エクセル 応答なし。 Excelが重すぎる!3つの対処法を実践して軽くしよう

Excel 2010 が応答しない、ハングする、フリーズしている、または動作を停止する

エクセル 応答なし

Excelに問題がある場合 PCの状態に問題がなければ、次にExcelの起動を確認しましょう。 不具合が起きたエクセルファイルとは別のファイルをいくつか起動してみて、同じ症状がみられたら、Excelのアプリケーションそのものに問題があると考えられます。 その場合、次の対処法を試してみてください。 ・Officeアプリケーションを修復する 実行中のOfficeアプリケーションを終了したうえで、「コントロールパネル」を開きます。 ・Excelのアドインを削除する アドインとは、通常のExcelの機能に追加で機能をもたせること。 動作不良を招くこともあるので、使用しないアドインは消しましょう。 該当のファイルだけが重い場合 特定のExcelファイルだけが動作不良を起こす場合は、ファイルのデータ容量をチェックしましょう。 データの中身に合わない容量になっていたら、次の点を確認してみてください。 ・オブジェクトが隠れている 目視できない範囲に容量を圧迫するオブジェクトが隠れている場合があります。 「Delete」を押せば全削除できます。 ・関数や数式を使いすぎている 関数や数式を大量に使っていると、動作も重くなります。 使わない関数や数式が入力されている列や行を削除して、動作が改善するか確認しましょう。 ・条件付き書式を使いすぎている 条件付き書式(設定した条件に応じてセルや行の色を変えたりできる機能)の多用も動作を重くする原因になります。 まとめ 動作不良には様々な要因がありますが、ここに挙げたのは、その中でもよくある事象や基本的な解決方法です。 不具合が起きたら、ますはこの内容を一通りチェックしてみて、原因がどこにあるのかを突き止めましょう。 (学生の窓口編集部).

次の

たった1行で解決!ファイルを開くとExcel応答なし…の対処法!【VBA】

エクセル 応答なし

ExcelやOutlook等のOfficeソフトで、 フリーズや応答なしといった不具合が発生した際はOffice製品を修復させる手順がいくつかあります。 また、Outlookでもソフトの不具合で設定値があっているのにも関わらず、 メールの送受信ができない時は修復で復旧する可能性が高いです。 Officeソフトを再インストールする前に 修復作業を行えば、再インストールする手間なくトラブルが解消される可能性があるので、試してみてください。 トラブルが再現された場合は次の番号の手順を行ってください。 必ず確認お願いします。 インストールされているOffice製品によって表示が異なります。 Office365以外であれば以下の項目があります。 Microsoft Office Personal 2013 — ja-jp• Microsoft Office Personal 2016 — ja-jp• Microsoft Office Personal 2019 — ja-jp• Microsoft Office Home and Business 2013 — ja-jp• Microsoft Office Home and Business 2016 — ja-jp• Microsoft Office Home and Business 2019 — ja-jp• Microsoft Office Professional 2013 — ja-jp• Microsoft Office Professional 2016 — ja-jp• プログラムのアンインストールでOffice製品を右クリックして変更をクリック。 完了したら閉じるをクリック 上記の手順後に動作の確認を行ってください。 手順は以下の記事を参照してください。 システムの復元を行う際は、 トラブルが発生する前の日付を選んで復元するようにしてください。 まとめ Excel、OutlookなどのOfficeソフトは使う頻度が非常に高いため、トラブルが発生するとストレスになりますし、業務効率の悪化につながります。 まずは上記の手順を行って、トラブルが解消されるか確認を行ってください。 特にOffice2016からはプレインストール版のOfficeはトラブルが発生しやすいアプリ版Officeがインストールされているので、ソフト版のOfficeにインストールし直すことは必須の作業です。

