ニッセイ ウェルス。 ニッセイ・ウェルス生命保険

ニッセイ・ウェルス生命保険とは

ニッセイ ウェルス

80% より引用 得点: 131. 前期より経常収益は約10%上がり、保険料等収入は25%程上がっていますが、 経常利益と純利益が結構減ってしまい、総合ランキングの下落になりました。 最近はちょっと元気が無い感じでなので、もう少しランキングが下がってもおかしくないような内容でしたが、S・マージン比率が 1,000%弱まで上がったので、順位2個落ちで食い止めました。 格付けや苦情率など 全ての保険会社で基準が統一されていない項目なども書いておきます。 格付け スタンダード&プアーズ: A- 苦情率 2018年度苦情件数:4,108件 年度末保有契約数:約317,000件 保有契約1件当たりの苦情率:約 1. 30% ランキングに使った項目の解説 ソルベンシー・ マージン比率 通常予想できないリスクに対する保険金支払い余裕度合いの指標 保険料等収入 保険会社の保険料だけの売上高 経常 収益 保険料等収入と、その他の売上全部。 保険会社全体の売上 経常 利益 当期純利益の前に表示される、事業の善し悪しを表すとも言える利益 利益率 経常 利益を経常 収益で割った数値 ニッセイ・ウェルス生命の評判 三種類の通貨から選択する年金 ピースフルデイズは円建て・米ドル建て・豪ドル建てが選べる積み立て利率連動型年金です。 簡単に言うと個人年金ですね。 三井住友銀行で窓口販売しているというので、主に都市部で見かけることもあるもしれません。 円建て/ 米ドル建て/ 豪ドル建ての個人年金保険で、主契約通貨はこの三種類のうち一つを選びます。 円建てと、米ドル建て、と、豪ドル建てでは、選べる機能に細かい違いがあったり、もちろん予定利率がそれぞれの通貨で違うので運用効率も違います。 ですのである程度共通した機能などを書いてみます。 一時払い保険料が・・・ 保険料一時払いという、契約時に保険料としてまとまったお金を一回全額払いで支払います。 それ以後保険料を入金することはありません。 円建ての場合は 500万円以上 米ドル建ての場合は 50,000米ドル以上 豪ドル建ての場合は 50,000豪ドル以上 うーん、日本円でも五百万円以上を全額一回払いする年金保険というのは規模が大きいですねぇ。 積み立て利率 豪ドルまたは米ドル建ては積み立て利率に優遇があります。 一時払い保険料 10万米または豪ドル以上で契約する。 一時払い保険料 20万米または豪ドル以上で契約する。 この金額での契約は実際の契約金額に応じて段階的に積み立て利率が上乗せされます。 10万米・豪ドル以上、20万米・豪ドル以上の範囲分けは、恐らく10万米・豪ドル以上より20万米・豪ドル以上が上乗せ率のようなものが良いのではないかと思います。 保険募集人に確認願います。 ですけど、わかりやすく1ドル=100円で考えても一千万円以上を即金で払うとか二千万円を即金で払って保険に加入するようなものですよね。 桁違いと言う言葉が合っているような感じがします。 なんというか、うらやましいです。 二種類の年金 ピースフルデイズの年金は、大きく分けて 確定年金と 終身年金に分かれます。 確定年金は、ある決まった期間のうちに年金を受け取りきる。 終身年金は、一生涯かけて年金を受け取り続けるので、年金期間がながくなるとか長生きできる自信がある方に向いています。 このような違いがあります。 確定年金 確定年金は、円建ての場合一時払い保険料を支払った一年後から十年経過後に、第一回の年金を受け取ることができます。 据置期間が一年から十年ということになります。 米ドル建ての場合、据え置き期間は1年、5年、10年から選択 豪ドル建ての場合、据え置き期間は1年、3年、5年、10年から選択 また、確定年金を受け取っている間に 被保険者が死亡した場合、残りの確定年金回数はあらかじめ指定した継続年金受取人に引き継がれます。 