コロナ スポーツ ジム。 スポーツジムに通ってる方に質問です。

コロナ禍でスポーツジムを退会するのが面倒な理由

コロナ スポーツ ジム

感染症の専門家も、テレビなどで「ラッシュアワーは危険」と言う。 一方で、各種イベントについては、集団感染がある地域では自粛を検討することを求めているものの、一律自粛することは要請せず、つまり「主催者の判断」に任せていた。 その後、26日になってようやく政府は、今後2週間はイベントの中止や延期などを要請する方針を表明した。 そもそも、満員電車よりサッカー、野球、大相撲などのスポーツ観戦やコンサート、パーティーのほうが感染の確率は高いのではないだろうか。 新型コロナウイルスは、飛沫感染が多いという。 満員電車の中では、ほとんど会話をしないし、咳き込む人も非常に少ない。 つり革や手すりによる接触感染があれば、感染者は飛躍的に増えているだろう。 一方、スポーツ観戦では、応援歌などを歌うことを中止しても、試合中は声を張り上げて応援する。 その飛沫は凄まじいものがあるだろう。 しかも「観戦しながら、しゃべる、食べる、飲む」を繰り返す。 後ろから大声で叫べば、高いところから低いところに大量の唾を飛ばすことになる。 多数の観客が、密着あるいは1m範囲内の距離で、前後左右、唾を大量に吐き出しているのだ。 サッカーや野球での得点場面や、大相撲で応援している力士が勝った時などは、隣や周りの人と喜び、雄叫びを上げながらハイタッチすることもある。 コンサートでは、皆で一緒に大声を上げて合唱する。 数千人、数万人の観客のなかに感染者がいれば、まさにパンデミック(爆発的な感染)が起きるだろう。 満員電車を避けるためにテレワークをするなら、スポーツ観戦こそテレビ中継で見るべきだろう。 筆者は、2月8日付のこの欄で「クルーズ船の感染はブッフェの可能性がある」と指摘したが、感染しやすい場所の一つが「食事」だという気がしてならない。 クルーズ船に入った厚生労働省の職員や検疫官に感染者が続々と増えているが、その震源地は食堂ではないだろうか。 テレビで実際に乗船した医療関係者が匿名での取材に「食事は皆で一緒にした」と答えていた。 そこで、おしゃべりもしたという。 食事を共にし、おしゃべりをすることは、飛沫感染の可能性が非常に高いはずだ。 そういう意味では、パーティーや宴会も要注意のイベントだ。 政治家の資金集めパーティーも立食形式が多く、至近距離で会話をすることが多い。 感染リスクは高いはずだ。

