スクールバンド向けの楽曲が多く作られており、日本でもよく取り上げられる。 その中には演奏会におけるスタンダードなレパートリーとして定着したものも多い。 近年の傾向としては、ヨーロッパの作品も多く紹介されるようになり、レパートリーとして定着している。 また、ヨーロッパの作品は、もともとブラスバンド用に書かれ、作曲者自身の手によって吹奏楽版が作られ、重要なレパートリーとして定着している曲もある。 コンクール [ ] 演奏コンクール [ ] 日本では、アマチュア吹奏楽団体を対象にした演奏コンクールがいくつか開催されている。 全日本吹奏楽連盟の主催による演奏コンクール• - 毎年夏から秋にかけて行われる日本で最も大きな規模の演奏コンクール。 大編成の部、A編成の部などで地区予選、県予選、支部予選が行われる演奏コンクールの最上位大会。 中学校の部、高等学校の部、大学の部、職場・一般の部が存在する。 - 毎年冬から春にかけて行われる各パート1人で3名以上8名までという少人数の管打楽器アンサンブルを対象にした演奏コンクール。 中学校の部、高等学校の部、大学の部、職場・一般の部が存在する。 支部吹奏楽連盟の主催による演奏コンクール• - 北海道吹奏楽連盟、東北吹奏楽連盟、東関東吹奏楽連盟、西関東吹奏楽連盟、東京都吹奏楽連盟、北陸吹奏楽連盟により行われる演奏コンクール。 小編成の部、B編成の部、小学校の部などで地区予選、県予選、支部予選が行われる演奏コンクールの最上位大会。 全日本吹奏楽連盟以外の主催による演奏コンクール• - 、全国高等学校文化連盟主催。 毎年夏に行われる祭典。 - 、中部日本吹奏楽連盟主催。 毎年夏に行われる東海支部で最も大きな規模の演奏コンクール。 日本管楽合奏コンテスト - 主催。 演奏コンクールでは以下の問題がある。 時間制限による不自然な曲の改竄(カット)• 選曲の模倣によるレパートリーの偏り• 音楽への無関心• 賞で決定する団体における評価• 手早く上位入賞しようとする指導者の存在• 指導者による賞の著しい変化• 審査員の偏り• 奏法の分化(技術重視の演奏、エグい音・編曲・高速爆演などの意的な演奏、ピッチ・ブレンド・クリアさなどの知的な演奏、品格・まとまり・基礎基本などの情的な演奏 ) 作曲コンクール [ ] 日本では、吹奏楽編成の曲を公募する作曲コンクールもいくつかある。 - が主催し、から3年おきに開催されている作曲コンクール。 - が主催し、毎年開催されている作曲コンクール。 入選作品は原則として全日本吹奏楽コンクール課題曲となる。 - 全日本吹奏楽連盟が主催し、から毎年開催されている作曲コンクール。 入選作品は原則として全日本吹奏楽コンクール課題曲となる。 演奏団体 [ ] 日本では、自衛隊、消防音楽隊、警察音楽隊、海上保安庁音楽隊など治安系の公務員組織による吹奏楽団が多数存在し、中央団体と呼ばれるものの、多くは団員を音楽大学から採用、ほぼ演奏業務に専念する事実上のプロミュージシャンである。 現在日本には国立、公立直営で専属雇用する交響楽団や合唱団が存在しないため、ドイツなど欧州大陸には多数見られる公務員身分の音楽家は、大部分これらの吹奏楽団員に集約されている。 軍楽隊(自衛隊音楽隊) [ ] 詳細は「」および「」を参照 日本では、警察音楽隊は、(東京)をはじめ各道府県警ごとに音楽隊が運営される。 ほかに隊が配備されているところもある。 音楽隊員の身分は、もしくは警察職員である。 音楽隊と警察の通常業務を兼ねている隊を兼務隊、音楽隊の業務のみに従事している隊を専務隊と呼ぶ。 やにも兼務隊の音楽隊が設置されている。 外国においては、音楽隊や音楽隊などの吹奏楽編成による活動が知られる。 学校吹奏楽部 [ ] 日本では、学校吹奏楽部は、やとして行われるの一形態となる。 一部の高等学校では、吹奏楽局や吹奏楽委員会が設置されるケースがある。 吹奏楽編成が多いものの、も存在する。 活動内容は、各種コンクール、での発表、での行進演奏、式典演奏などにおける諸行事での演奏、地域の音楽祭、慰問演奏、定期演奏会など。 負担金は部費という形で集められ、額については校外から専門の講師を呼ぶ場合は高くなる。 団体の収入としては、その他にも学校や地方公共団体から補助が入る。 楽器を購入する代金は備品、楽譜を購入する代金は消耗品と予算科目が異なる。 応援団吹奏楽部 [ ] 日本では、応援団吹奏楽部は、特に伝統校とされる大学でよく見かける、一種独特な立場にある音楽団体である。 学校のでは、応援時の鳴り物要員として吹奏楽が使われることが多い。 中学・高校などではとして設立された吹奏楽部が学校行事として応援に協力することが多いものの、大学などでは応援活動を行うために応援団の傘下に常設団体として設立された吹奏楽部が応援を行っていることもある。 