宮崎 福岡 夜行バス。 福岡

宮崎

宮崎 福岡 夜行バス

当ブログにお越しいただきありがとうございます。 今回も 夜行高速バス 宮崎・延岡~福岡夜行便で夜行放浪してきました。 での山中生活に戻り、次はいつできるかわからないと思っていた夜行放浪ですが、大型連休期間中にチャンスがありました。 今回は気になる夜行バス仮眠室の謎が解決しました。 2019年5月 ー天神バスターミナル間を往復。 今回の宮崎・延岡~福岡夜行便での旅 久々に戻ってきました、久しぶりの真夜中のです。 放浪はいつもこの瞬間を大事にしたい。 旅は始まったら終わりが近づき、あっという間に終わりを迎えてしまうものです。 午前0時半過ぎのの夜の空気、夜行便を待つこのワクワクした瞬間をしっかり浸ろうではありませんか。 宮崎・延岡~福岡 夜行便 がに到着しました。 何度か乗車してきましたが、今回はどんな夜行の旅になるか毎回ワクワクします。 連休中ということでからの乗客ももっと多いかと思っていると普段と変わりなく、しかし既に中はほぼ満席になっていたようです。 改札があり、しばらく停車。 ここで乗客が乗り、トランクを閉めると運転士さんが携帯電話で営業所に異常がない旨、連絡をしているようです。 そして、前面がカーテンで閉め切られ、福岡の朝に向かって出発です。 たいてい、ここでパチリと消灯し真っ暗になるので、必要なグッズを取り出したり、リクライニングの具合を調整するのに少し焦るのですが、 今回の運転士さんは数分後に消灯しますのご案内があり、しばらく車内が明るい時間的猶予があったので延岡乗車としては焦らず助かりました。 今回はおやすみなさい。 暗い車内で高速道路の走行音を聴きながら瞑想時間。 「今ここを感じる」マインドフルネスの時間です。 しかし、毎度夜行便に乗るとどこか子どものようにウキウキして熟睡とはいきそうにない。 井上PAに停車中に夜が明けました。 以前乗車したのは秋~冬で、到着した後も真っ暗でしたが、季節が進みました。 まもなくカーテンが開放されます。 さてさて、運転士さん まだ? 明るくなってきたので開放が待ち遠しくなりました。 窓から外を見ていると、運転士さんがトランクから出てきたようです。 あの、仮眠室というやつですね。 劣悪な寝床、棺桶などと言われている? 一体どんな空間なのだろう?眠れるのだろう? と気になってしまいました。 帰りに聞いてみようと思います。 さて、これまで博多でしたが、今回は天神で降車しました。 まもなく天神バスターミナル。 乗客のほとんどが博多で降車しました。 天神バスターミナルの降車場、良い雰囲気です。 トイレはアロマの香りがします。 さて、午前7時前に到着したため、しばらく時間をつぶした後、放浪へ。 そして1日の放浪を終え、再び戻ってきました夜の天神バスターミナルです。 連休中でたくさんの人でしたが、先日来た土日とさほど変わらない気がしました。 21時をまわると次々と各地へ行く夜行バスが停車し、たくさんの人が去っていきました。 そして、22時を過ぎた天神バスターミナルは閑散としてきました。 さて、毎度夜行放浪の最後はシンデレラの気分、 帰りの夜行便が停車しました。 この連休中はカメラを持って車両を撮影しているバスマニア君らしき人達をたくさん見かけました。 夜行バス仮眠室の謎 さて、午前0時頃、PAでの最後の休憩となりました。 