月経 小屋 江戸 時代。 江戸時代の人はどのように避妊していたのでしょうか?

江戸時代、昔の女性は生理の時どんな対策をしていたの?

月経 小屋 江戸 時代

以前の回答をまず参照戴いて、後に補足を加えます。 ・原始時代の女性は生理になったら垂れ流したままだったのですか パプアニューギニアのある民族では、家の隅で股間にコケをあてがい、3日ほど過ごすといいます。 同地域の他の民族では、通称「月経小屋」という場所で、幅の大きなヤシの葉を敷き、その上に跨がってやはり3日ほど過ごすようです。 特に後者では、月経の期間中女性がそこに座っていることを義務付けられ、経血に他者が触れると作物 ヤムイモ が育たなくなると信じられていたそうです。 日本でも月経を赤不浄と呼び、死穢を黒不浄と呼んでいました。 また日本にも産屋といって、出産の際に籠もる家屋があったのですが、実は月経小屋でも出産を行うのです。 …いずれにしても、今日のような時間に追われる生活ではないので、月経の間はお休み状態で過ごしたと考えられます。 京都府・三和町郷土資料館『大原の産屋』1999ほか 【ここまで上記回答要約】 上記以外に、かつては部屋 産屋・汚れ屋という小屋があった に2~3日篭るほか、和紙などに紐を着けて詰めるなどしていたといいます。 またコレを押さえるために和紙・布を折った物などを当てて、紙縒・紐で腰に括り付けることもあったそうです。 女性は一定の腹筋力で排出を抑えることが出来るとされ、排尿時などに径血を一遍に出したりすることもできたのだそうです。

次の

平安時代の生理 : SAKURA千年紀

月経 小屋 江戸 時代

生理をテーマにした漫画のヒット&映画化、新プロジェクトの発足、生理用品の目覚ましい進化、etc…。 なんだか今、「生理」周りに新たな旋風が巻き起こっています。 これまでなんとなく秘め事扱いされてきた生理について、もっと語り合い、もっと知れば、もっとラクな付き合い方ができるはず!ということで、今回は美的世代が気になる「生理事情」について徹底解剖していきます。 【目次】 ・ ・ ・ 「生理事情」なう \美的クラブで「生理」に関するアンケートを実施! (2019年11月・n=221)/ Q. 生理についてどのような悩みがありますか? (複数回答) 1位 生理痛 160人(72. 4%) 2位 PMS 112人(50. 7%) 3位 生理中の不快感 84人(38%) 美的世代の大半は、生理について何かしら悩んでいる! 生理痛に悩んでいる人の割合は回答者の7割強、それに次ぐPMSも過半数以上。 その数値からも、毎月やってくる生理が多くの女性にとってつらいものとなっていることは事実。 生理の悩みについて、誰かに相談しますか? (複数回答) YES 63. 3% NO 36. 7% 悩みがあっても4割弱の人は誰にも相談しないまま 6割を超える人が生理の悩みを隠さず、誰かに相談すると回答した一方で、「恥ずかしい」「話しづらい」などの理由で、誰にも相談することなく我慢している人も少なくないと判明。 生理のリアルが語られ、つらさを制御できる時代へ 妊娠や出産と密接に関わり、女性になくてはならない大切なものでありながら、なんとなくずっとタブー視されてきた「生理」。 「今、そんな世間の月経観を覆す『第3次生理革命』が起きています」と、歴史社会学者の田中ひかるさんは話します。 第2次は『アンネナプキン』が世に出た1961年。 この使い捨てナプキンの誕生は、それまでの脱脂綿による面倒で不衛生な経血処置のイメージを、ポジティブに変える大きな出来事でした。 そして、生理用品の飛躍的な進化や生理の対処法の多様化によって、さらに捉え方が変わってきたのが第3次の現在。 もはや生理はタブーではありません。 さまざまな選択肢の中から自分に合うモノやコトを選び、上手に付き合うことでどんどん生きやすくなる。 そんな時代です。 映画『生理ちゃん』の中に、11歳の少女かりんが『(生理になって)いいことなんか何もない』と言い放つシーンがあります。 確かに生理になると煩わしいことばかり。 それなのにこれまでは表立ってその感情を伝えづらい雰囲気でした。 それが普通に言える世の中になってきたのは喜ぶべきこと。 江戸時代には庶民の暮らしにも浸透し、穢れは火を介して移るという考えから、生理中の女性は家族と炊事や食事を別にする「月経小屋」に隔離された。 この「月経小屋」は1970年代まで存在している。 とはいえ、男尊女卑の言い訳に生理を利用、生理中の女子の勉学を禁ずるなど、まだまだ女性にとって生理を前向きに捉えられない風潮は多く残っていた。 「月経小屋」の存続もそのひとつ。 布製のT字帯の股部分にゴムを貼り、脱脂綿を当ててはくタイプ。 それまでは粗末な紙や綿を腟に詰めたり、当てたりしていたため、不衛生で子宮の病気になる人も多かった。 大正2年に登場した「ビクトリヤ月経帯」は国産の薄ゴムの使用により機能性とコストカットを両立し、話題に。 使い心地の良さが多くの女性たちの心を捕え、爆発的にヒットした。 結果、ナプキンの厚みは半分になった。 【現在 第3次生理革命】 生理にきちんと向き合い、悩みを抱え込まない時代の到来! つらくて煩わしい生理期間を、少しでも楽に過ごすためのアイディアやコンテンツが続々と生まれている現代。 生理用品ひとつにしても選択肢が豊富で、しかも情報収集や商品購入がネットでできるなど利便性もUP。 悩みや好みに応じたMYベストを選べることで、生理へのネガティブ感はますます減っていくはず。 経血漏れの不安を解消する月経カップや液体吸収型ショーツなど、海外発の新しいアイテムも日本に上陸し、より選択肢が広がっている。 主旨に賛同した5人のメンバーと共に、時代が求める新しい生理用品の開発などを行っている。 毎月やってくる生理を擬人化し、痛みをパンチで表現するなどのユニークな発想、心にじーんと響くストーリーが話題となった。 第23回手塚治虫文化賞短編賞受賞。 二階堂ふみ主演で映画化。 毎月の生理が愛しくなる!? 『生理ちゃん』(C)吉本興業 (C)小山健 /KADOKAWA 生理がテーマの漫画がまさかの映画化!ということで、公開前から話題騒然だった映画『生理ちゃん』。 女性からは「共感の嵐!」、男性からも「笑えて泣けた」と高い評価を得ている。 生理の歴史について教えてくれたのは… 歴史社会学者 田中ひかるさん 学術博士。 女性に関するテーマを中心に執筆、講演、メディア出演など幅広く活動。 著書に『生理用品の社会史』(角川ソフィア文庫)、『月経と犯罪ー女性犯罪論の真偽を問う』(批評社)など。

