プラス トークン 飛ん だ。 プラストークンの復活の可能性について|今後の対応含め検討

【重要】2019年プラストークン(plus token)詐欺といわれてきたがチャールズ皇太子とLEOが対談し協力体制(yahoo!ニュース記事あり)

プラス トークン 飛ん だ

完全に飛んだ! ブロックエコトークンの 公式サイトは削除され、アプリでは残高などが「0」のまま動かなくなってしまいました。 上記のように公式サイトが閉鎖されてから、 復活した配当型ウォレットは過去には1つもありませんでした。 さらに、アプリは不具合が出ていても一向に直す気がないということは、システムを完全にストップさせてしまったからでしょう。 blockeco ブロックエコ これ一時的かな?ついに終了か!? — マルボロニート zLLMVN6FU8RQ0qG おそらくネット上では、ブロックエコトークンが 復活するのではないかと騙っている人が大勢出てくると思います。 以前に飛んだプラストークンは今でも絶対に復活すると言いながらも、1度も復活しそうな素振りすら見せていません。 そもそも今から復活したとしても 評判が悪すぎて新規で始めてくれる人がいないので、利益になりませんよね。 つまり運営側がブロックエコトークンを復活させるメリットは何1つもないのです。 実は、 1か月で損失を取り返し、 1000万円以上の利益を出せたと があります。 どうにかして損失を取り返したいのなら、参考にしてみると良いかもしれません。 2019年11月08日 ブロックエコから資金回収はできるのか? 現在、ブロックエコトークン側と代理人を通して、投資金の回収ができないかと話し合っているようです。 これからブロックエコ側 代理人と和解に向けて話し合いをします。 だが感情は抑え解決に向けて話を進めたい! — TAKUYA BlockBank5 しかも上記のTwitterアカウントの方は、ブロックエコトークンの資金回収の依頼を請け負っているとのこと。 果たして、本当にお金を取り返すことができるのか気になりますね。 追記:現在、Twitterアカウントを削除され、ブロックエコトークンの資金回収は詐欺だったのではないかと噂になっています。 2019年10月31日 復活の見込みはあるのか? ブロックエコトークンの出金停止した結果、も はや復活は有り得ないと言われています。 何故そんな中途半端な対処をしているのか真意を知りたいだけである blockeco — mf13@不労所得こそ至高 moneyfighter777 このまま本当に出金が復活できなかったら、生活費がなくなってしまい、賃貸料すら払えない人も出てきています。 管理会社から11月11日までに賃貸料支払わなければ11月末で退去するように連絡が来た…?? 電気ガスも引き落とし不可能連絡きたし… ブロックエコさん。 お願いしますよ? — ブロックエコ 死にかけ Qs5CPDmBTYW5hFV このようにブロックエコトークンのせいで生活に支障が出てきている人さえいるのです。 今回のブロックエコと同じように、他の配当型ウォレットでも 大損した人は続出しています。 しかし、1か月で損失を取り返し、 1000万円以上の利益を出せたと があります。 どうにかして損失を取り返したいのなら、参考にしてみると良いかもしれません。 2019年10月31日 BLECが韓国取引所に上場 2019年12月の中旬頃に、BLECが韓国取引所に上場する予定があると公式に発表されました。 Twitterでは上場情報は信用されず、デマだとも言われています。 ほう blockecoからアナウンスとな 今までの流れで突然日本語アナウンス 日本運営に新しい窓口でもついたか? まさかね。。。 だろーな。 — mf13@不労所得こそ至高 moneyfighter777 上記のTwitterにもあるように、今まで英語で公式のアナウンスを出していたのに、いきなり日本語でのアナウンスは違和感しかないですよね。 2019年10月25日 公式なアナウンスを発表 ブロックエコトークンでは、KYC未完了アカウントが外部に仮想通貨を出金する為に、KYC完了アカウントに送金してから出金しているかどうか調査しているようです。 あるユーザーは、KYCの完了しているユーザに内部送金して、出金するなど詐欺的な行為を多く運営は確認している。 各ユーザーはKYCをしてください。 KYC完了したユーザーが他のユーザーを助けると資金はロックされます。 — ヨリコ 主婦投資家 ブロックエコ塩漬け中? yorikokabu 上記の行為が確認されると、アカウントに入っている資金はロックされ、出金できなくなるとのこと。 2019年10月11日 資金を国外に移動させると、アカウント凍結 ブロックエコトークンは、国外でスマホを操作すると出金できるとの噂があります。 ただ、もし実行したり、手伝ったりするとアカウントが凍結させられるようです。 