三井住友visa 学生。 三井住友VISAデビュープラスカードの学生用と社会人用違いとは?

年会費無料!学生向けスタンダードカード『三井住友VISAクラシックカード・クラシックカードA(学生)』(入会特典あり)

三井住友visa 学生

「三井住友VISAクラシック」は、日本初のVISAカードである「住友VISAカード」の後継者として出てきました。 そのため、長い歴史と高い信頼性を誇っています。 三井住友VISAクラシックは年会費がかかりますが、ほとんどデメリットなく年会費を無料にすることが可能です。 ですから三井住友VISAクラシックは、年会費無料でステータス性の高いクレジットカードを持ちたいという人に、特におすすめのカード。 この記事では、三井住友VISAクラシックの特徴や、ポイントのお得な貯め方などを説明していきます。 ちなみに学生の方には、「三井住友VISAデビュープラスカード」もおすすめです。 これは三井住友VISAクラシックと似た同じ性能を持っていながら(キャッシング枠などは少なめ)、在学中は年会費が無料になっているからです。 学生さんなら「三井住友VISAデビュープラスカード」もおすすめです。 三井住友クレジットカードのデュアル発行の良い点は、2枚目の年会費が安くなることです。 通常1,250円(税抜)かかるところ、2枚目だと年会費はたったの250円(税抜)なんですよ。 三井住友VISAクラシックは高セキュリティで安全に利用できる 三井住友VISAクラシックは、「ICチップ」が搭載されています。 ICチップは、磁気ストライプと比べてセキュリティ性能が高く、スキミングされる可能性が低いです。 昔のクレジットカードは、「磁気ストライプ」によって情報を読み込んでいました。 この磁気ストライプ方式は、カード作成費と読み取り機器の導入コストが安いために、広く使われてきて今でも使われています。 しかし磁気ストライプ型はセキュリティが脆く、「スキマー」という機械で簡単に情報を抜き取られてしまう恐れが。 「磁気不良」とは、磁気ストライプにエラーが発生し、読み取りができなくなる状態のこと。 スマホやPCの近くにクレジットカードを置いていると、磁気不良が発生しやすくなります。 三井住友クラシックの年会費を無料にする2つの方法 三井住友VISAクラシックの年会費は1,250円(税抜)。 年会費が無料のクレジットカードが多い中、できれば年会費をはらいたくありませんよね。 1年目の年会費を無料にするには、三井住友VISAクラシックを作る時に「インターネット」で申し込みましょう。 オンラインで申し込むと、初年度の年会費が無料になります。 2年目以降も年会費を無料にする方法は、「マイ・ペイすリボ」に登録すること。 マイ・ペイすリボに登録し、年間で1回以上カードを使えば、年会費が「無料」になるんです。

