神戸 教員。 神戸市:神戸市立学校教員採用候補者選考試験

神戸新聞NEXT|総合|羽交い締め、目に激辛カレー わいせつLINEを強要 小学校の教員4人が同僚いじめ

神戸 教員

それは、一本の電話から始まった。 2019年10月の午後、神戸新聞報道部。 いらだちを抑えられない声だった。 「先生を、別の複数の教師がいじめている。 いじめられている先生は学校を休んでいます」 電話の主は、東須磨小学校の保護者、と名乗った。 「学校には裏切られた思い」。 通話は数分で切れた。 同じ日、数時間後。 関係者から記者に連絡があった。 「神戸市立東須磨小の教員同士でいじめがあった。 言うのも恥ずかしいのだが」と前置きし、怒りをぶつけるように続けた。 「激辛カレーを無理やり、食べさせていたようだ」 性的なメッセージをLINE(ライン)で第三者に送らせる。 車を傷つける…。 具体的になればなるほど信じがたかった。 まだ、続くのか-。 事の重大さはもちろんだが、記者はこの間の流れが気に掛かった。 当時、16年に同市垂水区の女子中学生がいじめを苦に自殺、市教育委員会が証言メモを隠蔽(いんぺい)した問題が収束し、再発防止の提言がまとまったばかりだった。 さらに市立六甲アイランド高で17年、生徒が教員に指導された後、校舎から飛び降りた事故についても、第三者委員会の調査が佳境を迎えていた。 インターネットや会員制交流サイト(SNS)には「神戸の教育」への批判があふれ、保護者の学校不信を招いていた。 この問題が公になれば信頼回復は腰折れどころか、粉々に砕け散る。 情報提供者の第一声は「今度は、小学校ですよ」だった。 被害を受けた教員の代理人弁護士は当初、取材に対し、慎重な姿勢を崩さなかった。 一方で市教委への不信感も見え隠れしていた。 やりとりの末、弁護士は複数の紙を記者に示した。 イニシャルを示すアルファベットが四つ。 「加害者は同じ小学校に勤める先輩4人」。 驚くべき被害が少しずつ明らかにされた。 神戸市教委の担当者は記者の訪問を驚かなかった。 「東須磨小で教員間のハラスメントがあった」と認めた。 いじめではないか、と問うと「市教委としてはハラスメントと表現するつもり」。 10月4日の朝刊に一報を掲載。 見出しは「教員4人が同僚いじめ」だった。 そして決定打となる動画を入手した。 羽交い締めにされた教員がカレーを口に入れられている。 背後に笑い声。 神戸新聞は、8日に動画の中身について報じた紙面から、「いじめ」を「暴行・暴言」に変えた。 神戸新聞のサイトで流した動画は、12万回以上見られた。 その後、テレビでも同じ映像が繰り返し流れた。 画像の提供を受ける際、代理人から被害者の思いを伝えられた。 現在、弁護士など外部の委員会による調査が進められている。 シリーズ第1部はその報告を前に、教育委員会や先生の人事、給与の差し止めなど、この問題の論点を5回にわたってまとめる。 (取材班).

