ペット ショップ 売れ残り 引き取り たい。 ペットショップの売れ残りはどうなる?引き取りたい犬を見つけたらアナタがすべき行動

猫はペットショップで売れ残ったらどうなる?

ペット ショップ 売れ残り 引き取り たい

種類を指定する• MIX(ハーフ) 811• ゴールデン・レトリバー 65• ラブラドール・レトリバー 93• 秋田犬 42• アイリッシュセッター 1• グレートピレニーズ 7• コリー 1• サルーキ 3• シェパード 4• シベリアンハスキー 12• スタンダードプードル 7• セントバーナード 15• ドーベルマン 1• ニューファンドランド 1• バーニーズマウンテンドッグ 24• フラットコーテッド・レトリバー 1• ボルゾイ 7• ロットワイラー 9• ワイマラナー 1• 柴犬 248• ウェルシュ・コーギー 65• ウェルシュ・コーギー(カーディガン) 1• ビーグル 54• アメリカン・コッカースパニエル 59• アメリカンピットブルテリア 3• イングリッシュコッカースパニエル 4• ウィペット 1• オーストラリアンシェパード 6• 甲斐犬 4• 紀州犬 1• シェットランドシープドック 46• スピッツ 19• ダルメシアン 2• チャウチャウ 2• バセットハウンド 5• ビアデット・コリー 5• ブルドッグ 5• ベドリントンテリア 1• 北海道犬 5• ボーダーコリー 26• ワイアーフォックス・テリア 10• トイ・プードル 460• ミニチュア・ダックスフンド 157• ミニチュア・ダックスフンド(スムースヘアー) 5• ミニチュア・ダックスフンド(ワイヤーヘアー) 1• チワワ(ロングコート) 607• チワワ(スムースコート) 67• イタリアングレーハウンド 22• ウエストハイランドホワイトテリア 6• カニンヘンダックスフンド 52• カニンヘンダックスフンド(スムースヘアー) 1• カニンヘンダックス(ワイヤーヘアー) 1• キャバリア 24• シーズー 187• ジャックラッセルテリア 57• スキッパーキー 1• スコティッシュテリア 3• スタンダードダックス(スムースヘアー) 2• チベタンスパニエル 2• 狆 3• トイマンチェスターテリア 1• パグ 34• パピヨン 95• ビション・フリーゼ 31• フレンチブルドッグ 67• ペキニーズ 55• ボストンテリア 10• ボロニーズ 2• ポメラニアン 201• 豆柴 43• マルチーズ 120• ミニチュア・シュナウザー 112• ミニチュア・ピンシャー 65• ヨークシャーテリア 90 フリーワード検索 性別• 男の子• 女の子• 選択しない 種類を指定する• スコティッシュフォールド 480• アメリカンショートヘアー 318• マンチカン 304• アビシニアン 22• アメリカンカール 87• エキゾチック・ショートヘアー 27• エキゾチック 37• エジプシャンマウ 21• オシキャット 1• オリエンタルショートヘアー 3• オリエンタルズ 3• キンカロー 8• サイベリアン 122• シャム 22• シャルトリュー 18• シンガプーラ 1• ジェネッタ 3• スクーカム 6• スフィンクス 2• セルカークレックス 13• ターキッシュアンゴラ 1• ソマリ 57• ターキッシュバン 1• チンチラ 4• トイガー 5• トンキニーズ 25• ノルウェージャン・フォレストキャット 258• ヒマラヤン 35• ブリティッシュショートヘアー 238• ベンガル 112• ペルシャ 120• ボンベイ 5• MIX(猫) 24• ミヌエット 90• メインクーン 73• ラガマフィン 102• ラグドール 88• ラパーマ 2• ラムキン 1• ロシアンブルー 131 フリーワード検索 性別• 男の子• 女の子• 選択しない.

