七草粥 覚え 方。 七草粥の意味と由来は?七草の効能と覚え方

七草粥の由来 春の七草の覚え方

七草粥 覚え 方

こんにちは、紀香です^^ お正月後の1月7日と言えば、 七日正月(ナヌカショウガツ)といって お祝いの日ですね^^ 七草粥を食べて1年の厄払いをする日ですが、このシーズンになるとTVで 国民的代表ともいえる土日のアニメであるサザエさんやちびまる子ちゃんでも 七草粥の話題が取り上げられたりしてるんですよね~。 でもね、 春の七草っていつからあるものだろう・・・? 各々の七草って春テキトウに選ばれてるの? アニメでも取り上げられるくらいなのだから、きっとこれ一般常識なんだろうな~ 日常で、しょっちゅう話すトピックではないけれど、いざという時の為に すすす~って 七草を答えられるようにしておきたい!!なんか、カッコいいし! 春の七草の忘れない覚え方ってなんかある?ということをかいてみました! スポンサーリンク 春の七草っていつからあるの? 春の七草っていつからあるんだろうって、この記事にも似たようなことを 書いたことがあるのですが。 春の七草も正月の七草も同じものを指している のですが、これって、いつからあるのよ?というと 日本では平安時代には もうすでに存在していたのですが これって、 元々は、中国から伝わったものなんですよね。 中国の六世紀に、年中行事記が書かれたものである 荊楚歳時記(けいそさいじき)に 七草粥の原型が書かれています。 中国では、 1月7日には、七種の菜を以って羹(あつもの)を食べ無病息災を祈る 風習がありました。 人日とか呼ばれていて、人を処罰してはいけない日ですよ~と されていたようです。 他にも中国では、 1月1日は、鶏の日としこれを殺めず、2日は犬の日、3日は羊の日、 4日はイノシシの日、5日は牛の日、6日は、馬の日で、各々命を大切にしましょう という日が設定されていたようです。 で、これが、 平安時代には最初は、中国の風習そのまま羹として、スープという形で 日本に伝わって、江戸時代には、現在の七草粥になっていったと言われています。 春の七草の意味は? この春の七草なのですが、春に咲いてるからなんとなくその辺の野草から 伝わったのかなと思っていたのですが、日本では、昔、若菜を摘み取る 春の野遊びの風習があって、これが元と言われていて、その辺の野草をピックアップ したわけではなくて、この風習で手に入れやすかった野草ではないのかと 言われています。 確かに、冬を超えるだけの力強い野草ってだけで、なんだか縁起が良いですもんね。 そんな環境下で選ばれた野草が以下の7つです。 春の七草の覚え方は? この春の七草って色々と地域によっても違うことも、わかったところで 基本的な種類を一般教養として、覚えておこう!と思ったものの・・・。 正直、わたしそんな記憶力良くないんですよね^^; 近年、中学受験とかでも、出題は減ったとは言われているものの、出てた こともあるというのだから、たぶん覚えておいて損はないはず!! でもなぁ~、 手書きで暗記は、正直時間もないし、しんどいしなぁ~って ところで、私がやった方法は、 無理くり結び付け暗記法です笑 どうやるのかというと、 自分の日常にストーリーとして当てはめて、想像 しながら暗記するという方法です。 腹減ったんだろ?って意味らしい。 」 みたいな感じで ムリヤリ自分が覚えてられそうなストーリーに当てはめてます笑 一般的な覚え方は、ひたすらリズムに乗せて唱えるという暗記方法もあるようです。 覚えるときは、好きなリズムでどうぞ!! 春の七草のまとめ 春の七草って 地域によって違うことも、おどろきだったのですが、共通して 言えるのは、 栄養価のあるものだったり、消化に良いものが多いようです。 お正月で、酷使した胃の調子を整えたりする目的もあるよ~とのことなので そういうところもひっくるめて無病息災なんだろうなぁ~。

次の

春の七草の覚え方。新ゴロ暗記法を公開します!