そこで、行きの便で気になっていた謎! 夜行バスの仮眠室についてです。 気になりだすとこだわり知りたがる私。 このモヤモヤは、旅の最後まで持ち越したくない、これは運転士さんに聞くしかない。 しかし、消灯になってしまった後は到着まであっという間。 時間はありません、限られたこの休憩時間中がチャンス。 こういった旅にチャンスを逃しては次のチャンスはなかなかありません。 いや、でも、勇気を出して声かけてみたら、 「ダメです!!」 「秘密となっております!!」 などと厳しく言われたらどうしよう。。。 まさか~!それより早く聞いてみよう。 運転士さん どこ? 車両をぐるっと点検してまわる運転士さんのタイミングをみて、勇気を出して声をかけてみました。 「すみません、仮眠室ってよく眠れるんですか?」と尋ねたところ、 「見てみますか?」と、快く仮眠室のドアを開けて見せてくださいました。 そして、写真撮影&アップの許可もいただきました。 わぉ 間口はちょっと狭い?雨の日は入るのが大変そうですね。 息もしづらいような棺桶のような狭さを想像していたのですが。 中は意外に広々とした個室でした。 これなら安眠できそうですね。 実際、ぐっすり眠れると話しておられました。 また、空調も効いて快適なのだそうです。 夜行便は行き、帰りともに明け方にかけて2時間弱の休憩がありますが、その間、運転士さんはこちらで仮眠されています。 乗客としては、夜行バスをワンマン運行というと大丈夫?という心配がありましたが、運転士さんが途中、快適に仮眠されていると思うと安心ですね。 その他短い時間でしたが、色々と素朴な質問に気さくに答えていただき感謝でした。 また、その運転士さん、奇遇なことに同郷で、同じ高校の後輩でした。 ということで、疑問もスッキリ!おやすみなさい。 午前3時の道の駅北川はゆまと夜明けの延岡 バスは午前3時頃、道の駅北川はゆまに到着。 しかし、この日は連休の真っ最中。 駐車場は車がいっぱい。 こちらの駐車場、元々インターはなくただの道の駅でしたので、普通車の駐車スペースが少ないようです。 大型車専用駐車場にたくさんの普通車が停車していて、すぐにバスが入れないようでした。 ほとんどの車がトイレ休憩というよりもサンシェードをして、ここで仮眠しているようにみえました。 駐車場をぐるりと回り、何とか停車できるスペースが空いたようで、夜行便はここで2時間弱の休憩に入りました。 4時45分頃、運転士さんが仮眠室から戻り、暗闇の中、前面のカーテンが開放されました。 起きていたので、運転士さんがカーテンを開けながら小声で「おはようございます」と、笑顔で挨拶してくださいました。 そういった、ちょっとした声かけにホッとするものです。 そして、再びを走りはじめました。 夜が明けはじめ、行縢山、延岡の風景が見えます。 延岡ICを降り、夜明けの延岡のまちへ、朝焼けがきれいでした。 そして、ついにに到着。 明るくなって下車したのは初めてで、夜明けの光具合とカラーの青が何とも美しく、ピカピカと輝いていました。 冬の間、延岡到着時はまだ真っ暗で、自宅に帰ってもまだ夜が明けず、何とも寂しい感じでしたが、清々しい季節になってきました。 今回は思いがけず夜行バス仮眠室の謎も解決し、充実した夜行便での夜行放浪となりました。 にもアップしています。 asoiyashi.