当初はの鳴り物部隊として設立された吹奏楽部が成長し、応援活動だけではなく、学校を代表する吹奏楽団体として幅広く音楽活動を行うようになった団体も多い。 そういう意味では軍隊における音楽団体である前述の軍楽隊に類似した存在と言える。 応援団吹奏楽部が学内唯一の吹奏楽団体として活動している学校のほか、応援団吹奏楽部とは別にや文化会所属団体として設立された吹奏楽団体が活動している学校もある。 応援団吹奏楽部が学内唯一の吹奏楽団体である大学の場合、応援団吹奏楽部が大学を代表する吹奏楽団体として、応援活動と平行して音楽活動を担っている例が多いものの、応援団とは別の吹奏楽団体が学内に存在する学校の場合、応援活動は応援団吹奏楽部が担い、音楽活動は他の学内吹奏楽団体が担っている例が多い。 応援団吹奏楽部として設立されたものの、何らかの事情により応援団から独立した吹奏楽団体も存在する。 応援団から独立した団体の場合、歴史的な経緯から文化会に所属する団体として活動するのではなく、などから独立した、()直属の独立した学生団体として活動している例もある(のようにサークルとして独立した例もある)。 また、応援団吹奏楽部として活動している団体においても、音楽活動と応援活動のバランス配分については、学内吹奏楽団体の存在や応援団本部との力関係、吹奏楽部自体の意思選択などの要因で、応援活動を吹奏楽部の主要活動目的として活動している団体から、吹奏楽部の主要活動目的は音楽活動という団体まで、かなりの温度差がある。 このような形態の吹奏楽団体は、体育会連合に加えて音楽団体連合も所属するという複雑な立場にある場合が多い(ただし、所属の大学によりクラブ活動団体への対応が異なるため、一様には定義不能)。 企業吹奏楽団 [ ] 日本では、企業吹奏楽団は、楽器を趣味とする社員有志のクラブが多い。 社内で従業員による吹奏楽団体を結成しようとした場合、数十人単位の人数が必要となるため、自ずと会社規模の大きい企業が多い。 一例として、楽器メーカーのにより自社製品の宣伝との応援団を兼ねるがある。 ほかに、(を経て)、ブリヂストン吹奏楽団久留米()、阪急百貨店吹奏楽団()、NEC玉川吹奏楽団()といったバンドがやなどへの出場を通じて広く知られる。 楽団の構成員は、が中心となることが多いものの、学生が参加する例も見受けられ、中には楽団員の大半が学生という市民吹奏楽団も存在する。 活動内容は、それぞれの市民吹奏楽団の活動方針によって様々であるものの、各種演奏会の開催、全日本吹奏楽コンクールへの出場、地域の音楽祭への参加、慰問演奏などである。 市民吹奏楽団の多くは、楽器の調達費や日々の活動資金の大半を所属楽団員から徴収する団費で賄っているものの、などのや各種民間団体などから支援を受けて活動している市民吹奏楽団も存在する。 楽器編成は、楽器を持つ者が自由意志で参加しているという性質上、アンバランスになることが多い。 そのため、足りないパートを補うために他の市民吹奏楽団などから賛助出演者(通称:助っ人)・エキストラ(通称:トラさん)を呼ぶこともあるものの、楽器編成に厳密性が求められていないと解釈されることが多い現状から、他の楽器で代用されることもある。 メディアミックス [ ] 書籍 [ ] 評論 [ ]• 「吹奏楽のためのスコア入門〜演奏が変わるスコアリーディング講座〜」()• 「すぐできる! 吹奏楽のための指導がわかる本」(ヤマハミュージックメディア) 小説 [ ]• 「楽隊のうさぎ」()(2000年、)• 「うさぎとトランペット」(中沢けい)(2004年、)• 「」()(2009年 - 2010年、 月刊連載)• 「ブラバン」() 2009年、• 「グラツィオーソ」()(、文庫)• 「」()(、)• 「吹部! 」()(、)• 「屋上のウインドノーツ」()(2015年、)• 「アレグロ・ラガッツァ」()(2016年、) ノンフィクション [ ]• 「ブラバン・キッズ・ラプソディー - 吹奏楽部の10年」(石川たか子)(1991年10月、四海書房) - 高校の吹奏楽部と指導する中澤忠雄を追ったノンフィクション作品。 【改題】「ブラバン・キッズ・ラプソディー-野庭高校吹奏楽部と中澤忠雄の挑戦」(石川高子)(2009年3月、三五館)• 「ブラバンキッズ・オデッセイ 野庭高校吹奏楽部と中澤忠雄の仕事」(石川高子)(2007年4月、リトル・ドッグ・プレス)• 【改題】「ブラバンキッズ・オデッセイ 野庭サウンドの伝説と永遠のきずな」(石川高子)(2009年4月、三五館)• 「天国へのマーチ」()(2006年5月、かんぽう) - 西宮市立今津中学校の名物指導者として知られた得津武史の生涯を描いたノンフィクション小説。 