若松 予想。 若松競艇場の満潮時の水面特徴や予想ポイント攻略!結果やライブ情報も | 悪徳競艇予想サイト調査局

[B!] 11レース終了時点で勝ちを確定できるってありがたい!2020年6月21日inボートレース若松 予想&結果

若松 予想

公営レーシングプレス杯 令和2年6月29日〜7月4日 初日12R ドリーム戦出場予定選手 艇番 1 2 3 4 5 6 級別 A1 A1 A1 A1 A1 A1 登番 4063 3070 4530 4072 3300 4193 名前 市橋卓士 山室展弘 小野生奈 森永淳 川崎智幸 郷原章平 支部 徳島 岡山 福岡 佐賀 岡山 福岡 勝率 7. 38 7. 21 6. 34 6. 53 6. 67 6. 22 2連率 61. 20 58. 80 40. 00 52. 50 51. 30 42. 攻撃派小野、郷原がシリーズをリードする 男女混合で争う6日間シリーズをリードするのは、小野生奈(福岡)と郷原章平(福岡)の攻撃派地元勢だ。 小野は前々期のF2をモノともせず、前期は出場選手中ナンバー1となる勝率7. 29を残した。 郷原は持ち前の攻撃力に目が行きがちだが、近況の注目すべき点は大敗の少なさ。 堅実さが増して、高勝率をキープしている。 ほかにも、ベテランの小羽正作(福岡)や、B級降級からの巻き返しを期す鶴田勇雄(福岡)、当地フレッシュルーキーの溝口海義也(福岡)が虎視眈々とチャンスを窺う。 2期連続B1級の江崎一雄(福岡)は浮上のキッカケとなるような一発が欲しい。

次の

2020若松競艇予想【G1ダイヤモンドカップ】

若松 予想

公営レーシングプレス杯 令和2年6月29日〜7月4日 初日12R ドリーム戦出場予定選手 艇番 1 2 3 4 5 6 級別 A1 A1 A1 A1 A1 A1 登番 4063 3070 4530 4072 3300 4193 名前 市橋卓士 山室展弘 小野生奈 森永淳 川崎智幸 郷原章平 支部 徳島 岡山 福岡 佐賀 岡山 福岡 勝率 7. 38 7. 21 6. 34 6. 53 6. 67 6. 22 2連率 61. 20 58. 80 40. 00 52. 50 51. 30 42. 攻撃派小野、郷原がシリーズをリードする 男女混合で争う6日間シリーズをリードするのは、小野生奈(福岡)と郷原章平(福岡)の攻撃派地元勢だ。 小野は前々期のF2をモノともせず、前期は出場選手中ナンバー1となる勝率7. 29を残した。 郷原は持ち前の攻撃力に目が行きがちだが、近況の注目すべき点は大敗の少なさ。 堅実さが増して、高勝率をキープしている。 ほかにも、ベテランの小羽正作(福岡)や、B級降級からの巻き返しを期す鶴田勇雄(福岡)、当地フレッシュルーキーの溝口海義也(福岡)が虎視眈々とチャンスを窺う。 2期連続B1級の江崎一雄(福岡)は浮上のキッカケとなるような一発が欲しい。

次の

【若松競艇予想】ヴィーナスシリーズ第4戦マクール杯(最終日)舟券予想!

