あら がき ちえ。 荒玉の・新玉の(あらたまの)とは

[ 方言 ]

あら がき ちえ

梅雨もまだ明けないのに、この暑さ。 天気予報では、東京は「雨」だのに、朝からピーカンである。 じっとしていても汗が出る。 そこで、昔を思い出して「大阪のしゃれ言葉」を考えていた。 大阪人は、昔から「言葉遊び」が好きだったようである。 いまでも、大阪の人が三人寄ったら「漫才」になると言われている。 吉本が東京にも進出し、東京のテレビにも連日連夜、大阪の漫才師が現れるので、大阪弁の漫才が全国制覇をしているのが現状である。 しかし、残念なことに、テレビに出っ放しの漫才師、芸人のほとんどがちゃんとした大阪弁をしゃべれない。 似非大阪弁が氾濫している。 落語は江戸に限ると言う人もあるが、上方落語の純粋な大阪弁が通じないので、そう言われているに過ぎない。 落語もやはり、元は上方落語が元祖である。 古いレコードの上方落語を聞いていると、私でも「ウン?」と首をかしげるような大阪弁が出てくる。 死語になってしまっているのだ。 そんななかから、大阪弁独特の「しゃれ言葉」を挙げてみる。 右側の「そのこころは?」を見てしまう前に、いったいどこが「しゃれなの?」と、考えてもらえば、「白犬のケツ」である。 あまけ(雨気)の星さん・・・・・・・・・・・「ちらほら」 いかき(笊・ざる)にしょんべん(小便)・・・「とんとたま(溜ま)らん」 うさぎのとんぼがえり・・・・・・・・・・・・「耳が痛い」 おなご(女)のふんどし(褌)・・・・・・・・「食い込む一方や」(赤字続き) かなづち(金槌)の川流れ・・・・・・・・・・「頭上がらん」 くろいぬ(黒犬)のケツ・・・・・・・・・・・「尾も白くない」(面白くない) ごんごどっくり(五合徳利)・・・・・・・・・「一升(一生)詰まらない」 魚屋のゴミ箱・・・・・・・・・・・・・・・・「アラ溜まって(改まって)ござる」 さるのしょんべん(小便)・・・・・・・・・・「気ィ(木ィ)にかかる」 すし屋のアラ・・・・・・・・・・・・・・・・「とんと身がない」(内容がない) せんち(便所)の火事・・・・・・・・・・・・「やけくそ(焼け糞)や」 竹屋の火事・・・・・・・・・・・・・・・・・「ポンポン言う」 どびん(土瓶)の口・・・・・・・・・・・・・「横から口出す」 夏のはまぐり(蛤)・・・・・・・・・・・・・「見ィくさって、買いくさらん (身ィ腐って、貝腐らん」 ねりばし塗箸)にとろろ・・・・・・・・・・・「とんとかからん」(騙されない) はたけ(畑)の羅漢さん・・・・・・・・・・・「働かん(畑羅漢)」 八月のやり(槍)・・・・・・・・・・・・・・「ぼんやり(盆槍)」 へたな将棋・・・・・・・・・・・・・・・・・「金銀持って苦しんでいる」 まる(丸)の字ィの点落ち・・・・・・・・・・「苦ぅ(九ぅ)になる」 無地のはおり(羽織)・・・・・・・・・・・・「一文(一紋)なし」 焼け跡のバラック・・・・・・・・・・・・・・「変わらない(瓦ない)」 八つの子ぉ・・・・・・・・・・・・・・・・・「あけたらくさい(九歳)」 やぶれた障子・・・・・・・・・・・・・・・・「骨ばっかり」(痩せている) 夜明けのあんどん(行灯)・・・・・・・・・・「うすぼんやり」(うすのろ) いかがでしょうか? ちょっと苦しいのもあるけれど、なかなか「白犬のケツ」でっしゃろ? 大阪弁は日本語の「原点」だと言うと、東京の人は、ほとんど怒る。 この間も、「関西弁を使いこなすのが難しい」と、テレビで、ある評論家?がしゃべっているのを聞いて、関西弁という言い方自体に問題があると思った。 大阪弁といっても、その地域地域で違う。 これが聞き分けられない人は、「関西弁は難しい」などと言う資格はない。 そこで二つ三つ、大阪ことばの具体例を掲げてみる。 