芍薬 甘草 湯 生理 痛。 おもい生理痛を治す漢方薬6つ。特徴にあわせて選ぼう

甘草を含む漢方薬はむくみや血圧上昇の副作用に注意して!

芍薬 甘草 湯 生理 痛

芍薬甘草湯の成分(構成する生薬)• 芍薬(シャクヤク)• 甘草(カンゾウ) 芍薬甘草湯の効能・適応症状• 急激に起こる筋肉のけいれんを伴う疼痛(有痛性限局性筋痙攣)• こむらがえり、熱中症での筋痙攣、しゃっくり(横隔膜のけいれん)• 筋肉痛、関節痛、坐骨神経痛、腰痛、ぎっくり腰(キヤリ腰)、捻挫、五十肩、ねちがい、肩こり• 胃痙攣、腹痛、疝痛、胆石症・尿路結石の疼痛発作、過敏性腸症候群の急なお腹の痛み• 生理痛、月経困難症、月経に関連して起こる尋常性ざ瘡(ニキビ)• 女性の不妊症(無排卵性不妊症、多嚢胞性卵巣症候群、高プロラクチン血症など)• 抗がん剤(パクリタキセル)の副作用による筋肉痛・関節痛• がん化学療法(シスプラチン等)による吃逆(しゃっくり) ふくらはぎ(腓腹筋)に使うのが一番有名ですが、基本的に、どこの筋肉(骨格筋や内臓平滑筋)にでも用いることができます。 夜間に足がつるという方は、枕元に置いておくか、または就寝前に服用しておいて下さい。 月経に関連して起こる疼痛やニキビに対しては、月経前からの服用を勧められることがあります。 予防的にかつ長期的に(根本的な体質改善で)使うのであれば、他の漢方薬も考慮した方がいいと思います。 芍薬甘草湯の副作用・注意点 甘草の量が多いため、連用による 偽アルドステロン症に注意が必要な漢方薬です。 (カリウム低下・浮腫・血圧上昇・脱力感など) 症状が治まったら中止して、できるだけ短期間、最小限の使用に留めた方が良いです。 他の漢方薬との併用の際は、さらに注意して下さい。 用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。 芍薬甘草湯の古典の使い方 『傷寒論』(3世紀)より 「傷寒脈浮、自汗出、小便数、心煩し、微悪寒し、脚攣急するに、反って桂枝を与え、其の表を攻めんと欲す。 此れ誤りなり。 之を得て便ち厥し、咽中乾き、煩躁吐逆する者は、甘草乾姜湯を作り之を与え、以って其の陽を復す。 若し厥癒えて足温なる者は、更に芍薬甘草湯を作り之を与えば、其の脚即ち伸ぶ。 この治療によって手足が冷えて、のどが乾き、煩躁して嘔吐するものには、甘草乾姜湯を与えて、陽気を回復させます。 手足の冷えが温まったならば、さらに 芍薬甘草湯を与えると、その引きつっていた脚はすぐに伸びます。 「発汗して病解せず、反って惡寒する者は、虚するが故なり。 芍薬甘草附子湯を用います。 市販の芍薬甘草湯 市販の芍薬甘草等は、様々な名前で販売されています。 販売名は違っても基本的な使い方、注意点は共通しています。 副作用を防ぐために正しい使い方をお守りください。 芍薬甘草湯(ツムラ漢方):顆粒• 芍薬甘草湯(クラシエ):顆粒• ビタトレール 芍薬甘草湯エキス顆粒A(東洋漢方製薬):顆粒• 本草芍薬甘草湯(本草製薬):顆粒• コムレケアa(小林製薬):錠剤• コムレケアゼリー(小林製薬):ゼリー(グレープフルーツ風味)• ツラレス(ロート製薬):錠剤• ゼリータイプや液剤タイプは、水なしでも服用できます。 屋外で急に使用したいときには便利。 ですが、1回分を分割して用量調節するのは難しいです。 使用状況に合わせた剤形のものをお選びください。

次の

特集:芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう ぎっくり腰、こむらがえり、結石の痛みによい漢方薬! 特集:芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)