若松 予想

競艇大好きオッターがボートレースの予想と買い目を紹介していきます! ボートレースの予想と買い目を初日から最終日まですべて掲載!より的中率アップが狙えるように、的中実績のある競艇予想サイトの無料情報も紹介していきます! 今回は 【GIダイヤモンドカップ】の予想を紹介していきます!• GI戦線でも優勝と準優勝があり、その3ヵ月(SG競走3戦、G1競走2戦)で約9000万円を稼ぎだした。 そんな石野を抑えて賞金トップでグランプリを迎えた群馬支部の毒島誠、ボートレースメモリアル、ダービーとSG連覇の勢いは衰えていない。 若松は18年のオーシャンカップを制した得意水面でもある。 若松との相性なら静岡支部の菊地孝平と兵庫支部の吉川元浩が抜き出ている。 大阪支部の松井繁は過去2回、福井支部の今垣光太郎は過去1回、若松でのSGを制しておりベテラン勢も侮れない!他には岡山支部の茅原悠紀や静岡支部の坪井康晴など、優勝候補を挙げたらキリがないほどの豪華メンバー!今年中にGI初制覇を成し遂げそうな愛知支部の磯部誠や大阪支部の木下翔太にも注目したい。 福岡支部が圧倒的に多い九州地区選を除けば、この10年でG1競走以上での地元優勝者は63周年の篠崎元志だけで、なぜか若松はG1以上のレースになると地元勢が苦戦を強いられる。 福岡支部は瓜生正義と篠崎元志の2枚看板だが、岡崎恭裕や前田将太らも優勝争いに加わって当然の実力者。 さらに若松がホームの池永太や西山貴浩の97期コンビも、地元水面なら見せ場以上の力を発揮してくれそうだ。 若松の一般戦では圧倒的な強さを見せる岡村慶太や竹井貴史の快走も見てみたい。 1月17日、初日のドリーム戦 1号艇 瓜生 正義(福岡支部) 2号艇 松井 繁(大阪支部) 3号艇 今垣 光太郎(福井支部) 4号艇 菊地 孝平(静岡支部) 5号艇 濱野谷 憲吾(東京支部) 6号艇 西山 貴浩(福岡支部) 1月18日、2日目のドリーム戦 1号艇 毒島 誠(群馬支部) 2号艇 吉川 元浩(兵庫支部) 3号艇 篠崎 元志(福岡支部) 4号艇 石野 貴之(大阪支部) 5号艇 柳沢 一(愛知支部) 6号艇 茅原 悠紀(岡山支部) 2020年の賞金バトルがスタート!1月17日(金)~22日(水)の6日間で行われるG1競走ダイヤモンドカップ!競艇大好きオッターと一緒に、6日間の熱いバトルを楽しみましょう。 ボートレース若松の水面特徴 通年ナイターで開催され、洞海湾に隣接する若松競艇場の競走水面は海水。 潮の流れもレースに大きく影響してくるので注意が必要、高配当を狙うのに見逃せないのが「潮」と「風」の流れだ。 若松は2マーク側から潮が出入りする影響で満ち引きによる流れが生まれる。 満潮に向かう時間帯は2マークから1マークに向けて追い潮となり、 満潮時は1マークが潮だまりになる。 反対に干潮に向かう時間は1マークから2マークへの向い潮になる。 冬の季節風は北西の風、若松のコース上では向い風になる。 北側にスタンドがある関係で北風には強いが、 西風が強くなるとモロに影響を受けるので注意が必要。 潮と風が重なるとやっかいで、向い潮に向い風だと選手が受ける影響が倍増すると考えて良い、ダイヤモンドカップ開催期間中は、序盤が満潮から干潮。 風と潮の条件が重なったときには、ダッシュを乗せて攻めるセンター勢から積極的に狙っていきたい。 G1ダイヤモンドカップの注目モーターを紹介! モーター下ろされてから4節しか使われておらず、素性はまだはっきりしない。 初下ろしでの航走タイムは1位が36号機、5号機や47号機も好気配を見せていた。 