終身年金 終身年金はちょっと複雑で 円建ての場合、保証期間付終身年金、年金総額保証付終身年金の二つが据置期間0年から10年、前厚期間総額保証付終身年金が0年のみ。 米ドル建ての場合、年金総額保証付終身年金のみで、据置期間が0年、5年、10年 豪ドル建ての場合も年金総額保証付終身年金のみで、据置期間が0年、3年、5年、10年 になります。 終身年金を受け取って、まだ年金原資が残っているのに被 保険者が死亡すると、残りの確定年金はあらかじめ指定した継続年金受取人に引き継がれます。 為替差損回避策が凄い 米ドル建て、豪ドル建ての場合、為替差損が怖いですよね。 そんなとき「 為替ターゲットレート」の設定が役に立ちます。 ターゲットレートを設定しておけば、年金受取日が 設定したレート未満になっていた場合、次回以後に受け取りを繰り越すことができます。 年金受け取りなのに次回に繰り越したら最短でも二年間も年金受け取りができないじゃないか!という心配はしなくていいと思います。 年金は、年に一回払い、二回払い、四回払い、六回払い、十二回払いから選べます。 年二回、四回、六回、十二回払いにしておけば、万が一ターゲットレート未満の時に次回まで二年待つという心配はありません。 最低保険料さえなんとかなれば、よく考えられた仕組みを生かして老後資金を充実させられそうですね。 みらいの気持ち ニッセイ・ウェルス生命に「円貨建てのみ」の終身保険があった!しかも取扱金融機関がみずほ銀行!ということで、終身保険「みらいの気持ち」について解説します。 訴求は「相続」 いわゆる相続対策終身保険ですね。 終身保険は、保険誰かが必ずお金を手にする保険とも言われます。 終身保険の解約返戻金を自分の老後のために使う、死亡保険金を身内が受け取るなどです。 みらいの気持ちは、死亡保険金を身内 厳密に言うと指定しておいた死亡保険受取人 が受け取る事により、死後凍結される預金口座対策や納税資金、葬儀費用などに使うことを訴求しています。 告知無し。 最低保険料は・・・ 健康状態の告知は「無し」です。 既往症があっても入院経験があっても加入できますねぇ。 ですが入院中の場合は加入できません。 契約年齢は50歳から90歳 保険期間はもちろん終身・一生涯保障です。 保険料払い込み方法は契約時全額払いの、一時払い 最低保険料は500万円 最高保険料は五億円まで一万円単位で設定可能 500万円から五億円までという、ニッセイ・ウェルス生命ならではの一時払い保険料設定と言えそうですね。 15年ごとの積立利率更改 みらいの気持ちの正式名称は「積立利率金利連動型終身保険」で、積立利率は固定利率になりますが、保険加入後15年おきに積立利率の見直しがあります。 15年おきに積立利率が変動するとも言い換えられますので、見直し時に積立利率が下がる場合もありますが年0. 05%を切ることはありません。 相続完了の為に 相続発生から10ヶ月以内に「相続税の申告」「相続税の納税」を終了する必要があります。 これが長いようで結構短かったりするんですよ。 相続財産が不動産などの換金しにくい物が多いとか、故人の意向などで不動産を分割売却できない場合、納税の為の現金を用意しておく必要があります。 とにかく期限は10ヶ月なんです。 また一人の子供に土地家屋を相続させる代わりに、もう一人の子供には不動産と同価値の現金預金を相続させるなど、資産分割の公平を図ることもあります。 生命保険を活用することで、円滑かつ争いの無い相続完了の一助になり得るのです。 ドル建ての自己判断は危険です 理想的なプランで、ワンランク上の暮らし 予約は簡単!無理な勧誘はありません もちろん、保険相談は何度でも 無料です.

