ゆゆうた たぬき。 ゆゆうたはなぜ炎上しているのですか?

今最も勢いのある配信者“ゆゆうた“インタビュー「個人の時代、絶対きます」

ゆゆうた たぬき

ゆゆうたの年齢などwikiプロフィール!・名前:鈴木ゆゆうた ・本名:鈴木悠太(すずき ゆうた) ・年齢:31歳 ・生年月日:1988年7月2日 ・出身:神奈川県川崎市多摩区 ・身長:176cm ・血液型:A型 とざっくりとしたプロフィールになります。 もともと固定ファンが多かったので、一気にこちらに流れてきたんでしょうj! そしてやっぱり、 本名は【ゆうた】という名前だったんですね 笑 「ゆゆうた」の「ゆ」が付く理由は本人も語っていないみたいなので恐らく深い意味はないでしょうが、こっちの方が呼びやすくて良いですね! 年齢は意外にも高めでした。 童顔さんなので、20代だと勘違いしていましたが、2019年7月2日にYouTube生放送で31歳を迎えられているとのこと。 たくさんのリスナーに「おめでとう!」と言われながらお誕生日を迎えていたのが、印象的です! 出身地はFacebookを特定されたことで広まったそうで、本人も公表されています。 身長は176cmと高めですね~可愛い顔で高身長でピアノも弾けるなんて素敵です。 だけどゆゆうたの魅力はピアノだけじゃなく、そのユーモアだよね!何時間ピアノ弾けるかって凄まじすぎw 続・人間は何時間連続でピアノを弾き続けることができるのか【ゆゆうた】 昨日のアーカイブです リアルタイムの同時視聴者数最大で2. 6万人突破しました 僕にとってはとても大きな数字です 見ていただいた方々に感謝 — ゆゆうた 4日目 南 ク-21a hukkatunoyuyuta ゆゆうたの大学や高校など学歴! 守りたいこの笑顔 高画質版 — fu-ru happyfuru まずは出身高校の情報をから! ゆゆうたさんは 【桐光学園高校】という高校を卒業されています。 この高校の偏差値は高く、2019年現在で69の偏差値です。 ただしピアノ自体は3歳からかじっていた様子。 3つごの魂~ってことわざはある意味本当かもね。 今のネット活動やテレビ出演に繋がった大きなきっかけがこの中学校みたいですね。 続いては、【ゆゆうたさんの出身大学】について書いていきます。 ゆゆうたさんが卒業された大学は 【首都大学東京 都市環境学部 建築都市コース】との事。 音楽系の大学かと思いきや、建築の大学コースを選んでいたとは意外です。 現在のお仕事も、少なくとも楽器やなど音楽関係かと思いきや建築関係を本職としているそうです。 やはり、あの演奏力は天性の才能のようですね・・・! この大学建築都市コースも、偏差値は60という事で、偏差値が高い大学。 彼の面白いトークや動画内容達はこの賢さから来ているのかもしれません。 しっかりとした内容説明と喋り方、出身高校の偏差値などでも、 頭が良い事は想像つきましたが、中高校大学と、やはり高学歴だったんですね。 大学時代のお写真も自身のツイッターで上げられています。 大学時代、最も痩せていた頃の僕です — ゆゆうた 4日目 南 ク-21a hukkatunoyuyuta 嵐の二宮さんに似ているというリプライもあるほど、イケメンですね~。 女性ファンからの「かわいい」コメントもよく見かけますので、 何気に容姿に対するファンもいらっしゃるのでは?と思います。 大学、高校の情報も、Facebookから特定できます。 住所なども、自身のライブ配信で鏡に映ってしまった書類を元にバレてしまってるようで(笑)、 スポンサーリンク ゆゆうたが天才と言われる理由は? やはり、ピアノの腕と【絶対音感】が、天才と言われる理由かと思います。 難しい曲でも 2、3回聴いたらすぐに弾ける耳コピ能力も、天才と言われる一つです。 彼からしたら「ピアノは体の一部なのではないか?」と思わせるアレンジ方法や、耳に残る作曲。 どれ一つとっても素晴らしいですね。 歌も上手く、弾き語りも魅力の一つではないでしょうか。 そして、売れたから変わってしまった・・・というのが無く、ニコニコ生放送から変わらないスタンス。 それが彼に夢中になるファンを増やす理由なのではないか?と思います。 ゆゆうたさんが天才と言われる理由をまとめますと、.

