未確認生物 2ch。 未確認生物ってまだ見つかってないの?

UMAイエティは存在する?ヒマラヤの雪男の正体と目撃事例

未確認生物 2ch

海岸に打ち上げられた謎の生物の画像が、よくネットでも話題になります。 漂着した謎の死骸を見ると、 UMAのドラゴンか、未知の深海モンスターではないか?と、想像したくなるような奇怪な画像も多くあります。 今回の記事では、「 スペイン海岸に打ち上げられたドラゴン」をご紹介します。 画像を見ると、2本の角を生やした本物のドラゴン(龍)の姿に見えます。 発見された場所が海岸であるため、海にはどんな巨大生物が潜んでいるか分かないという、期待感も高まりますね! 果たして、スペイン海岸に打ち上げられた謎の生物は、本当にドラゴンだったのでしょうか? 実はドラゴンではなく、意外な生き物の可能性も指摘されているのです。 2013年8月、スペインのビジャリコスの海岸に、 謎の未確認生物の死骸が打ち上げられました。 この謎の生物の一番の特徴は、 2本の角が生えていることです。 そして、細長い流線型の体をしています。 このため、 UMAドラゴン(龍)の死骸が海岸に漂着したのではないか?と話題になりました。 これは「スペインに角の生えた龍の死体が漂着!」として、オカルト誌のムーにも掲載されました。 上の動画で、この謎の生物について解説されています。 解説のポイントは、以下の2点になります。 UMAファンとしては、理屈はどうであれ、スペイン海岸に打ち上げられた謎の生物の画像を見ると、「やはりドラゴンの死骸でないか?」と期待したくなりますね。 漂着した謎の生物の画像 では、スペイン海岸に漂着した「謎の生物」の画像を確認してみましょう。 角を生やしたUMAドラゴン? 漂着した謎の生物の死骸は、海岸の砂に半ば埋もれていたそうです。 発見者が掘り起こしてみると、まさにUMAドラゴンのような姿が現れました。 「角を生やしたドラゴンの死骸だ」と言われたら、信じられそうな気もしてきますね。 体長は約4メートルと伝えられています。 頭部に牛のような一対の角 謎の生物の頭部と思われる場所を、拡大した画像です。 牛の角のように、一対の角が生えているように見えますね。 謎の生物の尾 画像では、変な場所に 尾のような部位も見えますね。 海岸に打ち上げられて、死骸がバラバラになってしまっているようです。 打ち上げられた謎の生物は腐敗が進んでおり、元の生き物が何であったのかは一見して分かりません。 ドラゴン説の他にも、リュウグウノツカイ説、巨大タツノオトシゴ説などが出ましたが、どちらも角はありませんね。 謎の生物は、詳しい調査は行われず、 衛生上の理由から廃棄されてしまったとのことです。 もしも本当にUMAのドラゴンだったら、残念なことをしました。 いよいよ次ページでは、 スペイン海岸に打ち上げられた謎の生物の正体について考察してみます!.

次の

未確認ちゃんねる : ロマンあふれる現存巨大生物で打線組んだ

未確認生物 2ch

コメント一覧 5• 未確認名無しさん• 2017年11月19日 09:21• おわっちったの?• どう思われますか• 2018年11月19日 11:29• こんにちは。 こんなものが自然や偶然に出来るわけが有りません。 作ったのは「遠い未来の人間」です。 こんな複雑な物が自然や偶然で出来るわけが有りません。 原子を作ったのは「遠い未来の人間」です。 (胎児の成長過程で一時的に見られる「尾っぽ」とか「指の水かき」は進化の記憶でしょうか。 』という発想は、(無限回の問答は抜きにして)、成り立つでしょうか。 7回目の終了です(その3)• 2018年11月19日 11:30• こんにちは。 いつも興味深く拝見しております。 ところで、「終末予言」について、ご興味をお持ちでしょうか。 世は、七度の大変りと知らしてあらう。 (黄金の巻 第26帖) 世はグルグルと七変り、改心の為 世界の民皆、今度は引上げ一旦みなあるぞ。 どう思われますか。 7回目の終了です(その7)• 2018年11月26日 10:33• いつも興味深く拝見しております。 私は、『自分が数千年後の未来に居て、そこで、VRゲーム(バーチャル・リアリティー・ゲーム を行って、ゲーム「第7次太陽系次元の地球」に意識が全部入り込んだ場合を想定しました。 すると、自分の肉体とゲーム機が存在する「数千年後の未来」が本当の自分の世界なのか、それとも、ゲームに入り込んだ自分の意識が存在する「第7次太陽系次元の地球」が本当の自分の世界なのか』、と考えていたら訳が分からなくなったので、コメント欄でお尋ねした次第です。 (2に続きます)• 7回目の終了です(その7)• 2018年11月26日 10:33• 「神示」では『辛酉はよき日、よき年ぞ』(下つ巻・第30帖)とあり、次の辛酉は2041年になります。 そして次に、『四ツン這ひになりて着る物もなく、獣となりて、這ひ廻る人と、空飛ぶやうな人と、二つにハッキリ分かりて来るぞ』(富士の巻・第19帖)とあります。 上記の2点につきまして、「ヒトラーの予言」にも近接する年代や類似する事象の表現があるようですし、「シリウスファイルのオコットのメッセージ」でも近接する年代や類似の表現が認められるようです。 (この2例はネットで閲覧できますが、著作権が一々面倒ですし、ウィルス感染問題もありますので、リンクは割愛させていただきます)。 ここで、神示・ヒトラー・オコットの予言の「その時」の年代は、2041年の数年前から2041年までということになり、20年くらい先の話ですが、随分と気の長い話となります。 ただし、『天の異変 気付けと申してあろが』(夜明けの巻・第3帖)と有りますように、前兆現象としての天変地異は益々激化して来るように感じられます。 また、オコットのメッセージの類推解釈から、マヤの2012年の後から「変換の仕組み」が始まっており、中程からは「転換の仕組み」が始まるものと想像しますから、のんびりと20年先を待つわけでも無さそうに思われます。

