バッタ大量発生 駆除。 15歳のニュース アフリカ東部、バッタが大発生 食糧危機2000万人 「前例のない脅威」

農作物を食べ尽くすバッタの被害は、温暖化で今後ますます加速する

バッタ大量発生 駆除

大量発生したバッタは日本に来るのか? 中国人まじでヤバいやん! ;゜0゜ — ジェラード将軍 3WWsSEzqeu9MBZH 2020年の2月17日にケニアに来襲したバッタの群れの大きさは <2月17日のバッタの群れの大きさ> 縦:60キロ 横:40キロ 1日で100万食を食べてしまうと言われています。 もしこのまま行くと6月には500倍にもなると言われています。 そのバッタは日本に来るのでしょうか? その可能性は低いと考えれます。 その理由は ・砂漠が主な生息地なので温暖湿潤気候の日本は耐えれない ・上海ー熊本の距離887キロ ・日本という土地を認識できない? ・サバクトビバッタは磁気センサーを持っていない 砂漠が主な生息地なので温暖湿潤気候の日本は耐えれない すでにインドやパキスタンにまで到着しているやんけ!!!!!! — ジェラード将軍 3WWsSEzqeu9MBZH サバクトビバッタの主な生息地はサハラ砂漠やアラビア砂漠、インド北部と言われています。 これらは砂漠気候の地域です。 しかし 日本は殆どの地方が温帯に属していて、その中でも温暖湿潤気候です。 あまりにも生まれた環境と湿度などが違いすぎます。 サバクトビバッタは生息地が砂漠気候の生物なので日本まで来ることは、殆どないと考えられます。 また2007年には関西国際空港の第2滑走路で大量のバッタが発生しましたがこれは、カビの力によって終息しています。 人間にとっては小さな問題の湿度でもバッタにとっては重要な問題です。 上海ー熊本間の距離887キロを飛べない 中国の西側に当たる都市の上海から日本の九州の熊本県まででも直線距離にして887キロあります。 サバクトビバッタは一日に100キロ~200キロ移動できると言われていますが、そのサバクトビバッタでも飛びっぱなしで5日~8日かかります。 その間、休むことも餌を食べることもできません。 サバクトビバッタはこうした長距離を移動する環境で生息していないためにこれほどの期間飛び続けることはできないとかんがえれるので、日本にくることはできないでしょう。 日本をどうやって認識するのか? 海を見てその先に大陸があるとどうやって認識するのでしょうか・・・ そのために 生命をかけて900キロ弱を飛ぶくらいなら北や南に移動して餌を取るほうが虫の習性にあっていると考えられます。 サバクトビバッタは地磁気センサーをもっていない 渡り鳥があれほど性格に自分の位置を把握したり、迷わずに目的地にいけるのには理由があります。 それを可能にしているのは渡り鳥がもっているナビゲーションシステムです。 地球には惑星全体を覆う磁場(地磁気)が存在します。 渡り鳥は精密な地磁気センサーをもっているために方位と自分がいまいる場所の緯度を割りだすことができます。 なので全く別の地に連れて行かれてもすぐに自分場所を特定して元の場所に戻ることができるのです。 クジラや鮭もこのような地磁気センサーを脳にもっているといわれています。 しかしサバクトビバッタはそのようなシステムをもってません。 突然変異ですぐに生まれるようなものでもないので988キロ弱を渡ってくるのは無理だと考えられます。 大量発生したバッタが日本に及ぼす影響・被害は? 大量発生したバッタは中国にまで被害を及ぼすかは関係なく日本に影響を与えると考えられます。 主に考えられるのは <日本に与える影響> ・食料の全体的な値上がり ・砂漠化・黄砂の恐れ ・中国人の来日 が考えられます。 ひとつづつ補足していきます。 食料の全体的な値上がり サバクトビバッタはケニアやエチオピアですでにひどい被害を作っています。 ケニアでは70年に一度と言われているくらいの規模を記録していて、エチオピアでは25年に一度の規模を記録しています。 それらの地方では豆やコーンなどの穀物を中心に作っていました。 コーンなどは家畜の肥料にもなります。 加工しやすい食料になればなるほど、人間の食べ物全体に影響を与えることになります。 なのでコーンや豆と直接関係のない家畜などの値段も上がると考えられます。 また 代替え用品として小麦などの値段も上がると考えれます。 砂漠化・黄砂の恐れ サバクトビバッタが通過した後は何も残らないと言われています。 小さな群れでも一日300万人分の食料を食い荒らします。 それが毎日、こうしている今も人間の食料を食い減らしています。 サバクトビバッタは聖書やコーランにも登場してくるほど昔から恐れられていました。 なので サバクトビバッタが通過したあとは何も残らないために一時的でも砂漠化が進む可能性もあります。 またそうなれば、日本に飛んでくる黄砂の量も増える可能性があります。 中国人の来日 サバクトビバッタが中国にまで来て、中国が被害にあえば、中国人は日本に避難してくることが考えられます。 コロナウィルスでもこれだけ規制していても毎日大量の中国人が来日しています。 また中国と日本の物価の差はどんどん小さくなっています。 日本でカプセルホテルに止まって300円の牛丼でも食べていれば良いのでしたら中国人にとっては昔ほど負担ではありません。 まとめ 中国に大量のバッタが来るかは分かりませんが、来たとしても日本にまで飛んでくる可能性は極めて低いと考えられます。 理由は ・砂漠が主な生息地なので温暖湿潤気候の日本には耐えれない ・上海ー熊本の距離887キロ ・日本という土地を認識できない? ・サバクトビバッタは磁気センサーを持っていない などが理由になっています。 また今回のバッタの大量発生による日本に及ぼす被害は ・食料の全体的な値上がり ・砂漠化・黄砂の恐れ ・中国人の来日 などが考えられます。 最後までお読みいただきましてありがとうございました!.