ベトナムで調査されたチャトラン社長さんや他関係者の話から事実だけ書くと ・ベトナムオフィスと運営は存在 ・現地ではリーダーの元、盛り上がってる ・Besports オンラインカジノ 発表会あった ・運営は継続の意思有 ・国外間トランスファー厳禁 バレたら凍結 ・他NGルール有 う〜む。 2019年10月08日 遂に飛んでしまった模様 ブロックエコトークンが 完全に飛んでしまったと仮想通貨研究者のアンゴロウ氏が発言していました。 もはや復活を待っていても仕方がないかもしれません。 もし今回の損失を取り返したいのなら、 3週間で資産を8倍にできたと話題沸騰中の「 」を使うと良いでしょう!• 2019年10月03日 KYC(本人確認)の書類を確認できたらメールで通知 ブロックエコトークンでは、KYC(本人確認)の為に提出された書類を確認できたら、3~5営業日以内にメールで通知してくれるようです。 Block Ecoユーザーの皆様へ すべてのユーザーにお知らせします。 KYC確認のために提出されたすべての書類を確認し、3〜5営業日以内に電子メールで通知を送信するようにいたします。 アプリケーションの機能とセキュリティ面の改善、ご理解ご協力の程お願い致します。 2019年09月25日 ログインできなくなる不具合が発生中 ブロックエコトークンでは、ログインができなくなる不具合が発生しています。 その不具合では、2FA認証の設定をオンにすると、ログインができなくなります。 Block ecoユーザーの皆様へ 2FAの設定をオンにすると、ログインできなくなる不具合が出ています。 次回アップデートがあるまで、2FA認証を設定しないようにお願いします。 ログインできなくなってしまった方は、対応いたしますので、サポートまでお問い合わせください。 だって — おっち SNlrHN4cC1b2UaD 次回のアップデートがあるまで、2FA認証を設定しない方がよさそうです。 近頃、システムの不具合が多発しており、本当に大事なお金を入れておいてのいいのか不安になってきますね。 ログインできなくなる可能性があります。 このような配当型ウォレットでは、アップグレードが行われると再ダウンロードが必要になるケースが多々あります。 常に最新情報を追っていき、アップグレードは欠かさないようにしましょう。 2019年06月21日 BlockEcoTokenの偽アプリに注意! 現在、中国でブロックエコトークンの 偽アプリが出回っているとの噂があります。 ブロックエコトークンをスマホにインストール際は、公式サイトから行いましょう。 ほぼデザインが同じ場合もあるので、URLを一言一句確認することをおススメします。 2019年06月18日 現在、下記のツイッターアカウントからブロックエコトークンを利用すると、5000円分のプレゼントがもらえるようです。 自分直下に付いてくれた人限定で全員に日頃の感謝プレゼント? 5000円分 致します。 どれか欲しいの選んでDM下さい。 また、イベントやりますぜ — TM 【ロロ・ノア・ゾロ】 TM51683705 ただ会社ではなく個人のプレゼントなので、もし上記のツイッターアカウント経由でブロックエコトークンを利用するのなら自己責任でお願いします。 2019年06月10日 BlockEcoTokenの提携がウソだったことが判明 ブロックエコトークンは、フィリピンのカジノ「ソレアリゾート」と提携している言われていましたが、嘘だったことが判明しました。 フィリピンのカジノ のマネージャーに との提携が無い事を証明してくださり、ソレアホームページで注意記事を書いていただきました。 — みすず 仮想通貨姉妹 MisuzuMi1 実際に「ソレアリゾート」からブロックエコトークンとの提携はないと公式サイトに声明が載っています。 上記のようにハイプでは噓の情報によって宣伝が行われているケースが多々あるため、細心の注意を払って投資の判断をしましょう。 2019年05月24日 ブロックエコトークンの正式オープンは2019年6月15日 2019年5月23日に、ブロックエコトークンはプレオープンしました。 そして、翌月の6月15日に正式にオープンする予定になっています。 BlockEcoToken 日本が他の国を先行して配当ウォレットを利用できるのはBlockEcoTokenが初。 ブロックエコトークンとは ブロックエコトークン(BlockEcoToken)では、下記の4つのプロジェクトがあります。 ・仮想通貨ウォレットとしての機能 ・独自の取引所の設置 ・オンラインカジノ ・ブロックチェーン技術のコンサルティング これらの4つのプロジェクトは、「Bloc Ecoプロジェクト」と言われています。 それぞれのプロジェクトごとに会社が設立されており、この4社で「Block Ecoグループ」だそうです。 ブロックエコトークン(BlockEcoToken)の配当額 ブロックエコトークン(BlockEcoToken)の配当額は、投資期間などによって違います。 「BLEC」はBTCやETHに換金が可能。 ちなみに、ブロックエコトークン(BlockEcoToken)で仮想通貨を運用する為には、最低でも500ドルの資金が必要です。 blockeco.