勝率の低いモーターでも、調整次第でハイパワーになる可能性があるので注意が必要。 10、2連対率66. まだ4節しか使われてないが、既に1度優出して優勝をしており、エース機らしい結果を残している。 00、2連対率31. 数値的には中堅クラスのモーター、優勝戦は2コースからの差しで逆転勝利。 既にある程度仕上がっている可能性が高く、初日から狙ってみたいモーター。 62、2連対率61. 16、2連対率47. 出足・伸び足を求める選手に当たれば、相当な快速モーターに化けるだろう。 G1ダイヤモンドカップ 5日目の予想 17日から若松競艇場でスタートしたG1ダイヤモンドカップも本日が最終日、12Rには頂上決戦となる優勝戦が行われます。 本日は優勝戦のレースを中心に予想をしていきます。 絶好の差し場がうまれる4号艇の前田、インで残す1号艇の椎名が相手。 カドから追撃を狙う4号艇の木下、全速戦で勝負する3号艇の中村が相手。 伸びのあるモーターでカドから攻める4号艇の森定、インで粘る1号艇の青木も侮れない。 今垣の攻めに乗れる5号艇の池永、小回りで応戦する1号艇の松田が相手。 好枠の1号艇、外からの攻めを受け止めての逃げ切りに期待する。 相手は伸びのあるモーターで差しを狙う2号艇の大池、大外でも怖い6号艇の中田。 相手はスロー勢、差して2マークでの逆転を狙う永井、外から全速で捲りにいく3号艇の毒島。 ダッシュを利かせ一撃を狙う4号艇の坪井、全速ターンで追撃する3号艇の木下が相手。 モーターに良いイメージが持てている2号艇の岡村、外からツケ狙う3号艇の濱野谷が相手。 パワー上位の3号艇の海野、捲り差しで上位を狙う5号艇の篠崎が相手。 回り足の良い3号艇の馬場、カドから攻める4号艇の大池が相手。 出足も伸びのも上々と動きの良い1号艇の石野、イン速攻で優勝奪取。 相手は小回りで応戦する2号艇の瓜生、カドから攻める4号艇の吉川も侮れない。 G1ダイヤモンドカップ 5日目の予想 結果、更新 本日は予選を突破した18名による準優勝戦!5日目の競走となる若松競艇場のG1ダイヤモンドカップ! 予選トップ通過は4日目をピンピンと連勝した石野貴之選手、2位は地元も福岡のエース瓜生正義選手、そして3位には王者、松井繁選手はいりこの3名が準優勝戦の1号艇を手にした。 本日は準優勝戦のレースを中心に予想をしていきます。 相手は全速戦で攻める3号艇の青木と5号艇の森定。 ひと捲りの可能性まである4号艇の岡崎、大外でも狙ってみたい6号艇の今泉。 相手はカドから攻める4号艇の和田と展開が突けそうな5号艇の木下。 全速で捲りにいく3号艇の水摩、動きが良くなってきた5号艇の坪井が相手。 転覆の影響が気になる1号艇の深谷、カドから攻める4号艇の菊地が相手。 相手はスピードを生かして捲りにいく3号艇の岡村、カドからダッシュを利かせる4号艇の平石。 相手は松井の懐を狙う2号艇の吉川、外から強襲する3号艇の馬場も侮れない。 地元の準優勝戦、気合いの逃げ切りに期待する。 相手は差して2マークでの逆転を狙う2号艇の中田、カドから一気の攻めにでる4号艇の磯部。 相手は機力・パワー上位の4号艇の海野、差す2号艇の池永も侮れない。 相手は小回りで応戦する2号艇の吉永、展開が向きそうな4号艇の笠原も怖い。 G1ダイヤモンドカップ 4日目の予想(結果、更新) 本日は予選最終日、4日目の競走となる若松競艇場のG1ダイヤモンドカップ! 予選突破となる上位18名の椅子を掛けて勝負の1日が始まる。 得点率トップは中田竜太選手で8. 00、2位は7. 60で吉川元浩選手、石野貴之選手、瓜生正義選手が並んでいる。 予選10位の茅原悠紀選手が7. 