漫画 [ ]• 「」()(1999年 - 2000年、 コミックス)• 「」(鶴ゆみか)(2009年、コミックス少年マガジン連載)• 「」(米根真紀)(2001年 - 2002年、コミックス 月刊連載)• 「」(田川ちょこ)(2007年 - 2010年、 )• 「」()(2007年 - 2011年、芳文社 )• 「」 ()(2008年 - 2009年、 )• 「」 ()(2008年 - 2015年、集英社マーガレットコミックス)• 「」()(2013年 - 2016年、集英社 ジャンプ・コミックス)• 「たんさんすいぶ」()(2014年 - 2016年、 )• 「tutti! 」(片桐了)(2015年 - 2016年、小学館 ) 雑誌 [ ] 現行• 「バンドジャーナル」(Band Journal、BJ) - の吹奏楽雑誌。 「」(PIPERS) - 月刊の管楽器雑誌。 杉原書店刊。 休刊・廃刊• 「バンドピープル」(Band People、BP) - 月刊の吹奏楽雑誌。 紙媒体は休止(1999年3月号をもって休刊)となり、ウェブサイトとして存続。 映画 [ ]• 「」 (1966年、)• 「」 (1992年、日本ヘラルド、ヘラルド・エース)• 「」 (1996年、イギリス)• 「」(2004年、) ()• 「ブラブラバンバン」(2008年3月15日公開) - 上記、同名コミックの映画化。 「青空エール」(2016年8月20日公開) - 上記、同名コミックの映画化。 テレビ [ ] ドラマ [ ]• 「」(1999年、)• 「」(2011年、)• 「」(2016年、TBS) - 上記『ブラバン・キッズ・ラプソディー』・『ブラバンキッズ・オデッセイ』を原案としたドラマ。 アニメ [ ]• 「」(2015年、) - 上記、同名小説のアニメ化。 ドキュメンタリー [ ]• 「心はひとつ スクールバンドの仲間たち」(1997年、)- 関東一高と東京立正高校の吹奏楽部ドキュメンタリー。 バラエティ [ ]• 「」の1コーナー「日本列島 吹奏楽の旅」(2004年 - 、) 番組 [ ]• 「吹奏楽アワー」(1998年、 スーパークラシックTV) - 本邦初の吹奏楽によるレギュラー放送テレビ番組であったものの、放送局の消滅により長続きしなかった。 「」(2006年 - 、) 【、 日曜 18:00〜18:45・ 土曜 12:10〜12:55 】 ラジオ [ ]• 「」 ( - 2002年3月、)• 「ブラスの祭典」 - 全日本吹奏楽コンクールの模様を放送する特別番組。 「」 (2008年4月6日 - 、、日曜 07:20-08:10)• 「吹奏楽の調べ」 (2008年12月31日 - 、、月曜10:00-10:30 再16:30-17:00 22:00-22:30 火曜4:30-5:00 日曜8:00-8:30 ) ゲーム [ ]• 「」(2006年、) - 部の存続を賭けて争う。 「」(2010年、) - ライバル校に吹奏楽部員が登場する。 著名な吹奏楽経験者 [ ] フルート [ ]• 吹奏楽史年表• 、156-157頁。 、152-183頁。 、59-63頁。 、38-43頁。 Band Journal 2015年4月号• 、67-69頁。 平成27年度一般幹部候補生(陸上自衛隊(大卒程度試験)音楽要員)採用のご案内• NHK情報ネットワーク 番組「響け! みんなの吹奏楽」• 参考文献 [ ]• 『音楽のヨーロッパ史』〈〉、2000年4月。 『古代エジプトなるほど事典』、2001年7月。 ・・・・『ブラスバンドの社会史-軍楽隊から歌伴へ』〈青弓社ライブラリー〉、2001年12月。 阿部勘一「第1章 「ブラバン」の不思議-〈ブラスバンド〉の社会史をひもとく目的と視点」『ブラスバンドの社会史-軍楽隊から歌伴へ』青弓社、2001年。 細川周平「第2章 世界のブラスバンド、ブラスバンドの世界」『ブラスバンドの社会史-軍楽隊から歌伴へ』青弓社、2001年。 塚原康子「第3章 軍楽隊と戦前の大衆音楽」『ブラスバンドの社会史-軍楽隊から歌伴へ』青弓社、2001年。 『JBCバンドスタディ』・小澤俊朗・渡辺秀之ほか編、、2005年6月。 ・・・『おもしろ吹奏楽事典』、2017年1月。 資料 [ ]• () 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

ダンス[サクソフォーン4重奏] / 【YMDミュージック】吹奏楽・アンサンブル・ソロ楽譜のオンラインストア

吹奏楽 フルート ソロ