次の

バッタの大量発生で中国がアヒル10万羽を派遣する理由

バッタ大量発生 駆除

アフリカ東部や中東でバッタの大群が発生し、農作物に深刻な被害(ひがい)が出ている。 国連食糧農業機関(こくれんしょくりょうのうぎょうきかん)(FAO)は、特にアフリカ東部6カ国で2000万人が食糧危機(しょくりょうきき)に直面しているとして、「前例のない脅威(きょうい)」と強調している。 バイクが道路を通ると、土煙(つちけむり)のようにバッタが舞(ま)い上(あ)がる。 FAOが3月末にケニアで撮影(さつえい)した映像の一場面だ。 大量発生しているのは「サバクトビバッタ」と呼ばれる種類。 エチオピアでは推計で、既(すで)に大阪府の面積よりも大きい20万ヘクタールの農地が被害を受け、35万6000トンの穀物が失われた。 発端(ほったん)は2018年にさかのぼる。 5月と10月にサウジアラビアとイエメン、オマーンにまたがるルブアルハリ砂漠(さばく)にサイクロンが接近。 異例の降雨でバッタの生育に適した環境(かんきょう)ができ、3世代にわたって繁殖(はんしょく)が進んだ。 19年1月にはイランに到達(とうたつ)。 東のパキスタンやインドにも被害が及(およ)んだ。 バッタは繁殖と移動を繰(く)り返(かえ)しながら、イエメンから対岸のソマリア、エチオピア、ケニアまで進出。 現在この3カ国の被害が最も深刻で、FAOは周辺のスーダンやタンザニアなどと合わせた計10カ国で国際的な支援(しえん)が必要としている。 駆除(くじょ)の基本は化学殺虫剤(さっちゅうざい)の散布だ。 飛行機やヘリコプターを使って低空からまいたり、タンクを背負った人が地上で直接かけたりする。 薬剤(やくざい)がバッタの表面に触(ふ)れると6~7時間以内に死に至るが、気象条件にも左右されるため、作業には知識や経験が欠かせない。 被害レベルは上から2番目 被害の度合いは四つのレベルに分かれ、東アフリカの現在のレベルは上から2番目の「急増」。 FAOは、東アフリカなどの10カ国ではこれまでに、計36万5000ヘクタール以上で駆除活動が行われ、推計で72万トン分の穀物被害を抑(おさ)えられたとしている。 ただアフリカは現在、雨が多い季節で、5、6月にかけて次世代の大群が発生する恐(おそ)れがあり、最悪レベルの「大発生」を避(さ)けられるかどうかの瀬戸際(せとぎわ)にある。 東アフリカで増殖(ぞうしょく)したバッタは今後、さらに各地に分散する恐れがある。 FAOによると、バッタはアフリカ大陸を横断して6月下旬(げじゅん)にはモーリタニアまで到達する可能性があり、アラビア半島やパキスタン、インド方面にもさらなる襲来(しゅうらい)が予想される。 新型コロナが悪影響(あくえいきょう) バッタ対策に影(かげ)を落とすのが新型コロナウイルスの感染拡大だ。 世界的に物流が滞(とどこお)っているため、駆除に必要な殺虫剤が入手しにくくなっている。 多くを輸入に頼(たよ)るケニアでも入荷が遅(おく)れ、3月末には国内在庫が5日分ほどにまで落(お)ち込(こ)むこともあった。 また、空中散布を行う航空機のパイロットなど専門家の国際派遣(はけん)も容易ではない。 バッタと新型コロナによる「負の連鎖(れんさ)」が心配される。 全ての人々が栄養ある安全な食べ物を手に入れ、健康的な生活を送ることができる世界を目指す国連の専門機関。 1945年10月に設立され、本部はイタリア・ローマにある。 加盟国は196カ国(2準加盟国含む)と欧州連合(EU)。 【サバクトビバッタ】 体長約5センチで寿命(じゅみょう)は3~5カ月。 普段(ふだん)は緑色をしているが、大量発生すると黄色っぽい色になり、群れとして行動する。 植物や農作物を食べながら時速16~19キロで飛行し、1日に5~150キロ移動する。 約5000キロ飛び続けた例もある。 群れの大きさは数平方キロ~数百平方キロで、1平方キロあたり約4000万匹(びき)のバッタがいる。 人間に危害は加えないが、1日で3万5000人分の食糧(しょくりょう)を食べ尽(つ)くすとされる。

