倉木麻衣 負け ない で。 「事故レベル!」倉木麻衣「負けないで」の披露でまたも上がった大酷評の嵐

倉木麻衣「負けないで」カバーに酷評コメントが殺到した切ない理由

倉木麻衣 負け ない で

倉木麻衣、全公演SOLD OUTの20周年記念LIVE! その集大成として行われた東京公演のスペシャルステージを完全収録...!! 音楽的進化を実感できる豪華コラボレーションコーナーも必見!! 各公演から厳選された写真で彩られた全40ページフォトブック付! 2019年12月8日にデビュー20周年を迎えた倉木麻衣。 20周年YEARで組まれた全20公演のLIVEは、シンフォニックスタイル2箇所、アジアTOUR 3箇所、そして全国LIVE 15箇所と全20会場がすべてSOLD OUT、超満員での盛り上がりの内に幕を閉じました。 そしてその集大成として10月26日東京国際フォーラム ホールAで行われたスペシャルステージが、遂に映像作品として蘇ります!! 往年のヒット曲に最新アルバムからの新曲を織り交ぜたLIVEの構成、曲ごとに変化する色とりどりで鮮やかな映像演出、初の映画シーンとのコラボレーションが美しい「名探偵コナン」コーナーなど、20周年の倉木麻衣にしかできない完成度の高いステージが畳み掛けるように展開。 そして倉木が今回どうしてもやりたかったという新たな楽器とのコラボレーションは、今までとはまた違った魅力を引き出す大きな要素のひとつとなっています。 女性SAXとの競演、ギター2名と共に奏でるデビュー当時曲のアコースティックVer. 披露、そしてストリングスカルテットとのジョイントでしっとり初期の名曲「冷たい海」を聴かせ、さらにはデビュー曲「Love, Day After Tomorrow」をはじめ、倉木の代表曲の数々を作曲している大野愛果さんが登場し、「Tonight, I feel close to you」を共に披露し、会場からの大声援を浴びました。 アンコールの「chance for you」、ZARDのカバー曲「負けないで」では観客を巻き込んでの大合唱が繰り広げられ、そのとてつもなく大きく深いステージと会場との一体感に、会場中が酔いしれました。 デビュー当時から変わらぬビジュアルで驚かせるオープニング演出から、20年で培ったLIVEパフォーマンスの深さが思う存分堪能できる、豪華絢爛な3時間以上に及ぶステージ。 感動に包まれた倉木麻衣アニバーサリーライブを、臨場感満点の音と映像でお楽しみください!! Love, Day After Tomorrow 02. Stay by my side 03. Secret of my heart 04. Delicious Way 05. Long distance 06. Your Best Friend 07. Missing You 08. 冷たい海 09. Tonight, I feel close to you 10. あなたがいるから 11. happy days 12. きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない 16. Let's Go! Change 18. Stand Up 20. ベスト オブ ヒーロー 21. Feel fine! 薔薇色の人生 EC1. JUMP! JUMP! EC2. 幸せの扉 EC3. chance for you EC4. 負けないで EC5. always.

次の

倉木麻衣、ZARD「負けないで」カバー映像公開「想いが届けられたら」

倉木麻衣 負け ない で

「私がいつもエールをいただいている大事な楽曲、大好きという気持ちで歌わせていただきました。 このたび、各色それぞれをイメージした未公開全40ページブックレットが封入されることが発表となった。 本日公開となったアーティスト写真は、5大陸それぞれをイメージしたもの。 どのパッケージにどの写真が入っているかは購入後のお楽しみとのことだ。 デビューアルバム『delicious way』のジャケット写真を再現した15周年時は、その変わらぬ容姿に注目が集まったが、今作のアーティスト写真もデビュー20年を感じさせないエバーグリーンな仕上がりとなった。 20周年YEARを新曲盛りだくさんのオリジナルアルバムで攻める倉木。 」なども収録され、音創りも凝った内容に。 新天地となる楽曲たち、斬新なビジュアル展開、そして世間をあっと言わせる特典音源などなど、どれをとっても倉木麻衣の新たな魅力に溢れている。 地方公演すべてがオールソールドアウトとなっているとのことだ。 Let's Go! きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない 3. Long distance 4. Missing You 5. Wishing on a.. I will 7. Can't stop my feeling 8. Change 10. JUMP! JUMP! 薔薇色の人生 12.

次の

倉木麻衣、ZARD「負けないで」カバー映像フルVer.公開

倉木麻衣 負け ない で

歌手の倉木麻衣が11月27日放送の音楽特番「ベストアーティスト2019」(日本テレビ系)に出演するも、その歌唱力をめぐって辛辣な声が寄せられている。 同特番にて倉木は、1993年にリリースされたZARDのヒット曲「負けないで」をカバーするも、冒頭からその声は震え、高音キーの際には辛そうに絞り出しているかのような印象となり、ZARDのボーカルである坂井泉水が持つ透明感や力強い躍動感とは対照的な、か細い、囁くような歌声であったことから、やや違和感を伴うカバーとなってしまった。 本来、ハスキーなウィスパーボイスを持ち味とする倉木がなぜ坂井泉水の『負けないで』を選んだのかという疑問はあるが、本人は「坂井泉水さんの『負けないで』という想いが届けば良いなという気持ちでリスペクトを込めました。 自分自身にもプレッシャーに『負けないで』という気持ちで歌わせていただきました」とコメントしており、曲が持つ雰囲気やリズム感よりも、そのメッセージ性を好んで選んだことを示唆している。 「倉木は過去にも何度か同曲をカバーした経験がありますが、高音のパートでは苦しそうに息が続いていないような印象もあり、視聴者からは『倉木さんのささやくような歌い方だとしっくりこなくて、違和感しかなかった』『心を込めて歌ってるんだろうけど、ちょっと残念ではありました』『曲や声質が坂井泉水さんとは別物。 すまんが歌わないでほしかった。 歌が始まってすぐ番組を見るのをやめた』『歌わない方が良かった。 声が辛そうで聞いていて不快』と散々な言われようです。 敢えて尊敬するZARDの曲を選んだのでしょうが、ヒット曲を多く抱える倉木だけに、『良い持ち歌があるんだからそっちを歌った方が国民は満足すると思うよ』との声もありました。 (木村慎吾).

次の