次の

ニッセイ・ウェルス生命保険の年収・給料・給与・賞与(ボーナス)の一覧

ニッセイ ウェルス

小山 システム導入前の通勤費精算は、まず社員がエクセルで作成した申請書がプリントされて届き、その内容が間違っていないかを、ネットサービスを利用して確認していました。 住所で家から最寄りの駅やバス停を確認。 バス便利用は家から駅までの距離が1. 5㎞以上という条件でしたので、それに合っているかを確認。 そして経路が妥当であるかをチェックします。 ネット上の無料の経路検索サービスや地図サービスを使い、ときには紙の地図を広げて見ることもありました。 通勤費は最安ルートが基本でしたが、個別に社員の都合もある程度は認めており、要望のヒアリングやその後のやり取りで時間を取ることも多くありました。 当時は2名で担当していましたが、通勤費精算は大変に時間が掛かる作業となっていました。 名和 通勤費精算システムを導入したのは8年前になりますが、その当時で350名ほどの社員がいました(現在は480名)。 そのころは拠点も多く、今も同じですが地方分も東京で処理していましたので、そのコントロールだけでも大変です。 徐々に社員が増え、拠点が整理されることも多くなり、通勤費精算の手間はどんどん膨大になっていました。 名和 直接のきっかけは、本社の移転が決まったことです。 それに伴い社員すべての通勤経路が変わりますので、新たな通勤経路をチェックもする必要が出てきました。 1ヵ月で当時350名もの社員分すべてを処理しなくてはいけなくなり、とても担当だけでは対応できないとシステムを導入することになりました。 現場の状況を幹部もわかってくれ、スムーズにシステム化の許可が下りました。 小山 最安ルートで支払うのであれば駅名で検索するだけで済むのですが、そのとき緩和措置の内容が変更となり、金額が最安の20%増までのルートを認めることになりました。 その条件に合っているかどうかを、すべて人手で確認しなければならなくなったのです。 そのうえ、地図サービスで350名もの家と最寄り駅を調べないといけない。 とても自分たちではこなせないとシステムに頼ることになりました。 名和 「らくらく定期. net」に決定した大きな理由の一つは、ルート検索だけでなく、連動した地図機能が付いている点です。 自宅から最寄りの駅がどこかが判別でき、またその距離も表示されるので、バス利用の対象かどうかの判定も簡単にできます。 このような機能があるのは無限さんだけでした。 また、自社の規定を入力してカスタマイズして使えること、さまざまな検索設定が可能な点など、他社と比べられないほどの利便性を感じました。 小山 当社のバス便規定である「駅から1. 5㎞以上」、そして猶予条件である「最安ルートの金額20%増まで」という条件を、「らくらく定期. net」では入力して画面で表示することができます。 地図機能では家から駅までが1. 5㎞圏内かどうかが表示され、猶予条件では金額20%増までに入るルートだけが候補として表示されます。 一目で条件に合致しているのかがわかるので、大きな時間の短縮が可能になると感じました。 小山 現在、通勤費精算業務は私一人で行っています。 実際に使ってみて本当に助かると感じたのは、社員が転居したときの新旧の定期の同時精算です。 元の定期を払い戻し、新しい定期を買い直してもらいますが、各々金額が出てきて精算されるので大変楽になりました。 また、PDFで明細が出せてそのまま社員あてにメール添付できるので、返信時も一からメールを打つ必要もなく「添付のPDFを参照してください」と案内するだけで済んでいます。 時間の短縮になり、社員からはすぐ明細が見られて詳細が確認できると好評です。 また、地図機能では、社員の住まいから通勤に使える駅やその他候補の駅がすぐに表示できます。 地図の表示範囲も簡単に変えられるので、どこが一番近い駅なのかもすぐにわかります。 たまに申請した経路が認められず、部署まで尋ねてくる社員もいるのですが、そのときは地図を示して伝えることができて助かっています。 