「こないだ、課長に誘われたらしいな」 「うん、呑みにいったとこまでは良かってん。 せやけど、その後が」 「その後、どないしてん」 「呑んだ勢いで、マージャンやって」 「負けたんかいな」 「いや、ちょっと勝ったんや」 「ほな、ええやないか」 「ええことあらへんがな」 「どないしてん」 「どないもこないもあれへん、あとできっちり、飲み屋の請求書、回してきよってん。 勝ったもんが払え、いうて。 よういわんわ、ほんまに」 この対話を正しいイントネーションで読めたら、almost 大阪人と言える。 もう一つ、例を引きましょう。 「昨日な、車で買い物にいったんやんか。 せやけど、駐車するところがないねん。 困った なあと思うてたら、ちょうど路上駐車してる車が出たんや。 よっしゃ、思うてそこに止めてん」 「そら、マンがよかったなあ」「ちゃう、ちゃう、ちゃうねんやんか。 止めて、ちょっと買い物して、戻ったら、もう駐車違反のステッカー貼られとってん。 ワヤやわ」 「ほんまや、えらいマン悪かってんなぁ」 実際は、「正しい大阪弁は、すでに死んでいる」と言っても過言ではない。 むちゃくちゃになってしまっている。 メディアの「お笑いブーム」の責任もないではない。 それよりも何よりも交通の便がよくなったこと、すなわち、大阪と東京の距離が短くなったことが原因だと思う。 める友・おこたさんの掲示板で「チャリ」ということばについて、こんな話が出た。 それは、おこたさんが「久々にチャリで仕事に行きました」と「紅糸線」(おこたさんの日記)に書かれていたので、チャリというのは自転車のことと知りながら、私は大阪弁で「ちゃり」というのは、道化の意であると、掲示板にレスをした。 例えば、大阪で「この子、ちゃりやなぁ」というと「この子、おどけた子ですね」というように使い、「ちゃりまい」は、地唄舞で滑稽なものを指すと書き込んだ。 おそらく、いまでは大阪でもあまり使われていないのかも知れない。 上方歌舞伎では、二代目雁治郎丈の「ちゃり役」は絶品だった。 飄々とした、なんとも言えぬ味があった。 ご子息の今の坂田籐十郎丈にも、そういうDNAは伝わってはいるが、お父さんほどではない。 東京の役者で(強いて)挙げれば、左団次丈かな? 昨日、NHKの「土スタ」に出演されていたが、話の半分以上は「ウソ」らしく、まさに「ちゃり」そのものだった。 「ちゃり」によく似た大阪ことばで、「ちょけ」というのがある。 おどける人の意。 「ちょか」は、こせこせする人。 「ちょかちょか」は、ちょこまか、こせこせ、こせつくの意。 こんな味わい深い大阪弁が、だんだん聞かれなくなってきているのは残念である。 たまたま、実にオモロイサイトを発見した。 それは「Papepo forever」というタイトルのものである。 hisakawa. 元々は関西のローカルばんぐみだったが、1988年ごろから東京でも放送されるようになった。 なにしろ二人(上岡竜太郎・笑福亭鶴瓶)がオール・アドリブ(台本なし)で一時間の放談をするという番組である。 「パペポ」というタイトルは、「パワフルな二人がペアを組んでポップなノリで話を提供する」の略と一般的に言われているが、これは後からあいうえお作文として作られた文章であって、タイトルの由来ではない。 本当のところは、大きく口を開けて、その中に握りこぶしを突っ込みながら、関西弁で女性器を発音すると、そう聞こえることから名づけられた。 まさに大阪チックな番組である。 この前代未聞の番組を「そのまま」収録したのが、私が推薦する「Papepo forever」である。 ただし、大阪弁を理解できないお方には、そのオモロさは味わえないかも知れない。 だからカテゴリーも「方言」とさせていただいた次第である。 方言=放言かも知れない。 「全国方言WEB ほべりぐ」というサイトがある。 