次の

【PLUSTOKEN】プラストークン現状について。飛んだ?ポンジ?偽情報に惑わされるな!

プラス トークン 飛ん だ

最近では新アプリがリリースするなどの動きもあったので、本当にプラストークンが復活するのかもしれませんね。 プラストークンに復活の動きあり 2020年4月末に、プラストークンが 新たなアプリを公開したという情報が話題になっています。 現在はテストバージョンだとされるプラストークン3. 0というアプリが配信されている模様。 ユーザーの資金は新たなウォレットアプリに移動させると発表しているらしいのですが 、現段階ではまだ出金を行う事は出来ません。 考えられる可能性としては、復活を匂わせてさらに入金を求めることも考えられます。 出金の条件として追加入金を求められた場合はすぐに入金せず、様子を見ることをお勧めします。 プラストークンの復活の可能性、最新情報を解説 プラストークンに預けていた資金が 今どうなっているのか?捜査したところ既に 複数の取引所やウォレットに分散されているという情報が確認できました。 既に複数のアドレスに送金されており、プラストークン側が 現金化に向けて動いていると思われます。 また、別の送金トランザクションには 運営者のメッセージが残されてることも確認出来ています。 「申し訳ないが、実行した」 運営側の返金の意思はゼロですね。 ただ、資金の多くは既に取引所にて売却されているのですが、まだいくつかのアドレスにはユーザーから集めた資金が残っています。 海外の有志や中国内ではプラストークンのビットコインアドレスを特定しているので運営者の逮捕に繋がる可能性もゼロではありませんが、現時点では 可能性は非常に低いと言わざるを得ません。 私はこれまでに数多くの配当型ウォレットを捜査してきましたが、一度もたりとも復活となったサービスは見たことがありません。 非常に残念ですが、 復活・返金の見込みはゼロであると仮想通貨ポリスは予想しています。 プラストークンからの返金も可能性が低い以上、 別の方法で損失を回収することも視野に入れた方が良いでしょう 今回のプラストークンのような運営に資金を預けて運用して貰うのは危険ですが 、資金を手元で管理しながら運用できるサービスも近頃は登場しています。 「100万円の投資で700万円稼げた」という口コミも投稿されていますから、興味がある方は下記のページをご覧になってください。 合わせて読みたい• 2019年10月18日追記:ついに自殺者が出る事態に 仮想通貨業界でも世界最大規模の詐欺案件とされているプラストークンですが、最も被害者が多いと言われる韓国にて、 利用者7名が自殺していたことが判明いたしました。 韓国の地上波放送にてプラストークンの投資詐欺事件についての特集が放送され、その中でプラストークンの詐欺被害により自ら命を絶った投資家が7名いるという情報が報じられました。 プラストークンに関しては私も1年以上前から詐欺性の高い案件であると注意喚起を行ってまいりましたが、日本においても相当数の被害者がいると想定されています。 プラストークンの爆発的な流行を皮切りに、仮想通貨業界ではプラストークンを模した「配当型ウォレット」という投資商材が大流行しています。 このような 高配当を謳う「配当型ウォレット」やHYIPに関しては、十中八九、 詐欺目的で運営されていると思われますので、同じような投資案件への勧誘を受けた際には注意してください。 2019年8月19日追記:ビットコイン BTC 下落の要因はプラストークン? 仮想通貨ニュースサイトである「コインテレグラフ」にて、8月に起きた ビットコインの下落は プラストークンが関連している可能性があると報じられました。 プラストークンについては現在も利用者は出金ができない状況が続いています。 そんな中、運営側が管理しているビットコインアドレスから 20万BTCに及ぶ多額の資金が複数のアドレスに送金されているのですから、何か 不審な動きを取っていると見た方がいいでしょう。 それらの移動された資金が売りに出されているため、今回の大幅下落に至ったと予想されています。 2019年7月10日追記:創設者逮捕に関する続報 6月27日付でプラストークンの創設者が逮捕されたというニュースと同時に、現在もプラストークンは出金できないという状況が続いています。 創設者逮捕のニュースについてはフェイクニュースであるとの疑いが強まっておりますが、 新たな情報が確認できたため追記していきます。 