次の

バッタの大量発生は日本にくる?2020年の現在地と移動ルートは?

バッタ大量発生 駆除

バッタ大量発生!現在地は? 東アフリカのケニア、エチオピア、ソマリア地域で最初に大量発生したサバクトビバッタの大群。 現在その生息地域を東へと進めインド・パキスタンに及んでいます。 バッタの大群インド方面 国連食糧農業機関(FAO)が公表する「Locust Watch」の最新版(5月27日)のよると バッタの大群は、インド北部のパキスタンとの国境に接するラジャスタン州(下記地図5)に達し、さらに東の方向へのマディヤ プラデーシュ州(10)や州都ムンバイを抱えるマハラシュトラ州(12)に向かう構えをしています。 マディヤ プラデーシュ州の州都はボーパールの北部では少なくとも一群の群れが観測されている模様です。 引用元:blog. livedoor. jp バッタの大群は、次の産卵期に入るまで移動は止まらないとみられております。 インドから先のバッタが進行については、今のところ不明ですが、ヒマラヤ山脈南麓に位置するネパール、バングラディシュ、山脈が広がるデカン高原のあるインド南部にまでは広がらない見通しです。 インドとの国境付近で夏の産卵期を過ごすと予想され、この停止時期に駆除作戦が展開される見通しです。 パキスタンからさらに北部へ進出すると、中央アジアから中国への展開も予想されます。 引用元:indiaing. zening. info バッタ大量発生の原因 今回のバッタの大量発生は、2019年の干害後に10月~12月にかけて気候変動の影響で各地で激しい豪雨などの異常気象により、異常繁殖したことが原因とみられています。 国連食糧農業機関(FAO)の上級蝗害予報官であるキース・クレスマン氏によれば、サバクトビバッタが発生の根本原因は2018年5月のサイクロン「メクヌ」と言われています。 このサイクロン「メクヌ」は砂丘の間に多くの一時的な湖を出現させました。 こうした場所でサバクトビバッタがさかんに繁殖して最初の大発生が起きたと考えられています。 サバクトビバッタの寿命は約3カ月で、その間に繁殖します。 繁殖の条件がよければ、次の世代のバッタは20倍にも増えることになり、サバクトビバッタは短期間のうちに急激に増加してしまうのです。 現在、東アフリカでは第2波の発生が懸念されています。

次の