次の

ゆゆうた宛に北朝鮮から封筒が!?現地乗込み検討に心配の声多数

ゆゆうた たぬき

PR Youtubeを始めて1年半ほどで75万人もの登録者数を集めたゆゆうたさん。 動画の伸び率もやはり他とは比べ物にならないほどに高く、やはり推定月収も驚くほどに高いようでした。 年収は? 先ほどの月収に12ヶ月分をかけてみると、 年収は4212万円であることが予測できます。 現在、爆発的人気を集めているゆゆうたさんの年収は、トップクラスのYoutuberに引けを取らないほどのものでした。 これからもまだまだ伸びそうな気配があるため、今後の活躍に期待したいです。 Youtube以外の収入は また、ゆゆうたさんはYoutubeでの活動だけでなく、普通のサラリーマンとして会社に勤めています。 ゆゆうたさんの会社ってどこ?転職活動について PR 生放送でも度々発言しているのですが、ビルメンテナンス系の仕事をしているようです。 また、今は転職をしているのでは?といった噂もありますが、ゆゆうたさんは30歳を超えているということもあり、大学卒業後就職をして続けているのであれば、会社員としてもかなりの収入があるのではと予測されます。 結論 Youtubeでの活動や会社員としての収入を考えると、ゆゆうたさんの年収は 4500万〜5000万円ほどではないのかと思われます。 これはあくまで数値を参考にした予測なのですが、ゆゆうたさんの年齢でこれほどまでにもらっているのはすごいですよね! さらに、まだまだ伸び続けている最中であるため、今後も増えていくことでしょう。 まとめ ゆゆうたさんの年収についてご紹介してきました。 大注目のYoutuberであるだけに、かなり多くの収入があることが予測できました。 会社員としての一面も持っているため、動画投稿との両立はとても大変かと思いますが、これからも大きな活躍に期待したいです!.

次の

ゆゆうたはイッテQに出てた?大学や本名や年齢等のプロフも紹介!