バヌアツで逮捕されたという6人のプラストークン関係者でしたが、 現在は中国へと移送された様子。 また、 逮捕された人物に関する詳細も合わせて公開されておりました。 ただ、今回のニュースについても真相を裏付けるソースはなく、中国の微博 weibo 等のSNSで拡散されている情報になります。 フェイクニュースの可能性も捨てきれませんので、ご注意ください。 2019年7月1日追記:プラストークンの関係者が逮捕 中国のブロックチェーンメディア「凤凰网区块链」が、7月1日に プラストークンの創立メンバーが逮捕されていた報じていることが判明しました。 今回の件はMLMが禁止されている中国からプラストークンの創立者が脱出し、バヌアツで市民権を取得。 その後インターネット詐欺で逮捕されたという物です。 2019年7月1日現在、プラストークンは出金が出来ず運営が飛んだとウワサされていましたが、事の真相は創立者が逮捕されていたという事なのでしょうか。 チャールズ皇太子のディナーショーに参加したことを「チャールズ皇太子に認められた」と触れ回っていたレオ氏も逮捕されている可能性も? ただ、上記のニュースについては フェイクニュースの可能性もありますので、ご注意ください。 既に 利用者の資金を持ち逃げしているとの疑惑も出ていますが、徐々にただの疑惑とは思えない情報がちらほらと公表され始めています。 私はプラストークンの登場初期からポンジスキームの疑いがある危険な案件だとお伝えしていましたが、ようやく一般にもその危険性が見えてきたようで何よりです。 2019年1月11日:プラストークンの上場先がおかしい件 2018年末に、 自社取引所の設立と ETBOXへの上場を果たしたプラストークンでしたが、それらの 取引所を確認すると非常に不安な状況であることが判明しました。 まずは上場を果たしたETBOXから確認していきます。 ETBOXが公開しているプラストークのチャートになるのですが、何故か チャートの更新が12月20日を最後に停止しています。 勿論、取引所自体が停止している可能性もあるため、ビットコイン BTC のチャートも併せて確認しましたが、無事2019年1月11日のチャートを確認することができました。 どちらにせよ、この状況で上場を果たしたから詐欺ではないなどと発信し続ける方々には疑問を感じます。 続けてプラストークン独自の取引所である「PsEx」を確認していきます。 プラストークンの取引は例によって行われていないのですが、「PsEx」については ビットコイン BTC の取引すら行われていません。 明らかに不自然ですね。 プラストークンの 謳い文句は世界中で大人気のはず。 この状況を見ると、 誰も興味のない取引所にしか見えませんが…。 そして、例のごとく自社取引所の設立を大々的に宣伝する方が非常に多いですが、誰もこの事実には触れていない状況に、違和感を覚えます。 プラストークンについてはポンジスキームの疑いが強いと以前から判断していましたが、 これだけの材料が揃っていてもいまだ怪しいものであると私は判断しています。 認可が下りたとされる証明書も同時に公開していることから、決定事項のように広まっているこの情報。 実は、証明書をよく見ると取引所の認可が下りたなどとは一切記載されていないことが判明しました。 これがどういう事なのか説明すると、掲載されてる2枚の証明書については• 左:コロラド州• 右:コロンビア州 2つの州から発行された証明書になります。 まず1枚目のについては、プラスコイン財団なる企業の設立が認められたことと、設立者が「ENCK TIMOTHY LYNN」なる人物であると証明する文書となっていました。 「プラストークン PLUS TOKEN 」や 取引所に関する認可など、どこにも記載されていません。 そして、2枚目のについては、プラスコイン財団が 非営利団体だと証明する文書であることが確認できます。 結果的に、 どちらの文書も取引所の認可に関わるものではなかったという事実が発覚。 そして、最も気になるのは、この書面には「プラストークン PLUS TOKEN 」ではなく 「プラスコイン財団」として記載されているという事。 運営会社は「プラストークン PLUS TOKEN 」だと、日本サポートサイトには記載されています。 どう見ても会社名が違う企業であることは明らかです。 