名和 申請した社員には自分の都合に合い、乗りなれた駅や路線を使いたいといった思いがあります。 ただ会社には規定があるので、通勤費のルールを地図上で見せられるのは説得力があり助かっています。 また、トータルでも一人当たりの経路チェックの時間は大変短くなりました。 名和 当社にはほとんど毎月中途入社があり、また転居者や異動者も発生しています。 新規と変更を合わせて申請が数十件になる月もありますが、システム化でその経路チェックや精算にかかる時間を減らすことができています。 それに小山さんは、現在通勤費精算以外にも給与計算やその他業務もこなしてもらっていますが、これはシステム化がなければできなかったことです。 小山さんのようなベテランスタッフにはお願いしたい業務が多くありますので、人材の有効活用という点でも大変ありがたく感じます。 小山 それにシステムのバックアップ体制はメンテナンスを含めて大変充実しているので、その点も安心です。 消費税の改定時も社員に「定期は3月中に買っておいてください」とアナウンスするくらいで、改定料金などの情報はシステム任せで大丈夫でした。 データ出力も一度でできましたので時間を大幅に短縮できています。 また、システム操作でわからないことがあっても、サポートセンターに電話するとすぐに対応していただけるので困ったことはありません。 名和 当社は在宅ワークに取り組んでおり、2015年春から本格導入しました。 全社員の20%はすでに在宅勤務の申請を行っています。 そこで担当者が自宅からでもアクセスできるようにとクラウド版に切り替えました。 導入にあたってはセキュリティ面の不安がありましたが、当社のセキュリティ担当にクラウドサービスについて確認してもらったところ、まったく問題ないということで無事導入となりました。 小山 操作性も大変よいと感じています。 以前はマスターデータの画面と通勤経路を選択する画面を、いちいち立ち上げて切り替えないといけなかったのですが、クラウド版ではタブ一つで両方が切り替えられるようになっており、使いやすさが研究されているなと感じました。 また、クラウドですので常に地図データが最新の状態で使える点もありがたいですね。 名和 ここ数年は急激に社員が増えたこともあり、人事が固定業務において社員を支えるには、やはりスピーディーな対応が欠かせないと感じています。 通勤費精算をシステム化したことで、社員には明示された一律の基準を示せるようになり、通勤費のルールを浸透させ、また公平なジャッジができています。 認める認めないのやり取りをする時間も他にあてることができていますので、その時間の積み重ねはかなりのものだと思います。 通勤費精算のすべての業務が、システムによって圧縮できることで、直接的にも間接的にも、これから会社として目指す人事戦略にパワーを割くことができています。 また、システムで大量の申請が処理できるので、作業量に余裕ができ、拠点展開や人員配置が自由に考えられるようになる点も大きなメリットです。 攻めに出ようとする企業を人事として後押しできる体制がつくれます。 小山 システム化で通勤費精算の担当者は作業時間が減らせますが、これで助かるのは人事ばかりだけではありません。 社員にいち早く通勤費についての情報を伝え、処理し、問題があればすぐに連絡を取ることができるなど、社員にとっても望ましい体制がつくれています。 その意味では、全社員が恩恵を受けられるシステムだと思います。 名和 通勤費精算のシステム導入と聞くとランニングコストなど金銭的な面に目が向きがちですが、システム化で時間や人材の余力ができ、それを経営に向けられることは人事として企業への新たな貢献につながります。 また、この先は政府が働き方改革に取り組む予定で、今後は人事絡みの改革が増えることが予想されています。 人事の仕事はこの先忙しくなりそうですので、改善できる業務は早めに取り組んでいくとよいのではないでしょうか。 私たちもこれからの新たな人事の役割について考えながら、日々の仕事に取り組みたいと思います。