25と上位10名は10ポイント以内にひしめく大混戦、準優勝戦の1号艇を掛けた戦いも熾烈が増しそうだ。 本日も勝負掛けの選手を中心に予想をしていきたいと思います。 相手は最内を狙う2号艇の毒島、カドからダッシュを生かす4号艇の松田。 怖いのは差し一本で勝負にくる2号艇の柳沢、大外枠でも6号艇の菊地もチャンス圏内。 相手は差し抜けを狙う2号艇の永井、カドから攻める4号艇の今泉、インで残す1号艇の塩田、6号艇からなので相手は手広く狙いたい。 相手は好モーターを使い切れていないが1号艇なら残せる永井、カドから攻める4号艇の松井も要注意。 相手は3コースから全速で攻める3号艇の茅原、最内を狙う2号艇の河村も小差。 センター勢の攻めが強烈だが、しっかり受け止め逃げ切りに期待する。 パワフルな足に自信を持っている3号艇の海野、カドからでも展開が向きそうな4号艇の柳沢が相手。 機力的にも劣っている訳ではないので、しっかりスタート決めればインから押し切れる。 相手はスタート速い2号艇の菊地を筆頭に、全速で攻める3号艇の新田、2段で攻める5号艇の石野も面白い。 相手は1号艇の今泉が本線、2番差しの4号艇森高、捲り差す5号艇の瓜生にもチャンスあり。 相手はカドから攻める4号艇の西山、小回りで対応する2号艇の中村が相手。 1コースに陣取れば、パワーの違いを見せつけられる。 4カドからダッシュ良く攻め込む4号艇の深谷、オール3着としぶとい走りを見せる2号艇の吉村が相手。 小回りの利く足に仕上がっている2号艇の馬場、ダッシュを生かしてカドから攻める4号艇の吉永が相手。 勝負掛けの1号艇、ココは地元の意地でインから逃げ切る。 モーターパワーが著しい3号艇の中田が相手筆頭、差し場が見える4号艇の永井が相手。 G1ダイヤモンドカップ 3日目の予想 結果、更新 本日が3日目となる若松競艇場のG1ダイヤモンドカップ! 予選の2日間(前半戦)が終了して得点率トップは3戦2勝の中田竜太選手、1点差で追うのが石野貴之選手。 現在の予選突破のボーダーラインは6. 77と高く、4日目にはもう少し下がると思うけど、出遅れた選手にとっては3日目から巻き返さないと間に合わなくなる。 本日は勝負掛けの選手を中心に予想を組み立てていきたいと思います。 相手は差す2号艇の磯部、カドの4号艇山田にも注意。 スタート決め手、ここは逃げ切る。 相手は最内差して2マークでの逆転を狙う2号艇の椎名、全速で捲り差す5号艇の茅原。 握って回れると自信を持っているので、スタートでしっかり踏み込めれば逃げ切れる。 相手は順走で池永を追い掛ける2号艇の今垣、カドからダッシュ良く飛び出す4号艇の和田にも注目。 本人は普通といっているが、展示タイムが出ているように伸びは悪くないだけに期待できる。 相手は外から攻める3号艇の岡村、カドから攻める4号艇の塩田も面白い。 相手は展開が向きそうな5号艇の西山、インで残す1号艇の中村。 相手は初日のドリーム戦を制した2号艇の瓜生、展開が向く5号艇の木下には要注意。 相手はいい感じとモーターパワーに自信を持っている3号艇の吉川、最内を狙う2号艇の水摩にもチャンスあり。 4カドから全速で攻め込む4号艇の茅原、展開が向きそうな5号艇の今垣が相手。 相手は3コースから全速戦を仕掛ける3号艇の深谷、展開が向きそうな5号艇の山田は穴目として面白い。 相手は全速捲りで濱野谷に迫る3号艇の岡崎、ダッシュを利かせて攻め込む4号艇の毒島。 捌きの上手い2号艇の坪井、4カドからダッシュ良く攻める4号艇の瓜生が相手。 ただ本人が感じているピット離れの悪さは気になるので、スタート展示の動きは注目したい。 