見たところ、そこそこ難易度が高めのようですね。 ところで、近現代の曲、過去に吹かれた方がいるというサンカンのソナチネなどもそうですが、フラッターツンゲ いわゆる巻き舌をしながら吹く が出てきます。 巻き舌自体ができない人にはちょっとつらいところですので、もしできないならそのような曲ははずした方がいいです。 どの曲がいいかな... というのは。 「中野真理」さんという東京音大の講師をなさっている方が出されたCDがあります。 タイトルは忘れてしまいましたが、きれいどころの名曲 難易度も適当と思われる がそろって入っているので、聴いてみてはいかがですか。 別の方が書かれているドレミの名曲選がかなり収録されていたと思います。 フルートのコンクールの曲といえば、「歌の翼による幻想曲」、「ファンタジー」が主流ですね~。 フルート教室の発表会とコンクールの時期が重なった時があって、この2つの曲、いっぱい演奏してましたよ >_< えっと、ファンタジーは載ってませんが、ドレミさんから出ている「フルート名曲選」っていうのが、ピアノの伴奏譜付きで31曲ついて、販売しています。 伴奏付きでするのならば、これで、買っておくといいですよ。 ・・?ソロって、やっぱり、伴奏無しですか??? 伴奏なしでしたら、「ケーナー」の曲を使うと無難です。 ちなみに、上記の楽譜の中にも、ケーナーの子守唄が入っています。 私としては、グルックの「精霊の踊り」好きですけど・・ね。 あれは、使えないんです~(泣) ソロコンテストっていわゆるコンクールのことでしょうか。 だとしたら、課題曲などもあるのではないでしょうか? まず、その課題曲の難易度から、ある程度自由曲に持っていった方がよい難易度が想像できます。 「きれいで美しく、ゆったりとしたいい曲を吹きたいなと思っています. 」とのことですが、そのコンクールのレベルから適当なものを選ばないと「場違い」なんてことにもなりかねません。 せっかく出るのでしたら、その辺をよく調べて選曲したほうがいいです。 過去に出場 入賞 された方がどのような曲を演奏され、それはどのくらいの難易度なのか、自分がそのレベルの曲を吹きこなすにはどのくらいの期間が必要か。 コンクールの審査員によって古典ものが多かったり、近現代が多かったり、と傾向も分かれます。 どのくらいのレベルの曲が多い、というのがわかれば、いろいろな曲を教えてもらえるのではないでしょうか? A ベストアンサー 私は現在高校2年生で吹奏楽部でバスクラリネットを吹いています。 とは言っても、常識的な感覚からすると"高くない"というのも不思議ではあるのですけれどね・・・ 苦笑 すでに回答に出されているとおり、フルートという楽器はその材質により、数万円から200万円以上というものまであります。 また、 これは楽器全般にいえることなのですが パソコンのようにどの価格帯が売れ筋ということもあまり考えられず、価格の面で強いて言うならば"奏者の技量とおおよそ比例する"ということぐらいでしょうか。 いくら高価なものであっても初心者や初級者では到底吹きこなせませんし 場合によっては音すら出せない 、逆にそれなりに熟練した方だと低価格のものではその技量が十分に発揮できない、ということもありえます。 ただし上級の方はうんかな楽器もそれなりにうまく吹きこなすと思います そんなわけですので、 10のnoopeeのご回答と同じく、何種類課の楽器を試走されることをお勧めします。 楽器というのは"生物である"という方もいらっしゃるくらいで、同じ種類、型番の楽器でも一つ一つの楽器で微妙な違いがあります。 実際に演奏されてみて自分にあったものを探す、というのがいいと思います。 ただ、やはり・・・・そうですね。 これからも長く使いたいということを考えれば30万円程度のフルートは妥当ではないでしょうか。 フルートはトランペットと同程度の安さのものもありますが、高級なものとなるとかなり値が張ってしまいますので、ますばこれくらいのもので様子を見る、というのもよろしいかと思います。 私が吹奏楽始めたのは高校入ってからでそれ以前は楽器演奏の経験はまったくありませんでしたので、経験は1年半ほどです。 そこで私が選んだのは、ビュッフェ・クランポンで実売70万円のものでした・・・ 汗 当然、親から反対されたのは言うまでもありません 苦笑 しかしバスクラはその種類が少なく、プラスティック管などの特殊なものを除けば最低でも50万円以上する代物です。 そのあたりの事情を話し親を説得したところ、「卒業時に車要らないってのなら考えてもいいよ」とのこと。 その話を聞き、正直、迷いました。 というか、未だ結論出てません 汗 まぁ、これくらい引き合いに出されるのは当然のことですよね。 やっぱり、楽器って高いです 汗 ちと話がそれましたが、やはり楽器は一生物ですからじっくりとご検討されることをお勧めします。 なお、地方にお住まいなどの理由でなかなか楽器を手にとって見る機会が少ない、ということであればインターネットショッピングという手もあります。 ついに楽器の世界までインターネットが進出してきたのですね 笑 しかしその場合は 当然のことですが "試奏"ができません。 そこで、プロの奏者の方が一本一本の楽器を実際に試奏をそれてよいものだけを選び出した「 プロ 選定品」というものを取り扱っているところもあります。 このようなものを目安に選ばれるのも一考ではないでしょうか。 