次の

夜行バス仮眠室の謎・宮崎交通夜行高速バス・宮崎延岡~福岡夜行便乗車記(2019年5月)

宮崎 福岡 夜行バス

福岡-宮崎間高速バス フェニックス号 福岡〜宮崎間 高速バス フェニックス号 このページは個人で作っております。 変更点、情報が古い面もあるかと思いますので や各オフィシャルサイト等で最新情報の確認をお願いいたします 福岡市〜宮崎市の場合通常の運賃は4500円です。 あと「席割」という割引席が設けられており、 2500円の運賃になっています。 この席の違いは通常料金だと3列シート、席割料金だと4列シート にあてがわれます。 横幅だけでなく足元の広さや受けられるサービスも違っています。 すべての車両が4列対応にはいませんので席割の割当てのない便もあります サイトから買うとそれぞれ早割りクレジットカード決済割引もあるようです JRバスは全便4列化されました。 天神のほうが博多駅より先の 到着となります。 あと日向ICでの乗降もできます 運行日は金土です。 予約画面でも単独路線扱いのようです 宮崎交通の予約センターに電話すれば「フェニックス夜行」でも話は通じるとは思いますが。 事前予約、座席指定制です ・福岡発の場合八女ICまで降車はできません ・宮崎発の場合えびのICまで降車はできません 、、、 の5社による共同運行です 運賃や電話番号は載せないことにしました やにて確認してください 2019年10月から途中休憩地が変更になりました 九州自動車道、宮崎自動車道を走り宮崎市に至ります 途中、宮原SAと霧島PAで15分程度の休憩をとります 高速基山(基山PA)では九州各方面への高速バス乗り継ぎがしやすくなっています 高速道が通行止めになると運休になります。 往路が運休だとその帰りの復路も 自動的に運休となります。 わりと頻繁に運休は発生しますので、いちおうそれは アタマの片隅においておいてください。 福岡市内のルート図です。 到着便はその逆です 出発便は天神バスターミナルを出発したあと博多バスターミナルに寄り、呉服町バス停に 立ち寄りったあと、千代ランプから都市高速道に乗って九州道に向かいます。 到着便で天神に早く行きたい方には呉服町で降りて路線バスに乗り換えることを 公式では勧めてるようです。 そのための路線バス割引なんかもやってるみたいです。 地下鉄でもいいと思います 宮崎駅20時発最終便のみ福岡市内での経路が異なります。 天神のほうが博多駅より先の 到着となります。 また呉服町には停車しません ------------------------- 昼行便の宮崎市内の停車地です 宮崎到着便は2019年10月にルートが変わりまして、橘通り1丁目とカリーノ前の 停留所には寄らなくなりました。 出発便はその逆。 通常運賃の一人がけ席の座席番号はA、中央がB、二人がけの窓側がCです 後方の席割用座席は4列です。 この画像の車両はトイレが中央床下ですが最後方にトイレがある車両もいます 席割区域はこんなかんじです 2014年7月18日から女性専用席が8席設定されました。 向かって左側のうしろ4列らしい 全3列車(宮崎交通) 宮交はオール3列車が4枠が残っています。 いまその4枠をなるべく独立席タイプに統一 する方針にしたようです。 通路幅重視になり3列席の座席幅がやや狭まってます 全3列車(九州産交) 産交は右側。 一人がけ席の座席番号はC。 産交の最近の新車は独立の夜行仕様車がよく入るようになっています しっかりとした足置きが装備されたグレードの高い車両です 3列 or 4列車(JR九州) 2019年4月からJRは4往復のうち3往復が4列車に変わりました 4列車でも宮交や西鉄のように割引はありません。 これは西鉄車の画像 夜行車はコンセント装着確約です。 夜行便もワンマン運行です。 そのため途中で運転士が仮眠を取ります。 2時間ほど動かないままに なりますが不審に思わないでください。 