もちろん、私はメンバーである。 そのHPに、次のような「ほべりぐ宣言」が掲げられている。 インターネット時代の到来、携帯電話の普及で、メールやホームページなどを通して、全国各地の人と、気軽にコミュニケーションをとれるようになりました。 日本には、北から南まで、いろいろな方言があります。 方言にはその地の文化・生活習慣などに根ざしたさまざまな表現があります。 この言葉でしか表せない、そういうこともたくさんあります。 気の合う仲間とコミュニケーションしたり、自分の思っていることを表現するには、ふだん話している言葉のほうが気持ちもニュアンスもずっと伝わりやすいと思いませんか。 「全国方言WEB ほべりぐ」は、実際に方言を使っているみなさんにコミュニケーションしてもらいながら、「これは自慢できる表現」、「これは残したい表現」、「これはみんなにも使って欲しい表現」などを、アピールできる場を提供します。 方言の魅力をもっと知って、ほかの地方の言葉でもいいものは使ってみるなど、より豊かで個性的な日本語を育てていきましょう。 「ほべりぐ」とは、方言を使う仲間が、楽しみながら方言をもっとよく知ることで「方言ベリーグッド!」となる意味をこめてつけました。 方言に興味のあるお方は、ぜひ「ほべりぐ」をお奨めしたい。 atok. 全国には、ほべり場、くらべてガッテン、方言大学など多彩である。 また、地方チャンネルには、あなたの方言で地元ネタを話せる。 みんなで投稿する方言データベースがある。 日本地図で行きたい土地をクリックする。 などと面白さは尽きることがない。 メルマガ(毎月発行)は、各地の方言で「どう表現するか」が調査されて、実に興味深い。 届かない。 大丈夫。 直ぐに。 少しばかり。 「ちょびっと」とも。 例:「いらんチラシはその辺につくねときない。 例:「ズボンの裾つぼっといて。 例:「ドアで指つめた。 例:「その格好では何もでこんなぁ。 例:「あいつ、ててこしくメールくるなぁ。 例:「こんなこと私にさすなんて、てんぽもないわ」(こんなこと私にさせるなんて、とんでもない。 例:「昨日、車どしゃげたった。 (昨日、自動車をぶつけてしまった。 例:「お手本通りにとめたでぇ」(手本とおりになぞったよ。 例:「あのどろすぼ、また忘れ物してたわ」(あのおっちょこちょい、また忘れ物したな。 例:「今日はにあいにようけ獲れた」(今日はすごく獲れた。 例:「私一人暮らしたいんやけど」「そや、はざんてや」(「私一人暮らししたいのだが」「それはいけないよ」。 例:「こんなぼっさい服いやや」(こんなダサい服いやです。 例:「よそ目して注ぐでまけたるわさ」(よそ目して注ぐから、こぼしたじゃないか。 例:「明日の雨は、またいやろ」(明日、雨は確実だ。 例:「明日のまわししたんか」(明日の用意したのか。 例:「そこにむかわんせ」(そこに座りなさい。 例:「あの人、女の子もけたんやって」(あの人、女の子生まれたそうです。 例:「なっとしたん、もっけもねぇ顔して」(どうしたの?ぽかんとした顔をして。 例:「あれ、美味ししそうなお菓子あるがん。 ちょっとよんでさぁ」(あれ、美味しそうなお菓子があるじゃないか、ちょっとご馳走してちょうだい。 らちがあかない。 言葉がもつれる。 本当は「三重弁」にしたかったが、代表的な「伊勢弁」を取り上げてみることにする。 例:「あんきしなさい、ちゃんと合格しとるよって」(安心しなさい。 例:「兄貴、いつ出てったん?」「いまし」(兄貴、いつ出て行ったか? 今。 むごい。 例:「かぁどぉど」「いまいちゃなぁ」(これはどうですか。 いま一つだな。 「かっぴんたん」は干乾びていること。 例:「じょんじょろ長い着物やなぁ。 こすい。 「すれこい」とも。 はるかに。 ひほじくる。 