ファントム マナー。 【PSO2】ファントム(Ph)が上手くなりたい人へ捧げる指南書

韓国クラシックプレイヤーの声 サマナー編

ファントム マナー

ホーンテッド・マンションのパリ版『ファントム・マナー』 『ファントム・マナー』は、東京ディズニーランドにある『ホーンテッドマンション』のパリ版なアトラクション! 『ファントム・マナー』とはファントム(おばけ)の縄張りという意味です。 世界のディズニーパークではパリにしかないアトラクションで、『ホーンテッドマンション』のストーリーが大きく異なります。 例えば、部屋が伸びる『ストレッチングルーム』も絵が少し異なっていたり、乗り場の場所が異なっていたりします。 乗り場は東京ディズニーランド版ではストレッチングルームの後にすぐ乗り場ですが、ファントムマナーは違います。 東京ディズニーランド版でいうところの絵が飾られた廊下をずっと歩き、東京版の書斎あたりで乗り物に乗ります。 ディズニーランドパリ『ファントム・マナー』のストーリー 東京のホーンテッドマンションはファンタジーランドにありますが、『ファントム・マナー』はフロンティアランドにあります。 フロンティアランドとは東京のウエスタンランドと同じテーマで、ビッグサンダー・マウンテンがあります。 ビッグサンダー・マウンテンは金が発掘され、一攫千金を狙った開拓者たちが集まり、栄えた鉱山です。 ファントム・マナーとビッグサンダー・マウンテンの繋がり ビッグサンダー・マウンテンとファントムマナーには繋がりがあります。 それはヘンリー・レイヴンズウッドという男性がビッグサンダー・マウンテンを開拓するために『ビッグサンダー・マイニングカンパニー』という会社を作り上げて成功し、サンダー・メサ(フロンティアランドの地名)を作り上げました。 サンダー・メサのブーツ・ヒルにヴィクトリア朝の大邸宅(のちのファントム・マナー)を建設し、妻のマーサと娘のメラニーと一緒に住んでいました。 しかし、ビッグサンダー・マウンテンは雷鳥(サンダーバード)の故郷として神聖な場所として知られていました その雷鳥を怒らせると、恐ろしい地震が起こるといわれています。 しかし、それを信じなかったヘンリーは金を得るため、掘り続けましましたが、だんだんとヘンリーの幸せな時は長く続きませんでした。 なぜなら、金は枯渇してきて、だんだんと取れなくなっていったのです。 ヘンリーの娘のメラニー ヘンリーの娘メラニーはとても美しい女性に成長し、4人の求婚者が現れましたが、雷鳥の呪いなのか全員謎の死を遂げてしまいます。 メラニーは自分の運命が独身へと向かわせているのではないか?と思った時に、汽車のエンジニアを務めている男性と出会います。 そのエンジニアはサンダー・メサの街から違う街へと出ようと考えている人で、父のヘンリーにとっては娘を奪おうとしている敵役として写ってしまいました。 どうしても結婚式を止めたいと考えたヘンリーでしたが、色々と策を講じましたが残念ながら失敗に終わります。 そして迎えた1860年、雷鳥のの呪いのせいなのかは不明ですが、大きな地震が起き、ヘンリーとその妻マーサ、そしてサンダー・メサの多くの住民が亡くなってしまいました。 メラニーの結婚式 メラニーとエンジニアの結婚式当日、フロンティアランドの屋敷には不思議な雰囲気が立ち込めます。 なぜなら、その屋敷に謎の亡霊『ファントム』がやってきたからです。 エンジニアは、メラニーがメイクなどの準備している途中に、屋敷に現れたファントムに操られ、屋根裏部屋で首を吊ってしまい亡くなります。 しかし、そんなことを知らないメラニーは『いつか絶対に婚約者が来る』と待ち続け、そのまま死んでしまいます…。 豪華な屋敷はファントム・マナーとして知られるように そして現在、豪華だった邸宅は朽ち果てた邸宅は今や『ファントム・マナー(ファントムの縄張り)』として知られ、今でもメラニーの亡霊とファントムが彷徨っていると信じられています。 メラニーは今でも新郎のことを待ち続けているのです。 ファントム・マナーのストーリーに沿って『地震で荒廃したフロンティアランド』も登場 アトラクションの後半では1860年に起こったとされる地震で荒廃したサンダー・メサ(フロンティアランド)が登場。 地震で亡くなった亡霊たちが今もサンダー・メサで暮らしている様子が表現されていました。 ファントム・マナーのストーリーまとめ そのファントムはきっと『ヘンリー』なんでしょうね…。 なかなかぞっとします。 屋敷の中は途中までは東京版とほぼ一緒ですが、屋根裏部屋の後からがらりと雰囲気が変わります。 東京版の屋敷裏の庭の部分はファントムマナーではさびれた町サンダー・メサとなり、リアルな骸骨がそこらじゅうで動き回っていたり…。 なかなかのシリアスさでホーンテッドマンションのような楽しさはありませんでした。 しかしぜひともパリに行ったらこのアトラクションを体験してほしいですね。

