牡蠣サプリ。 【牡蠣サプリDHC】牡蠣肉エキスはどこ?調べてみた結果

【楽天市場】亜鉛

牡蠣サプリ

・最近、何だか男性としての自信が…。 ・毎日の活力が不足気味…。 ・夫婦中も何か気まずいような…。 ・いつも若々しくありたい! etc. そんな天然のタウリンを含有した牡蠣の力を贅沢に配合しました。 多くの男性のお悩みをサポートすべく、今までの牡蠣サプリメントは違う男性の為の独自配合! ・スーパーアミノ酸「シトルリン」 最近男性の滋養成分として注目を集めているのがこのシトルリン 実は日本人がスイカから発見し、スーパーアミノ酸とも呼ばれる万能アミノ酸です! 男性としての巡りをしっかりとサポートとし、牡蠣の力をしっかりと巡らせてくれます。 ・国産の亜鉛酵母 メンズミネラルとも呼ばれる「亜鉛」 実は、珍しく貴重な国産の亜鉛酵母を使用しました。 あくまでも健康食品・サプリメントですので予めご留意ください。 また、男性向けサプリメントとして販売しておりますが、女性もお召し上がりいただけます。 1日の摂取目安量を守ってください。

次の

よくある牡蠣サプリ、気になるその「中身」は?