運営元が韓国にあるため公式サイトは韓国語で作成されているのですが、利用規約記載されているはずの運営会社名が確認できない状況となっています。 利用規約や個人情報の取り扱い方針についてのページでしたが、 会社名が記載されていないものが果たして有効なのか疑問なところ。 また、「プラストークン PLUS TOKEN 」韓国発の配当型ウォレットになります。 「プラストークン PLUS TOKEN 」の ウォレットアプリは70万DLを超えていると公式から発表がされています。 なぜ、母国語である韓国語 ハングル文字 で記載されている利用規約に誰一人として気が付かなかったのか。 明らかに不自然であるといえるでしょう。 非常に詳しく「プラストークン PLUS TOKEN 」について紹介されているため、興味のある方には非常に有意義なwebサイトなのでしょう。 筆者がこの「當間 健作」について捜査したところ、ネット上では 詐欺師と呼ばれる人物であることが発覚しました。 その他にも「与沢翼の弟子」などとして紹介されているほか、 競艇詐欺などの情報も確認できます。 2013年当時には与沢翼らを筆頭にした「ネオヒルズ族」が台頭してきた時期でもありますから「當間健作」はネオヒルズ族とも何かしらの関連があるのかもしれませんね。 自分をピラミッドの頂点に置き、自分が紹介した新規会員を自分の子としてピラミッド内に配置。 それにより高額な報酬を得ることも可能になります。 Twitter等のSNSを見る限りでは、現在は配当の出金も出来ているなどの声が確認できます。 ただ、 高配当を謳うMLMについてはそのほとんどがポンジスキームであり、 自転車操業の上に成り立つシステムです。 報酬を支払い過ぎて運営元が パンクする際には忽然と姿をくらますのがこの業界の常識ともいえるので、「プラストークン PLUS TOKEN 」についても 注意したほうが良いでしょう。 プラストークンのように出金停止になる可能性がある HIYPやMLMへの投資は、 当然ですがオススメしません。 微々たる報酬を貰うために自分の資産をどこの馬の骨ともわからない連中に丸投げするのですから。 こんなものは投資はおろか、ギャンブルですらない。 本気で仮想通貨で稼ぐのならば、持っているだけで増える、何もしなくていい、などという案件には投資しないことです。 海外取引所でアルトコインに投資した方が確実に稼げるようになりますよ。 最近は海外取引所の口座開設サポートをサポートしている情報サイトも登場していますから、興味のある方はご覧ください。

次の

プラストークン(PlusToken)は詐欺なの!?実績画像を公開します!

プラス トークン 飛ん だ

Contents• 預けた資産が無くなっていない証拠 まず、仮想通貨(暗号資産)は、ブロックチェーン上で管理されており、ウオレット残高は、誰でも見る事ができる透明性があります。 出金など操作をする際には、秘密鍵などが必要になりますので、本人にしか操作ができません。 さて、AI-Dogに預け入れた資産ですが、プラストークン運営サイドのウオレットに保管されております。 下記が皆さんの資産が預けられている、ウオレットになります。 BTC• ETH• EOS• BTC残高 37,922. 91025993 ETH残高 789,503 EOS残高 26,281,495 XRP残高 484,775,641 上記で載せたアドレスを見て頂ければ、減っていない事が分かるかと思います。 もし、あなたが逃げるなら、このように世間から監視されている所に、資産を置いたまま逃げますか? 逃げるなら、資産を少しずつ別の個所へ移動させ、資金洗浄を行った後に、逃げますよね。 ちなみに、日利最大2. そして突然サイトへのアクセスができなくなりました。 大体、飛ぶときはこういったパターンで飛びます。 プラストークンは、皆さんの資産をしっかり保管しています。 これがプラストークンが飛んでいない理由その1です。 復旧およびセキュリティ強化をしている 擁護派は、28日のハッキングに対して「ハッカーを撃退した」とか「ハッカーから資産を守った」という言い方をされている方が居ますが、これが一般の方に誤解と疑問を産んでしまった元凶です。 じゃあなんで、出金規制かけて、復旧にこんなにも時間がかかるの?ハッカーを撃退したなら大丈夫じゃないの?いつまで経っても復旧しないという事はやっぱり飛んだのでは?となるのは当然です。 ハッカーから資産を守ったのは守ったのですが、 プラストークンはハッキングされて、一時的に資産を盗まれました。 