芍薬 甘草 湯 生理 痛

芍薬(しゃくやく) 芍薬は漢方処方で最もよく配合される生薬の一つで、主として筋肉の硬直、腹痛、腹部膨満感、頭痛、血滞などに広く処方されています。 主成分のモノテルペン配糖体ペオニフロリンには鎮痛、鎮静作用の他、末梢血管拡張、血流増加促進作用、抗アレルギー、ストレス性潰瘍の抑制、記憶学習障害改善、血小板凝集抑制などの作用が有ります。 その他、非糖体ペオニフロリゲノンには筋弛緩作用が認められています。 甘草(かんぞう) 甘草は漢方治療で緩和、解毒を目的として、いろいろな症状に応用されますが、主として去痰、鎮咳、鎮痛、鎮痙、消炎などです。 有効成分のグリチルリチンには、痰を薄めて排除する作用があり、体内で分解するとグリチルレチン酸となって咳を止めます。 その他、グリチルリチンには多種多様の薬理効果が有り、消炎、抗潰瘍、抗アレルギー作用の他、免疫活性や、肝細胞膜の安定化、肝保護作用、肝障害抑制作用などが明らかにされています。 有効成分イソリクイリチンおよびイソリクイリチゲニンは糖尿病合併症の眼病治療薬として、また胃酸分泌抑制作用もあり胃潰瘍の治療薬として期待されています。 甘草はあまり長期服用しますと、低カリウム血症、血圧上昇、浮腫、体重増加などの副作用が現れることがあるので、注意を要します。 女性の月経不順、更年期障害などに用いられます。 下腹部に抵抗・圧迫感のある「お血」(ドロドロ血液)や、便秘、頭痛、のぼせ、不眠などがみられる場合に有効です。 女性の月経困難症や更年期障害などに用いられます。 下腹部に抵抗・圧迫感のある「お血」(ドロドロ血液)、頭痛、のぼせ、めまい、便秘、足腰の冷えなどがある場合に有効です。 体力に関係なく、月経痛の痛み止めとして用いられます。 中間証• 「お血」(ドロドロ血液)のある女性の月経不順や月経痛、婦人科疾患に用いられます。 血行不良、足腰の冷え、のぼせ、方こり、頭痛、動悸、イライラがある場合に有効です。 女性の月経不順、更年期障害、血の道症などに用いられます。 のぼせ、皮膚の乾き、出血傾向のある方に有効です。 女性の月経不順・困難や更年期障害などに用いられます。 口渇、下腹部の冷えと痛み、おりもの、下痢、頭痛、腰痛、肩こりなどがある場合に使用します。 胃腸障害のない女性の性器出血、月経過多など下半身の出血に用いられます。 女性の月経不順、更年期障害、貧血などに用いられます。 足腰の冷え、貧血、疲労感、血色不良、下腹部痛、頭重感、肩こりなどがある場合に使用します。 体力に関係なく、月経痛の痛み止めとして用いられます。 スポンサードリンク 漢方薬は、自分の証に合ったものをお選び下さい。 「証」とは体力、体質、症状などから患者さんの状態を総合的に観察した診断結果のことです。 実証は生理機能が高まった状態を意味して、外見は健康そうに見えます。 虚証は体力がなく、生理機能が衰え、抵抗力も低下した状態を意味します。 中間証は実証または虚証のどちらも偏らず、それぞれの特徴を半分ずつもつ場合を意味します。 「証」の判定はご利用ください。 スポンサードリンク.

次の

芍薬甘草湯の作用機序と特徴、副作用、注意事項:ツムラ68

芍薬 甘草 湯 生理 痛

冷えによる生理痛やしもやけ、レイノー病などにも用いられる 手足の冷え、冷えによる頭痛、下腹部痛、腰痛、生理痛、嘔吐、凍傷、皮膚病、リウマチ、しもやけ、レイノー病、慢性虫垂炎などに。 「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」に入っているもの 当帰(セリ科の根)、桂枝(クスノキ科のケイの若枝や樹皮)、芍薬(シャクヤクの根)、木通(アケビ科の茎)、細辛(ウスバサイシンなどの根や根茎)、大棗(クロウメモドキ科の果実)、甘草(マメ科などの根やストロン)、呉茱萸(ミカン科の未成熟な果実)、生姜(ショウガの根茎) 「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」が合わない人 カラダを温める作用が高いので、のぼせ性や体内に余計な熱がこもっている人には不向きです。 なお、しもやけの場合、血行を促進する桂枝茯苓丸などを併用するとよりベターです。 胃腸が荒れやすい人には食後、排便をうながすタイプの漢方には、空腹時の服用を勧める場合もあります。 なお、食間に飲み忘れたときは、食後でいいので飲みましょう。 生薬の有効成分を抽出して乾燥・加工した「エキス剤」の場合、お湯に溶かしたり、水と一緒に飲んでください。 「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」の副作用 体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質などの場合、不快な症状が出ることがあります。 ちょっとおかしいな、と思ったらすぐ服用をやめ、漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。 「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」が買える場所 漢方薬局や病院、診療所、ドラッグストアなどです。 代表的な商品名:(アイウエオ順)• クラシエ ベルクリーン錠 クラシエ薬品• シモツS「コタロー」 (小太郎漢方製薬)• ツムラ 当帰四逆加呉茱萸生姜湯エキス顆粒(医療用) ツムラ)• 当帰四逆加呉茱萸生姜湯エキス細粒 松浦漢方• 当帰四逆加呉茱萸生姜湯 シンワ 伸和製薬) 「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」の漢方的メカニズム<中級者向けトリビア> 当帰四逆湯に呉茱萸と生姜を加え、カラダを温めて水分代謝をよくする作用を高めた処方です。 下腹部や胸の脇、陰のうなど、肝の経絡が通っている場所の冷えや痛みを緩和し、肝を養う血液を補い、温めてくれます。 桂枝と細辛は気血の通り道を温めて流れやすくし、甘草と大棗は消化機能を調整しながら、他の生薬の働きをサポートします。 呉茱萸と生姜はカラダを温めながら嘔吐を止めたり、気の流れを良くする働きもあります。 「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」のおまけのエピソード 手足の強い冷えを「厥冷」(けつれい)というのですが、寒冷によって起こる厥冷の治療にいい処方です。 通常、冷えがあると熱性の高い附子などの生薬を用いがちですが、冷えの原因が血の栄養が不足している血虚であることから、乾燥によって血液を消耗させないようにしている工夫が見られます。 ちなみに四逆湯と四逆散という処方もありますが、四逆湯の配合は附子、乾姜、甘草で、四肢の冷えによく、四逆散は柴胡、枳実、芍薬、甘草。 四逆散は冷えも取りますが、ストレスなどにより気が張ったり、胸わきが痛くなるような症状の緩和に使用し、構成や用途が異なります。

次の