例:「まっとこっち向いてよぉ、そえで決まりやっしょ」(もっとこちらを向いてください、それできまりだね)。 例:「まろてくれやんと、あかないしょ」(弁償してくれないと困ります)。 例:「おまんに借りた機械もじけてもと」(君に借りた機械壊れてしまった)「何やってくれちゃぁら」(何するんだよ)。 「もって」とも。 例:「しゃべりもて歩く」「しゃべりもって歩く」(しゃべりながら歩く。 例:「おまんのつくった、このラーメンもみないのぉ」(君のつくった、このラーメン不味いね)。 例:「雨やいしょ」(雨だよ)。 「雨降っちゃぁらいしょ」(雨が降っているじゃないか)。 例:「てき、ほんまにやにこいで」(彼はほんとうに根性がないね)。 「この機械、やにこいわ。 一回使こたら、もうもじけてしもたよ、あかな」(この機械、壊れやすいね。 一回使ったら、もう壊れた、だめだこれは)。 例:「あれぇ、えらいやつしちゃぁらいしょ」(へえ、とてもおしゃれしているね)。 例:「毎日、うっとしい天気やの」(毎日鬱陶しい天気ですね)「ほんま、そうやのし」(本当にそうですね)。 (特に食べ物)「やぁらし」とも。 例:「この鰻、やわらしのぉ」(この鰻、柔らかいね)。 「それ、やぁらしやろ」(それ、やわらかでしょ?)。 例:「見やんといてくれやんか」(見ないでくれない?)。 「せっかくのごっとぉやで、まっと食べやな」(せっかくのご馳走なんだから、もっと食べないと)。 例:「まいっぺ、来よし」(もう一度、いらっしゃい)。 「ようけ」「ようさん」とも。 例:「おみかん、ようけあらっしょ」(蜜柑がたくさんあるじゃないか)。 動詞の後に「~よけある」と使う。 例:「歩きよけあるなぁ」(歩きごたえがあるね)。 例:「ええ天気やよってに行こら」(いいお天気だから行きましょう)。 「野球らやめとこら」(野球なんかやめてこうぜ)。 「いしょ」「やいしょ」「よいしょ」「らいしょ」の変化もある。 例:「てきらぁ、ずるいわいしょ。 ずるやっちゃぁらいしょ」(あいつらずるいよね。 ずるいことやってるじゃないか)。 「わい」とも。 例:「わえにしやさいてよ」(俺にやらせてくれよ」。 例:「おまんの部屋わやくちゃやいしょ」(君の部屋とっ散らかってじゃないか)。 「わえやなぁ」(悲惨だな)。 例:「おまんのかっこ見てると、わらけてくら」(君の格好を見ていると笑ってしまうよ)。 例:「風邪引かんように、うがいをばしなさい」(風邪をひかないように、うがいをしなさい)。 例:「今日、高見盛勝たんやと」(今日は高見盛が勝ったんだって)「はがいよぉ」(腹が立つなぁ)。 例:「戸ぉにいび、はそんでもとぉ」(戸に指を挟んでしまったよ)。 例:「大丸、どこたしにあんのよぉ」(大丸はどの辺にあるの?)「あの十河のはたにあらいしょ」(あの十河の近くにあるじゃないの)。 例:「おまんの手ぇ、ものすごいひやこい手ぇやっちゃるな」(お前の手、すごく冷たい手しているな)。 例:「そんなくさったもん、ふてなよ」(そんな程度の低いものは捨てなさい)。 例:「はよ、風呂いりなぁよ」(早く風呂へ入りなさい)「ほな、風呂いってくら」(では、風呂へ入ってきます)。 例:「その袋、そこたしにぶらくっといてよぉ」(その袋をその辺にぶら下げておいてよ)。 「ぶらくり丁」という商店街があった。 例:「こんなとこでおっきなこえでおらぶなよ。 ふわわりわいしょ」(こんなところで大声で叫ぶなよ、格好悪いじゃないか)。 例:「何したんよぉ、靴もズボンも泥だらけやいしょ」(どうしたの、靴もズボンも泥だらけじゃないの)「水溜りへふんごんだんよ」(水溜りへ足を突っ込んだのよ)。 例:「まっとべべ着て寝よし。 風邪引いてまうろ」(もっと服を重ね着して寝なさい。 風邪を引いてしまうよ)。 