牡蠣サプリ

海外の実験で、あえて 1日の摂取必要量以下の亜鉛を男性に与え続けた結果、被験者の男性の 精子量が減少してしまい、中には EDを訴える人も出てきました。 こうした事例から、 亜鉛は精子の生成には欠かすことができず、必要摂取量を摂取しなければ最悪の場合 EDや男性不妊症になる危険性があります。 鉄分 赤血球のヘモグロビンの生成には欠かすことができず、ヘモグロビンが酸素の運搬に鉄イオンを利用しています。 そのため、 鉄分をしっかりと摂取することで疲労回復効果を期待することができます。 また、 精子の生成を助ける働き、そして貧血防止などの複数の効果効能を期待できるでしょう。 大量に摂取しても意味はありませんが、 不足すると精力減退の原因になります。 そのため、しっかりと摂取しておきたいミネラルです。 グリコーゲン 動物のエネルギーとして重要な役割を果たす、動物でんぷんと呼ばれるものです。 グリコのキャラメルにも含まれているものであり、 疲労回復効果を期待できます。 グリコーゲンは最もエネルギーに変換されやすい栄養素である ブドウ糖がたくさんつながった構造となっています。 グリコーゲンは内臓や筋肉に蓄えておくと、 運動をするときにフルパワーで動くことができるでしょう。 アルギニン アルギニンは 準必須アミノ酸と呼ばれるもので、摂取することにより、体内で一酸化窒素を産生するのです。 一酸化窒素は 勃起時に血管を拡張し、血流の流れを促進します。 また、体内で産生された一酸化窒素は勃起時に分泌される酵素により「 cGMP(環状グアノシン-リン酸)」と呼ばれる勃起物質を生成するのです。 この cGMPは、 海綿体平滑筋という筋肉を弛緩させることにより、 ペニスに血液を流し込むので、勃起をするためには必要不可欠な物質といえるでしょう。 このcGMPを分解するのがPED5です。 何らかの原因でPED5が大量に分泌されている場合、EDとなります。 現在、主流の勃起薬はPED5を阻害することにより、cGMPが健全に働くようにして勃起を促すというものが主流です。 牡蠣にはそこまで多くアルギニンが含まれているわけではありませんが、 それなりの量のアルギニンが含まれています。 タウリン タウリンは人体を正常に保つことや細胞を正常に保つ作用があります。 また、高血圧の方が服用することで、 血圧の降下作用などがあります。 肝臓の働きを促して再生促進する効果も期待できるでしょう。 そして、 目の新陳代謝の促進にも効果を発揮するのです。 さらに、 精子にもタウリンは含まれています。 タウリンといえば 疲労回復効果があるとして有名であると思いますが、インスリンの分泌を促して 糖尿病の予防、さらにお酒に含まれるアルコールから肝臓を守るという働きもします。 特に生活習慣病が原因の 器質性EDを予防するためにも、タウリンの摂取は非常に効果があるのです。 アスパラギン酸 アスパラギン酸は 疲労に対する対抗作用があります。 そのため、疲労しないよう働きます。 牡蠣エキスの効果効能 この章からは、 牡蠣エキスの具体的な効果効能について、より詳細解説して行きます。 精子・精液の生成促進 牡蠣エキスに含まれる亜鉛は精液の生成には必要不可欠な成分ですが、 1回の射精により 1~3mg程度、体外へ排出されます。 前述のとおり、成人男性は1日あたり8~10mgの亜鉛を必要としますので、 1回の射精により相当量の亜鉛を消費してしまうことになるのです。 そのため、 精力減退防止のためには亜鉛は常に摂取しておく必要性が非常に高く、 亜鉛の不足は精子量の減少に繋がり、男性型不妊症の原因となるでしょう。 不妊症を避けるためには、亜鉛の摂取は非常に重要であるといえます。 前述した亜鉛を不足させた実験では、 精子量が元に戻るまでに数か月の時間 を要しますので、 一度亜鉛不足になるとそこからの回復が困難であることがわかります。 男性ホルモンの分泌促進 亜鉛は体中の酵素の働きを活発化させるのには欠かすことのできないミネラルです。 もちろん、 男性ホルモンの分泌促進にも欠かすことはできません。 しかし、 亜鉛を摂取したからといって、直接的に男性ホルモンで最も重要なテストステロンの量が増加するというわけではないのです。 あくまでも間接的に男性ホルモンのテストステロンの分泌量をアップさせる働きがあるのです。 しかし、 「直接的に効果がないなら亜鉛は後回し!」などとしてしまうと、亜鉛不足が原因で男性ホルモンの生成がなされません。 そのため、亜鉛不足は少し厄介であるといえます。 そのため、 亜鉛のみならず、男性ホルモンの原料になるアミノ酸やアルギニン、そしてビタミンとミネラルを バランスよく摂取して初めて、男性ホルモンの分泌促進となります。 男性ホルモンのテストステロンには、 性的興奮を生み出し伝える作用や一酸化窒素生成による勃起力向上、そして精液の合成 を促すなど、男性には欠かすことのできない作用が多くあります。 テストステロンの分泌量をアップさせるためには、 バランスの取れた食事、そして筋トレをすることが必要です。 何もしなければ、テストステロンの分泌量はすぐに減少してしまうので注意が必要です。 そのほか亜鉛に期待することのできる効果効能 性腺機能の低下を防ぎ、性欲増進、感度の上昇、射精時の快感の上昇効果というものが認められています。 勃起薬のように直接ペニスを勃起させる効果効能というのは亜鉛にはありませんが、亜鉛が不足することで、体の酵素のバランスが乱れてしまい、 健全な性腺機能を維持することができなくなります。 牡蠣エキスの副作用 牡蠣エキスの副作用というのは、それほど気になるものはありません。 しかし、 長期にわたり過剰に摂取し続ける場合は注意が必要です。 亜鉛の長期的な過剰摂取は、 肝機能や腎機能に障害を与える可能性があります。 しかし、どんな栄養素でも長期にわたり過剰に摂取し続ければ、肝臓や腎臓になんらかのトラブルを起こしてしまうのは当然のことなので、 牡蠣エキスに限った話ではありません。 副作用が一切ないとは言い切れませんが、 過剰に摂取し続けなければ問題ないと断言することができます。 牡蠣エキスのサプリメント 牡蠣エキスのサプリメントとして口コミランキングで評価が良いサプリメントとしては、 「オリヒロの牡蠣エキス粒」や「常盤薬品トキワ牡蠣エキス 亜鉛高配合」などがあります。 オリヒロの牡蠣エキス粒は、瀬戸内海広島産の牡蠣肉濃縮エキスを4粒の中に500mg配合しています。 亜鉛の他にビタミンB群を強化しているサプリメントです。 そして、 「常磐薬品トキワ牡蠣エキス 亜鉛高配合」では、 独自の製法により豊富な亜鉛の栄養素を損なうことなく亜鉛、アミノ酸、グリコーゲン、ビタミン類、ミネラル類が含まれています。 牡蠣エキスとあわせて摂るとより効果のある成分とは? 牡蠣エキスの中に含まれている、 亜鉛の吸収率は非常に低いです。 そのため、 亜鉛の吸収を助ける成分としては、 動物性たんぱく質、クエン酸、ビタミンCと一緒に摂ることで亜鉛の吸収率が高まります。 ビタミンCが含まれている食品としては、 ・赤ピーマン ・ゆず ・パセリ ・レモン このような食品に多く含まれています。 そして、 クエン酸は、 ・レモン ・グレープフルーツ ・梅干し このようなものに多く含まれています。 精力増強には牡蠣エキスのみで十分か? 「精力増強には牡蠣エキスのみで十分なのでしょうか?」という質問に対して、牡蠣エキスに含まれている亜鉛は確かに精力増強には欠かすことができないのですが、 亜鉛はあくまでも間接的な効果です。 これらの成分にプラスして牡蠣エキスを摂ることで、牡蠣エキスに含まれている 亜鉛が効果的に精力増強をサポートし、 牡蠣エキス単体での摂取よりも高い精力増強作用を実感することができるでしょう。 詳しくは以下をご覧下さい。 牡蠣エキスまとめ 牡蠣エキスに含まれている精力増強成分としては、 ・亜鉛 ・鉄分 ・グリコーゲン ・アルギニン ・タウリン ・アスパラギン酸 このようなものがあります。 特に亜鉛については、牡蠣エキスは非常に多く含まれています。 しかし、 亜鉛は精力増強には欠かすことができませんが、直接的な精力増強効果はありません。 アルギニンやシトルリンのような精力増強効果のある栄養素と一緒に摂取することにより、亜鉛は本来の力を発揮します。