次の

神戸市:神戸市立学校教員採用候補者選考試験の実施

神戸 教員

午前8時に出勤すると間もなく、電話が鳴る。 「本日、学校を休ませたいんですが」 「分かりました。 担任に伝えます」 神戸市立湊翔楠(みなとしょうなん)中学校(中央区)の職員室。 教頭席の隣に座って、保護者からの電話をさばくのは水野知子さん(53)。 肩書はスクールサポートスタッフだ。 月曜から金曜まで、午前中4時間の勤務はあわただしい。 約470人の生徒に配る学校便りやお知らせをコピー。 インターホンを押す宅配便や遅刻した生徒に対応。 備品を取り扱う業者とやりとり…。 「私も、保護者の一人だったんですよ。 こんなに学校が忙しいなんて思ってもいなかった」 神戸市教育委員会は、水野さんのようなスタッフを2017年度から配置し始めた。 教頭や一般教員の手を煩わせていた業務を担う。 「彼女がいるから、教員が本来の仕事に集中できる。 全然違います」と河村壮範(たけのり)教頭(50)。 本年度は、規模の大きい小中計90校に配置。 さらに、新型コロナウイルス対策の補正予算案に70校分追加した。 それだけ現場からのリクエストが多い。 文部科学省は最近、この言葉を使う。 欧米のように教員の仕事が授業に特化しているのとは違い、生徒指導や部活動まで子どもの生活を丸ごと見る日本。 彼我を比べ、「小さな学校、大きな学校」との言い方もある。 文科省の中央教育審議会(中教審)特別部会は17年、初めて教員の業務仕分けを例示。 特に整理が必要な業務を14項目挙げ、三つに区分した。 (1)学校以外が担う業務 (2)必ずしも教師が担う必要のない業務 (3)教師の業務だが、負担軽減が可能 (1)(2)が4項目ずつ、(3)は6項目。 半分弱は「先生がやらなくてもいい」仕事との考え方で、「授業、学級経営、生徒指導に専念できるようにすべき」と打ち出した。 同部会委員のコンサルタント妹尾昌俊さんは「ワンオペの何でも屋だった先生を解放する必要がある」と指摘する。 中教審の仕分けでは(2)に当たる。 すでに市教委も見直しを進め、朝練禁止や原則水曜休みなどガイドラインを示している。 外部の指導員285人も確保した。 コロナ禍で部活は長く中止になった。 神戸市立中で野球部顧問を務める男性教員は「びっくりするぐらい時間が空いた」と苦笑する。 土日や深夜まで部活漬けの日々が一転。 家庭学習の教材や学級通信作りに充てた。 「働き方を見直すきっかけになった」と言うものの、「野球部の指導は教師を目指した理由でもある」と熱意を語る。 市教委は本年度中にモデル校を指定。 民間のコンサルタントを入れ、業務仕分けを行う方針だ。 「ただ」と担当者。 「教員は個人商店。 自分の仕事を他の人に手伝ってもらうのは苦手」 どこまで意識を変えられるか。 教師たち自身が持つ「教職観」にかかわるだけに、一筋縄ではいかない。

次の

神戸新聞NEXT|総合|本紙に一報「先生がいじめられている」 教員間暴力の衝撃

神戸 教員

「副大臣が神戸に行きたいと言っています。 概要の報告を上げてください」 昨年10月、東京・霞ヶ関の文部科学省から神戸市教育委員会に電話が入った。 数日前の10月4日、同省初等中等教育局の担当者は、パソコンに映し出された文字に目を疑った。 「教員4人が同僚いじめ」「目に激辛カレー」。 神戸市立東須磨小学校の教員間暴力のニュースだった。 同省の動きは速かった。 亀岡偉民(よしたみ)副大臣が神戸市役所に足を運んだのは、10月15日。 テレビカメラや記者の前で「加害教員には厳正な処分を下してほしい」と踏み込んだ。 2018年も、女子中学生のいじめ自殺を巡る問題を巡り、文科省は神戸市教委に入った。 「別の不祥事で2年連続の派遣は記憶にない。 規模の大きな政令市でこんなことになるとは」。 担当者は声を落とす。 同省は全国の都道府県・政令市を対象に急きょ調査。 19年12月、教員間のハラスメントや暴行などで全国で32人が処分されていた実態が明るみに出た。 今年3月、同省が全国の教育委員会に出したハラスメント防止の通知。 わざわざ東須磨小の事案を引いた項目があった。 「大人社会のハラスメントも児童生徒間のいじめと同じ地平で起こる(中略)教職員の認識を改めて確認し、啓発その他必要な措置を講ずること」 教員の不祥事といえば、体罰とわいせつが2大事案。 だが今、同僚間の深刻なハラスメントがはびこる。 「予想を超える」と同省。 「社会人としての常識や大人同士の人間関係を築く力に欠けている。 採用2年目の川上美月教諭(28)が先輩教員に尋ねていた。 同校の教員数は20人。 20~30代の若手が6割を占める。 仁ノ内智校長は「チームワークがあってこそ、若手が伸びる」と強調する。 教員の育成は伝統的に、OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)。 現場で先輩からきめ細かく指導を受け、一人前に育っていく。 さらに神戸市では、指導力に問題があるとされた若手教員に、「指導改善研修」を行っている。 週2日、校長経験者らにみっちりと仕込まれ、自校で試す生活を1年続ける。 教科の教え方や学級経営など対子どもに関する研修は用意されている一方で、社会性をはぐくみ、コミュニケーション能力を高める研修は十分とは言えない。 教員間暴力を受け、初任教諭を対象に始めるはずだった民間企業研修は、新型コロナウイルスの感染拡大で中止に。 そもそも夏休みに3日間の研修では、実効性には疑問の声も上がっていた。 「限られた集団でハラスメントが固定化することのないよう、保護者や地域住民等の学校への参画を積極的に進めること」 教員を育てるのは教員だけではない。 東須磨小では再生に向け、外の風を入れる取り組みが始まろうとしている。

次の