次の

江戸時代の人はどのように避妊していたのでしょうか?

月経 小屋 江戸 時代

まず、ナプキンの歴史について 日本で一番一般的な生理用品といえば、ナプキンですよね。 生理期の日本人女性の約9割が使用しているほど一番身近な存在です。 しかし、そもそもこのナプキンとはいつからあったのでしょうか。 実は、ナプキンが発売されたのは昭和38年(1961年)、わずか約60年ほどの歴史しかないのです。 これは、アメリカで発売されたアンネナプキン(今の使い捨てナプキンの原点)の発売から約40年も遅れての発売でした。 江戸時代はどうしていたの? 上で述べたように、江戸時代の頃には勿論ナプキンなんてありません。 では、何を使っていたかというと、前垂れのあるふんどし状の布で押さえていたそうです。 その中に再生紙やボロ布を折りたたんだものを入れて、陰部にあてがってナプキンのように使用していたそうです。 この布は洗って何度も繰り返し使用していたそうです。 また、再生紙や布を丸めて直接膣に詰め込み、今でいうタンポンのような使用法もしていたそうです。 農村部ではまた一味違う。 上のように、再生紙などを使用していたのは江戸などの都市部の話です。 農村部などでは、再生紙の代わりに綿など柔らかな植物を用いていたそうです。 また、農村部では普段からふんどしを使用することはなく、いわゆるノーパン状態で生活していました。 そのため、そういった植物を膣に入れてタンポンとして使用するのもあたり前のように行われていました。 すこし、衛生的に気になる部分ではありますね。 経血をコントロール!? 江戸時代の女性は生理期間中に出血をコントロール出来ていたのではないか、という説があります。 その生活様式のためんいインナーマッスルが発達しており、江戸時代の女性たちは膣に力を入れて締める事で出血をコントロールできたと言われています。 キュっと締めて溜めておいた経血をトイレで用を足す時に一緒にドバっと排出していたという話もあります。 そのため、詰め物もそこを意識して締めるようにする事と栓のような役割だったそうです。 この経血コントロールは現代女性もトレーニングすることで可能になることもあるですよ。 そもそも出血が少なかった? 江戸時代の女性はそもそも、生理の出血が少なく、生理痛なども無かったとか。 月経のときの出血量や生理痛などは体内の毒素と関係があるという説もあるようです。 江戸時代だと今のような農薬も食品添加物も大気汚染もないため、生物的に自然で健康な生活を営んでいたため、毒素が少なかったといえます。 便利家電も交通機関もないので、カラダも健康的に鍛えられていたのではないのでしょうか。 こういったことが要因となって、生理の期間は短く、経血の量も少なかったのではないかという研究結果もあります。 生理は穢れ? 今でこそ、生理は女性にとって大切なものだという認識がされ、差別などを受けることはありません。 しかし、ひと昔前までは、恥ずかしいもの、隠さなくてなならないものという認識をされていました。 江戸時代などはひどいもので、女性の月経を穢れと称し、忌み嫌っていたりもしたそうです。 家族とも接しないように、生理期の女性は、「月経小屋」と呼ばれる場所で生活したとか。 現代から見ると信じられない考え方ですね。 時代とともに変化する 上記で述べたように、時代とともに生理に対する考え方や、対策も全くちがいますね。 生理についての江戸時代の記録は少なく、月経コントロールなどは諸説ありという感じです。 しかし、時代とともに女性の生理期の衛生状態や周囲の環境も改善されて来ています。 しかし、今でも生理に対する課題は多くあります。 私たちはこれからも、そういった課題を改善し、ハッピーサニタンライフを送っていきしょう。

次の