次の

UMAイエティは存在する?ヒマラヤの雪男の正体と目撃事例

未確認生物 2ch

[スポンサーリンク] ニンゲンは本当に実在するのか? 動画や画像はいろいろあるらしいがどれもこれも公には公式には出ていないとか何とかでこれらの写真や動画は作られたものと言われています。 どうして 公開されていないのかは不明ではあるが色々と問題があるそうです。 (実際に会ったら失神しそうなフォルムしていますね。 しかし今ではMAPは更新されており見ることが出来ないが日付を過去にすれば見ることが出来ます。 他のサイトでは 2002年11月14日にすると見れるそうです。 これを見て本当に「ニンゲン」と思いますか? 管理人はたまたま波がそういった感じに見えただけで実際に「ニンゲン」が映ったとは言えない気がしますね。 [スポンサーリンク] 「ニンゲン」「ヒトガタ」の正体とは何なのか? ではそんな「ニンゲン」、「ヒトガタ」の正体とは何なのか? その説に関しては複数あり、• 放射能で突然変異した生物• 環境適応した人類• 海底人• 妖怪 それぞれ見ていきましょう。 説1: 放射能で突然変異した生物 これは少しぶっ飛んだ説ですが、 チェルノブイリの原発で突然変異した生物がこのニンゲンなのでは?という説があります。 ですがチェルノブイリ原発事故が発生したのは 1986年です。 そしてニンゲンが初めて発見されたというのは 1958年2月、南極から帰還途中の「宗谷丸」のクルーだが明らかに時期が合わないという。 なのでチェルノブイリの原発事故が原因というのは少々無理がある話。 説2: 環境適応した人類 次に、南極や北極などの極低温地域などに大昔の人類が適応したという説があります。 しかし動物の進化についてド素人な私が言うのもあれですが、60万年ぐらいで人類がニンゲンなどの生物に進化するのかといわれたら・・・・・ない気がするんですが。 可能性があるなら人類ではなく海洋生物の ジュゴンやクジラなどがニンゲンに進化するならあるかもしれません。 そしていくつかの動画では海底人がはっきりと映っている動画もありますがその真偽は不明・・・・。 wikipedia. 確かにニンゲンやヒトガタの特徴と結構似ていますのでまぁ・・・・説としては高い説です。 2002年5月11日のオカルト板で「 バイト君」というハンドルネームで「ニンゲン」の発見情報の書き込みがあったのが全ての発端です。 つまり、「ニンゲン・ヒトガタ」というUMAは オカルト板で広がったうわさ話に尾ひれや足や腕まで生えて独り歩きをしていって最終的に「テレパシー」を使えるようになるという話にまで広がっていったということです。 それから画像が出てきたが、どう見えますか? 管理人には「 ちょっと通りますよ」さんに見えてしまいます。 やはり ネットの影響力ってのはすごい大きいんだなと思いますね。 でも10年以上のネットで生まれたのがここまで大きな話になったのはなんだか感動的ですね。 [スポンサーリンク] まとめ: ニンゲンはこんなUMA!! こんな生命体が本当に海にいるなら絶対に行きません。 怖すぎます。 というわけで今回のまとめ.

次の