次の

ディズニーランド・パリの従業員が「ファントムマナー」で遺体で発見される

ファントム マナー

世界一恐ろしいホーンテッドマンションだと聞いていたので相当楽しみにしていましたが、これはホントに怖い!コメディ要素が薄くて、リアルに洋風お化け屋敷です。 ホーンテッドマンションなのに、こんなに大量のガイコツが登場するとは思いませんでした。 ストーリーが怖い パリ版の主人公は花嫁のメラニーさん。 結婚当日に花婿となるはずだった恋人を殺され、メラニー自身も死の世界へ。 以来、メラニーは花嫁姿のまま100年間も亡霊の屋敷で花婿を待ち続けているらしいです。 ライドに乗る前の部屋に肖像画があるので、しっかりチェックしておきましょう。 このメラニーさんが花嫁姿でふわふわ登場するのが相当怖いです。 あるシーンではミイラになった花嫁がいるんです!もう怖い! シーンが結構違う 東京、フロリダ、カリフォルニアに乗りましたが、パリ版はかなり内容が違いますね。 墓地の地下にもぐっていくシーンでは大量のガイコツが襲ってきたり、西部の街並みが再現されたゴーストタウンが登場したりします。 このゴーストタウンが登場するのは、このアトラクションがフロンティアランドのストーリーにリンクして造られているからなんです。 パリは凝ってます。 出口の奧の墓地 アトラクションの出口から奥に進むと屋敷の主であるヘンリー卿の墓地があります。 朽ち果てた墓地なので気持ち悪いですが、絶景を眺められるので時間があればぜひどうぞ。 ユーモアのあるお墓がたくさんありますよ。 混雑具合 10分待ちで乗りましたが、終日ほとんど混んでませんでした。 プレショーの前でちょっと待つだけだと思います。 パリに行ったなら、このアトラクションは絶対に体験してください!.

