和久井 映見 アルツハイマー。 2013年06月: ケイコさん明日は覚えているの?

イントロダクション|金曜ドラマ8時「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~」:テレビ東京

和久井 映見 アルツハイマー

残すところあと少しとなった19年。 元号も「平成」から「令和」へと変わった激動の1年だったが、芸能界も大きく変化した1年だった。 本誌が目撃した驚きのスクープから特に反響の大きかったものを今一度お届けしたい。 山本耕史(43)との電撃結婚&妊娠した2年後に、芸能界引退を発表し日本中を驚かせた堀北真希(31)。 引退以降、全く人前に姿を見せないなか、密かに彼女は第2子を出産していた。 (以下、2019年5月14日・21日合併号掲載記事) 「夫の山本耕史さん(42)は先日、主演映画の舞台挨拶で第2子妊娠について聞かれると笑顔を見せましたが、実は3月に無事出産していたそうなんです。 4人家族になり、結婚当初から住んでいたマンションが手狭になってきたそうで、引っ越しを検討中だといいます」(夫妻の知人) 12年に放送された朝ドラ『梅ちゃん先生』でヒロインを務めた、堀北真希(30)。 彼女は15年8月に山本と結婚し、16年6月に第一子妊娠を発表。 17年2月には活動休止を発表し、以降は子育てに専念している。 そして今年3月、本誌が第2子妊娠を報じたのだ。 そんななか、京都移住という選択肢が出てきたそうです」(前出・知人) プロポーズが京都に向かう新幹線の中だった、というエピソードは山本も公表しており、ファンの間では有名な話。 京都には、ほかにも2人の思い出がたくさん詰まっているという。 「堀北さんが独身時代最後に出演したドラマ『妻と飛んだ特攻兵』(テレビ朝日系)は、京都で撮影があったそうです。 つまり、結婚という人生の大決断をしたのが京都だったんですね。 また昨年、山本さんが出演したドラマ『琥珀の夢』(テレビ東京系)も京都での撮影があり、オフの日には収録現場のウィスキー工場に家族3人で訪れたんだとか。 京都には夫婦共通の知り合いも多く、2人とも川床のお店がお気に入りなんだそうです」(テレビ局関係者) 例年、川床が開かれるのは5月1日から。 物件探しを兼ねてお気に入りの店に行くのかも!?

次の

2013年06月: ケイコさん明日は覚えているの?

和久井 映見 アルツハイマー

「7月スタートの連ドラの撮影が始まっていますが、22年ぶりとなる反町隆史(45)と和久井映見(48)の共演も注目されています」(テレビ局関係者) 2人が共演するのは7月22日スタートの『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』(テレビ東京系)。 和久井は反町が演じる弁護士の妻役だという。 4%の大人気ドラマでした。 キャリアを積み重ねてきた2人の演技も話題になることでしょう。 また和久井は10月から6年ぶりに舞台『不機嫌な女神たち プラス1』にも出演予定です。 長男・Aさんが20歳の誕生日を迎えるのだ。 俳優・萩原聖人(47)との離婚からすでに16年。 親権を勝ち取り、ずっとシングルマザーとして育ててきた一人息子の成人は何よりうれしいことだろう。 だが和久井を昔から知るドラマ関係者は言う。 息子さんはいま俳優や声優の勉強をしているのですが、和久井さんとしては芸能界入りには反対しているそうです……」 どちらかといえば顔立ちは父・萩原似のAさんは現在、専門学校の2年生。 彼を知る学校関係者は次のように語る。 「この学校に入学する前は、ミュージカルを学ぶスクールにも通っていたそうです。 いわゆる腹式発声もきちんとできていて、歌唱の授業でも先生に褒められていました。 Aさんが選択したのは俳優と声優の両方のレッスンを受けられるコース。 『両方勉強できるのが気に入っているんだ』と、彼自身も語っていましたが、コースの生徒のなかでも将来を期待されている存在です。 2年生にもなると、授業をサボりがちになる生徒も増えてきます。 でも彼は毎回真面目に出席していて、真剣に芸能界で生きることを目指しているのです」 すでに昨年秋には、オーディションを受け、プロたちにまじって舞台にも出演している。 「彼は来年3月に卒業予定。 プロを目指す卒業生たちは、芸能プロダクションなどの養成コースに入り、正式契約を狙います」(前出・学校関係者) 和久井とAさんの関係は良好だという。 前出のドラマ関係者は、次のように語る。 「3年前に和久井さんはドラマ『お義父さんと呼ばせて』に出演しました。 撮影現場でスタッフが息子の運動会を話題にしたときに、『私ももっと(息子と)いっしょに遊んであげたかったな』と言っていたのが印象的でした。 仕事が忙しく、息子さんとの時間が思うようにとれなかったことを残念がっているようでした。 寂しい思いをさせないようにと、小さいころからCDはたくさん買ってあげていたそうで、最近は息子さんから借りたりもしているそうです。 『息子に借りたCDが良かったから、(そのバンドの)ライブも行きたいんです』とも、言っていました」 和久井が掌中の珠のように育ててきたAさん。 だがその将来に関しては、母としての強い思いもあるようだ。 離婚後から2年後の夕刊紙のインタビューでは、次のようにキッパリ語っていたのだ。 《息子を芸能界に入れようとは考えません》 「お母さんが結婚と離婚を繰り返すという複雑な少女時代を過ごした和久井さんは、萩原さんとの家庭生活に大きな期待を抱いていたのです。 しかし萩原さんはギャンブルで家を空けることも多く、夫婦生活は破綻してしまいました。 和久井さんは離婚後、Aさんをいっさい父親に会わせようとしませんでした。 それだけ失望が大きかったということでしょう。 「Aさんがいま勉強しているのも俳優や声優になるための技術です。

