ドクター ペッパー と は。 『シュタゲ』原作・志倉千代丸さんに聞きました。秋葉原は、なぜ「ドクターペッパー」の聖地になったのか?: The Coca

好き嫌いが分かれるドリンク「ドクターペッパー」の味

ドクター ペッパー と は

秋葉原のタウン情報サイト「アキバ経済新聞」の調査によると、2011年に「 ドクターペッパー」の出荷本数が飛躍的に上昇したそうです。 「2010年までは前述の炭酸飲料水全体の売り上げと比較的伸び率が同じだが、2010年から2011年の伸びは30万ケース」と記事にはあります。 『シュタインズ・ゲート』とは、秋葉原を舞台にした同名の人気ゲームが原作のアニメ作品。 同作の主人公・岡部倫太郎が劇中で「 ドクターペッパー」をモデルにした炭酸飲料「ドクペ」をよく飲んでいることから、「<シュタインズ・ゲート>といえば『 ドクターペッパー』、『 ドクターペッパー』といえば<シュタインズ・ゲート>」というイメージが、ファンの間に定着したようです。 以前から秋葉原はほかの地域に比べ、「 ドクターペッパー」の出荷本数が多い地域でしたが、アニメのヒットをきっかけに、「実際に飲んでみよう」という人が増加。 それに応えるように、秋葉原エリアへの出荷本数がさらに増え……という好循環を生んだようです。 秋葉原の自動販売機に「 ドクターペッパー」が多い理由はわかりましたが、まだ疑問が残っています。 そもそも、どうして『シュタインズ・ゲート』に「 ドクターペッパー」(『ドクペ』)が登場したのか? その疑問を解き明かしてくれる人は、一人しかいません。 『シュタインズ・ゲート』の原作者、 志倉千代丸さんです。 志倉さん、教えてください!.

次の

好き嫌いが分かれるドリンク「ドクターペッパー」の味

ドクター ペッパー と は

ドクターペッパーはアメリカ合衆国テキサス州発祥の炭酸飲料です。 発売は1885年で、コカ・コーラの1886年よりも長い歴史を誇ります。 恋に破れた若い薬剤師が失恋の痛手を紛らわせるために考え出したという有名なエピソードがあります。 また、ピンクレディーの『ペッパー警部』もドクターペッパーから来ていると、この歌を作詞した阿久悠氏が新聞に書いていたのを見たことがあります。 今まで日本国内では、首都圏と沖縄でしか販売されていませんでしたが、この春から他の地域でも販売されるようになりました。 私が見たのは山形県米沢市内ですが、北海道でも発売になったとの話も聞いています。 私は以前から『ドクターペッパー私設応援団』を名乗り、自販機でドクターペッパーを見るたびに買って飲んでいましたので、販売地域の拡大は非常にうれしいものがあります。 ところが、このドクターペッパー、なぜか日本国内では「まずいソフトドリンク」という評価をする人が多いです。 味は20種類の果実フレーバーのミックスで、特にチェリーとバニラの味を強く感じます。 以前、コカ・コーラから『チェリーコーク』というチェリー味のコーラが出ていました。 しかしこれも、「変な味」と言われ、短命に終わったことからも察することができますが、なぜか日本ではチェリー味の炭酸飲料は受け入れられないのです。 よって、日本での販売地域は外国人の多い首都圏と沖縄に限定せざるを得なかったわけです。 日本では東京コカ・コーラボトリングが最初に販売しました。 しかし、これを快く思わなかったコカ・コーラは『ミスター・ピブ』というドクターペッパーの類似商品を販売するよう全国のコカ・コーラボトラーに要請しましたが、結局これもすぐ消えてしまいました。 その後ドクターペッパーは、首都圏・沖縄のコカ・コーラボトラーの関連会社を通じて販売されました。 爆発的に売れたわけではありませんが、細々と安定して供給されていましたので、私のようなドクターペッパー好きが困ることはありませんでした。

次の

ドクターペッパー誕生の由来がステキ。実はコーラより古い!

ドクター ペッパー と は

【食べ物雑学】「ドクターペッパー」が出来た由来は失恋! ドクターペッパーは、若すぎるという理由で彼女の父親に結婚を認めてもらえなかった考案者が、失恋をバネにして開発したものだった…!! 【雑学解説】ドクターペッパー誕生に秘められた切ない恋の話 ドクターペッパーは、いかにして生まれたものなのか? その歴史を調べてみると、あの有名すぎる炭酸飲料「コーラ」よりも1年早く生まれ、炭酸の飲み物としてはなんとアメリカで最古のものだということがわかった…! 1871年のアメリカ・ヴァージニア州にあるドラッグストアでの出会いがすべてのはじまりであった。 店を経営していたのは、医師である「チャールズ・ペッパー」。 そこで雇われていた店員の「ウェード・モリソン」は、ペッパー医師の娘と恋に落ちた。 しかし、若すぎるふたりの交際に父親のペッパー医師は猛反対、のちに破局することになる。 大好きな彼女との恋に破れ、店を辞めてテキサス州ウェイコに移り住んだモリソンは、新しい地でドラッグストアをオープンすることになる。 1885年、お店で雇った薬剤師の「チャールズ・アルダートン」とふたりで、店の売りとなる新しい飲み物の開発に取り組んだ。 そして出来上がったその炭酸飲料を売りに出してみると地元で評判となった! 売り出し始めてまだ名前のなかったその商品を、モリソンの失恋話を知っていた常連客たちはからかうように「ドクターペッパー(ペッパー医師)」と呼ぶようになった…。 ドクターペッパーの評判は、やがてヴァージニア州のペッパー医師本人の耳にも届く。 なにが入っているのか気になった筆者は実際にドクターペッパーを購入し、パッケージ裏にある材料の表記を見てみることにした。 ドクターペッパーの中身は「果糖ブドウ糖液糖・炭酸・カラメル色素・香料・酸味料・保存料・カフェイン」からできている。 材料的にはコーラと同じようなものを使っているようだが…。 ふたつが決定的に違うのは、ドクターペッパーの缶に表記のある「20種類以上のフルーツフレーバー」のところだろう。 フルーツの味を調合して味付けしているようだが、どんなフルーツをどのくらい入れている、などの詳しいレシピは非公開とのこと。 シンプルイズベスト! しかし、世の中には「ホット」で飲んでもおいしいよ! などというなかなかに攻めた飲み方をする人もいるのだ。 それは筆者の知人なのだが、「昔は駄菓子屋でホットのドクターペッパーが売っていた」という話を聞かせてくれた。 ホットの味が気になった筆者は、ドクターペッパーを少しだけカップに移し、レンジであたためて飲んでみることにした!! 電子レンジで2分ほど加熱したドクターペッパー…。 カップを取り出すと、まだ少し残った炭酸がプチプチと泡を立てている。 未知の味に若干ビビりながらひとくち飲むと、「甘さ」が真っ先に口の中に広がった! あとから酸味が追いかけてくる感じは、少し「甘酒」に似ているような…。 冷えたドクターペッパーは、炭酸が強く残っていて、甘みがそのぶん抑えられている。 あたためることで、炭酸がある程度抜け、甘みと酸味がより強くなるようだ。 1911年生まれの彼女は、60年近くものあいだ「10時・14時・16時」にドクターペッパーを飲むという生活をつづけている。 かかりつけの医者にも「からだに良くないから止めなさい」と止められたらしいが、ドクターペッパーが大好きすぎるサリヴァンさんは聞かなかった。 それどころか「炭酸飲料を止めなさい、と忠告してきた医者は皆死んだわ」という名言まで残している。 とんでもないブラックジョークである…!.

次の