七草粥 覚え 方

目 次• 春の七草とは セリ 「芹」 セリの若菜は香りが良く、お浸しなどの食用にします。 「七草」の時期以外でも鍋物などに使われます。 ナズナ 「薺」 ナズナの別名はペンペングサ、シャミセングサ、バチグサなどです。 かつては冬の貴重な野菜で、若苗を食用にします。 江戸時代の民間での七草粥の材料は、江戸ではナズナに小松菜を加え、関西ではナズナにカブを加えた二種ほどでした。 オギョウ(ゴギョウ)「御行・御形」 オギョウは、ハハコグサ(母子草)のことです。 オギョウは、ゴギョウともいい、ハハコグサは、ホウコグサともいいます。 ハコベラ 「繁縷」 ハコベのことで、古名でハクベラともいいます。 お浸しなどの食用にできるほか、小鳥に野菜代わりの餌として食べさせたりします。 ホトケノザ「仏の座」 現在の紫紅色の花を付けるホトケノザではなく、タビラコ(田平子)を指しており、食用にするのはコオニタビラコ(小鬼田平子)とされています。 ホトケノザはシソ科だが、食には絶えられないようなものです。 スズナ 「菘菁・鈴菜」 カブ(蕪)のことで、アブラナ科です。 スズシロ 「蘿蔔」 ダイコン(大根)のことで、アブラナ科です。 春の七草と秋の七草は全く違います。 春の七草は七草粥として食べますが、秋の七草は愛でるものです。 「秋の七草とは」 春の七草の覚え方 短歌のように、リズムよく覚えるのが一番でしょう。 七草がゆとは 七草がゆとは 人日の節句( 1月7日)の朝に食べられている日本の料理です。 餅や春の七草を具材とし、その 一年の無病息災を願って食べられます。 お正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める為や、 緑が少ない冬の栄養源として食すとも言われています。 七草がゆの作り方 七草がゆには セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ の「七草」が入っています。 それぞれに栄養があり、ビタミンも豊富です。 セリ・・鉄分を多く含み、増血作用が期待できます。 ナズナ・・熱を下げたり、尿の出を良くしたりなどの作用があります。 ハコベラ・・タンパク質が多く含まれているほかミネラルやその他の栄養に富む。 スズナ・スズシロ・・消化酵素の一つ「ジアスターゼ」が含まれており、消化を促進します。 これを前日の夜、しゃもじやお玉杓子、包丁の背などでたたいて細かくします。 その際に以下の歌をうたいます。 「 七草なずな、唐土の鳥が日本の国に、渡らぬ先に、ストトントン~。 」(七草ばやし) 明けて7日の朝に粥を炊き、叩いた七草を入れて七草がゆにし、朝食として頂きます。 以上が伝統的な七草がゆの作り方ですが、現代では少し無理がある部分もありますね。 現代の七草がゆの楽しみ方 現代では青葉・大根の葉・かぶの葉・春菊など、手に入れやすい「現代の七草」で作られるかたが多いようです。 また、シーズン時期には「ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ」の 七草がセットになって販売されてますので、宜しければ利用してみてください。 春の七草セット(楽天) 七草がゆのレシピ• お米(130g)は水洗いして大きめの土鍋にいれ、水800mlを加え軽く混ぜたのち、お米を平らにして土鍋のふたをします。 土鍋のふたをしたまま強火にかけ、ふいてきたらとろ火にして5〜60分炊きます。 その後火を止めて10分程お米を蒸らします。 お米の粒をつぶさないよう、絶対に途中にまでないでくださいね。 七草セットをさっと水洗いして細かく刻み、土鍋の塩適量と共に加え、優しく一混ぜします。 七草の青臭さが心配な方は、七草を水洗いし、熱湯でさっとゆでて水にとり、あら熱が取れたら水気をしぼって細かく刻み、かゆに入れてください。 シンプルな味の七草がゆは、味付けの濃い正月料理に慣れてしまった味覚のリセットにもぴったりです。 もし七草が余ったら、ペペロンチーノの具材などにしてもよく合います。 いかがでしょうか? 日本の行事を体験すると、自然や毎日に感謝する心が生まれます。 大切なご家族と一緒に七草がゆを食べて、心身ともに健康になりましょう。 五節句については 節句にまつわる事項.