ゆゆうた たぬき

「イキスギコード」というコードとともに一部の界隈で有名になった、ニコ生でピアノ(キーボード)を弾いている ゆゆうたさん。 その類まれなる耳コピ術について、同じ鍵盤奏者の視点から、• どうやってあんなに早く耳コピできるのか?• どうしたら自分もゆゆうたぐらい耳コピができるようになるのか? といったところについて、音楽的な側面を中心に、勝手に分析してみようと思います。 結論だけをいえば 「めっちゃ耳コピしてめっちゃ弾きまくったから」あれだけ弾けるわけですが、さすがにそれだけだと味気ないので、 ゆゆうたさんが他の人と違うなーっていう特徴をピックアップして解説をしていきます。 ちなみによくネット上では 「ゆゆうたは類まれなる絶対音感の持ち主だ!」とか 「絶対音感をもっているからあんなに早く耳コピができるんだ!」 みたいなことを目にするのですが、これは全否定させてください。 ゆゆうたさんは絶対音感ではなく、相対音感を極限まで高める事によってあれほどの精度で耳コピができています。 付随して、幼少期からクラシックピアノを習っていた可能性も僕は低いと思っています。 その理由についても、順をおって説明していきましょう。 ゆゆうたとは? まず、ゆゆうたさんを知らない方のために「ゆゆうたとは何者なのか?」というのを説明しようと思ったのですが、よくよく考えたらゆゆうたさんを知らない人はそもそもこの記事を読まないと思うので、ここでは割愛します。 耳コピスキルが やべーやつです。 キーボード弾きながら感じちゃう やべーやつです。 僕の尊敬するキーボーディストの一人です。 さて、早速本題に行きましょう。 ゆゆうたはキーボードのトランスポーズを多用して、全てCのキーで弾いている ゆゆうたさんはよくニコニコ生放送で初見の曲を耳コピしています。 最近は理論的に前衛的というか、ありていに言えばすごく難しい曲をメインでやっているために見た目で気づきにくいのですが、注意深く見てみると 全てCメジャーキーで弾けるようにキーボードのトランスポーズを使っていることがわかります。 トランスポーズとは鍵盤の音をずらして発音させることで、例えば1音高く設定することにより、• ドの鍵盤を押すとレが鳴る• レの鍵盤を押すとミが鳴る というように、 簡単にキー変更(移調)をすることができる機能です。 ちなみにほとんどのキーボードではこの機能がもともと備わっています。 たまに動画内で「+3」「-4」といった単語を口にしていますが、これはいくつトランスポーズしているか、ということを話しています。 ここからゆゆうたさんの音感についてわかる(推測できる)ことが 3つあります。 順番に見ていきましょう。 なぜなら絶対音感の人は絶対的な音の高さであるドとかレとかを個別に識別でき、それぞれのイメージが強すぎるため、 「ドの鍵盤を押すとレが鳴る」 というのは 気持ち悪くて耐えられないからです。 もしかしたら、短時間であればトランスポーズしても違和感なく弾ける絶対音感持ちが世の中にはいるのかもしれませんが、日常的にトランスポーズを多用し、むしろ本来の音高で弾くことが少ないことを考えると、まずゆゆうたさんは絶対音感ではないはずです。 これは自信をもって断言できます。 というか、使おうという発想に至りません。 ピアノにトランスポーズ機能がないから、というのもありますが、技術を重視するクラシック出身であれば慣れていない調を弾く場合、 「慣れている調にトランスポーズしよう」 という発想はなかなかでてこず、 「弾けるように練習を重ねよう」 という思考になるのが一般的だからです。 ある意味、トランスポーズを一種の 「ズル」とか 「卑怯」に感じてしまうわけですね。 ただ、「ゆゆうたは幼少期からクラシックピアノをやっていたわけではない」というのはあくまで推論の域を出ないので、もしかしたら「クラシック出身だけど、キーボードに触れるうちにトランスポーズの便利さに気づいて多用するようになった」という可能性もなくはありません。 まあ、かなり低い確率かなーとは思いますが。 例えばGメジャーキーの中で絶対的な音の高さである 「ソラシ」がなっていたとしても、そのままの音名である 「ソラシ」として捉えるのではなく、階名の 「ドレミ」として捉えることです。 詳しくはこちら ゆゆうたさんは曲をコピーをする際、まず最初に曲のキーを調べて、トランスポーズでCキーに合わせてから耳コピを開始しています。 つまり、まっさらな状態からどの音(コード)がなっているか?を耳コピしているのではなく、 曲のキーを判別した上で、そのキー(調)の中でどんなポジションにある音(コード)が鳴っているのか?を耳コピしています。 もしかしたらゆゆうたさんは移動ド唱法というものを知らずに、無意識のうちに自分自身でこの方法を編み出したのかもしれません。 動画を見る限り、実際に音を階名で歌っているわけではないようにも見えます。 ですが、実際にやっていることは移動ド唱法のキーボードによる体現であり、これがゆゆうた式耳コピにおける一番の特筆すべき点です。 この 「キーCで弾けるようにトランスポーズした状態で演奏する」というのはすごく大事な部分なので、もう少し深掘りして話していきます。 