次の

牡蠣エキスサプリ おすすめ比較ランキング2018【口コミTOP10】

牡蠣サプリ

牡蠣に含まれている豊富な成分とは 牡蠣サプリと呼ばれる健康補助食品があるように 牡蠣はさまざまな栄養分を含んでおり、食べて美味しいこともあって旬の冬時期になるとスーパーなどでも多く販売されるのを見かけるようになります。 貝の仲間に属する牡蠣は生でも食することができる少ない貝で、養殖が盛んなところでは古くから養殖で育てて市場に出荷していて、最も早い広島では18世紀には既に養殖が始まっていたと言われています。 ちなみに牡蠣の種類には大きく分けて 真がきと 岩がきがあり、 冬に旬を迎えるのは真がきの方ですが、 夏場に旬を迎えるタイプについては岩がきの方で、 それぞれの旬が真逆であることから 年中を通して楽しむことも可能になっています。 牡蠣サプリメントの特徴 牡蠣サプリは牡蠣の成分が凝縮されていて 亜鉛やタウリンなどの成分が多く含まれているため、これらの成分を効率的に摂取することによってさまざまな効用を得ることができます。 また、味覚に優れていると言われている一方で独特な海の香りや味がするという理由から敬遠する人も多く、苦手な人や過去に中毒症状を起こしたことがある人などは 牡蠣サプリを使用するメリットは高いと言えるでしょう。 サプリ化されていることによって必要最低限の摂取で必要な栄養分を 効率的に摂取できるのが魅力ですが、どんなサプリでも共通して言えるのが 過剰摂取は体にとって薬ではなく毒になるという点で使用については必ず用量を守る必要があります。 また、さまざまな種類があるので比較して自分に合うものを選ぶことも大切です。 牡蠣サプリが人気を集めており、 タウリンや グリコーゲン、 亜鉛などの ミネラル分も豊富に含まれており、 食味も最高ということから旬を迎える時期になると食卓に並ぶという家庭も多いと思います。 牡蠣サプリを購入して使用するのは人それぞれで 健康維持のために購入する人もいれば ダイエットなどを目的とする人、 美容効果を得るために購入する人もいますが、 どのような目的で購入する場合でも 正しく使用しないと効果を得ることはできません。 牡蠣サプリに含まれる成分 アミノ酸の含有が多いことでも知られており、 含まれているアミノ酸の種類は実に19種類を超えるとも言われています。 いずれも 質の高いタンパク質で人間の組成において必須のアミノ酸になります。 また、 体内で合成されることができない8種類のアミノ酸も含有されており、いずれの成分も体外からの摂取が基本原則となっているのですが、個々に摂取しようと思うと食事だけでは難しいので牡蠣サプリを使用することによってまとめて摂取することができるのも魅力です。 ただし、使用については注意する点もあり、特に 決められている量を超えて飲用することは厳禁となっており、 体に対して与える影響が大きくなってしまい中毒症状が見られるケースもあります。 また、牡蠣サプリを飲用する場合はきちんと目的を持つことも大切で、それによって飲用のリズムなどは変わってくることになります。 たくさん飲用すればそれだけ高い効果が得られるというわけでもないので使用については注意しましょう。 牡蠣サプリを飲用する人の中には 牡蠣中毒になるのが怖いという理由で敢えて牡蠣サプリを使用している人もいます。 他の食材に比べても中毒になるケースが多いのも特徴の食材で、ほとんどの場合は食することによって食中毒になることを 牡蠣中毒と言っています。 食中毒の主原因は ノロウイルスと言われており、 これは牡蠣が元々持っているウイルスではなく下水処理上などから海に流れてきたウイルスの一部が牡蠣に付いてしまうことで牡蠣がウイルス感染します。 それを人間が食べることによって食中毒になるというのが一連の流れになります。 症状を発症してしまうと 高熱に加えて下痢や腹痛など胃腸に激しい症状が現れ、 人によっては入院が必要になるくらい重篤な症状に繋がることもあります。 特に 生で牡蠣を食べることによって中毒になりやすいと言われていますが、 生で食する場合は必ず生食用の牡蠣を購入して食べる必要があり、 加熱用をそのまま食することはできないので十分に注意してください。 また、 ノロウイルスは他人へ感染してしまう場合もあるので 二次感染を防ぐためにも早めに病院で診察を受けて治療をする必要があり、早期の対応が症状改善に向けて大切です。 食べたいという理由で食べて食中毒になるのは仕方ありませんが、牡蠣が持つ成分を摂取したいという理由なら 牡蠣中毒にならないためにも牡蠣そのものを食するのではなく 牡蠣サプリを購入して使用するという方法もあります。 