参考URL2つ目の長江楽器でも選定品を取り扱っています。 sugita. nagae-g. とは言っても、常識的な感覚からすると"高くない"というのも不思議ではあるのですけれどね・・・ 苦笑 すでに回答に出されていると... Q 40代後半の主婦です。 大手のフルート教室に通って2年が経ちました。 元々かなり本気でしたのでマンツーマンを希望しましたが、基礎からならグループレッスンからと言われ 仕方なく 入会してみました。 3~4人のクラスでアンサンブルも確かに重要だしパートに分かれて曲を演奏するのも勉強なのもよくわかります。 しかし、まずは基礎をしっかり習得してから市の吹奏楽団に入るとか、アンサンブルクラスに入って演奏会を開きたいとか、基礎の先の目標に燃えてる私には進行速度が合いません。 私より更に2年上のクラスの方の演奏を聞きましたが理想よりかなり未熟です。 先生にも何となく伝わってるようですが、個人的に御相談する以前に、まるで協調性がないようなわがままな人がいるような言い方をされ、相談する気もしなくなりました。 確かにこの年齢からコンクールや音大に行けるわけはありませんが、親の介護や更年期の不調になる前に、出来る所までは努力し、人前で披露できるぐらいにはなりたいです。 このまま基礎のテキストが終わるまであと2~3年続けるべきでしょうか? 現在トリルもビブラートも習っていません 音大の一般人向けの教室でマンツーマンとかは、どんなレベルでしょうか? 何年ぐらいでどんなプランでレッスンしたらいいか、是非アドバイスをお願いします。 因みに、難しいクラシックは到底無理と心得ています。 でも例えばギターを始めて数年でバンド活動を始めたり、デビュー出来たりしますでしょ。 どう言ったらいいかわかりませんが、完成されてないと何もしちゃいけないわけではないですよね。 それとも、今から何かを目指すのは無理だから、皆さんのペースに合わせて楽しんでランチして何となく年齢を重ねていけばいいのでしょうか……。 40代後半の主婦です。 大手のフルート教室に通って2年が経ちました。 元々かなり本気でしたのでマンツーマンを希望しましたが、基礎からならグループレッスンからと言われ 仕方なく 入会してみました。 3~4人のクラスでアンサンブルも確かに重要だしパートに分かれて曲を演奏するのも勉強なのもよくわかります。 しかし、まずは基礎をしっかり習得してから市の吹奏楽団に入るとか、アンサンブルクラスに入って演奏会を開きたいとか、基礎の先の目標に燃えてる私には進行速度が合いません。 どうも大人... A ベストアンサー >大手のフルート教室に通って2年が経ちました。 ・・・のなら、少なくとも基礎的なことはもうわかっているはずですよね。 アマチュア楽団で管楽器を実践演奏するまでに2年もかける人なんていないと思います。 マンツーマンで専門家から教わったなんて人は、少なくてもアマチュアには殆どいないはず。 部活動なんかの学生の楽団も、遅くても数ヶ月くらいで楽団で演奏しながら腕を磨くというやり方に入ると思います。 ・・学生は特に時間が限られているので。 >現在トリルもビブラートも習っていません トリルは人から学ぶようなことは特にありませんし、ビブラートも自身でやってみればいいと思います。 少なくとも自分は、ビブラートの細かいやり方まで教えてくれるような人を見たことありません。 こればかりは外国語の発音を学ぶのと同じで「唇と下をこう動かすんだよ・・云々」と教えられるようなタイプのことではないので、出来ている人を模倣するところから始めて、後は数をこなして慣れるしかないと思います。 >因みに、難しいクラシックは到底無理と心得ています。 その辺も管楽器演奏者の一般的な認識と少しずれているように思えます。 「演奏技術の難易度」という観点なら、クラシックもブラスもジャズもポップミュージックもありません。 どのジャンルの曲も難しいものは難しいですし、簡単なものは簡単。 それに加え、個人の得手不得手や、楽器単位や、パートの何番を受け持つかでも演奏難易度は大きく変わってきます。 現にプロでも、クラシック楽団より、ジャズオーケストラやポップスオーケストラの方がはるかに高度な演奏技術を持っている人がいるということは珍しくありません。 早くアマチュア楽団に入った方がいいです。 入れる条件は各団体によると思いますので詳しいことはなんとも言えませんが。 その教室に「求めるもの」が無いのなら、自身でそれが満たされる場を見つけるしかありません。 周囲のせいにしていても始まりません。 前にも述べましたが、楽団ジャンルは「どのジャンルが難しいか」という観点ではなく、自分がどんな音楽を演奏したいか、で決めるべきです。 楽団に入れば、そこのフルート奏者はmrose1234さんと目指すところは同じはずですから、色々と聞けることも多いと思います。 