次の

【徹底紹介】『ファントムマナー』のストーリーは?ディズニーランドパリのアトラクション紹介/世界一周レポート45

ファントム マナー

ホーンテッド・マンションのパリ版『ファントム・マナー』 『ファントム・マナー』は、東京ディズニーランドにある『ホーンテッドマンション』のパリ版なアトラクション! 『ファントム・マナー』とはファントム(おばけ)の縄張りという意味です。 世界のディズニーパークではパリにしかないアトラクションで、『ホーンテッドマンション』のストーリーが大きく異なります。 例えば、部屋が伸びる『ストレッチングルーム』も絵が少し異なっていたり、乗り場の場所が異なっていたりします。 乗り場は東京ディズニーランド版ではストレッチングルームの後にすぐ乗り場ですが、ファントムマナーは違います。 東京ディズニーランド版でいうところの絵が飾られた廊下をずっと歩き、東京版の書斎あたりで乗り物に乗ります。 ディズニーランドパリ『ファントム・マナー』のストーリー 東京のホーンテッドマンションはファンタジーランドにありますが、『ファントム・マナー』はフロンティアランドにあります。 フロンティアランドとは東京のウエスタンランドと同じテーマで、ビッグサンダー・マウンテンがあります。 ビッグサンダー・マウンテンは金が発掘され、一攫千金を狙った開拓者たちが集まり、栄えた鉱山です。 ファントム・マナーとビッグサンダー・マウンテンの繋がり ビッグサンダー・マウンテンとファントムマナーには繋がりがあります。 それはヘンリー・レイヴンズウッドという男性がビッグサンダー・マウンテンを開拓するために『ビッグサンダー・マイニングカンパニー』という会社を作り上げて成功し、サンダー・メサ(フロンティアランドの地名)を作り上げました。 サンダー・メサのブーツ・ヒルにヴィクトリア朝の大邸宅(のちのファントム・マナー)を建設し、妻のマーサと娘のメラニーと一緒に住んでいました。 しかし、ビッグサンダー・マウンテンは雷鳥(サンダーバード)の故郷として神聖な場所として知られていました その雷鳥を怒らせると、恐ろしい地震が起こるといわれています。 しかし、それを信じなかったヘンリーは金を得るため、掘り続けましましたが、だんだんとヘンリーの幸せな時は長く続きませんでした。 なぜなら、金は枯渇してきて、だんだんと取れなくなっていったのです。 ヘンリーの娘のメラニー ヘンリーの娘メラニーはとても美しい女性に成長し、4人の求婚者が現れましたが、雷鳥の呪いなのか全員謎の死を遂げてしまいます。 メラニーは自分の運命が独身へと向かわせているのではないか?と思った時に、汽車のエンジニアを務めている男性と出会います。 そのエンジニアはサンダー・メサの街から違う街へと出ようと考えている人で、父のヘンリーにとっては娘を奪おうとしている敵役として写ってしまいました。 どうしても結婚式を止めたいと考えたヘンリーでしたが、色々と策を講じましたが残念ながら失敗に終わります。 そして迎えた1860年、雷鳥のの呪いのせいなのかは不明ですが、大きな地震が起き、ヘンリーとその妻マーサ、そしてサンダー・メサの多くの住民が亡くなってしまいました。 メラニーの結婚式 メラニーとエンジニアの結婚式当日、フロンティアランドの屋敷には不思議な雰囲気が立ち込めます。 なぜなら、その屋敷に謎の亡霊『ファントム』がやってきたからです。 エンジニアは、メラニーがメイクなどの準備している途中に、屋敷に現れたファントムに操られ、屋根裏部屋で首を吊ってしまい亡くなります。 しかし、そんなことを知らないメラニーは『いつか絶対に婚約者が来る』と待ち続け、そのまま死んでしまいます…。 豪華な屋敷はファントム・マナーとして知られるように そして現在、豪華だった邸宅は朽ち果てた邸宅は今や『ファントム・マナー(ファントムの縄張り)』として知られ、今でもメラニーの亡霊とファントムが彷徨っていると信じられています。 メラニーは今でも新郎のことを待ち続けているのです。 ファントム・マナーのストーリーに沿って『地震で荒廃したフロンティアランド』も登場 アトラクションの後半では1860年に起こったとされる地震で荒廃したサンダー・メサ(フロンティアランド)が登場。 地震で亡くなった亡霊たちが今もサンダー・メサで暮らしている様子が表現されていました。 ファントム・マナーのストーリーまとめ そのファントムはきっと『ヘンリー』なんでしょうね…。 なかなかぞっとします。 屋敷の中は途中までは東京版とほぼ一緒ですが、屋根裏部屋の後からがらりと雰囲気が変わります。 東京版の屋敷裏の庭の部分はファントムマナーではさびれた町サンダー・メサとなり、リアルな骸骨がそこらじゅうで動き回っていたり…。 なかなかのシリアスさでホーンテッドマンションのような楽しさはありませんでした。 しかしぜひともパリに行ったらこのアトラクションを体験してほしいですね。

次の