その後、即座にロールバックを行い、取り戻しましたが、ロールバックを実施した事からハッカーに侵入され盗み出されようとしたのは事実です。 誤解を招くといけないといけないので説明させて頂くと、ロールバック処理は、過去にも様々な取引所で実施されているので、特別なことではありません。 すなわち、ハッカーはPLUSTOKENのセキュリティを破ったと言えます。 したがって、 さらなるハッカーからの脅威から守るために、出金規制をせざるを得ないのです。 トランザクションを生成する際には、ネットワークを開きウオレットに紐づくデータを載せますので、そのホールから侵入されるリスク等もあります。 他の取引所やウオレットでも、ハッキングリスクがある際は、出金を完全に停止する事はよくあります。 また、PLUSTOKEN技術チームは、ハッキングされた事により、さらなるセキュリティを強化をする必然性があり、現在作業を実施しています。 まずこれが、出金規制や復旧に時間がかかっている理由の一つです。 しかも、先日までDDos攻撃を受けており、非常につながりにくい状況が続いております。 DDos攻撃の隙に、ハッキングなどサーバー攻撃を行う事は、ハッカーの常套手段であります。 その為、現在プラストークンはサーバーを増強し、世界で32台もの大規模メインネットを構築しています。 下記のサイトからプラストークンのサーバー状況が確認できます。 ちなみに、他の取引所と比較すると以下のようになります。 そもそも、逃げるつもりなら、サーバーの増強なんてしないですよね? これが飛んでいない理由その2です。 技術チームではなく技術的な知識を持っている人達です。 ご誤解はなさらないことを願います。 その方々はかなり前からプラストークン技術チームのウォレット住所とアービトラージ収益を追跡してきたので信用できる検査結果だと思います。 その方々の検査結果によると、現在、プラストークンのウォレットの住所にある資産は安全に保管されています。 もっと増える可能性も見えます。 また、資産を引き出してはいないし、その動きも見えません。 第一に、これはプラットフォーム側が資産を持って逃げなかったことと、プラットフォームを停止する意向もないこととが考えられます。 第二に、ウォレットとウォレットの間の少額のプラス移動は可能ですが、大量の移動は制限されています。 これはプラットフォームが未だに事態を把握していると思われます。 現在、多くの機関がプラスを低価で買い集めています。 これは多くの機関がプラスに希望を持っていることを意味します。 プラストークンが今回の難関さえ持ちこたえれば,プラスの価値はまた上昇するでしょう。 そのため、多くの機関がこの機会に乗じて、大量のプラスを低価格で買い付けているのです。 プラットフォームが大量のプラス移動を制限する原因は、プラスが正常化した時、大量のプラスを買い取った機関によってプラス価値の騰落幅がひどくなることを懸念し、制限したものと考えられます。 第三に、技術チームが連動したPSEX取引所はコンピューターのバージョンアップグレードを完成しました。 リスク負担を減らすため、中国地域のユーザーの使用も禁止しました。 プラストークンは資産の安全とユーザの使用感を最も重要視します。 私たちが今しなければならないことはしばらく待つことです。 プラスプラットフォームはコイン系の中心です。 伝統的なウォレットをはるかに超え、伝統的な取引所の方式も覆しました。 疑うことなく先に進んだのは事実です。 しかし、補償プランのような商業モードが中国の法律を違反している可能性もあります。 これはやむを得ない事情です。 プラットフォームはなぜ2024年にAI -DOGを停止すると言ったのでしょうか。 中国の法律の周期を考慮したものかもしれません。 2024年になって新しい法律が発効することを希望したようです。 プラットフォーム白書の予測性は非常に立派です。 今は忍耐心が必要な時です。 もしプラスプラットフォームがいわゆるポンジ・スキームであったら、このような行動でプラットフォームの発展を推進することはなかったでしょう。 また突然の事件が発生した後、今のような色んな合理的な行動もしなかったはずです。 個人ブログはいろいろあります。 現在、プラスを模倣したプラットホームは息を殺しています。 多くの偽ウォレットやプラスを模倣したプラットフォームは、今回の機会に乗じて食い逃げしました。 