相手はスタートの速い3号手の菊地、カドから攻める4号艇の椎名もチャンスあり。 G1ダイヤモンドカップ 2日目の予想 結果、更新 昨日から若松競艇場でスタートし、本日が2日目となるG1ダイヤモンドカップ! 初日のドリーム戦は地元の瓜生が気合の逃げ切りを決めて一歩リード、今節はダブルドリームなので、2日目の12Rもドリーム戦が行われる。 本日はドリーム戦の中心に、レースを予想していきたいと思います。 相手はカドから攻める4号艇の濱野谷、差しで応戦する榎にも注意。 モーターパワーもあり2マークでの逆転が可能、1マークは渾身の差しハンドルで勝負する。 相手は逃げる1号艇の青木、カドからダッシュを付けて攻める4号艇の今垣。 攻め手に欠けるメンバー構成だけに、好枠を生かして1号艇の一宮が逃げ切る。 相手は初日のドリーム戦を制した6号艇の瓜生、全速で捲りにいく3号艇の水摩も悪くない。 逃げる1号艇の森定が相手本線、ダッシュ良く攻めるカド山崎も侮れない。 伸び足が良い2号艇の今泉は差して2マークでの逆転狙い、スタート速い5号艇の菊地は一発逆転までありそうだ。 相手は伸びのある2号艇の森高、3コースから全速で捲りに行く3号艇の椎名も狙い目。 差して2マークでの逆転を狙う2号艇の新田、全速で捲りに行く3号艇の前田が相手。 差し一本で勝負にくる2号艇の濱野谷、ダッシュを噛まして一気に攻める4号艇の青木が相手。 3コースから全速捲りを狙う3号艇の瓜生、同じように全速で捲り差す5号艇の永井は穴として面白い。 外から捲りに行く3号艇の吉川、展開が向きそうな5号艇の永井が相手。 相手はカドからダッシュを利かせてくる4号艇の木下、差して2マークで伺う2号艇の吉永にも注意。 相手は差して2マークでの逆転を狙う2号艇の吉川、ダッシュを生かして攻める4号艇の石野にも注意。 【1月17日】G1ダイヤモンドカップ 初日の予想(結果、更新) 本日から若松競艇場でスタートするG1ダイヤモンドカップ! グランプリメンバー10人の豪華メンバーの競演、今節はダブルドリーム戦、初日、2日目のメインカードにドリーム戦が組まれています。 初日となる本日は各選手の実戦の足をみながら、レースを予想していきたいと思います。 小回りで残す1号艇の山田、カドからダッシュを利かせる4号艇の荒川が相手。 相手はスタートが速く全速戦で攻めてくる3号艇の柳沢、展開が向きそうな5号艇の松田の捲り差しが面白い。 伸びる3号艇の今泉が強敵、無理に捲らず捲り差しに構えれば相手本線。 実力者、5号艇の新田も展開を突けるだけに有力。 差して2マーク逆転を狙って2号艇の永井を軸に推す。 相手は好枠を生して逃げる1号艇の吉村、2番差し迫る4号艇の吉川が相手。 伸びる足で全速戦を仕掛ける3号艇の木下、カドからダッシュを生かしたスタートで攻め込む4号艇の竹井が相手。 全体的にバランスが取れていて、前検の動きも悪くなった。 3コースから全速で握る3号艇の松田、外から捲くり差す5号艇の毒島が相手。 ココは初日の2走目、水面の動きをしっかり掴んで勝負する!他の選手からも伸びると称賛される5号艇の海野、最内を差して懐をえぐる2号艇の深谷が相手。 得意のスタートからイン速攻を決めに行く。 カドからダッシュ駆けを見せる4号艇の新田、新田を見て捲り差す5号艇の吉川が相手。 相手本線はカドからダッシュを生かす4号艇の篠崎、握る3号艇の森高、5号艇の中村も小差。 インコースで応戦する1号艇の馬場、ダッシュ生かした4号艇の徳増が相手。 艇界でも1、2を争うスタート巧者といわれる4号艇の菊地、今でも強烈な攻めを披露する3号艇の今泉が相手。

次の