時間にはそのぶんの余裕が取ってあります 運行担当は、金曜は発地のそれぞれ地元の会社、土曜が相手方の会社になります 繁忙期は金土曜以外にも運行することがあります 途中の開放休憩はなさそうです?? これは宮交の別車の例ですがスリーピングシートですので足置きが広いタイプです。 これ使うときはクツは脱ぎましょうね 西鉄便はスーパーハイデッカーなので意外と1Aが足が伸ばせてラクかもしれません。 宮交の新車はノーマルのハイデッカーなのでこういう芸当はムリです。 最前列は足元が狭いと思ってください 西鉄の夜行車の走行シーン 福岡〜宮崎間の通常窓口売りの場合の運賃は、 3列幅広シートが4630円、 4列「席割」シートが2500円 or 3500円(繁忙日)です。 しかし、曜日や旗日に加え、ネット予約割引や、「超席割」という1980円の席も 設定されるなど大変複雑でよくわかりません、。 には運賃適用カレンダーも載ってますのでそちらで確認して検討 してみてください。 -- 予約センターに直接電話すれば、空いていればオペレーターの人が座席表の画面を見てくれるので 希望の座席を一本釣りできます。 3のAをくださいとかトイレの前の一人席くださいとか言えます どこが良い席とかハズレ席とかは個人の好みなのでなんともいえません 一般的には前方のほうが静かで乗り心地も良く冷房もよく効き、片や後方はエンジン音が大きく 突き上げるような振動があり真夏は冷房が弱くて暑く冬は暖房の熱が溜まり暑い、といわれますが 後方のほうが落ち着いて好きだという方も意外と多いようです。 アチコチの席を試してみて御自分に合う 席をみつけてみてください。 トイレの前の席だと後方からのフットレストの「ガチャン!」という音に驚く こともないとかあります 始発の出発時刻の10〜20分前に座席表が出力されて運転士さんに渡されるそうなので予約できるのも 20分前までです。 その後は飛び込みということになります フェニックス号の座席を予約センターに電話して予約を取った場合だと、乗車当日の始発発車時刻の 30分くらいまえまでに乗車券を購入すれば大丈夫だと思います(確認してくださいね) ただしこれは3列の通常運賃の座席の話です。 最低限、バス会社と始発もしくは到着地の時刻が(定時時刻表上の)わからないと 探しようがないです。 さらにバスのナンバーや社内登録番号、運転士名、車台番号 などもわかればより探しやすく、また特定されやすくもなります。 途中休憩地ででも携帯で1枚パシャッとバスを撮っておいてはいかがでしょうか 幅広座席も車両によってグレードが違います。 これはふくらはぎ乗せまで装備した豪華仕様の座席例 ひとりぶんの座席幅は50cm前後、前後ピッチは95cm前後です ふくらはぎ乗せは宮交・西鉄は付いていますが産交とJRは付いてるのと付いてないのがいます 可動式枕を装備した車両も宮交と産交にチラホラといます。 頭部の座りがよくとても快適です コンセントが各席に付けられた車両もいます。 全車ではありません JRの特急列車程度のピッチ(約95cm)がありますので足元には余裕があります 最前方座席の足もとはやや窮屈になっています あと最前列だからといって視界が開けているとも限りません。 広告があったりカベが高かったり 日よけカーテンが降りていたりします セレクトシートの後方 4列区画 一方こちらは席割の簡素な座席(宮交)。 フットレスト、レッグレスト、オーディオ等は 一切付いていません。 座幅は44cm前後 これは西鉄の例 オーディオ装置が付いていますが、最近は著作権料のからみで経費削減もあって テレビとラジオのチャンネルくらいしか生きていないようです。 ただしこの装備は通常運賃席にしか付いてないという差も出てきました 画像のは電気式ヘッドホンですが、昔なつかしい空気式イヤホンの車両もあります 前方のモニターにてビデオ映画が放映されます。 音声はヘッドホンで。 