次の

スポーツジムのマスク着用はいつまで続くのか。酸欠や熱中症の不安

コロナ スポーツ ジム

日本フィットネス産業協会が発表した新型コロナウイルス対策のガイドライン 4月8日、日本フィットネス産業協会 FIA がスポーツジムの利用者並びに運動指導者、従業員の生命と健康を守るために、 業界共通の施設提供継続のための対応指針 ガイドライン を発表しました。 各スポーツジムは日本フィットネス産業協会 FIA が発表したガイドラインに準じて、コロナウイルス予防対策を実施しています。 あなたが通っているジムの運営は 日本フィットネス産業協会 FIA のガイドラインがベースになるため、まずはじめにを知ることがたいせつです。 日本フィットネス産業協会 FIA が発表しているガイドラインVer. 6は、かなりボリュームがあります。 ですので 今回は重要なポイントに絞ってお伝えしていきます。 特に重要なポイントについては「太字」で記載しました。 利用者の注意喚起 ホームページ・店頭掲示・書面配布等) 各スポーツジムが利用者に対して明確な注意喚起するよう、下記のガイドラインが作成されました。 マスク着用の徹底のお願い• 次の症状がある人はジムの利用を控えてもらう:「風邪の症状(くしゃみや咳が出る)や37. 5度以上の熱がある」「強いだるさや息苦しさがある」「咳、痰、胸部不快感のある」「同居家族や身近な知人に感染が疑われる人がいる」「その他新型コロナウイルス感染可能性の症状がある」• 過去14日以内に、政府から入国制限、入国後の観察期間を必要と発表されている国・地域渡への渡航、並びに当該在住者との濃厚接触がある人はジムの利用を控えてもらう• 地域の学校にて休業の措置が取られている場合、幼児・学童・学生(18歳未満)の利用は控えてもらう• 感染による重症化を引き起こしうる疾病 糖尿病や心不全など)がある人の利用は控えてもらう ジムの利用者に対して「 マスクの着用」の呼びかけの指示が出されています。 ちなみにFIAのガイドラインでは、 国の注意喚起が解除されるまでスタッフのマスク着用が義務付けられています。 「くしゃみや咳が出たり、37. 5度以上の熱があるなど風邪の症状がある利用者に対してジムに来場しないこと」をホームページや店頭掲示で注意喚起するよう、FIAは各スポーツジムに対して指示を出しています。 ジムやスポーツクラブ利用時のマスク着用について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。 施設内の消毒殺菌 入場口への手指消毒剤配置、施設内の殺菌消毒• 更衣室・手洗い場は清掃・除菌の通常以上の徹底。 トイレや出入り口のドアノブなど、不特定多数が触れる箇所の こまめな清拭と除菌( 最低推奨回数:2時間に1回• トレーニングエリアの密閉空間を避けるため、 1時間以内に3回以上を目安に空気の入れ替えを行う• マシン・トレッドミル使用後の汗を拭き取る場合、 共有で使う雑巾(タオル)は避け、消毒剤とペーパー類、ごみ箱を用意し使い捨て方式の措置を取る• マシン、トレッドミルの 隣同士のマシンを一台使用不可にしてスペースを確保(最低2メートル前提が望ましい)• フリーウエイトが密集している場合、優先順位の高いマシン以外は使用を禁止する• 集団型スタジオレッスンはしばらくの間、中止が望ましい• 集団型スタジオレッスンを開催する場合、「1時間あたりの空気の入れ替え回数を3回以上目安とする」「人数制限を設ける」「隣人との間隔は最低2メートル前提」「年齢制限を成人(18歳以上)」を厳守する• プールレッスンはしばらくの間、中止が望ましい 営業を再開するジムは入場口に手指消毒剤を設置することや、施設内の消毒徹底が求められています。 密閉空間の空気の入れ替えは、 1時間以内に3回以上が目安になっています。 マシン使用後の汗拭きタオルの使用はできる限り避け、消毒剤とペーパー類、ごみ箱を用意し使い捨て方式が推奨されています。 ウエイトマシンやランニングマシンは最低2メートルの間隔を確保できるよう、隣同士のマシンを使用不要にするなどの対策が必要になります。 どうしてもスペースが確保できない場合、 透明のビニールカーテンの使用が推奨されています。 フリーウエイトが密集していて、撤去が難しい場合、トレーニング部位の優先順位を検証し、優先順位の高い部位のマシン以外で間引けるマシンは使用禁止とする対応が求められています。 集団型スタジオレッスンやプールレッスンは、しばらくの間、中止が望ましいとしています。 以上が日本フィットネス産業協会 FIA が発表したガイドラインのポイントになるところです。 各スポーツジムはこのガイドラインをもとに、独自の対応を行っています。 次の章では各スポーツジムの感染予防対策についてご紹介していきます。 