人々の注目を受けられなかっただけです。 コイン系の最大のニュースはプラストークンで、世論の中心にあります。 事件の発生がまだ最悪の状況まで行ったわけではありません。 まだ希望があると思います。 ブロックチェーンの観点で見ると、中核サーバーとクラウドが攻撃・侵入されませんでした。 攻撃と侵入にあったらシステムにエラーが生じたはずです。 皆さんは投資家の立場として自分の情緒を安定させなければなりません。 時間が必要です。 初期ビットコインもこのような挑戦に直面しました。 私はいつも講義をするたびにリスク負担についても話します。 一つの優れた技術が社会の変化を推進する時、非常に大きな盗賊に直面することになります。 新旧の観点が入れ替わる過程で、伝統的な観点で新しい観点を理解するのは難しいことです。 今まで私の立場で見た観点であり私の個人的な意見です。 皆さんが私の意見を聞いて少しでも信心を持つことを願います。 技術チームはいつも黙々と証明してきて、このような技術チームに私は多くの信心を持っています。 でも、現在技術チームとの連絡を取ろうと努力しましたが、困難でした。 このような状況において技術チームはさらに秘密を維持しているからです。 でも、私は技術チームのこのようなやり方が理解できます。 ナカモト・サトシも2010年12月5日、ビットコインで決済が行われと言ったときに怖がってました。 彼はメッセージを残しました。 ビットコインで決済するのは熱風を引き起こすだろうし、これは、生まれたばかりの赤ちゃんを死に追い込む道だというのです。 プラストークンは今まで順調に進められてきており一年という時間が過ぎました。 挑戦と問題に立ち向かうことは正常なことです。 皆さんも同じでしょうが、私もすべての資産をプラスウォレットに入れ、プラスを最後まで信じる忠誠なユーザーです。 皆さんも信心を持ったらと思います。 私はプラスのユーザーでプラスを信じています。 ありがとうございます。 あくまで個人的見解でしたので、何名かにだけはすでに話をしましたが、私と同じような他のシステムエンジニア達との見解と一致しましたので、全体に発信させて頂きます。 結論から言うと、正常運用に戻るには、私の務めている会社のチームで復旧作業を実施するなら最低でも1か月以上はかかります。 これまで、色々と情報が流れていますので、それらを整理したうえでの見解です。 盗まれたBTCを取り返すために、マイナーと協力して、ロールバック(巻き戻し=なかったことにする)を実施しました。 誤解を招くといけないといけないので説明させて頂くと、ロールバック処理は、過去にも様々な取引所で実施されているので、特別なことではありません。 すなわち、ハッカーはPLUSTOKENのセキュリティを掻いくぐったと思われます。 そのために、PLUSTOKEN技術チームは、さらなるセキュリティを強化をする必然性があり、現在作業を実施しています。 まずこれが、時間がかかる理由の一つです。 トランザクションを生成する際には、ネットワークを開きウオレットに紐づくデータを載せますので、そのホールから侵入されるリスク等もあります。 他の取引所やウオレットでも、ハッキングリスクがある際は、出金を完全に停止する事はよくあります。 コールドウオレット運用をしている取引所やウオレットは多数あり、例えばLiquid取引所は昔からコールドウオレット運用です。 その為、3日ほど出金手続きがかかりますので出金時のレスポンシブルは悪いです。 ホットウオレットに戻すプログラムを作る必要がありますし、 このホットウオレットに戻す際に、マルチシグ対応などセキュリティ面での強化を図るかも知れません。 こういった対応も時間を要します。 また、現在ウオレットは利用できる状態にありますので、出金手続き、AI-DogをOFFしたり、配当付与などによって、大量のトランザクションや、未処理データが大量に積みあがっていますので、再開時にそれらをすべて反映させなければなりません。 この作業は、一発で正常に処理を完了しないといけませんので、絶対にミスが許されない極めて神経を使う処理になります。 しかも世界中で700万ダウンロードされています。 ミスがあればそれこそ大問題です。 仮データで、現在ユーザー数のウオレットと、現状積みあがっている未処理データで、テスト環境を構築し、正常に復旧処理が実施されるか、を何度も整合性の確認しては、バグをつぶし、本番に挑む必要があります。 かなり気の遠くなる作業になります。 