次の

WordやExcelが止まって操作に反応しなくなったときの対処方法

エクセル 応答なし

注意 Office 365 用リソース は、 エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリに名前変更されています。 この変更の詳細については、 してください。 まとめ この記事では、"Excel が応答していません" というエラーが表示された場合、または excel を起動したときに Excel がハングまたはフリーズした場合のトラブルシューティング手順について説明します。 ファイルを開いたり、ファイルを保存したりします。 原因 Excel のハング、フリーズ、または応答しない問題は、次の1つ以上の理由で発生する可能性があります。 この問題は、最新の更新プログラムをインストールしていない場合に発生する可能性があります。 Excel が別のプロセスで使用されている可能性があります。 以前にインストールしたアドインが Excel に干渉している可能性があります。 Office 2010 プログラムを修復する必要がある場合があります。 ウイルス対策ソフトウェアが古くなっているか、Excel と競合している可能性があります。 高度なトラブルシューティング他のプログラムが Excel と競合している可能性があります。 解決方法 この記事に記載されているメソッドを順に実行します。 以前にこれらのメソッドのいずれかを試してみたが、それが役に戻っていない場合は、このリストから別の方法を実行してください。 方法 1: 最新の更新プログラムをインストールする 最新の更新プログラムをインストールする方法に関する情報を表示するには、ここをクリックしてください。 推奨される更新プログラムを自動的にダウンロードしてインストールするように Windows Update を設定する必要がある場合があります。 重要、推奨、およびオプションの更新プログラムをインストールすると、古いファイルを置き換えて脆弱性を修正することによって、問題が修正されることがよくあります。 最新の Office 更新プログラムをインストールするには、「 する」を参照してください。 最新の Office 更新プログラムをインストールしても問題が解決しない場合は、方法2に進みます。 方法 2: Excel が別のプロセスで使用されていないことを確認する Excel が別のプロセスで使用されていないことを確認する方法についての情報を表示するには、ここをクリックしてください。 Excel が別のプロセスによって使用されている場合は、この情報が画面下部の水平状態バーに表示されます。 Excel を使用しているときに他の操作を実行しようとすると、Excel が応答しないことがあります。 他のアクションを実行する前に、処理中のタスクがジョブを完了できるようにします。 Excel が別のプロセスで使用されていない場合は、方法3に進みます。 方法 3: アドインで発生する可能性のある問題を調べる ここをクリックして、アドインの問題を検索する方法についての情報を表示します。 アドインを使用すると、機能が向上しますが、Excel との干渉や競合が発生する場合があります。 アドインを使用せずに Excel を起動し、問題が解決されるかどうかを確認します。 次の操作を実行してください。 次のいずれかの操作を行います。 Windows XP を実行している場合は、[スタート] をクリックし、[実行] をクリックします。 Windows Vista または Windows 7 を実行している場合は、[スタート] をクリックします。 問題が解決された場合は、[ファイル] メニューの [オプション] をクリックし、[アドイン] をクリックします。 [COM アドイン] を選択し、[移動] をクリックします。 一覧のすべてのチェックボックス アドインを無効にする をオフにし、[OK] をクリックします。 Excel を再起動します。 問題が発生しない場合は、問題が発生するまで、一度に1つずつアドインの有効化を開始します。 これにより、問題の原因となっているアドインを調べることができます。 アドインを有効にするたびに、必ず Excel を再起動してください。 アドインを無効にしても問題が解決しない場合は、方法4に進みます。 方法 4: Office 2010 プログラムを修復する Office 2010 プログラムの修復方法に関する情報を表示するには、ここをクリックしてください。 Office 2010 プログラムを修復すると、Excel が応答しない、ハングしている、またはファイル内のエラーを自動的に修復することによって、フリーズする問題を解決できます。 実行中の Microsoft Office プログラムをすべて終了します。 コントロールパネルを開き、[プログラムの追加と削除] Windows XP を実行している場合 、または [プログラムと機能] Windows Vista または Windows 7 を実行している場合 のいずれかを開きます。 インストールされているプログラムの一覧で、[Microsoft Office 2010] を右クリックし、[修復] をクリックします。 注意 Office クイック実行を使用している場合は、次の Microsoft Office の記事を参照して、「Office クイック実行を修復するための手順」に従ってください。 使用している Office のバージョンが [実行する] かどうかがわからない場合は、次の方法でバージョンを確認してください。 任意の Office 製品 Excel、Word、PowerPoint など を開きます。 [ファイル] タブをクリックし、[ヘルプ] をクリックします。 [バージョン情報] の下で、バージョン番号の横に 32 ビット または 64-bit と表示されます。 クリックして実行できるバージョンがある場合は、そこに記載されています。 Office プログラムを修復しても問題が解決しなかった場合は、方法5に進みます。 方法 5: ウイルス対策ソフトウェアが最新のものであるか、または Excel と競合しているかどうかを確認する 競合をチェックする方法、またはウイルス対策が最新の状態であるかどうかについての情報を表示するには、ここをクリックしてください。 ウイルス対策ソフトウェアが最新ではない場合は、Excel が正しく機能しないことがあります。 ウイルス対策ソフトウェアが最新であるかどうかを確認するには 新たに作成されたウイルスを維持するために、ウイルス対策ソフトウェアベンダーは、インターネットからダウンロードできる更新プログラムを定期的に提供します。 ウイルス対策ソフトウェアベンダーの web サイトにアクセスして、最新の更新プログラムをダウンロードします。 ウイルス対策ソフトウェアベンダーの一覧については、「」を参照してください。 ウイルス対策ソフトウェアが Excel と競合しているかどうかを確認するには ウイルス対策ソフトウェアに Excel との統合が含まれている場合、パフォーマンスの問題が発生することがあります。 この場合、ウイルス対策ソフトウェア内のすべての Excel 統合を無効にすることができます。 または、Excel にインストールされているウイルス対策ソフトウェアアドインを無効にすることもできます。 重要 ウイルス対策の設定を変更すると、ウイルス、詐欺、または悪意のある攻撃に対して PC が脆弱になる可能性があります。 Microsoft では、ウイルス対策の設定を変更することはお勧めしません。 この回避策は、自己の責任において使用してください。 Excel との統合を除外するか、Excel でスキャンを除外するようにソフトウェアを構成する方法を確認するには、ウイルス対策ソフトウェアのベンダーに問い合わせる必要があります。 ウイルス対策ソフトウェアを更新し、Excel との統合から除外しても問題が解決しない場合は、高度なトラブルシューティングに進みます。 高度なトラブルシューティング このセクションは、より高度なコンピューターユーザーを対象としています。 高度なトラブルシューティングに慣れていない場合は、「詳細情報」を参照してください。 別のプログラムが Excel と競合しているかどうかを確認するために、選択的な起動を実行する 選択的な起動を実行する方法に関する情報を表示するには、ここをクリックしてください。 通常、Windows を通常どおりに起動すると、いくつかのアプリケーションとサービスが自動的に起動し、バックグラウンドで実行されます。 これらのアプリケーションとサービスは、PC 上の他のソフトウェアに干渉する可能性があります。 選択的起動または "クリーンブート" を実行すると、競合しているアプリケーションの問題を特定するのに役立ちます。 選択的起動を実行するには、「 」を参照してください。 選択的起動を実行しても問題が解決されない場合は、方法2に進みます。 詳細情報 このサポート技術情報の記事に記載されている情報が Excel 2010 で問題を解決できなかった場合は、次のいずれかのオプションを選択します。 その他の Microsoft オンライン記事:ます。 Microsoft コミュニティオンラインのヘルプ:• Microsoft サポートに連絡 関連記事.

次の