マスク着用必須• 入館時の手洗い・手指の消毒・マシン利用時の消毒の徹底• 利用時間制限 1時間程度• 入館制限 利用状況により制限実施する場合あり• 社会的距離を保ったマシンの稼働台数制限 半分程度など• 所属店舗以外の利用禁止 相互利用禁止• オリエンテーション・パーソナルトレーニングなど休止 グループトレーニング含む• マスク着用が必須になります。 入館制限を行っているかどうかは、店舗のホームページで確認できます。 店舗名の上に「入館制限中」の案内が出ていたら現在、入場制限を行っていることになります。 入場制限をしている場合、店舗の中で待つことはできません。 また外で並んで待つことは禁止となっています。 エニタイムフィットネスの現在の営業状況について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。 入館時、すべての利用者に対し「検温」を実施• 有酸素マシンは一台ずつ間隔を空け、ランニングマシン・バイクマシンは約2メートルの距離を保つ• マシン1台1台に除菌用のアルコールを設置• マシンの除菌清掃は次亜塩素酸を使用• 館内の入り口、ドアノブ、マシングリップ、椅子、テーブル、接触頻度の高い箇所は、次亜塩素酸で使用の都度、除菌清掃強化を実施• 館内は常に窓を開けた常時換気と、給排気を使用した24時間換気、スタジオプログラムが終了するたびに1日10回以上30分間の換気を実施• スタジオプログラム間隔は45分以上空け、除菌清掃の徹底• スタジオプログラムは一定の距離を保つため4坪に1人の数で定員制とし、ドアを開放した状態で実施• 感染拡大防止のため、冷水器、ハンドドライヤー、血圧計は使用停止• 館内のトイレ、更衣室は、15分毎に次亜塩素酸による除菌清掃を実施• ロッカーは、一窓ずつ感覚を開け、隣の方と距離をとって利用 上記はすでに営業を再開している店舗が発表している感染予防対策になります。 内容は店舗によって若干異なります。 ジョイフィット JOY FIT は、 利用者に対して「検温」実施や マシン1台1台にアルコールを設置するなど、厳重な感染予防対策を行っています。 またマスクを持っていない人や忘れてしまった人のために、 一部の店舗では手作りマスクを配布しています。 利用制限については有酸素マシンの台数制限はあるものの、入場制限や相互利用の禁止などは行っておりません。 ワールドプラスジム• 施設利用時はマスク着用• 0度以上の発熱等、体調不良時の利用は不可• 登録店以外の利用は禁止• 利用状況により、入場制限を行う場合あり• マシンジム、ロッカールームのみ利用可能• ジムマシンの使用台数制限や間引き運転の実施• マシンジム、ロッカールームについても、「3密」を回避するため、間引きでの運営• 時間短縮営業• 2時間毎にクリーンタイムを設け、 清掃&館内換気を実施• 各エリアに 消毒液を設置・増設• ドアノブや手すりなど 人が触れる箇所を 巡回除菌清掃 コナミスポーツは マスク着用が必須であり、また利用状況に応じて入場制限を行うことをホームページで発表しています。 利用できるのはマシンジムとロッカールームのみで、「3密」を避けるために間引きでの運営をしています。 2時間毎にクリーンタイムを設けたり、ドアノブなどの人が触れやすい箇所の巡回除菌清掃の徹底をしています。 コナミスポーツでは、 利用者の入館時の 体温チェックは行っておりません。 ルネサンス• レッスン時のフェイスシールド着用• 全スタッフ マウスカバー 水着素材 着用• 来館者の入館時体温チェックシステムの導入• フロント等でのパーティション設置• 館内除菌の徹底• ソーシャルディスタンス 社会的距離 の徹底 5月31日まで全施設の休業を発表しているルネサンスは、ホームページ上で再開に向けた取り組みの一部を発表しています。 レッスン時の フェイスシールド着用や、全スタッフが ミズノ製のルネサンス専用マウスカバー 水着素材 を着用する点は、ルネサンス独自の取り組みになります。 マウスカバーのことを初めて聞く人が多いかもなので、イメージしやすいように下記に写真を載せておきます。 ミズノの水着素材のマウスカバー。 15日から予約受け付け、2万枚が即完売しました。 マスク着用の協力• 館内の除菌作業の強化のため営業時間を短縮• 清掃・除菌の徹底• 入館時の手洗いの徹底・体温チェックの協力• ビニールカーテンでの仕切りを設置• グループレッスンの人数制限• 換気扉は24時間運転。 レッスン時は扉を開けて実施• トレーニングマシンの利用時間制限• 県をまたぐ他クラブ利用の自粛 ルネサンスはマスク着用や体温チェックが 必須でなく、協力のお願いをしています。 換気については24時間運転をしています。 コナミスポーツのような2時間おきのクリーンタイムなどは実施されていない模様です。 セントラルスポーツクラブのホームページでは、 スタッフが 臨時休館中に除菌及び清掃を実施したことが写真付きで紹介されています。 