冬の味覚として人気の高い牡蠣は食することによって 中毒症状を引き起こしてしまうことがありますが、 これは冬季に流行が拡大することも多い ノロウイルスというウイルスが起因して症状が顕在化することが多くなっていて、 牡蠣にウイルスがつきやすいことなどが原因となります。 ただし、 牡蠣中毒になるのは生のまま食べたケースに限られる場合がほとんどで、 きちんと加熱処理をしている場合は中毒症状にまで発展しないのが普通です。 当然ながら 牡蠣サプリにおいても使用されている成分はきちんと処理がされている成分なので ノロウイルスに感染するリスクはほとんどありません。 牡蠣サプリの中毒リスク しかし、牡蠣サプリを使用すると 別の中毒を引き起こしやすくなるのでその点には注意が必要となります。 特に 亜鉛の過剰摂取によって起こる 亜鉛中毒は牡蠣サプリを過剰に摂取した場合に起こりやすくなっているので必ず用量を守って飲用するようにしましょう。 もちろん、亜鉛が悪いのではなくむしろ亜鉛を摂取することによって 美容や 健康促進、 ダイエット効果などさまざまな効用を得ることができますが、 ミネラル分ということもあって過剰摂取によって体へ与える負担は大きくなるので注意が必要です。 牡蠣サプリにもいろいろな種類がありますが、 信頼できる販売店やメーカーで購入するというのは原則であり、 できれば牡蠣サプリに使用されている 牡蠣の生産地などもきちんと調べてから納得した上で購入するようにしましょう。 牡蠣サプリを飲用する目的は飲む人によって違い、さまざまな健康成分や美容成分が含まれているため、 健康増進を目的とする場合や アンチエイジングを目的とする場合、 また亜鉛の含有が多いという理由から 精力剤として使用するケースもあります。 サプリ併用の危険 気をつけないといけないのは亜鉛サプリのように 単一の成分によって構成されているのではなく、さまざまな成分によって構成されているため他のサプリと併用する場合に含有されている成分が重複してしまう可能性があります。 特に 亜鉛は過剰摂取によって中毒症状が起こりやすい特徴があります。 そのため、牡蠣サプリを飲用する場合に 他のサプリはなるべく併用して飲まないようにするということで、 医薬品の服用がある場合は併用が大丈夫かどうかということを受診している医療機関に相談しておく必要もあります。 サプリは医薬品と違って天然成分で構成されている健康補助食品なので、 使用したからと言って 重たい副作用の症状に悩まされてしまうケースは少ないものの、 普段摂取しない成分が過剰摂取気味になることが多いので 摂取量をきちんと管理する必要性もあります。 また、牡蠣サプリに含有されている タウリンは肝臓機能の向上に寄与する作用がある一方で 肝臓は含有されている成分を分解する場所でもあるため、必要以上にサプリを摂取してしまうと タウリンがもたらす効用以上に負担をかけてしまいます。 栄養価が高いからといって体に良い効果をもたらすだけとは限らないという点に注意して飲用するようにしましょう。 牡蠣サプリを購入して飲用する人の多くは 病気や 健康促進、 性欲を増強するためなど日常生活における何らかの状態を改善することを目的とすることが多くなっていますが、 サプリだけに頼り切ってしまうのではなく 日常生活を見直すということも重要なポイントです。 日常生活を見直す 特に 食生活の乱れはさまざまな病気リスクを高めることになり、 肌の老化や 性欲の減退などを間接的に促進してしまう場合があるので 優先的に改善するポイントになり、 バランスのとれた食事を心がける必要があります。 また、 適度な運動も健康や美容のためには必要であり、 運動をすることによって代謝が向上し、血液の流れがよくなるメリットや 体に蓄積されている中性脂肪を効率的に燃焼することができます。 中性脂肪は 健康や 美容、如いては 性欲不振や 薄毛などの症状に繋がることもあり、 健康的な体を作るということがさまざまな症状に対して効果を発揮することにも関連します。 ちなみに牡蠣サプリだけに限らず、 サプリというのは本来それだけで健康や美容を促進するためのものではなく、 日常生活において 足りてない部分をサポートすることが目的となっています。 また、何らかの病気を治療するのは健康補助食品ではなく医薬品になるため、 その部分を混同させてしまわないように気をつける必要があり、 正しく用量や用法に基づいて飲用しないと体にかかる負担を大きくしてしまう可能性もあります。 牡蠣サプリには色々な種類があるので、それぞれの違いや求める効果を考慮しながら選んでいきましょう。

次の