例:「ご飯食べたでぇ」(ご飯食べました)「ほいたら、後片付けやっちゃってよ」(そうしたら次、後片付けやってね)。 例:「だえら行くんよ」(誰が行くの?)「わえとおまんと、ほいておととじょ」(私と君と、そして弟だよ)。 例:「ほうぼへ散らかさんと、あんじょう直しよし」(あちこちと散らかさずに、ちゃんと片付けなさい)。 例:「ほたえんな」「ほたえなさんな」(騒いではいけません)。 例:「わえ、こえひろてきたんよいしょ」(ボクこれ拾ってきたんだ)「そんなもんら、ほらくってしもちゃれよ」(そんなものなんか捨ててしまえよ)。 例:「この机、さげてよ」(この机を持ち上げてください)。 この「さげて」は、よく「下げて」と間違えられる。 例:「わえ、川より海しか好きよ。 ギャルがようけあるさけな」(ボク、かわより海の方が好きだ。 ギャルがたくさんいるから。 例:「てきゃ、また浮気やったんやと」(彼、また浮気したんだって)「しやないやつやな」(仕方のない奴だな)。 例:「おまんの会社、若い子いちゃぁんのかえ?」(君の会社には若い子いるの?)「いいんや、おじ・おばばっかりじょ」(いいや、おじさんおばさんばっかりだよ)。 例:「勉強しよし」「勉強しなぁよ」(勉強しなさい)。 例:「そこたい」「そこたし」(その辺り)。 「果物屋、どこたいよ?」(果物屋はどの辺りですか?)。 「そえ、あっこたいにあら」(それはあのへんにあります)。 例:「たんがい、もうやめときなぁよ」(いい加減にもうやめておきなさいよ)。 例:「もう遅なったんで帰らよ」(もう遅くなったから帰るよ)「だんない、だんない}(遠慮せずにゆっくりしてください)。 例:「何やっちゃあんのよ」(何をしているんだよ)「寝ちゃぁんのよ」(寝ているんだよ)。 例:「おまんが行かんから、わえが行っちゃる」(君が行かないから、私が行ったげる)。 れい:「これ、おまんの探しちゃぁる本かえ」(これ、あなたの探している本ですか)。 「いや、それはちゃわ」(いや、それは違います)。 例:「遊びにいっちょいなぁ」(遊びに行ってきなさいよ)。 例:「このズボン、わいにちょっきりよ」(このズボン、私にぴったりだよ」。 例:「自転車つきもていか」(自転車を押しながら行きます)。 例:「今日ははこの店、えらいつんでるなぁ」(今日はこの店、大変混雑しているね)。 例:「電車、つんじゃぁっとぉ」(電車は満員だったよ)。 「高速、つんじゃぁるみたいやなぁ」(高速道路は渋滞しているようですね)。 例:「つれこていこら」(みんなでいっしょに行きましょう)。 例:「あいつ、あの女とつれてるらしな」(彼はあの女と交際しているらしいな)「そんなん、もうだいぶ前のことじょ」(そんなのずいぶん前のことだよ)。 例:「あいつのすること見てたら、てがいとなってくら」(あいつのすることを見ていると、からかいたくなってくるよ)。 「てきゃ」「あんてきゃ」とも。 例:「てきゃ今何やっちゃぁら」(彼は今何をしているの)。 例:「掃除てとちゃってくれよ」(掃除手伝ってやってくれよ)。 例:「もっと、ちゃっちゃっとせんかい、どんくさいのぉ、あまはんは」(もっとてきぱきやれよ。 お前はのろいなぁ」。 例:「わたい、耳とわいよってによ」(私は耳が遠いのでね)。 例:なえぇ、おまんそんなとこにいっちゃぁったんよぉ」(どうして、お前はそんなところにいたの?)。 午前でも午後でも「ななじ」。 例:「なんぎやなぁ」(困ったことになったね)。 例:「足打って、にえてきと」(足を打ってアザができたよ)。 例:「あの木ぃのねきに、ごっつう大きな蛇がいてら」(あの木のすぐ近くに大きい蛇がいるよ)。 例:「おまん、何をねずっちゃぁるんよ」(お前、何を舐めているだよ)。 例:「てきゃ、ラーメン一杯食うのにのつこつしてらいしょ」(あいつ、ラーメン一派う食うのにしくはっくしているよ)。