mrose1234さんの「楽団演奏」というものに対する一般知識がまだまだ初歩的なように感じるのも、そういったところから始めてないからではないかと感じました。 多くの人は、学生時代の部活動など「実践」から始め、そういったことを自然と知ることになります。 >大手のフルート教室に通って2年が経ちました。 ・・・のなら、少なくとも基礎的なことはもうわかっているはずですよね。 アマチュア楽団で管楽器を実践演奏するまでに2年もかける人なんていないと思います。 マンツーマンで専門家から教わったなんて人は、少なくてもアマチュアには殆どいないはず。 部活動なんかの学生の楽団も、遅くても数ヶ月くらいで楽団で演奏しながら腕を磨くというやり方に入ると思います。 ・・学生は特に時間が限られているので。 >現在トリルもビブラートも習っていません トリルは... A ベストアンサー 僕の経験から言うとフルートとトランペットは毎日吹いていないとどんどん音が出なくなる楽器の様です。 たぶん唇が楽器の一部になっているので吹いていないと筋肉がすぐに弱ってしまうのだと思います。 正確には音を出すのに顔の100以上の筋肉が一斉に動くと言います。 入院して一週間起きられずにいた時にベッドから始めて出た時には足の筋肉が弱ってしまいまともに歩けませんでした。 ちなみにサックスの場合は一年くらい楽器を吹いていなくてもすぐに音が出ると聞きました。 アドバイスとしてはフルートはそう言う楽器だと理解して又ロングトーンの練習から始めるのが一番ではないかと思われます。 筋肉は思ったよりもすぐに弱くなります。 それが嫌でフルートを諦めた人もいる様です。 A ベストアンサー フルート経験者の娘から助言です。 娘です。 低音部から、高音部に上がるにつれて吐く息の圧力が高くなり鋭い息を出す事によって、 綺麗な高い音が出ます。 つまり、その長さを短くして吹くのですから、 密度の濃い音を出す事になります。 「吹き方が異なるのでしょうか?」という質問には、 空気の圧力を腹筋で変えて、口の形も高音部は少し狭める。 という回答になります。 フルートは唇から動かさない方がいいと思いますが、力が入りすぎて音質にも影響が出てくるので、 きつく当てすぎるのもよくないと思います。 動かない程度に固定するといいと思いますよ。 以上、娘でした。 A ベストアンサー 「全体的にクラリネットかフルートどちらか最終的に簡単か」に。 とても難しい質問です。 早い時期に音が出て、簡単な練習曲をこなせるようになるのはリードがある楽器です。 クラリネットの方がフルートに比べて「リード」がある分、音が出しやすい。 これは否定できません。 フルートでは「全然音が出ない」という人もおられます。 へたくそでもいいので演奏を楽しみたいという人はリード楽器を選ぶ方が、楽しさが早く得られると思います。 フルートに比べて、リード楽器は「リードを買うお金」が必要です。 フルートは右手をずっとあげてないといけませんので、肩が凝るという人もいました。 上手でないと「させられ」ませんが、それでも高音部専門楽器ですので、音程をとるのは他の楽器より難しいです。 フルートもクラリネットも、吹奏楽では「独奏パートが多い」楽器です。 皆の中でわぁわぁ吹いてるのはいいが、独りでソロを吹かされる羽目になるのだけは嫌だという人は、この両方ともに向いていません。 ピッコロなどは一般に一本で演奏します。 これは一本で充分という意味と、二本以上ですと音を合わせるのが他の楽器より難しいという理由があると聞いてます。 つまり「常にソロ状態」。 それは嫌だ、勘弁してくれというならフルートでなくクラリネットです。 長くなりましたが、「簡単な楽器」というのはないです。 よく、管楽器の中ではトランペットが一番難しいと言われますが、ではその他の楽器は簡単なのかと言うと違います。 全部難しいが、トランペットはより難しいというだけの話です。 あなたが吹奏楽部に入って、それなりに練習を重ねていくと「簡単な楽器なんてのはない」の意味がもっとお判りになると思います。 指揮者に「違う!そんな音じゃなくて、もっと突き抜けるような音にしろ」「違う、大きな音を出せって意味じゃない。 叩き方を工夫しろ」なんて言われて、初めて「簡単だと思った私が悪かった。 許してくれ」となるのです。 シンバルも難しいです。 一発一発音が変わってしまわないようにしないといけません。 ピアノ(弱く)音を出すなんて至難の業です。 有名どころでは「悲愴のドラ」がありますね。 チャイコフスキーの交響曲第6番の4楽章のドラ。 全曲の中で一発だけ、ピアニッシモで「ドーン」って叩くのですが、精神的には「たかが一発」と言っておられないのだと聞いてます。 「全体的にクラリネットかフルートどちらか最終的に簡単か」に。 とても難しい質問です。 早い時期に音が出て、簡単な練習曲をこなせるようになるのはリードがある楽器です。 