幸区コロナ感染者。 家族を守りましょう!家族での感染が拡大!川崎市の公表するコロナウィルス感染者39例の年齢性別、地域などデータとしてまとめました。(2020年4月2日発表時)

【速報】新型コロナ静岡県内の感染者100人超に あらたに3人確認

幸区コロナ感染者

兵庫県内では16日、神戸大病院(神戸市中央区)に勤務する同市在住の20代女性看護師を含め、10~90代の男女計17人の新型コロナウイルス感染が判明した。 感染者数が2桁に上るのは2日連続で、兵庫県で緊急事態宣言が解除されて以降の最多を更新し、県内の累計は777人になった。 神戸市は、10~20代の男女3人の感染を発表。 女性看護師は、神戸市内の別の病院へ転院後に感染が確認された50代男性を看護していた。 神戸大病院は16日から当面の間、看護師が勤務する病棟での入退院を停止した。 私立高校の男子生徒の感染や、既に感染が判明している20代男性が市内の病院に勤める臨床検査技師だったことも公表した。 姫路市は、姫路西消防署で救急搬送を担当する20代男性職員の感染を明らかにした。 12日まで勤務し、その後は出勤していない。 西宮市では、10~60代の学生や会社員ら男女5人の陽性が判明した。 いずれも感染経路は不明で軽症という。 県発表分は10~90代の男女8人。 いずれも軽症で、海外渡航歴はない。 (まとめ・藤井伸哉) 【記事特集リンク】.

次の

<川崎市公表>新型コロナ患者は中原区77人、幸区49人、高津区63人に(7/16現在)

幸区コロナ感染者

川崎市内の新型コロナウイルス感染者数が7月に入り6日間で41人報告され、6月中の20人を上回っている。 PCR検査の拡充や、経済活動の再開で市民の行動範囲が広がったことが要因という。 市の健康安全研究所は、再流行を防ぐための予防の徹底と感染が広がる地域への外出自粛を呼びかける。 市内の感染者は6月28日から連続して確認され、7月3日には緊急事態宣言解除後、初めて10人を超えた。 20〜30代が56%を占めるなど若い世代に多い傾向が見られ、仕事や市民生活など行動範囲が広がったことが要因という。 最も感染者数が多かったのは4月11日の18人 今月7日時点 で、緊急事態宣言中の5月から6月にかけては5日間「ゼロ」が続くなど感染者は1桁台に抑えられていた。 行動の広がり影響 感染者が増加している要因について市健康福祉局健康安全研究所の三崎貴子担当部長は、PCR検査の拡充と経済活動の再開を挙げる。 PCR検査は検査対象が発症した患者から濃厚接触者にも拡充された。 抗原検査も可能になったことで、陽性者が検出されやすくなった側面もあるという。 また外出機会が増え、人と人の接触が増えれば感染は避けられないともしている。 三崎担当部長は「第2波ではないが、これ以上の感染者を増やさないためにはマスク着用や手洗い、うがいなどの基本を徹底するしかない。 都心の繁華街など感染者が多いところに行くことも控えてほしい」と訴える。 市は第2波阻止にむけ、慎重に対策を進めている。 その一環として、市内4カ所の公園プールを予約制とした。 対象を市民限定とし、密集や密接を避けるため、入場を制限し、利用時間も区切った。 30代の子育て中の女性は「自由に泳げる環境が少なくなるのは残念だが仕方がない」と複雑な心境をのぞかせた。

次の

東京都 新たに286人感染確認 感染者数1日で最多に 新型コロナ

幸区コロナ感染者

最新コロナニュース記事: マスク関連情報 東京都23区別 新型コロナ感染者数 最新の東京都23区別の新型コロナ感染者数の一覧は上の通りです。 上位順に取り出すと、 新宿1199人・世田谷646人・中野420人・港413人・練馬385人。 11日時点の集計で中野区が練馬区を上回り、上記の表の14日時点で港区を上回りました。 池袋のある豊島区は、310人です 東京都区別感染者数の推移 感染者数の多い5区の推移は下の通りです。 日付は集計をした日です 7月 新宿 世田谷区 港区 中野区 練馬区 4日 814人 550人 376人 319人 324人 5日 855 555 379 320 322 6日 888 558 381 332 337 7日 898 562 387 337 344 8日 900 576 390 339 351 11日 1101 614 403 389 372 12日 1146 629 409 398 378 13日 1179 638 413 411 382 14日 1199 646 413 420 385 上位順に取り出すと、 新宿1199人・世田谷646人・中野420人・港413人・練馬385人。 新型コロナの感染者が多い区の特徴 ・新宿区 夜間営業に関わる仕事をしている人やスカウト行為をしていた人など、夜の街の感染者や客に、若い人の感染が多くなっており、小池知事は「パーティー」などの大ぜいが集まる場での感染に注意を促しています。 「新宿は蔓延」忽那医師 国立国際医療研究センター(東京都新宿区)で患者を診る忽那(くつな)賢志医師は、新宿区の増加について 新宿ではもはや、夜のクラスター(感染者集団)にとどまっていない。 若者に蔓延(まんえん)している印象です。 と増加の印象を語り、「今のうちに感染を抑え込む必要がある」と話しています。 ・豊島区 7月に入って、池袋の繁華街で感染者数が急増しています。 ・港区 「海外からの帰国者」や「夜の繁華街」での感染が疑われる例が多くなっています。 ・練馬区 20代30代の感染者の増加がみられます 世田谷区に感染者が多い理由は 世田谷区は、当初はもっとも感染者数の多い区となっていましたが、今は新宿区が上回っています。 2番目に感染者数が多くなっている、世田谷区に住んでいる人に話を聞いてみると 「(世田谷区は)住んでる人が多いのかな」 「(感染者が多いのは)人口が多いからだと思う。 通勤とかで、(ほかの区に)出ていき、また帰ってくる人が多いから」 と住民たちは判断しているということです。 「海外渡航者が多い」世田谷区長 世田谷区長は、区内に海外への渡航者が多いことを指摘しており、欧州で感染が拡大した3月には、帰国者の中から、まとまった感染者が出たと話しています。 英語では、ソーシャルディスタンシングといわれ、1. 8mの距離を保つことが良いとされています。 「三密」は具体的には下の三点です。

次の