小湊 鉄道。 小湊鉄道の路線図

小湊鉄道線

小湊 鉄道

千葉県の房総半島中央部を走る小湊鉄道に19日から20日にかけて、JR東日本から購入した車両が搬入され、数多くの鉄道ファンが詰めかけた。 千葉市の千葉貨物駅で20日未明に行われた車両のつり上げ作業には100人以上の「撮り鉄」が殺到。 狭い空き地に三脚や脚立が並べられ密集状態に。 さらに、ファン同士のトラブルも発生し警察が出動。 外出自粛が求められるなかで、大きな騒ぎとなった。 今回、小湊鉄道が導入する車両はJR東日本只見線などで使用されていた国鉄型気動車「キハ40系」。 すでに製造から約40年が経つが、現在運用している既存の気動車「キハ200形」はまもなく製造後60年に達する車両もあるため、老朽化した一部車両の代替えとして2両を購入したという。 撮影に訪れていた千葉県在住の男子大学生(19)は、「キハ40系」が只見線で運行されているのを撮りに行ったこともあるといい「好きな車両が地元に来ると聞いて、楽しみにしていました。 こんなチャンス2度とないと思います」と笑顔。 同じく千葉県の会社員男性(25)は「撮り鉄の間では貴重なネタ(列車)ですが、こんなに撮影者が集まるんですね…」と苦笑いを見せた。 小湊鉄道の担当者は「雑誌やSNSで車両の回送の予定が出ているので、人が集まってしまうかなとは思いました。 ただ、半年以上前から搬入予定は決まっていたので変えることはできなかったんです。 気持ちは分かるし、人気があること自体はうれしいのですが…」と複雑な心境を吐露。 同鉄道の里見駅長を務め、現在も業務に携わっている酒巻文之さん(79)は「コロナが終わってから、ファンの皆さんに来てもらって賑わったらうれしいです。 走り出すのが楽しみですね」と前を向いた。 小湊鉄道に搬入された「キハ40系」は今後改修が行われたうえで、運行開始時期は未定ながらも、既存の車両と併せて運用されるという。 前出の担当者は「塗装も今あるキハ200形とは少し違った感じになると思います。 (お披露目を)楽しみに待っていてください」と話した。

次の

小湊鉄道線

小湊 鉄道

概要 [ ] 自社発注の、国鉄払い下げの、国鉄払い下げの買収国電を気動車化したと、と種々雑多であったの既存車両の老朽化に伴う代替と車両増備を目的として、(国鉄)を基本としつつ多少の独自色を盛り込む形で設計され、1961年(昭和36年)から(昭和52年)までの16年間にで総計14両が断続的に製造された。 車体 [ ] 窓配置d2D 1 6 1 D2d(d:乗務員扉、D:客用扉、 1 :戸袋窓)の両運転台式で、窓の上下に補強帯の露出はしない、ノーシル・ノーヘッダー構造の平滑な側板を備える。 側扉はキハ201 - 206が当時流行していた、薄い鋼板のプレス成形品を貼り合わせたプレスドア、207以降がコア構造の客用ドア となっており、いずれも片引戸で裾部が一段下がったステップ付き、側窓はキハ201 - 210が通常のアルミサッシ、キハ211以降の4両がユニットサッシとなっている。 妻面は中央にを備える3枚窓構成で、オリジナルである国鉄キハ20形とは異なり、雨樋位置を引き上げた張り上げ屋根構成とされ、が中央1灯ではなく、曲線区間での照度確保などの見地から左右幕板部にシールドビームを振り分け配置され、裾部にはが装備されている。 このため、設計当時親会社であった のなどと類似の前面デザインとなっている。 通風器は押し込み式が屋根上7か所に千鳥状に配置されている。 なお、キハ204のベンチレーターのみのものが用いられているため形状が異なる。 車内 [ ] 座席は全てであるが、車体中央部にエンジンの排気管が立ち上がっており、その覆いが車内に突き出しているため、極端に長い座席という印象を抱かせない。 座席の色はほとんどがオレンジ系統の色であるが、キハ202だけは国鉄を思わせる青であった。 しかし同車についても後に他の車両と同様のオレンジ系統の色のものに交換されている。 およそ40kmにおよぶ比較的営業キロ数の長い路線を走行する車両であるにもかかわらず、同社に汚物処理装置の抜き取り設備がないため、在来車と同様に車内には便所は設置されていない。 2020年現在は全区間が車内禁煙であるが、 - 間で喫煙ができた当時の名残で、車内の「禁煙」表示付近の「五井-上総牛久間」の表示がふさがれている。 保守部品を共通化し、機器取り扱いの統一を図るなどの見地から、これらを1977年の最終増備車まで一貫して採用し続けた。 最終増備車は、完全新造の車両としては日本で最後にDMH17系エンジンを搭載して製造された車両である。 これらのエンジンや変速機の大多数が、JR・私鉄を問わず大幅に淘汰された2020年時点でも、小湊鉄道における換装は実施されていない。 運用 [ ] キハ5800形が廃車となって以降は小湊鉄道唯一の定期列車用旅客車両形式として、同型車のみによる1 - 4両編成にてで運用されている。 からの夏期に運転された千葉 - 養老渓谷間の直通列車では、国鉄キハ20系をベースとした設計が役立ち、千葉 - 五井間の(当時は房総西線)区間では国鉄気動車との併結で運転された実績がある。 に配置され、2020年現在は保留車のキハ209を除く13両が運用されている。 なお、1990年6月~1993年6月にかけてキハ209・210を除く12両が されている。 小湊鐵道の2005年の 報告書によると、今後小湊鉄道ではの実施計画があるとされているが、その際の対応など本形式についての発表・言及はない。 製造年一覧 [ ]• のへこみがなくなり、平滑となった。 現在でも小湊は同社の持分法適用関連会社としてに名を連ねているが、事実上独立色が強く、「K'SEI GROUP」ロゴも使用していない。 美術出版社. 製による。 なお、冷房用エンジンとしてはを採用している(「」()第18回)。 国土交通省 関東運輸局. 2015年10月21日閲覧。 国土交通省 関東運輸局. 2015年9月22日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]•

次の

「小湊鉄道にキハ40がやって来る!」MS241のブログ | MS241のページ

小湊 鉄道

感染症拡大防止等の影響で、本日も一部列車に運休が出ています。 停車駅一覧• 乗換路線• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線 乗換路線はありません• 乗換路線.

次の