次の

【岸谷五朗】世界で一番熱い夏【和久井映見】

和久井 映見 アルツハイマー

2 10 22 3 15 22 21 24 23 26 30 26 25 23 21 25 28 23 23 27 30 28 26 23 18 14 17 10 9 13 27 31 29 24 26 26 27 26 21 2 23 24 31 29 30 31 30 32 32 30 33 31 15 10 32 33 31 32 33 33 33 30 31 21 30 12 31 32 30 33 33 31 29 27 43 41 32 31 30 29 53 54 午前5時、ゴミ屋敷へ行きました。 母ケイコさんは在宅中です。 ベッドで横になっていた母ケイコさんですが、 目はカッと見開き瞬きせずの状態で、起きて何かを考えている風に見えます。 またいつものように真夜中に起きて、 2度寝しようとしていたところなのでしょうか? サイフとして復活したきんちゃく袋にお金を補充していると、 「わ・た・し・は・ねーーー!」 「鈴木太郎の馬鹿にとんでもない酷いことを言われたんだよ!」 と、毎度毎度の話の始まりです。 早朝からご苦労様。 「あんた、鈴木太郎の家に行って、私の恨みを晴らしてきてよ!!!」 と、 まるで私が必殺仕置き人か必殺仕事人の一員であるかのような頼み事を言い出す母ケイコさん。 残念ながら私は必殺メンバーではありませんので、 その頼み事を請け負うことはできません。 自分自身の手で恨みを晴らす行為をするつもりはないようで、 自分の手は汚したくない母ケイコさんです。 それは母ケイコさん若いときから持病の精神病「人に何でも依存症」のせいもあるのでしょう。 と言いますか、 どちらかと言えば、私が和久井映見さんのところへ小銭を持って出向いて 「母ケイコさんの始末をお願いいたします」 と頼みたいくらいです。 私との連絡用テーブルの上に、昨日のワタミの器が置いてありませんので 流し台を確認してみましたが見あたりません。 もしや食べてない? と、冷蔵庫を確認すると、 そっくりそのまま手を付けられることなく冷蔵庫内にワタミのおかずが残っていました。 とりあえず、 今日の分のワタミを持ってくる時まで、このままにしておきましょう。 それでも尚、このまま残っているようでしたら、 その時、回収いたしましょう。 連絡用テーブルの上には ゴミ屋敷から10km弱の距離にある野菜直売所のレシートが置いてありました。 宣言通り行ってきたのですね・・・。

次の