クラリネットの方がフルートに比べて「リード」がある分、音が出しやすい。 これは否定できません。 フルートでは「全然音が出ない」という人もおられます。 へたくそでもいいので演奏を楽しみたいという人はリード楽器を選ぶ方が、楽しさが早く得られると思います。 フルートに比べて、リード楽器は「リードを買うお金」が必要です。 A ベストアンサー 吹奏楽コンクールのオーディションということは、学生さんですか? っとすると、フルートスピードを使ってよいかどうかは、指導されている方の判断によるのでは。 フルートスピードは明確に音が変えられますが、装着アリ/ナシによってアンブシュアが多少変わってしまう傾向がある様です。 (演奏しながら、より大きい音とかより響くトーンなどを無意識に探っている様で、結果、意識しないままアンブシュアとかタンギングの取り方とか、奏法が少しづつ変わってしまう様です。 フルートスピードを付けたまま何か月も吹きまくり、ある日取り外してみると『あれっ?』っと思います。 指導されている先生が、それをどう考えるか?です。 ワタシ個人は主にジャズやブルースしか演奏しないので、『ケバい』トーンが得られるフルートスピードは結構便利だと思っていますが、アカデミックな奏法を追及されている方には色々と気に入らないところがある様で、実際教室をやっていて『ウチではとりあえず、フルートスピードとフルートドライブは禁止』としている知り合いもいます。 YFL517は残念ながら使ったことがないので、どういう変化をするか?予想出来ません。 或いは材質違いで差があまり無いことも有り得ます。 ) 実際に装着して比べられればベストでしょうが・・・楽器屋で、試奏をお願いしてみては?(尚、試奏可能ならフルートドライブも使ってみることをお勧めします。 特に低音がイイ感じになります。 指導されている方がいらっしゃるなら、一度相談してみることをお勧めします。 そう言えば思い出したことがひとつ。 ワタシ自身は吹奏楽の経験がなく、集団での演奏がどういうモノか知らないのですが、吹奏楽をやっている友人で、『トーンが鋭くなり過ぎ周りに迷惑な気がして、フルートスピードを使うのをやめた』ってヤツがいます。 いわゆるtuttiでは、そういうことも考えないといけないのかな? 吹奏楽コンクールのオーディションということは、学生さんですか? っとすると、フルートスピードを使ってよいかどうかは、指導されている方の判断によるのでは。 フルートスピードは明確に音が変えられますが、装着アリ/ナシによってアンブシュアが多少変わってしまう傾向がある様です。 (演奏しながら、より大きい音とかより響くトーンなどを無意識に探っている様で、結果、意識しないままアンブシュアとかタンギングの取り方とか、奏法が少しづつ変わってしまう様です。 フルートスピードを付けたまま... A ベストアンサー 音楽講師の経験があり、子どもがふたりおります。 まだ2歳ということですので、まだフルートを始めるには無理がありますよね。 まずは3才から音楽教室に通うことをお勧めします。 3才~4才までは歌って踊ることが中心ですが、音楽に対する興味を芽生えさせることが出来ます。 5才くらいになると教室で鍵盤楽器の練習と楽譜の読み方を教えてくれるので、これも必要だと思います。 フルートだけでなく、鍵盤楽器以外は小学校中学年くらいにならないと無理だと思いますので(打楽器やハーモニカなどの例外もありますが…)それまでに音楽全般の知識を深めるといいのではないでしょうか? 鍵盤楽器(ピアノ、エレクトーン)は音楽の基礎となりますので、フルートの前に習われても決して損ではないですよ。 フルート吹きならマスターしたい曲ばかり、つまり有名な曲ばかりなので。 私は試奏する時に最初から曲を吹くのは恥ずかしいのでソノリテとタファネル・ゴーベールの日課練習の一番をパラパラと吹いたあとライネッケのウンディーネの一部分をあくまでもさらっと(笑)それからドンジョンのサロンエチュードの中のエレジー(練習にもなるし曲もいい!)を間違えそうになる寸前でやめます(笑) あと、No8さんのおっしゃっているカーペンターズの曲の中のフルートも本当にかっこいいですよ、特にミスターグーダーのフルートソロは小学生の時に聞いて子供ながらに「こんな風に吹けるといいなぁ」と本当に思いましたから。 フルートの曲は本当に沢山あるので、書ききれません。 自分にとっての一曲が見つかるといいですね。 muramatsuflute. フルート吹きならマスターしたい曲ばかり、つまり有名な曲ばかりなので。 私は試奏する時に最初から曲を吹くのは恥ずかしいのでソノリテとタファネル・ゴーベールの日課練習の一番をパラパラと吹いたあとライネッケのウンディーネの一部分をあくまでもさらっと(笑)それからドンジョンのサロンエチュードの中のエレジー(練習にもなるし曲もい...