我々日本人からすれば、何かあればすぐ連絡するのが当たり前ですが、海外ではそうではありません。 私は、仕事柄、中国やベトナム等にオフショアで仕事を依頼しますが、ほったらかしだと、都合が悪い時は、何も報連相がありません。 こちらから聞かないと報告も連絡も相談も何もありません。 都合が良い時だけ、出来ましたーっと言ってくる事が殆どです。 これまでのPLUSTOKENの公式アナウンスを見ててもその感が満載です。 つぎに、ロールバックして資産を取り戻したとはいえ、ハッキングにあっていると考えますので、強固なセキュリティを謳っていますので、公表しずらいのだと考えます。 出金停止規制、コールドウオレットへの移行、セキュリティ対策のアップグレードをやっていると、現時点では、公表すればハッキングされた事実をあからさまにすることになります。 また、これまで述べたように、膨大な作業が必要となりますので、正確な復旧までの期間をアナウンスできないかと思われます。 私的には、最低でも1ヵ月ぐらいかと思っていますが、1ヵ月待ってくれという案内は、一般の方にとっては混乱を招く要因にもなりかねません。 混乱が混乱を呼び、それこそ復旧に時間がかかり、PLUSTOKENのブランド価値自体を下げる恐れもあり得ます。 また、作業状況を公式発表する事で、ハッカーへの情報提供にもなり得ます。 ですので、遠回しに、リーダー経由での情報提供が最善策と考えられていると思われます。 とにかく今PLUSTOKENの技術チームは、とんでもない忙しさだと考えられます。 私自身、企業のシステムを扱っていますので、そのことは容易に想像できます。 ですので、時間がかかっても良いから、焦らずに技術チームには何とか頑張ってもらって確実な復旧をして頂きたいと考えています。 したがって、みなさまも、焦らずに、技術チームを温かく見守ってあげて頂きたいと思います。 それに、国連やチャールズ皇太子が招致していますので、彼らの信用問題にも関わります。 今なお、サーバー増強を図ったりしていますし、 顧客資産も移動されていない事が確認されています。 オープン後1年間努力して、PLUSTOKENは多くのユーザーを抱える事ができ、取引所を開設でき、決済店舗も増え、その手数料収入はバカになりません。 経営を続けて行けば、じゃんじゃん儲かるフェーズに今入っています。 また、今、PLUSが複数の取引所に上場(勝手にかPLUSTOKENからの意図かは分かりませんが)されており、PLUSTOKEN危ない説を拡散させ、PLUSユーザーの焦り売りをあおって、PLUSを買い占めている機関が沢山います。 つまり、PLUSはこの一山を超えればさらに伸びると思っている機関が多いことが伺えます。 あまり、出どころ不明なネガティブ情報に振り回されないようにして下さい。 まとめ 以上のように、PLUSTOKENは逃げた訳でなく、再開の為に、今回のトラブルに対し、懸命に復旧およびセキュリティ強化作業を行っています。 皆様の資産は安全に守られています。 ただ、再開後のPLUSTOKENの未来を心配する方も多いかと思います。 その後の未来を左右するのは、これを読んでいるあなた(ユーザー)の行動自体だと思います。 一般的に企業は投資家によって支えられています。 PLUSTOKENも同様に、現在約400万人のアクティブユーザー(投資家)に支えられています。 つまり、大半のユーザーが、よくトラブルを乗り越えた!これからも応援するぞ!となれば、PLUSTOKENは困難を乗り越えた偉大な企業として、飛躍的な大きな成長をし、PLUS価格も大きく上昇するでしょう。 逆に、大半のユーザーがそっぽ向けば、PLUSTOKENの成長が止まり、衰退していきます。 しかし、よく考えて頂きたいのは、 PLUSTOKENは、たった1年の間に、• 400万人のアクティブユーザーを獲得• 国連から登壇依頼• チャールズ皇太子晩餐会に招待• STO取引所もオープン ・世界で決済できる店舗が増えている 中国、韓国は無数にあり、日本でも広がりつつあります。 マレーシア国際空港でもPLUSTOKEN決済が導入されました• ナスダック上場準備中(IPO) このように、着実に信用と実績を積み重ねてきました。 これから正に大きくビジネス展開をしていくフェーズです。 他のプロジェクトでそんなプロジェクトありますか? CryptoInfoCubeは、これからもPLUSTOKENを応援し続けます。

次の