これも通常運賃席用です 宮交便と西鉄便はコンセントを設置するバーター取引でビデオ放映をやめたようです 産交とJRは未確認です 一方後方のモニターは取っ払ったりこのように使用しない措置がなされていました なにもここまでやることもないと思うんですけど。 いまどきのエコノミークラスでも パーソナルモニターくらい付いている時代ですから 読書灯が付いていますので暗いときにはお使いください 一部の車両にはコンセントが付いています。 携帯等の小電力専用みたいな扱いです いまのところコンセントが付いているのは西鉄全便と産交の一部、宮交の3台だけのようです なのであまり期待しないほうがいいと思います。 USB端子は見たことないです トイレが設置されています。 この画像のクルマは床下に穴を掘って降りていきますが、最後部に 置かれたタイプもあります 宮交、産交は画像のような右列側に、JRバスは左列側に設けられています(1台だけ後方設置) 後方トイレはこんなかんじ。 西鉄の全車、宮交とJRバスの一部に存在します 新しい車両のドアはこういう平面の丸いタイプになっています。 レバーを右に押してドアを手前に開きます 古い車両のドアはまんまドアノブです 床下トイレの例。 メーカーや年式により若干の違いがあります。 なかなかおもしろいので 探検してみてください。 インスタ映えすると思います 床下式の場合、座席1席ぶんの幅しかありませんのでトイレはかなり狭いです カギは必ずかけましょう、換気扇のスイッチもカギに連動してるらしいです 後方トイレはこういうかんじです。 便器の向きはマチマチです 水の量が少なくてすむ真空式が主流です 産交便の、新しいめの、そのなかでもさらに数台にのみWi-Fi機器が搭載されています 前方ドアの脇にステッカーが貼ってあるのが目印です。 ただし対応しているのは ・Wi2 300 ・au Wi-Fi SPOT を契約されている方のみになります(有料です) 本来は夜行便のための装備ですが、昼便運行時でもスイッチは入れてあるそうです なお事前に機器付き車両が入るかどうかの確認はできません。 運次第です こんなかんじで自動的に接続されました。 au系の業者なのでauユーザーと そこと提携してるソフトバンクユーザーはそのまま使えるみたいです 大きな荷物はトランクへ格納できます。 これはスライド台の付いた車両の例 トランクルームの狭い車両もあります。 デパート前の大きな交差点を右折してすぐのところに停まります 2011年10月にこの名称に変わりました。 「デパート前」バス停の4箇所それぞれ個別に 名称が授けられました 乗降の多い 高速道上のバス停です ここも乗降の多い 一旦ICを降り、料金所を突破して交差点で折り返します 基山PAにあるは九州各地から高速バスが集まってくる位置ですので 乗り継ぎに便利です 続行便には各社貸切車を付けることが多いです。 これは後方の屋根が一段高い楽しい貸切車 最近は出しても3号車までのことが多いです。 これは2号車に高速予備車、3号車に貸切が入った例 産交の例。 2・3号車とも貸切 4台運行で4台とも3列シート車という大変ひじょーに珍しい例。 めったにありませんがたまにはこういう奇跡が起こってもいいでしょう --------------------------------- 開業当初(1988年)のフェニックス号の車内。 この頃のほうが豪華さ、プレミアム感が断然ありましたよ 初期には座席下にはカーペットまで敷かれスリッパも常備されていました コーヒーと紅茶お茶が飲み放題、マルチチャンネルオーディオのCDは4chもありました おしぼりは当初は布製、観光案内の放送も流れてたほど。 八代-人吉間にある肥後トンネルは6km超で九州道で最長の長さを誇ります 人吉-えびの間にある加久藤トンネルも6m超でこちらは第2位 数分かかります。 昔は対面通行でとてもこわかったです -.