スポーツクラブNAS• 可能な限り、マスク等の着用• 施設入館の際に「健康チェックシート」の記入• 館内の換気を強化• 手指消毒液を各所へ設置• トレーニングジムエリアの各マシンに設置された 清掃タオルの撤去• カーディオマシンの利用台数制限• スタジオプログラム、レッスンの上限時間設定およびご利用時の換気強化• プールご利用開始時、終了時のシャワーは充分に浴びること• ロッカー・お風呂(浴槽内・体洗い場)・サウナ等を利用する際は、ソーシャルディスタンスを保つ スポーツクラブNASは、 入館時に「健康チェックシート」記入の徹底をしています。 記入する項目は、日本フィットネス産業協会 FIA が定めた『熱やだるさがないかのチェック、 過去 14 日以内に海外への渡航履歴のチェックなど』になります。 またマシンに設置された清掃タオルの撤去や、手指消毒液の設置台数を増やすなどの取り組みをしています。 ホットヨガ「LAVA ラバ 」• 来店時に「ヘルスチェックシート」の記入• 受付時に手指の消毒• 会員証・鍵・金銭等の手渡しを控える• フロントにて 弱酸性電解水(次亜塩素酸水)のヨギッシュプラスを、お一人様1本無料で貸し出し• 従来よりもレッスン間隔を長く取り、レッスン間に消毒を徹底• マスク着用の協力(施設内・レッスン時)• 手拭き用の各種タオルは撤去• スタジオ内の感染予防のため、 定員数を半減• インストラクターと会員が触れるアジャスト ポーズ調整 は中止• レッスン後に、弱酸性電解水(次亜塩素酸水)を空中散布して消毒• ヨガマットを持参を推奨 ホットヨガ「LAVA ラバ 」は 入館時に「ヘルスチェックシート」記入の徹底をしています。 チェック項目は日本フィットネス産業協会 FIA のガイドラインの内容がベースになっていて、過去14日以内に発熱や風邪の症状、海外の渡航歴の確認になります。 LAVA ラバ では、コロナウイルス感染予防に効果的な次亜塩素酸水を 1本無料で提供しています。 またレッスン後は、次亜塩素酸水を使ってスタジオの消毒を徹底しています。 スタジオに完備されているヨガマットを利用することもできますが、LAVA ラバ は ヨガマット持参の推奨をしています。 LAVA ラバ の5月以降の運営情報について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。 まとめ これまで各スポーツジムのコロナウイルス感染予防策についてご紹介してきました。 感染予防策を比較すると分かると思いますが、各スポーツジムによって対応が異なります。 入館時に検温を実施しているジムもあれば、ヘルスチェックシートを実施しているジム、特にチェックを行っていないジムなど対応は様々です。 今回ご紹介したスポーツジムの中で 感染予防対策の内容が最も充実していたジムは「 ジョイフィット JOY FIT 」になります。 利用者全員に検温の実施、除菌や清掃の頻度について具体的な時間をホームページで公表しています。 スタッフが入念にコロナウイルスの感染予防対策していることが確認できるので、ジョイフィット会員の方は安心してジムが利用できることでしょう。 独自の感染予防対策を計画しているルネサンスにも注目です。 レッスン時のフェイスシールド着用や、 全スタッフがミズノ製の水着素材マウスカバーを着用することがホームページで告知されています。 ルンサンスは5月末まで、すべての施設が臨時休業となりますが、再開後は大きな注目を集めそうです。 最後に興味深い記事を1つご紹介します。 世界の循環器疾患領域に強い影響力をもつ米国心臓協会(American heart association;AHA)がコロナウイルス状況においても安全性を確保しながら運動を継続することの重要性を訴える記事をしました。 オハイオ州インディペンデンスにあるケント州立大学のMark Dalman氏は、 スポーツジムで最も汚染が少ないのは、バスルームのレバーとドアハンドルであり、一方「 木材、革、多くの手袋、そのような多孔質のものはウイルス粒子が付着している可能性がかなり高い」と言っています。 各スポーツジムではコロナウイルス感染予防対策を発表しています。 ぼくたちジム利用者は ジム側の予防策にすべて頼るのではなく、一人ひとりが下記のような感染予防を心がける必要があります。 アルコール除菌シートを持参する• ヨガを受ける場合はヨガマットを持参する• 利用者が少ない時間帯をスタッフに確認する• 着替え用のかばんを別で持っていく(細菌の繁殖防止) 各スポーツジムで新型コロナに対する万全の感染予防策を実施してくれていますが、ぼくたち一人ひとりができる予防策もあります。 緊急事態宣言が解除されたとはいえ、コロナウイルス感染予防に対して細心の注意を払わなければいけません。 楽しく、そして気分良く快適にジムが利用できるよう、本記事の内容を参考にしていただければと思います。 ぼくはコロナウイルスが完全に収束するまで、 4年間通っていたジムを退会を決心しました。 それについての記事が下記になります。