次の

フルートの、きれいなソロ曲

吹奏楽 フルート ソロ

スポンサーリンク どうも、くろすけです。 前に、吹奏楽でビブラートをかけまくっていたら注意された話をしたと思います。 楽器の響きを豊かにしてくれるビブラートですが、吹奏楽においては使える場面が限られているようです。 下の記事には、 久しぶりに吹奏楽に参加した私の苦労が書いてあります。 吹奏楽とオーケストラのフルートの奏法の違いについても触れています。 そんなら、いつならビブラート使っていいんじゃ! と思ったので、いろいろ調べてみました。 吹奏楽をやっている方、吹奏楽に参加しようと思っている楽器経験者の方の役に立てばと思います。 ユニゾンではビブラートをかけるべきではない まず、ビブラートはユニゾンではかけないほうが無難です。 何故なら、 ユニゾンでは全体の音程・音量・音色をそろえる必要があり、ビブラートをかけることでそのすべてが崩れてしまうからです。 私は、オーケストラで5年間演奏していたのですが、 弦楽器はユニゾンであってもビブラートをかけています。 吹奏楽と同じ理論で言うと、ユニゾンではビブラートをかけるべきではありませんが、 弦楽器はユニゾンでもビブラートをかけても大丈夫なんだそうです。 なぜなら、弦楽器のビブラートは指を使ってかけるので、 ビブラートの速度や振幅をパートのメンバーはそろえることができるからだそうです。 ソリでかけるのはあり? ビブラートをパートでそろえられるのであれば、ソリでビブラートを使用するのはありかと思います。 ただし、 そのためにはビブラートをコントロールする必要があります。 適当にかけたんではパートでビブラートの速度・振幅をそろえられるわけはありません。 ソリ以上でビブラートをかける場合は、指揮者に確認するのが安全かもしれませんね。 結局は指揮者の好み? ここまでいろいろ書いてきましたが、楽団によってはバリバリにビブラートをかけているところもあるようですね。 プロの楽団でも奏者は普通にビブラートをかけているようです。 私も、フルートの先生に少しのビブラートはだといわれていたので。 ですので、指揮者がどういった演奏がしたいのかが大きなポイントだと思います。 響きのある音が欲しければビブラートを要求するでしょうし、ブレンド感のある音色が欲しければノンビブラートを要求するでしょう。 ビブラートをかけるべきかわからない場合は、周りの奏者をみてかけている人がいればその人のビブラートに合わせるか、思い切って指揮者に尋ねましょう。 音楽には正解がありませんので、好みの世界になってしまいました。 クラリネットはビブラートをかけない?! ここからは番外編としてお送りします。 まずは、クラリネットのビブラートについてです。 みなさん、クラリネットがビブラートをかけているのを見たこと・聞いたことがありますか? フルートやサックスなどほかの木管楽器はバリバリにビブラートをかけていますが、そういえばクラリネットのビブラートって聞いたことないなと思うのではないですか? クラリネットでビブラートをかける場面は 基本的にジャズ音楽を演奏するときのみです。 ヨーロッパのオーケストラではクラリネット奏者もビブラートをかけているようですが、日本では少数派のようです。 オケの曲でもたまにジャズチックな曲はあるから、 熟練者ならビブラートの練習はしておいたほうがいいのかも。 何故クラリネットはビブラートをかけないのか。 調べてみるといろいろなことがわかりました。 ビブラートをかけなくても表現豊かに演奏できる• ビブラートをかけると音色が安定しない• クラシック音楽でビブラートがあまり使われてないから ほうほう。 クラリネットでビブラートをかけると、あのあたたかい音色が損なわれるからなんですね。 コントラバス奏者は音程をビブラートでごまかす?! コントラバス奏者はビブラートをかけることで音程を当てるという話を聞いたことがあります。 コントラバスは大きな楽器なだけあって、音程を当てるのが難しいんだそうです。 (指をあてる範囲が広いからね) それをカバーするのが、 ビブラートです。 まあ、実際は音程をカバーする事だけが目的ではないと思うのですが。 弦楽器のビブラートって、弦を押さえている指を揺らして(という表現はあっているのかな)かけています。 なので当然音程も上下するわけです。 実際、コントラバスのソロ演奏を聴いていると音の出だしが若干低いなって思ったときも、ビブラートがかかった瞬間に補正されたりします。 これは気のせいだったのかしら。 もちろん、プロの演奏では音程がずれているということはめったにないのですが、学生の演奏だとビブラートの音程補正は結構感じます。 あ、コントラバス奏者をディスっているわけではございませんよ。 決して。 音程合わせるの難しいのにすごいなって思っています。 ビブラートは時と場合に応じて さて、吹奏楽におけるビブラートについて考察しました。 調べていても賛否両論あります。 吹奏楽はソロプレーではないので、 周りの音色に溶け込ませるということが重要視されます。 そんな中に、一人ビブラートをかける人が現れると音色が混ざらなくなっちゃって大変です。 音色を壊さない程度のビブラートは許容されるかもしれませんし、それすら許してくれない指揮者もいるかもしれません。 是非、指揮者や周りの奏者に確認してみましょう。

次の