次の

福岡

宮崎 福岡 夜行バス

そして夜ご飯。 今回は名駅の地下にある蕎麦屋で温玉そばです。 2月7日 21:00ごろ~22:20まで 21時になり、本日乗るどんたく号が到着。 見事に的中しましてバス出発後すぐにチラチラと雪が降ってきましたw まだ少なかったのでちょっと不安になりながらも関東と反対側に行くので大丈夫だと思っていたのですが…。 と言っても明日にならないと分からないと思ったのでとりあえずトイレを済ませてバスへ。 7日 22:35ごろ~8日 6:30まで 車内でバッテリーを充電しながらスマホを見つつ暇つぶしです。 と言っても出発後の10分後には消灯されてしまったわけですがw 乗務員さんからバスが大幅に遅れた場合は6時ごろ報告してもらえるということなので、 とりあえず朝6時まで適当に寝ながら待つことにします。 …寝れないw 正直乗り継ぐバスが無かったらそんなに不安ではないのですが今回はめちゃくちゃ不安でした。 まあバスの時刻を変更してもらう手続きとか色々面倒なことになりそうだったのが原因なんですが。 そして6時ごろ、乗務員さんからアナウンスが。 やはりバスは大幅に遅れているとのこと。 高速で事故が発生してしまい迂回ルートを通っているのですが、大雪のため基本徐行しているので6時になっても まだ広島に入った状態だと言うことです。 うーむ、絶望的だなぁ…。 8日 6:30ごろ~6:50まで 広島にあるサンクスで15分の休憩です。 8日 6:50ごろ~10:35まで さて、休憩場所を出発した後は乗務員さんからアナウンスが。 なのでとりあえず8時10分ごろに広島駅で降車です。 ちなみにこの時点で既に30分オーバー遅れていました。 トンネルに入ってからだと電波が切れてしまうので駅に到着する手前のタイミングでバス会社に連絡。 宮崎行きフェニックス号の乗車時刻変更を行いました。 新幹線が8時55分ごろ出発して博多駅に到着したのが10時30分ごろ。 そこから35分に発車するフェニックス号に 乗るため全力で博多バスターミナルへ。 本来だと8時35分に乗る予定だったのですが雪のため10時35分の便に乗車となりました。 8日AMで晴れ間が出ている状態でした。 ちなみに車内設備のアナウンスがありましたが休憩は1回でコンセントやWIFIはありませんでした。 そして臨時便なのでトイレもありません 汗 なので極力トイレを意識しないように心がけながら休憩場所まで過ごしていましたw 8日 12:30ごろ~12:40まで 宮原SAで10分間休憩です。 トイレを済ませ、お昼の時間なのでとりあえず適当にお菓子とコーヒーを買って車内へ。 8日 12:40ごろ~14:50まで お菓子を食べた後はグッスリでしたw 気がつくと14分30分ごろになっており既に宮崎県へ入っていました。 それでは帰りのバスに乗った内容を書いていきます。 私が窓側だったのもありますが 後DVD上映があったのですが席が遠いので何を上映していたのかさっぱり分からずw 9日 18:12ごろ~18:22まで 約2時間後、行きと同じく宮原SAで10分間の休憩です。 そういえば行きの時も思ったのですがここは結構出店が多かったです。 色々売っていたので車内で食べようかと思ったのですが周りを気にして結局購入しませんでしたw 9日 18:22ごろ~20:55まで さらに2時間後、博多バスターミナルに到着です! ここから約1時間後に帰りのどんたく号に乗車するのですがちょっと時間があるので駅ビルの10Fにある 一風堂で晩御飯です。 そういえば行きと帰りでどんたく号を運行している会社が違っているんですよね。 帰りは西鉄が運行していたのをすっかり忘れていました。 というのも帰りはWIFIコンセント無しだったからですw その代わりにDVD上映があったのですが 逆転裁判だw 私はゲーム側の逆転裁判は全部やるぐらいのファンなんですが映画は見たことなかったんです。 これはラッキーと思い映画を見ている内に1回目の休憩場所へw 9日 22:40ごろ~22:55まで 関門橋前のめかりPAで1回目の休憩です。 トイレを済ませてミルクティーを買った後車内へ。 9日 22:55ごろ~10日 06:30まで 休憩場所を出発した後は10分後に消灯です。 10日 06:30ごろ~06:45まで 御在所SAで約15分の休憩です。 そういえば10日は平日で私も有給を取ってこのバスに乗ったのですが、ほぼ席が満員になっていたのは驚きでした。 今後もこういったトラブルが発生するとは思いますが出来るだけ平常心で挑んでいきたいです。 それではまた次回の高速バス旅を宜しくお願いします!• やっぱりそんな状況だったんですかw 大雪が降っているのは広島駅に降りた時点で分かっていたのですが回りの状況は確認出来ていなかった する暇が無かったw です。 はじめまして! ふぇふぇふぇと申します。 私も偶然に2月7日~9日に福岡に入っていたので、コメントさせていただきました。 私は8日の朝に飛行機の予約をしていたのですが、「欠航するかもよ」というメールが届いて、急遽7日の夕方に変更して、福岡入りしました。 1泊して翌日の福岡のNHKニュースを見て、九州ではありえない、大雪情報のテロップが流れていてびっくりしーの、西鉄天神BCに行ったら、北九州方面は運休で、テレビカメラも出動していて、びっくりの一言でした! 翌9日は、乗る予定だった、15時の飛行機が機材繰りで欠航、後続の19時発に振替ましたが、全席満席で疲れました。 しかもカウンターも長蛇の列で、うんざりでした・・・・・.

次の