次の

「ガキの使い」の意味と使い方・由来|タイトル/ガースー

あら がき ちえ

名前の ローマ字 はじめに 名前の 書きかた 名前の 先頭は 大文字に します。 姓と 名は「姓-名」の 順です。 姓を すべて 大文字で 書く 方法も あります。 イニシャルに する 場合は うしろに とめの印. を つけます。 特殊な 文字が つかえない 場合は に します。 【イニシャル】 Yamada Taroo 【代用表記】 くわしくは「」を お読み ください。 ローマ字の 方式 ローマ字の 方式は,特別な 事情が なければ,日本語らしい に します。 日本の 人名は 日本語だからです。 ふつう,日本語は 外国で 通じませんが,固有名詞は ローマ字に すれば 日本語の ままで 世界に 通用 します。 特別な 事情が あって 英語風に しなければ ならない 場合は に しますが,それで 国際的に なる わけでも 外国人が 正しい 発音で 読んで くれる わけでも ありません。 に すると 日本人が みても 読めない つづりに なります。 くわしくは「」「」を お読み ください。 くわしくは「」を お読み ください。 おぎない• ここで みつからない 場合や ほかの 方式(など)を しらべたい 場合は「」または「」を おつかい ください。 おまけに 筆記体風の 書体と 装飾的な 書体の 見本を 表示 します 筆記体風の 書体は きる印 ' が はいっている ときに 線が きれて しまいますが,本当は つづけて 書きます。 学校で 筆記体を ならう 場合は,書きかたが すこし ちがうかも しれません。。 ふりがな だけでは ローマ字を きめられない ことが あります。 ローマ字は 日本語の 読みかた(音声)を ABCで 書く ものですが,ふりがなを みた だけでは 音声が わからない ことが あり,そのとき ローマ字の つづりが きめられないからです。 たとえば,「たろう」「ゆうこ」の 音声は 常識で わかりますが,「こうみ」の 音声は わかりません。 どちらも ありそうな 名前なので,どちらか わかりません。 ありそうな 名前か どうかの 判断が むつかしいので,かならず そう している わけでは ありません ふりがなが「こうた」だったら,読みかたは〈コータ〉か〈コウタ〉です。 〈コータ〉は 実際に「浩太」や「康太」が あります。 けれども,〈コウタ〉が あるのか ないのか(「小唄」?)は よく わかりません。 これは ありそうだと この サイトが 勝手に 判断 した 名前を 書いています。。 挿絵 姓の ローマ字 姓(名字,苗字)の ローマ字です。 約9300個 あります さんの データを 参考に しています。。 約5400個 あります。

次の

荒玉の・新玉の(あらたまの)とは

あら がき ちえ

流星や消息たちたる人ありて 私の周囲に一体どうされたのかと思われる人がありました。 現実にも・・・? 流星や星も夜這ひとなるものを 流れ星は「夜這い星」ともいうそうですね。 愛しい人なら「夜這い」となっても来てほしいかな? 10/25 頃作 追記11/9 某「掲示板」 上で俳句への一年間の挑みを無事?終え、 現在、その俳句のうちより写真を入れられるもの等 を中心 に控えさせていただいています。 少しの延長はうれしい気持もしましたが、そろそろ終了させて いただいてもよいのではないかと思われます。 blog72. fc2. を起こして いるようで、不幸せなっているように思えます。 -とはいえ、私も少し不幸? ~そうすると、世界の人も自ら武器を 持たないでしょう。 秋蝉や死にたる人はもう帰らず 某大臣の突然の逝去を悼みて。 ご活躍の最近は、党自体が秋蝉のようになりました。 ご生前中はあまり笑えないエピソードがありましたが少し滑稽さが あったものですから、ふいに思い出しますが、亡くなった人はもう 帰らないのだな~と、この方に思いました。 10/7 頃作 (11/9 追加) 某「掲示板」 上で俳句への一年間の挑みを無事?終え、 現在、その俳句のうちより 写真を入れられるもの等 を中心 に控えさせていただいています。 さて、ちえちゃん ですが、そこのIDとして使用していた呼び名 です。 きっと、これくらいなら自分でも出来る!と思われることでしょう。 24 ・ すぐ次 自選 10句 下 21. 13 ・ 〃 〃 ~「新季語」コメント 21. 19~23 ・ 〃 〃 (上) 21. 17 ・ 上ほど 輝きやイノセント 写真入れ 21. 15 ・ 2ページ前 秋花のトリックスター 【おまけ】 ~アラシおもしろ系? 21. 27 某「掲示板」は、2008年8/28 より開始の 1年限定のトピックでした。

次の