ホット メール ログイン 画面。 オンラインサービスのログイン方法【ログインにお困りの場合】

オンラインサービスのログイン方法【ログインにお困りの場合】

ホット メール ログイン 画面

comまたはOutlook 2019などのOfficeアプリケーションからOutlookにログイン(サインイン)する方法をご紹介します。 Outlookには以下の2種類があります。 それぞれに分けてログイン方法を説明しています。 ブラウザからOutlook. PCにOfficeアプリケーションをインストールして使用するOutlook 2019やOutlook 2016といったデスクトップ版 Outlookにログインできない場合の対処方法も載せていますのでログインに困ったらご参考ください。 ログインするために必要なもの Outlookにログイン(サインイン)するためには、Outlook. comアカウント(無料)もしくはMicrosoftアカウントが必要です。 メールアドレス• パスワード Outlook. com ログイン画面 URL Outlook. comのログイン(サインイン)画面は以下のURLにアクセスください。 このURLをブラウザーのブックマーク(お気に入り)に保存しておくと次回よりアクセスが簡単になるのでおすすめです。 Outlookのログイン手順 Outlookにログイン(サインイン)する方法としては「Outlook. comからログインする」と「Officeアプリケーションからログインする」の2種類があります。 Outlook. comからログインする方法 ブラウザからOutlook. comにログイン(サインイン)する方法をご紹介します。 作業時間:1分• Outlook. comにアクセスする タグで探す• 閲覧数ランキングで探す• 新着記事で探す•