次の

七草粥の由来 春の七草の覚え方

七草粥 覚え 方

春の七草 春の七草と言えば、日本人であれば一度は耳にしたことがあるはず。 でも、春の七草の種類をすべて言える人はあまり多くないですよね?(特に若い世代) 実際に、自分もセリ、ナズナ、ハコベラ位しかパッと答えることができませんでした。 せっかくの機会なので、今回で覚えようと思って色々調べてみたところ、簡単に覚える方法が見つかったので簡単にまとめてみました。 自分と同じようにお困りの方がいたら、ぜひ参考にしてください! 春の七草の種類を知ろう 『春の七草の覚え方』とは言ったものの、まず最初はどのような種類があるのかを知るところから書きたいと思います。 新年になるとスーパーなどで見かけるようになる春の七草ですが、基本的に以下の7種類の植物を指します。 セリ(芹)• ナズナ(薺、ぺんぺん草)• ゴギョウ(オギョウ、母子草)• ハコベラ(ハコベ、繁縷、蘩蔞)• ホトケノザ(仏の座、三階草)• スズナ(鈴菜、カブ)• スズシロ(清白、大根) 自分は勝手な思い込みで、 『春の七草は全部山菜だろう』 と思い込んでいたのですが、実際にはカブやダイコンといった家庭でも馴染みの深い野菜が含まれていました。 ゴギョウやホトケノザなどは、普段の生活の中ではほとんど触れない植物なので、覚える際にはこのあたりがポイントになりそうですね。 春の七草の覚え方は大きく分けて3つ 春の七草の種類を確認したところで、いよいよ覚え方に入りたいと思います。 春の七草の代表的な覚え方は、大きく分けて以下の3種類となります。 短歌(5・7・5・7・7)のリズムで覚える• 歌で覚える• 頭文字の語呂合わせで覚える ちなみに一番のオススメは1. の短歌で、自分の家族はみんな短歌で覚えていました。 それでは順番に紹介したいと思います。 春の七草を短歌のリズムで覚える方法 春の七草は、昔から伝わる伝統的な短歌があります。 それがこちら。 せりなずな、ごぎょうはこべら、ほとけのざ、すずなすずしろ、はるのななくさ 5 せり・なずな 7 ごぎょう・はこべら 5 ほとけのざ 7 すずな・すずしろ 7 はるのななくさ 昔は、ごぎょうのことをおぎょうと発音していたようですが、時代の移り変わりとともにごぎょうに変わったとのこと。 どちらも間違いではありません。 一回口に出しただけでは覚えるのは難しいと思いますが、語呂は非常に良いので繰り替ええすことでなんとか覚えられそうな気がします。 春の七草を動画で覚える方法 春の七草は学校のテストの問題としても出ることがあるそうで、勉強用の動画が公開されていたので紹介します。 覚えられるかはともかく、非常に耳に残る歌ですよね(笑) 受験勉強の際などなら、こういった動画のほうが記憶に残るのかなと思います。 その他にもいくつか動画があったので紹介します。 どうでしょう? 確かに耳に残るものはありますが、自分的には短歌のほうが覚えられそうだなという印象です。 春の七草を頭文字の語呂合わせで覚える方法 次に紹介する方法は、春の七草それぞれの頭文字で語呂合わせをする、言葉遊びで覚える方法です。 ネット上で見かけた内容だと、以下のものがありました。 YouTube上でも、塾の先生が以下のような動画を公開していました。 これもなかなか無理やりな気が・・・。 春の七草の覚え方まとめ 上記のように、春の七草を覚える方法を3種類紹介してみました。 個人的には短歌調の覚え方が一番しっくりきたので、気づいたときにでも口ずさんでみて覚えてみようと思います。 次の正月は、カブとダイコン以外を自分で採ってきて七草粥を作ってみたいので、見た目も一緒に覚える必要があります・・・。 自分と同じように覚えられずに困っている方は、ぜひどれかの方法を試してみてください! 山菜を探す•

次の