次の

三井住友カード デビュープラスとライフカードと学生専用ライフカードの比較表

三井住友visa 学生

安定感・信頼性・ステータス性といった「ブランド力」を持つクレジットカードと言えば、銀行系カードです。 日本で銀行系カードというと、• 三井住友銀行の「三井住友VISAカード」• JCBの「JCBカード」 が2強であり、どちらも絶大な人気があります。 好みで選んでOKですが、世界で最も利用率の高いVISAブランドを選ぶなら三井住友VISAカードです。 一般的なイメージだと、 銀行系カードは審査に厳しいと思われがちですが一概にそうとも言えません。 国内屈指の人気クレジットカードです。 アルバイトやフリーターの人だって審査に通るなら三井住友VISAカードが欲しい人だって多いはず。 そこで、アルバイトやフリーターの人でも銀行系カードである三井住友VISAカードを作ることができるのか、ネットの口コミなどを覗いて見ました。 その結果……。 公式サイト スポンサーリンク 三井住友VISAカードはアルバイトフリーターでも審査に通る。 決め手は若さか? 結論からいうと、 アルバイトフリーターの人でも三井住友VISAカードを作ることはできます。 ただ、実際に審査に通ったという人の声を見ると、 年齢的に若い人が多い傾向にあることが分かりました。 具体的にいうと、20代前半が最多。 20代後半でも複数人見つけましたが、30代以上のフリーターで審査に通った人は見つけられませんでした。 やはりアルバイトフリーターという身分は、年齢を重ねるほど社会的信用の部分が重くのしかかるのでしょう。 30代以上でアルバイトフリーターの人はやっぱり、年会費無料で会員数も圧倒的に多い や あたりを持っている人が圧倒的に多い印象です。 とくに楽天カード率が半端じゃないですね。 やはり楽天カードは、クレジットカード審査に通らない人の「最後の希望」なのでしょうか。 さて、三井住友VISAカードに話を戻しますが。 クレジットカードの審査というのは、職種だけを見て決まるわけではありません。 同じく年収だけでもありません。 勤務先• クレジットカードの利用実績• 消費者金融などの利用有無• 手持ちカードの総利用枠 参考 などなど総合的に見ながら審査をします。 何か一つが欠けているからといって落ちるわけではないし、何か一つ(例えば年収)に自信があるから必ず通るというわけでもありません。 そして、銀行系カードの特徴として、 「若さ」 も結構大きなポイントになります。 これには理由があります。 銀行系カード(三井住友VISAカード)は若者を優遇している? そうなんです。 三井住友VISAやJCBなど銀行系カードというのは、若者会員の獲得にかなり積極的になっています。 その証拠に、三井住友VISAは や、20代限定のゴールドカード「 」発行しています(後述)。 なぜ三井住友VISAカードが若者に積極的にカードを発行するかというと、 将来性に投資しているから。 銀行系カードというのは、スタンダードカードの上に、ゴールドカードやプラチナカードといった上級カード(有料カード)があります。 当然、年会費が高くなる上級のカード会員ほど、カード会社にとっては優良顧客です。 つまり三井住友VISAカードが若者に積極的にカードを作らせる理由は、 将来的にゴールドカードやプラチナカードといった有料会員に育ってくれるのを期待しているためです。 日本人は、一度作ったクレジットカードを5年〜10年は使い続ける人が多いという調査結果が出ています。 本当に同じカードをずーーっと使い続ける人が多いんですね。 なので銀行系カードとしては、 初めてクレジットカードを作る機会が多い18歳〜20代前半のうちに、是が非でも自社のカードを作らせたいという強い狙いがあるのです。 まだ20代の若者であれば、アルバイトフリーターであって三井住友VISAカードは十分作れる可能性があります。 それは三井住友VISAが、まだ若いその人が将来安定職に就き、カードを利用し、ゴールド(有料)会員になってくれる可能性に期待しているからです。 スポンサーリンク 最後に、アルバイトフリーターでも申し込める三井住友VISAカードを2枚紹介します。 三井住友VISAカードも種類が色々ありますが、一般クラスのカードならこのどちらかで間違いありません。 スペック的には堅実な印象。 とくに目立った強みはないものの、旅行保険や電子マネーなど必要なところはしっかり抑えています。 ゴールドカードなど上級クラスへのステップアップカードですね。 年会費が通常1250円かかりますが、下記2つの条件をクリアすれば無料にできます。 年1回以上のカード利用• マイ・ペイすリボ(リボ払いコース)の登録 年1回以上のカード利用はいいとして、問題なのはマイ・ペイすリボ、つまり リボ払いコースへの登録です。 リボ払いは金利が高いのでできるだけ避けたいところですが、実は ちょっとした一手間でリボ払い登録しつつも一回払いで返済することが可能です。 それは、「 毎月の返済額をカード限度額に設定する」という方法です。 毎月の返済額がカード限度額と同額であれば、イヤでも1回で返済することになります。 マイ・ペイすリボは初回手数料が無料なので、初回で全額返済できれば手数料(金利)もかかりません。 つまり、1回払いと同じにできるということです。 最初に返済額を設定する手間がありますが、年1250円の年会費を節約したい人はサクッと設定しておきましょう。 もし25歳以下の人であれば、 問答無用でクラシックカードよりデビュープラスカードの方がおすすめです。 まず年会費。 通常1250円ですが、初年度無料に加え、 年1回利用するだけで翌年も年会費無料にできます。 クラシックカードのようにリボ払い登録は不要です。 年会費実質無料と捉えてOKです。 そしてポイント還元率。 クラシックカードを含め三井住友VISAカードは基本還元率0. さらに、 入会から3ヶ月間はポイント5倍の2. 最後にステータス性。 デビュープラスカードの最大のメリットは、 26歳になるとワンランク上の「 」に自動で昇格することです。 デビュープラスカードを持っておけば、20代半ばにしてゴールドカードを所有でき、三井住友VISAカードのステータスの階段をエスカレーター式に上がっていけるというわけです。 もし25歳以下で三井住友VISAカードを手にしたいのであれば、デビュープラスカードを選ばない理由がありません。