次の

オンラインサービスのログイン方法【ログインにお困りの場合】

ホット メール ログイン 画面

LINE (ラインアット)へログインを試みようと PC を開いた時「あれ、ログイン画面ってどこだっけ … 」とたどり着けず、もどかしい思いをしていませんか? 折角 LINE を作っても画面が見つからずに、また後でやろう … を繰り返すと、せっかくのビジネスチャンスを逃すことになってしまいます。 本記事では、 PC ・スマホ両方から LINE のログイン画面とログインの手順を紹介し、二度と迷わないための対策もまとめています。 【 】 【PC版】LINE のログイン方法 LINE へのログインは、 PC の LINE 公式ページからたどり着けます。 LINE 公式ページの右上にある「管理画面」をクリックすると、 LINE のログイン画面「 LINE MANAGER (ラインアットマネージャー)」にたどり着きます。 画面上では目立たない上、灰色のボタンなのでなかなか気づかない人も多いことでしょう。 公式サイトからログインする方法をお伝えしましたが、 2 ステップでは手間がかかるので直接ログインする方法がおすすめです。 次回以降、迷わないように下記のページをお使いのブラウザでブックマークすることをおすすめします。 【 】 次に、 LINE へログインするためのステップを紹介していきます。 ステップ1:メールアドレス、パスワードの入力 PC 版の管理画面を開き、入力フォームに LINE アプリで登録しているメールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンをクリックしましょう。 ステップ2:本人確認 認証コードでランダムな 4 桁の数字が表示されます。 認証コードはスマートフォンの LINE アプリから行うので、スマートフォンを確認しましょう。 ステップ3:スマートフォンの LINE アプリから認証コードの入力 本人確認の画面が表示されるので「認証番号を入力してください。 」と書かれたフォームに、ステップ2で PC に表示されたランダムな 4 桁の数字を入力しましょう。 入力後、「本人確認」のボタンを押すと本人確認が完了します。 ステップ4:完了 PC 画面に戻るとログイン完了となり、管理画面「 LINE MANAGER 」の画面に切り替わります。 以上の 4 ステップで完了します。 【スマホ版】LINE アプリのログイン方法 スマートフォンから LINE へログインする際に、画面が見当たらないという方は、はじめに下記点をチェックしてみましょう。 「ダウンロードしたはずなのに … 」という方は、スマーフォンの検索機能を利用し、 LINE のアプリケーションがダウンロードされているか確認しましょう。 App Store からも探すことが出来ます。 それでも見つからない場合は、 LINE のアプリケーションを App Store からダウンロードしましょう。 ダウンロード済みの場合は「開く」と表示されます。 (アップデートがある場合は「アップデート」と表示されています) この個所が「入手」となっていたら、ダウンロードがされていない状態です。 LINE のアプリケーションダウンロードはこちらから App Store : QR コード Google Play : QR コード 次に、スマートフォンから LINE へログインする方法を紹介します。 LINE アプリを開いたら、「 LINE 始める」という緑色のボタンをクリックしましょう。 LINE アプリへ飛ぶので、認証を進めます。 LINE アカウントへ権限を付与するため、注意事項を確認したうえで「同意する」をタップすると、管理画面に移ります。 スマートフォンに LINE アプリをダウンロードしていない場合は、「 LINE ログイン」からメールアドレスとパスワードを入力しましょう。 LINE アプリをダウンロードしていれば、次回以降も同じ手順で簡単にログインすることが出来ます。 LINE アプリがどこに行ったのかわからなくならないように、スマートフォンの画面のアプリケーションの整理を定期的にすることで探す手間が省けますよ。 PC版LINE にログインできない時の対処法 ログイン画面には辿りつけたけれど、メールアドレスとパスワードを忘れてしまったという方は、以下の 5 つのパターンを確認して、当てはまるパターンの対処法を実行してください。 それぞれ下記の手順で対処しましょう。 【パスワードがわからない方】 新しいパスワードに変更し、再度ログインをすることで解決します。 1)スマートフォンの LINE アプリを起動し、画面左下のアイコンをタップします。 2)左上のねじマークをタップします。 出典: 3)アカウントをタップします。 出典: 4)パスワードをタップします。 5)TuchID を設定している方は指紋認証を行うと、パスワード変更画面へ移ります。 6) 6 ~ 20 文字の新しいパスワードを上の入力フォームに入力し、「もう一度入力してください」と書かれた下の入力フォームに新しく設定したパスワードをもう一度入力して「 OK 」を押すとパスワード変更が完了となります。 LINE @ MANAGER の管理画面に移り、新しいパスワードでログインを実行してください。 新しいメールアドレスに変更することもできます。 1)スマートトフォンの LINE アプリを起動し、画面左下のアイコンをタップします。 2) 左上のねじマークをタップします。 出典: 3)アカウントをタップします。 出典: 4)メールアドレスに表示されているメールアドレスが、今 LINE で登録されているメールアドレスとなります。 PC 版の管理画面に移り、メールアドレスの欄に表示されたメールアドレスでログインをしてください。 「メールアドレス変更」をタップし、 TuchID を設定している方は指紋認証を行うと、メールアドレス変更画面へ移ります。 変更したいメールアドレスを入力して、 OK ボタンをタップすると 認証コードを入力する画面に移るので、変更したいメールアドレスに送られている認証コードを確認しましょう。 メールアドレスに記載された 4 桁の認証コードを、 LINE アプリのメール認証画面に入力し「メール認証」をタップするとメールアドレスの変更が完了します。 1)LINE アプリを開いて、右上の「設定(ねじマーク)」をクリックすると、 設定画面に移るので「アカウント」をクリックしましょう。 許可がオフになっていたら、オンにしましょう。 この状態でもう一度ログインを試してみて下さい。 問い合わせ後は、問い合わせフォームに入力した返信用アドレスに、受付完了のメールが届きます。 最長でも 3 ~ 4 営業日程度で回答がきます。 LINE のログインに迷わないための対策 次回のログインで迷わない対策を紹介します。 お使いのブラウザによってブックマークの方法は異なるため、使用率の高い 4 つのブラウザのブックマーク方法を確認ください。 まとめ LINE のログイン方法を紹介しました。 PC 版の管理画面は特に探しにくいので、 PC で管理される企業の方は、使用しているブラウザへログイン画面をブックマークして、次回から迷わないようにしましょう。 その後は、 LINE の友だちを増やして、定期的なメッセージやクーポン配信を活用しましょう。 店舗・ネット集客や自社商品・サービス向上の手段として LINE をうまく活用するための方法をまとめた記事はこちら。

次の

ログイン

ホット メール ログイン 画面

English• 中国語 簡体• 中国語 繁体• 한국어• Portugues• Afrikaans• Dansk• Nederlands• Suomi• Deutsch• magyar• indonesia• italiano• Bahasa Melayu• Malti• Norsk• Polski• svenska• 元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

次の