また、「キーCへ弾けるようにトランスポーズした状態で演奏する」ことを移動ド「唱」法ならぬ、 移動ド「奏」法と命名して、以降はこの名称を使っていきます。 ゆゆうた式移動ド奏法の耳コピにおけるメリット まず、移動ド奏法のメリットと、それをゆゆうたさんがどのように活用しているかについて説明していきます。 キーが違う曲でも、直感的によく使うコード進行が理解できる ゆゆうたさんの動画を見ていくと、曲をすべてCキーで演奏することにより、 メロディやコードなどはすべて、階名(音の相対的な位置)で記憶していることがわかります。 こうすることによって、キーを問わず、理論的なコード進行を理解し、覚えやすくなります。 たとえば• 実はこの2つの曲、キーが違うだけで理論的なコード進行はまったく同じものなのですが、なれている方でないとパッとみただけでは気づけません。 ですが、 移動ド奏法であればこの2つは全く同じ弾き方で対応することができます。 そしてここが重要なのですが、 「Aの曲とBの曲は同じコード進行なんだ」 ということがすぐにわかるため、おのずと 「よく使われるコード進行」がキーに関係なく記憶に残りやすくなると同時に、 何度も同じコード進行を弾くことになるため、手癖として体が覚えてくれるわけです。 実際に僕自身耳コピしてて感じますが、よく使われるコード進行が「わかっている状態」と「わかってない状態」では、耳コピにかかる時間が圧倒的に違います。 これだけで候補が5個に絞られましたが、こういった経験則(知識)がないと、膨大なコードの中から探さなければならないわけです。 移動ド奏法であれば、よりメロディやコード進行の把握・記憶がしやすくなることにより、耳コピの速度向上に大いに貢献してくれることになります。 リハーモナイズ力を鍛えやすい 耳コピとは別の部分ですが、ゆゆうたさんのすごいところとして、リハーモナイズ力も挙げられます。 リハーモナイズとは、本来あるコードを別のコードに置き換えること。 動画内でも既存曲に即興でイキスギコードをまぜて演奏してたりしますよね? あれのことです。 ぶっちゃけると、ゆゆうたさんも人間なので、たまーに細かい音を拾いきれていなかったり、コードが微妙に違ったり、ピアノという楽器の特性上、音を省略していたりします。 それでもちゃんと楽曲として成立して聞こえるのは、ゆゆうたさんが瞬時にリハーモナイズして、 「本来のコードと厳密には違うけど、ほぼ同じ意味を持つコード」で演奏しているからです。 これは前述の「よく使われるコード進行を膨大に記憶している」からできるワザで、原曲がすごく難しいコードで聞き取れなかったようなときでも、 「この流れならこのコードが使えるかな」という具合に 瞬時にリハーモナイズすることで、我々の耳にはその場で耳コピしているように聴こえるわけです。 本来なら12のキーそれぞれで対応しなければならないリハーモナイズを、移動ド奏法によってパターンを把握しやすくし、記憶することによって、その恩恵を受られるようになります。 ゆゆうた式移動ド奏法の弱点は転調!? メリットがあればデメリットもあります。 それはズバリ、 転調に弱いこと。 これ、既存の移動ド唱法でも言われていることなんですが、曲中で転調すると対応が難しくなります。 というのも、普段キーCで演奏するのになれているため、何度も転調を繰り返したりすると対応できなくなるためです。 実際にゆゆうたさんも「花ハ踊レヤいろはにほ」や「コネクト」などの曲を耳コピした際には曲の途中でトランスポーズを変更していました。 「花ハ踊レヤいろはにほ」に関しては移動ド奏法とか関係なく、頭がおかしくなるぐらい理論的に難しい曲なのでおいとくにしても、 「コネクト」はそこまで難しい曲でないのにトランスポーズを使っています。 まあ「花ハ踊レヤいろはにほ」を弾いた後だったから頭が回っていなかった可能性も十分にありますが、 移動ド奏法自体が転調に弱く、普段他のキーを弾きなれていないからトランスポーズした、という理由もあるのではないかと思われます。 でも結局は「めっちゃ耳コピしてめっちゃ弾きまくったから」 てなわけで、ここまでゆゆうたさんの耳コピと独自の奏法について、趣味キーボーディストの個人的な視点から、勝手に分析してみました。 まとめると、 要点 すべての曲をキーCで弾けるようにトランスポーズすることによって、12のキーそれぞれで覚えなきゃならないことを減らす。 鍵盤上はキーCでのメロディやコード進行だけに集中することで、経験則としての知識を体系化し、それが驚異的な耳コピの一助となっている。 ってのが僕の見方です。 ただね、上記で述べたのはあくまでも補助的な要素に過ぎなくて、 どうやってあんなに早く耳コピできるのか? に対する本質的な回答としては冒頭で述べたとおり、 「めっちゃ耳コピしてめっちゃ弾きまくったから」 以外にないわけです。 では、 「どうしたらゆゆうたさんぐらい耳コピができるようになるのか?」 という問いへの答えですが、ここまで少し長くなってしまったので、一旦記事を区切ろうと思います。 具体的な考え方とアプローチについては.

次の