次の

ペットショップの売れ残りはどうなる?引き取りたい犬を見つけたらアナタがすべき行動

ペット ショップ 売れ残り 引き取り たい

今回の記事はブリーダーの方に書いていただきました。 ……………….. 「ブリーダーやペットショップで売れ残った猫はどうなるのですか」は よく聞かれる質問です。 2011年、動物愛護法改正の為の審議会に聴聞者として参加した際に配布された環境省の資料にはブリーダー・ペットショップ対象のアンケートが含まれており、その中に売れ残った動物はどうなるのかという質問がありました。 上位回答は、 自宅またはショップで飼う 里親を探して無償譲渡する スタッフが飼う 同業者・ショップに転売 繁殖用に残す 有償譲渡する 実験業者に譲渡、保健所引き取りはほぼありませんでした。 ただ、このアンケートに回答する業者は比較的良心的な部類だと思われるので、実態とはやや乖離があるかもしれません。 2009年に尼崎の動物取扱業者が違法飼育ということで動物愛護法違反で摘発されました。 この業者は老齢犬や繁殖に使わなくなった『不要』犬を保健所に持ち込んでいたことで話題になりました。 この業者は10年近くにわたり、年間約50〜60頭を『処分』していたということですが、もっと小分けにして、あちこちの保健所に持ち込んでいたという悪質ケースがあったと言われています。 現在では動物取扱業者からの持ち込みは拒否する自治体が増えています。 筆者の住む自治体では過去5年間は業者からの持ち込みは0で、動物取扱業者と分かれば引き取りはしない方針です。 となると『処分』先が無くなって困る業者が発生することになりますが、それを肩代わりするような業者が最近見聞されるようになってきました。 いわゆる「引き取り屋」と呼ばれる業者です。 引き取り屋の実態とは 2014年10月に発生した、犬の大量遺棄事件をきっかけに、その存在が明るみに出るようになりました。 約80頭の犬の遺体を遺棄したのは元ペットショップ従業員で引き取り屋をしていた人物でした。 引き取り屋とは、取扱数が多いブリーダーやペットショップから廉価 1頭1〜3万円ほど で生体を引き取るビジネスです 逆に言うと取扱数が少ないブリーダーやペットショップには無縁の存在です。 「引き取り屋」が必要になるのは、ペットショップにおいて、ショーケースを早く開けて次の子犬・子猫を入れたいとか、仕入れた後で子犬・子猫が売り物にならないと発覚した場合になります。 引き取り屋が引き取った動物は譲渡会を開いたり、フリーマーケットの一角にブースを借りるなどして、新しい飼い主さんを探します。 新しい飼い主さんには無償で渡すケースと有償で渡すケースがあるようです。 里親さんが決まらなかった場合は「引き取り屋」で飼われ続けるということになるようです。 その飼育環境が不適切ということで、近年動物愛護団体が危険視しています。 2016年5月には栃木県の「引き取り屋」が飼育動物に対し「ネグレクト」をしたということで摘発されました。 虐待の一種である「ネグレクト」は愛玩動物に対しては食餌給水を与えない、糞尿の始末をしない、疾病があるにも関わらず病院に連れて行かない、被毛などの手入れをしない、などが該当します。 「引き取り屋」は現在、動物取扱業者とされておらず、動物愛護法で管理される存在ではありません。 野放しかつ実態調査もされていないため、良心的な業者も問題業者も一緒くたになっている状態です。 ペットショップで扱われる商品個体は生体であるが故に売れ残った場合でも食料費がかかりますし、それだけではなく糞尿の始末をし、病気にかからないよう管理しなければなりません。 そのため引き取り屋の存在は必要悪であるとも言え、賛否をつけるのは難しいところではあります。 引き取り屋以外の売れ残りの対処 業者ブリーダーや自家繁殖ショップの場合は、売れ残りは繁殖用にまわされることが多いです。 また、あるブリーダーが手放す犬猫を別のブリーダーに斡旋するなど、ブローカー的な役割をはたすブリーダーやペットショップのバイヤーもいます。 全国展開しているような大手ペットショップやオークションだと、自社に里親募集する部門があったり、外部の里親探しNPOと提携状態にあるという話もあります。 このように「引き取り屋」の他にも、ペットショップの基準に合わなかった犬猫の新しい飼い主さんに斡旋するNPOや、売れ残りや繁殖リタイア犬猫の里親募集サイトなど、動物愛護的要素のある団体・個人も存在します。 動物愛護法改正の影響もあり、動物取扱業界は健全化が進んできていて、改正前よりは動物の命や健康が大切にされるようになり、悪徳業者も摘発されたり、廃業するようになってきています。 ただまだ動物の命を軽視する業者はゼロになったとはいえず、更なる健全化を期待したいところです。