次の

【コロナウイルス】ジム退会者続出!?やはり自重筋トレが正解か

コロナ スポーツ ジム

三密とは• 密集:多数が集まる密集場所• 密閉:換気の悪い密閉空間• 密接:間近で会話や発生する密接場面 ゴールドジムでは、ジムの大半がフランチャイズ運営のジムが影響を受けることはないしていますが、実際には難しいのではないかと思います。 スポーツジムの月会費平均は8,000円 適度に運動をすることは都市部の生活において必要なことです。 セルフタイプの24時間営業しているジムが数多く開業しています。 スポーツジムの月額料金の相場はどれくらいなのでしょうか。 大手のコナミスポーツクラブやゴールドジムであれば月会費10,000円を超えてきます。 また最近流行りの24時間タイプの「エニタイムフィットネス」や「ジョイフィット」で安いタイプでも7,000円近い価格になります。 平均で8,000円くらいの費用になるかと思います。 スマホの3キャリアの通信費くらいはかかる計算です。 毎日通っているのであれば費用対効果もあるかもしれませんが、コロナ禍で休業しているお店が大半なので、毎月の固定費としては重くのしかかっています。 スポーツジムは簡単に退会できない仕組み 今、問題となっているのはスポーツジムが退会しにくい仕組みになっていることです。 退会手続きを行う日によっては、翌月の月会費もかかる場合もあるのですぐに退会できない場合もあります。 退会をする方法として受付自体が「店舗」になっていること大半のようです。 これが手続きが面倒になっている原因です。 店舗自体は休業になっていればスタッフがいるはずもなく対応できません。 電話やメール、FAXでは退会を受け付けていないため手続きが困難になっています。 ジムによっては休会手続きができるようですが、あくまでも休会なので一部の固定費(1000円~2000円程度)が必要になる場合もあります。 さすがにこの休業長期化で退会できないのは不便であると問い合わせがあるのか、大手含めてメールなどで一時的に対応しているようです。 しかし混みあっているのかすぐに対応できない場合も多く利用者からも不満が募っています。 スポーツジムは浪費になる可能性もある 健康を維持するために運動することは良いことです。 普段平日が忙しい会社員でもスポーツジムに通う人は多くいます。 しかしながらスポーツジムに行く回数が最初は週3回は行けたのに、週1回、月1回と減っていく人が多くいます。 習い事と同じく「体重を減らす」「筋肉をつける」など明確な目的を持っていないと継続するには相当の意思が必要です。 もし「会社にも近いからとりあえず入っておこう」くらいのレベルであれば「浪費」の対象になりかねません。 運動は自宅でもオンラインサービスでも可能 コロナ禍により多くの有名スポーツ選手が「家でできるトレーニング」を公開しています。 スポーツジムに通わなくとも運動することはできます。 とくにオンラインによる動画を使ったレッスンサービスは利用者が急増しているようです。 スポーツジムの在り方も今回の「新しい生活様式」によって大きく変化する可能性があります。 今回の新型コロナウイルス感染による影響により、すべておいて パラダイムシフト(物の見方や捉え方が、革命的かつ非連続的に変化すること)が起きています。 これらの変化は今後も増えていくと思っておかなくてはいけなく、受け入れたうえで新しいライフスタイルを適応していかなくてはいけません。 あわせて読みたい.

次の