次の

ANAカードのお申込み|クレジットカードの三井住友VISAカード

三井住友visa 学生

安定感・信頼性・ステータス性といった「ブランド力」を持つクレジットカードと言えば、銀行系カードです。 日本で銀行系カードというと、• 三井住友銀行の「三井住友VISAカード」• JCBの「JCBカード」 が2強であり、どちらも絶大な人気があります。 好みで選んでOKですが、世界で最も利用率の高いVISAブランドを選ぶなら三井住友VISAカードです。 一般的なイメージだと、 銀行系カードは審査に厳しいと思われがちですが一概にそうとも言えません。 国内屈指の人気クレジットカードです。 アルバイトやフリーターの人だって審査に通るなら三井住友VISAカードが欲しい人だって多いはず。 そこで、アルバイトやフリーターの人でも銀行系カードである三井住友VISAカードを作ることができるのか、ネットの口コミなどを覗いて見ました。 その結果……。 公式サイト スポンサーリンク 三井住友VISAカードはアルバイトフリーターでも審査に通る。 決め手は若さか? 結論からいうと、 アルバイトフリーターの人でも三井住友VISAカードを作ることはできます。 ただ、実際に審査に通ったという人の声を見ると、 年齢的に若い人が多い傾向にあることが分かりました。 具体的にいうと、20代前半が最多。 20代後半でも複数人見つけましたが、30代以上のフリーターで審査に通った人は見つけられませんでした。 やはりアルバイトフリーターという身分は、年齢を重ねるほど社会的信用の部分が重くのしかかるのでしょう。 30代以上でアルバイトフリーターの人はやっぱり、年会費無料で会員数も圧倒的に多い や あたりを持っている人が圧倒的に多い印象です。 とくに楽天カード率が半端じゃないですね。 やはり楽天カードは、クレジットカード審査に通らない人の「最後の希望」なのでしょうか。 さて、三井住友VISAカードに話を戻しますが。 クレジットカードの審査というのは、職種だけを見て決まるわけではありません。 同じく年収だけでもありません。 勤務先• クレジットカードの利用実績• 消費者金融などの利用有無• 手持ちカードの総利用枠 参考 などなど総合的に見ながら審査をします。 何か一つが欠けているからといって落ちるわけではないし、何か一つ(例えば年収)に自信があるから必ず通るというわけでもありません。 そして、銀行系カードの特徴として、 「若さ」 も結構大きなポイントになります。 これには理由があります。 銀行系カード(三井住友VISAカード)は若者を優遇している? そうなんです。 三井住友VISAやJCBなど銀行系カードというのは、若者会員の獲得にかなり積極的になっています。 その証拠に、三井住友VISAは や、20代限定のゴールドカード「 」発行しています(後述)。 なぜ三井住友VISAカードが若者に積極的にカードを発行するかというと、 将来性に投資しているから。 銀行系カードというのは、スタンダードカードの上に、ゴールドカードやプラチナカードといった上級カード(有料カード)があります。 当然、年会費が高くなる上級のカード会員ほど、カード会社にとっては優良顧客です。 つまり三井住友VISAカードが若者に積極的にカードを作らせる理由は、 将来的にゴールドカードやプラチナカードといった有料会員に育ってくれるのを期待しているためです。 日本人は、一度作ったクレジットカードを5年〜10年は使い続ける人が多いという調査結果が出ています。 本当に同じカードをずーーっと使い続ける人が多いんですね。 なので銀行系カードとしては、 初めてクレジットカードを作る機会が多い18歳〜20代前半のうちに、是が非でも自社のカードを作らせたいという強い狙いがあるのです。 まだ20代の若者であれば、アルバイトフリーターであって三井住友VISAカードは十分作れる可能性があります。 それは三井住友VISAが、まだ若いその人が将来安定職に就き、カードを利用し、ゴールド(有料)会員になってくれる可能性に期待しているからです。 スポンサーリンク 最後に、アルバイトフリーターでも申し込める三井住友VISAカードを2枚紹介します。 三井住友VISAカードも種類が色々ありますが、一般クラスのカードならこのどちらかで間違いありません。 スペック的には堅実な印象。 とくに目立った強みはないものの、旅行保険や電子マネーなど必要なところはしっかり抑えています。 ゴールドカードなど上級クラスへのステップアップカードですね。 年会費が通常1250円かかりますが、下記2つの条件をクリアすれば無料にできます。 年1回以上のカード利用• マイ・ペイすリボ(リボ払いコース)の登録 年1回以上のカード利用はいいとして、問題なのはマイ・ペイすリボ、つまり リボ払いコースへの登録です。 リボ払いは金利が高いのでできるだけ避けたいところですが、実は ちょっとした一手間でリボ払い登録しつつも一回払いで返済することが可能です。 それは、「 毎月の返済額をカード限度額に設定する」という方法です。 毎月の返済額がカード限度額と同額であれば、イヤでも1回で返済することになります。 マイ・ペイすリボは初回手数料が無料なので、初回で全額返済できれば手数料(金利)もかかりません。 つまり、1回払いと同じにできるということです。 最初に返済額を設定する手間がありますが、年1250円の年会費を節約したい人はサクッと設定しておきましょう。 もし25歳以下の人であれば、 問答無用でクラシックカードよりデビュープラスカードの方がおすすめです。 まず年会費。 通常1250円ですが、初年度無料に加え、 年1回利用するだけで翌年も年会費無料にできます。 クラシックカードのようにリボ払い登録は不要です。 年会費実質無料と捉えてOKです。 そしてポイント還元率。 クラシックカードを含め三井住友VISAカードは基本還元率0. さらに、 入会から3ヶ月間はポイント5倍の2. 最後にステータス性。 デビュープラスカードの最大のメリットは、 26歳になるとワンランク上の「 」に自動で昇格することです。 デビュープラスカードを持っておけば、20代半ばにしてゴールドカードを所有でき、三井住友VISAカードのステータスの階段をエスカレーター式に上がっていけるというわけです。 もし25歳以下で三井住友VISAカードを手にしたいのであれば、デビュープラスカードを選ばない理由がありません。

次の