次の

ペットショップにいる犬の売れ残りについてです。

ペット ショップ 売れ残り 引き取り たい

元ペットショップ販売員で、 現在トリマーをしているものです。 イオンで働いていた訳では無いですが一応大手のペットショップで働いていました。 まずネットでまことしやかに流れている噂は全部嘘です。 動物園のライオンの餌になるだとか、実験動物行きだとか、殺処分だとかそういうものはしていません。 普通に考えたら分かるものだと思いますが、わんちゃんたちを仕入れるのにもお金が1匹数十万かかっているわけで、そんなことをしたらペットショップ今頃全部赤字で倒産していると思います。 まず売れ残りの子がいません。 飼い主さんが見つかるのに時間はかかる子はいます。 そういう子は値段を安くして販売していました。 イオンペットは業界でもかなりしっかりしたペットショップだと思います。 管理も行き届いています。 その分お値段はかなり高い印象です。 安くなっても10万以上はするのではないでしょうか。 ましてやタダなんて考えられません。 今や保護犬だってお金かかります。 それと、厳しい言葉にはなりますがお金に余裕がないのだったらわざわざ新しくお迎えしなくていいと思います。 3頭飼うってかなりお金がかかると思うのですが… それよりも今いる2匹のわんちゃんのためにお金を使ってあげてください。 ブリーダーというより、繫殖屋と呼ばれる、 雄と雌と交配すればOKというような、 業者が集まる場所でにオークションにかけられます。 数千円の世界です。 その子達は、ただ子供を産むだけの為に、 生かさず殺さずの一生を終えます。 中には元いたブリーダーが引き取る場合もありますが、 メスの場合ですね。 後はその店の従業員なら無料で貰うことも 可能でしょう。 保健所で譲渡対象の犬をもらうことは、 可能ですが、地域により講習会を受けないと貰えない所も あります。 審査がある所もあります。 欲しい犬種と、年齢何歳位までならOK、性別を 事前に里親登録制度で申請しておけば、 当てはまった犬がいれば、保健所から連絡が来ます。 後は、ブリーダーの引退犬 良心的なブリーダーなら、無料でもらえますが、 年齢は高くなります。 若い5歳位までの犬が欲しいなら、 里親登録制度を、お住まいの地域で確認取って見て下さい。 売れ残った犬や猫は、低価格で販売されます。 それでも売れなかった場合は、店頭で里親を探したりするところもありますが、動物実験用にまわされたりブリーダーの元へ引き取られます。 良いブリーダーのところへ引き取られればよいのですが、悪徳ブリーダーに引き取られ子供を産むためだけに粗末に扱われる場合も多々あるようですね... ペットショップのスタッフが引き取る例もあるみたいです。 最悪は殺処分です。 うちの近所のスーパーに入っているペットショップでは、売れ残った子は低価格で販売され、それでも残った子は無料で里親を募集しています。 一般の人が、売れ残った子を無料で譲ってくださいと言ってもなかなか譲ってもらえないと思います。 里親に出るのを待つしかないかと思います。 私もペットを飼っていますが、某大手ペットショップで買った子は、そんなに大きくないのになぜか破格で売られていました。 後にすぐ重篤な病気であることが分かり手を施しましたが亡くなってしまいました。 そこのペットショップは良い噂がなく、悪徳ブリーダーが大量繁殖させているようで、その亡くなった子も飼ってすぐに亡くなった為にお店に訴えたところ、同額の子で弁償しますと言われました。 命なのに物のように弁償と言われたことに腹が立ちましたが、新しい子を迎えその子の血統書にあるブリーダーの名前を検索してみたら、鬼畜ブリーダーだと名前がたくさん出てきました。 ペットショップの裏ってそんなものです。 私たち人間の勝手で物のように売られ、売れ残れば粗末に扱われたりすることが現実にたくさんあるのです。 なんとも言葉が出ませんよね... 里親になれるのであれば、保健所に足を運んでみてください。 ペットショップの売れ残りかなと思うような人気の犬種がいたりします。 うちも実家で猫を3匹保健所から連れて帰りました。 なかなか難しい問題ではありますが、一人一人がそういった現実を知って、1匹でも多くの命が救われるのを望みたいですよね。

次の