次の

ニッセイ・ウェルス生命の評判とランキング《生保40社比較》

ニッセイ ウェルス

日本生命の子会社ってあるの? 大手保険会社には子会社が存在しており、例えば第一生命であればネオファースト生命であったり、住友生命ではメディケア生命があります。 もともと保険料が以上に高い大手生命保険が、自分たちの保険料の高さは守りながら、安い保険料の保険は自分の子会社から商品を出すという方式をとっています。 自分のところで安い保険料の保険を出すと、それしか売れなくなってしまいますもんね。 そこで、日本生命もこのような子会社を出しているのかを解説していきます。 日本生命にも子会社がある!取扱商品の特徴とは 日本生命にも子会社は存在していますが、日本生命の子会社は安い保険を売らせるための子会社ではありません。 日本生命の子会社は、外貨建ての商品や、積立商品を扱う会社、また会社の運営資金の投資会社を子会社設立しております。 子会社である日本生命のグループ会社一覧は以下の通りです。 ニッセイアセットマネジメント 日本生命の資金運用部門を、分社化して子会社としました。 ニッセイアセットマネジメントは保険とは関係ありませんが、この会社が機能していないと、積立保険は存在しませんし、万が一の時に皆様に保険金が支払えません。 当然、日本生命だけでも運用はしています。 三井生命(大樹生命) 2015年に三井生命を子会社化しています。 三井生命を子会社化することによって、ドリームロードという一時払い終身の外貨建て商品を獲得しました。 日本生命は長い期間、外貨商品は銀行窓口でしか扱っておりませんでしたので、久々にプロパーに登場した瞬間でした。 しかしながら、ここで安い保険を三井生命に売らせることをせず、商品は基本的に既存の商品を販売しました。 ドリームロードもあくまで、三井生命の商品であるとお客様へもお伝えしています。 ちなみに2019年の4月より、三井生命改め大樹生命へと社名変更をする予定です。 マスミューチュアル生命(ニッセイウェルス生命) 2018年にマスミューチュアル生命を子会社化しています。 マスミューチュアル生命を子会社化することによって、ここでも外貨建ての商品を獲得しました。 背景には、日本の低金利の影響があると考えられています。 低金利商品ばかりのため、すこしでも外貨へというニーズが増えているので、日本生命も遅ればせながら外貨商品を扱っている会社を子会社にしたのだろうと思います。 現在、このマスミューチュアル生命は、ニッセイウェルス生命へと社名を変えています。 はなさく生命 はなさく生命(花咲く生命)は、まだ全貌が明らかになっていませんが、ライフサロンという会社が買収され、来店型保険ショップ向けのおそらく安価な保険を販売していく保険会社ではないかと思われます。 保険料の安い医療終身保険が出てくるのではないかと考えられております。 2019年4月に開業予定で、2019年7月から生命保険を販売開始する予定になっているようです。 日本生命の子会社は複数存在しており販売商品も異なります ざっくり説明すると、この記事を読んでいる方へ関係してくる日本生命の子会社は上記の会社ですが、他にも国内や海外に子会社が存在しています。 もともと、積立よりも保障を語るというのをベースにしてきた日本生命ですので、外貨の商品は外部から持ってきた方がよいという判断だったのでしょう。 ニッセイアセットマネジメント、三井生命(大樹生命)、マスミューチュアル生命(ニッセイウェルス生命)は外貨建ての商品を中心に販売されています。 はなさく生命でもどんな保険が出てくるのかを注目していきたいと思います。 結局、自分にあった保険と出会うにはどうしたら良い? 商品を全て見ることは難しいため、プロにオススメをベースに様々な商品を見るのが一番早いと思います。 保険相談窓口を今、最も注目している1社を筆頭に有名どころ4社の独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価を元に、比較してみました。 3 店舗数が多い事で信頼度が高く相談がしやすい環境がありますが、直接来店する形は、拘束時間が長すぎるという口コミが多かったり、自宅に直接、来てもらうのはセキュリティー上、不安があることや仕切りが少ない店舗だと他人に話が聞かれるのでは?といった個人情報に対する不安は実際に口コミでありました。 2 以上はなかなかないと思いますので、まずはアプリで保険を見直しをどのようにされているか口コミ・体験談を見てみるのもアリかもしれません。 そして、保険の勉強をしている方に是非おすすめしたい保険相談窓口の比較記事を作りました。 独自アンケートによる口コミや客観的レビュー、店舗数などのデータ、個人の評価をまとめたページの「」を是非、ご覧ください。 ほけんケアは池山による保険や税金など家計を預かる方には必見のサイトです。 呼び名はほけんケア池山と呼んでください! このブログは主婦が保険相談のため自分の力で徹底的に調査した記事と保険を調べることで出会った保険代理店の方に色々お話を伺ってまとめた記事で成り立っています。 過去に日商簿記3級を取得、現在3級FP技能検定取得に向けて勉強中! かれこれ保険について学び初めてから15年近く前、話せば長くなりますが、長男の誕生が保険の勉強のきっかけでした。 大恋愛の末に結婚した夫は企業関係で大手国内生保の保障額が高すぎる保険に加入しており、20代でも5万近い保険を払っていて保険貧乏になっていました。 結婚してから少しずつ保険の見直しをしていこうとしたと矢先に長男を迎えることになり、家計の見直しとともに本気で保険の見直しを検討し始めることになりましたね。 きちんとしたライフプランを考える上でも保険は切っても切れない存在であると同時に、保険貧乏になれば保険で不幸になる可能性もあります。 私や夫のように不適切な保険加入者をこれ以上増やしたくないという一心でこのブログを書き続けていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

次の